目次

炊飯器の平均寿命はどれくらい?買い替えのタイミングや故障のサインも解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

「しっかりお手入れしているのに変な臭いがする」「分量通りに炊飯しているのに上手く炊けない」など、炊飯器の寿命を感じるサインはありませんか?そのまま使用しているとお米が焦げる原因や漏電を引き起こす可能性も。今回は炊飯器の平均寿命や買い替えのタイミングなどついて解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事で紹介されている商品
もっとみる

炊飯器の寿命は何年?

炊飯器の平均寿命は、3〜5年が目安と言われています。

「最近ごはんがおいしく炊けない気がする」「炊飯器の調子が悪い」などと感じたら、買い替えの時期かもしれません。

まずは炊飯器の寿命について解説するので、買い替えを検討している方はぜひ最後までご覧ください!

炊飯器の寿命ってどれくらい?

先述の通り、炊飯器の平均寿命は3〜5年程度が一般的です。炊飯器の調子が悪いまま使い続けてしまうと、お米がおいしく炊けなくなるだけでなく漏電やショートなどを引き起こす可能性もあり、危険です。

炊飯器は熱と水分を必要とするため、使っていくうちに内釜が劣化し、本来のおいしいご飯が炊けなくなってしまいます。定期的にお手入れすることはもちろん、寿命を感じたら思い切って買い換えることも大切ですよ。

内釜と外釜は寿命が違う?

炊飯器の寿命は、内釜と外釜で異なります。

炊飯器の内釜の寿命はおおよそ3〜5年程度ですが、外釜だけだと寿命は6〜10年程度です。

内釜はごはんを炊くときに高い圧力と高温になるため、ごはんを炊く度に負担がかかり劣化しやすく寿命が短くなります。一方、外釜の寿命が6〜10年と言われる理由は、メーカー側が炊飯器の修理用部品を保管しているからです。

そのため炊飯器の製造が終了してから6年以上経過している場合やメーカーの修理部品の在庫がない場合は買い換える必要があるでしょう。

炊飯器が限界を迎えているサインは?

明確に定められていない炊飯器の寿命。炊飯器は寿命が近づくとさまざまな不具合が起こり始めます。以下の症状が出始めたら炊飯器が完全に壊れてしまう前に、買い替えを検討するのがおすすめです。

炊飯器から異常な音や臭いがする

炊飯器からいつもと違う音や臭いがする場合は要注意。激しい音や駆動音が大きい場合は本体の故障の可能性があります。IHの場合は保温時に「ジージー」と音がなることがありますが、これはIH特有の動作音なので異常はありません。

また、炊いたごはんからいつもと違う臭いがする場合は、炊き込みごはんなどの白米以外で使用した後の臭い残りや炊飯器のお手入れが不十分である可能性があります。パッキンや内蓋の部分が、異臭の原因になることもあるためこまめなお手入れが必要です。

炊飯器の内釜のコーティングが剝がれている

炊飯器の内釜のコーティングが剥がれてきたら買い替えを検討しましょう。内釜のコーティングが剥がれてくるとごはんがこびりついたり、おいしく炊けなくなったりします。

また、内釜が傷むと炊飯器の温度センサーが正常に動作しなくなり、炊きムラや焦げ付きの原因になることも。メーカーや炊飯器によっては内釜だけを交換することもできるので、内釜の劣化が気になり始めたら早めに交換するようにしましょう。

ご飯をうまく炊けない

ごはんに炊きムラがあったり、芯が残ってしまう場合は以下のような原因が考えられます。

・炊飯メニューが間違っている

・内釜が正しくセットされていない

・最大炊飯量を超えている

・水の量を間違えた

・35度以上の水で米を洗ったり炊いたりした

・釜が冷めないうちにもう一度炊飯した など

上記の内容に当てはまらない場合は、取扱書を確認してみてください。それでも解決できない場合は炊飯器内部の故障や内部部品の異常の可能性が高いでしょう。

電源が入らない

プラグが抜けていないのにも関わらず、炊飯器の電源が入らない場合はコンセントの断線や内部の部品の故障などが原因で通電していない可能性があります。

コンセントがしっかり差し込まれているか確認し、差し込みプラグ部に溶けた形跡や断線していないかを確認したうえでコンセントを一度抜いてもう一度差し直してみましょう。

また、たこ足配線などを使用している場合は電源タップが故障していることも考えられます。その場合は、壁のコンセントに直接差したりほかの電源タップを使うなどして試してみるとよいでしょう。

炊飯器を長持ちさせるためのポイント

炊飯器は高価な価格のものも多く、一度購入したらできるだけ長く愛用したいですよね。炊飯器を少しでも長く使うためにはどのような点に注意したらよいのでしょうか。

ここでは、炊飯器を長持ちさせるポイントについて解説します。

内釜は丁寧に扱う

炊飯器の内釜は傷つきやすく消耗しやすい部分です。使い終わったらそのままにせず、やわらかいスポンジなどで優しく洗いましょう。たわしなどの硬いスポンジで洗ってしまうと、内釜の表面に施されているフッ素加工や内蓋の塗料が剥がれる原因になります。

また、内釜にヒビが入ったり変形したりするとごはんが上手く炊けなくなることも。内釜は硬い素材でできており、一見すると丈夫に見えますが熱や圧力で負担がかかる部品なので、お手入れの際は丁寧に扱うことが大切ですよ。

保温機能の長時間の使用は避ける

炊飯器の保温機能を長時間使用することも炊飯器の寿命を縮める原因の1つです。内釜は熱に弱く保温機能を長時間使うと劣化しやすくなります。

便利な機能ではありますが、保温機能はなるべく使わずタッパーやおひつなどの別の容器に移しておくのがおすすめです。

また、保温機能を長時間使うとお米の水分が抜けて硬くなったり、パサついたりすることも。ツヤがなくなり、嫌な臭いが発生する可能性もあるのでごはんをおいしく食べるためにも長時間の保温は避けた方がよいでしょう。

定期的なお手入れを心がける

炊飯器には、内部の熱を逃がすための排気口や吸気口が付いており、空気が出入りする場所で使っているうちにホコリがたまります。

排気口や吸気口部分にホコリがたまると、内部の熱を放出できず熱がこもり、故障の原因につながることも。排気口や吸気口は底部分に設置されている場合が多いです。使用している炊飯器の排気口や吸気口の位置を確認し、定期的にホコリを取り除いてお手入れしましょう。

長く愛用できる炊飯器2選

最後に、長く愛用できる炊飯器2選をご紹介します。炊飯器の買い替えを検討している方におすすめの製品をピックアップしているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

PR
象印 圧力IH炊飯ジャー 炎舞炊き NW-PT10-BZ

商品情報

  5.5合炊き
・蓄熱性・発熱効率・熱伝導に優れた「鉄(くろがね仕込み)豪炎かまど釜」
・家族が求めていた食感になる! 81通りの「わが家炊き」メニュー  

内釜にこだわった圧力IHの炊飯器。ごはんの甘みを引き出すプラチナコート加工、優れた熱伝導で内釜にしっかり熱を通すアルミ加工、蓄熱性と耐久性に優れたステンレス加工が施されています。アンケートに答えるだけで炊き方を微調整できる「わが家炊きメニュー」搭載で、81通りの中から好みの炊き方を見つけられるのも魅力的なポイントです。

PR
日立 圧力IHふっくら御膳 RZ-V100CM(W)

商品情報

  ●決め手は圧力とスチーム。ひと粒ひと粒を丁寧に炊き上げる。実現したのは日立独自の炊飯方式極上ひと粒炊き!  

こちらの製品は、鉄とアルミを合わせた多層な金属を使用した「大火力 沸騰鉄釜」を採用。泡を発生させ一粒一粒に大火力の熱を伝え、ごはんの甘みを引き立たせます。内釜はカーボンフッ素加工が施されており、6年保証付きなので長く愛用できる炊飯器を探している方におすすめです。

定期的なお手入れでいつまでもおいしいごはんを味わおう!

今回は炊飯器の平均寿命や買い替えのタイミング、故障のサインなどについて解説しました。炊飯器の寿命は3〜5年程度が一般的ですが、丁寧に使用すればさらに長く使用できます。定期的なお手入れを心がけておいしいごはんを味わってくださいね!

※製品画像はAmazon/楽天より 

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の調理家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー