この記事で紹介されている商品

安い炊飯器のおすすめ6選!価格相場や加熱方式についても解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

おいしいごはんを炊くのに欠かせない「炊飯器」。3,000円台のコンパクトな炊飯器から5万円以上の高級なものまでさまざまな価格帯で販売されています。最近ではリーズナブルな炊飯器でも機能性に優れたものも豊富です。今回は安い炊飯器のおすすめの選び方について解説するので、ぜひ炊飯器選びの参考にしてみてくださいね!

この記事で紹介されている商品
もっとみる

炊飯器の価格相場

炊飯器は3,000円〜2万円程度の「低価格モデル」や2万円〜5万円ほどの「ミドルモデル」、5万円〜10万円以上の「高級モデル」まで幅広い価格帯で販売されています。

低価格モデルの炊飯器はシンプルな機能のものが多く、お米の味にとくにこだわりがないという方におすすめです。

ミドルモデルは圧力をかけてお米をおいしく炊き上げる「圧力炊飯方式」を搭載しているものが多く、味だけでなく急速炊飯や便利機能を搭載しているモデルが多い傾向にあります。

一方、高級モデルは炊飯機能に加えて内釜の素材などにこだわっているものが多く、お米の銘柄に合わせて炊き上げられる機能のほかに、炊飯以外の調理が可能なものが多いのが特徴です。

安い炊飯器と高い炊飯器の違い

安い炊飯器と高い炊飯器は、主に炊飯方式に違いがあります。安い炊飯器はIH式やマイコン式を採用しており、マイコン式は炊きムラが起きやすくIH式はしゃっきり食感に仕上がるのが特徴です。かためのごはんが好きな方にはおすすめですが、もっちりとした柔らかいごはんを楽しみたい方は物足りなさを感じるかもしれません。

一方で、高い炊飯器は圧力IH式を採用しているものが多く、お米の芯までふっくらとした甘みのあるごはんに仕上げてくれるのが特徴。ご飯が美味しいとおかずの味が引き立ちますが、こういった炊飯器は5万円以上と価格が少し高めの商品が多いです。

安い炊飯器のおすすめの選び方

安い炊飯器を選ぶときは下記の4つのポイントを確認することが大切です。

・炊けるごはんの容量 ・加熱方式 ・内釜の素材や厚さ ・そのほかの便利な機能

以下で詳しく解説するのでぜひ参考にしてみてくださいね!

炊飯容量で選ぶ

炊飯器の容量は使用人数によって大きく異なります。とくに一人暮らしの場合は自炊の頻度や炊飯器を置くスペースなども考慮して選ぶことが大切です。お米1合はお茶碗約2杯分を目安に、ご家庭に合った容量を選ぶとよいでしょう。

一人暮らしなら1〜3合炊き、冷凍保存するなら3〜5合炊きが最適。2人〜4人家族分のお米を炊くなら、最大でお茶碗10〜15杯分のお米が炊ける5合炊きの炊飯器がおすすめです。

ごはんの味にこだわりたい場合は、5合炊き程度の高級モデルを検討してみるのもよいでしょう。

PR
[山善] 炊飯器 0.5~1.5合 YJE-M150(R)

商品情報

消費電力:200W
電源:AC100V(50/60Hz)
最大炊飯量:1.5合(0.27L)

お茶碗1杯分の0.5からでもごはんが炊ける、コンパクトサイズの炊飯器です。1.5合のお茶碗3杯程度のご飯も約30分ほどで炊き上がるので一人暮らしの方や、手短に調理したい方におすすめ。重さは約1.3kgと軽量で取っ手もついているので、アウトドアでご飯を炊きたい場合にも重宝します。

PR
simplus 4合炊き 炊飯器 SP-RCMC4

商品情報

・いつものご飯に美味しさをプラス シンプルデザインな炊飯器 ・たっぷり4合炊きで一人暮らしは勿論家族でも十分に使える

丸みのあるスッキリとしたボディとマットな質感が魅力のこちらの炊飯器は、4合炊きなので一人暮らしの方だけでなく家族がいるご家庭でも活用します。ごはんを炊くだけでなくスープやケーキ、ヨーグルトなど、8種類のメニューにも対応した便利な炊飯器です。

加熱方式で選ぶ

炊飯器の加熱方式は、主に「IH式」「圧力IH式」「マイコン式」の3種類があります。

IH式は内釜だけでなく蓋、側面も加熱するので炊きムラが発生しにくく、火力が強いのでごはんがふっくら仕上がります。価格は1万円からが目安でふっくらとしたごはんが好きな方におすすめです。

圧力IH式は、釜の中に圧力をかけて炊き上げる仕組みになっています。より甘みのあるごはんに仕上がり、もちもちとした食感なのが特徴。価格は5万円を超えるハイスペックモデルも展開されておりやや高めです。

マイコン式はシンプルな構造でお手入れしやすいのが魅力。価格は5,000〜7,000円程度とリーズナブルな価格が多いので、コスパ重視の方はぜひチェックしてみてくださいね!

PR
アイリスオーヤマ 炊飯器 3合 RC-IL30-B

商品情報

製品寸法(cm):幅約23×奥行約31×高さ約20 / 質量:約4kg / 電源コード長さ:約1m(収納式) / 付属品:計量カップ(白米用 約180ml/1合、無洗米用 約171ml/1合)、しゃもじ

IH式のこちらの炊飯器は「あきたこまち」や、「コシヒカリ」などの計50種類の銘柄を炊き分けることができる炊飯器です。やわらかい、普通、硬いの3通りに加えもっちり、ふっくら、シャッキリの3種類からお好みの食感も選択できます。内釜は熱伝導性の高いアルミ層の「極厚火釜」を採用しており、1粒1粒にしっかりと熱が伝わるためふっくらとした炊き上がりになります。

内釜の素材や厚さで選ぶ

炊飯器の内釜に使われている主な素材には「鉄釜」「銅釜」「炭釜」「土鍋釜」の4種類があります。

●鉄釜 ツヤと甘みのあるごはんが魅力で、お米にこだわりがある方におすすめ。

●銅釜 銅釜は熱が伝わりやすくムラのないふっくらとしたごはんに仕上がります。

●炭釜 遠赤外線効果でお米がふっくらと仕上がります。IH式の炊飯器との相性がよく、電磁力に夜発熱効率がよいのも魅力。

●土鍋 蓄熱性に優れているため炊いたごはんが冷めにくいのが特徴。米全体に熱が通るためお米の粒が際立つ大きくふっくらとしたお米に炊きあがります。

また、内釜の厚さによっても炊きあがりの仕上がりが異なります。一般的には内釜の厚みが2.3mm以上のものを厚釜と言いますが、厚釜は熱が逃げにくく蓄熱性が高いので炊き立ての状態を長時間楽しむことができますよ。

PR
シャープ 炊飯器 3合 KS-CF05B-B

商品情報

質量:約2.7kg
炊飯時定格消費電力:350W
炊飯容量:0.54L

「黒厚釜」を採用したこちらの炊飯器は、お米の芯までしっかり熱を加え、底面を球状にした球面炊きで美味しく炊き上げます。内釜には取っ手がついているので持ち運びしやすく、出し入れも簡単。発酵、焼き上げの際に温度調節が不要なので、自宅で簡単にパンを焼くこともできますよ!

PR
タイガー魔法瓶(TIGER) 炊飯器 5.5合 JBH-G101W

商品情報

炊飯容量:5.5合炊き(最大炊飯容量:1.0L) / 加熱方式:全面加熱(ふた・側面・底)
本体サイズ:幅25.2×奥行34.9×高さ21.5cm

こちらの炊飯器は黒遠赤厚釜を使用しているため、ふっくらとしたおいしいごはんはもちろん、ビーフシチューなどの火加減が難しい本格料理にも対応できます。エコ炊きメニューも搭載されており、約30%の省スチームを実現。エコ炊きやおこわ用の水線が、くっきり見やすいのもうれしいポイントですね!

そのほか便利な機能で選ぶ

炊飯器を選ぶときは、下記のような使いやすい便利機能もチェックして選びましょう。注目すべき4つのポイントをご紹介します。

・調理機能 ・早炊き機能 ・保温機能 ・炊き分け機能

たとえば、調理機能付きのものならお米を炊くだけでなく、煮込み料理やパン作りなどのさまざまな調理に活用することができますよ。コシヒカリやあきたこまちといったお米の銘柄別に炊き分けできる機能付きも便利です。お米によって食感や粒の大きさが異なるので、炊き上がりに大きな違いが現れます。

使用用途や重視したいポイントに合わせて、必要な機能が搭載されている炊飯器を選びましょう。

PR
[山善] IH炊飯器 5.5合 YJN-E101(B)

商品情報

炊きムラの少ない、おいしいご飯が炊けるIH炊飯器。温度管理もしやすいため、玄米や雑穀米を自宅で手軽に炊くことができます。

白米や玄米、お粥などの9つの炊き分けに対応した炊飯器です。温度は50度〜90度までの5度刻みで設定できるのでローストビーフや温泉卵などの温度調節が難しい調理にも対応できます。最大24時間のタイマー機能も搭載しているので、食事の時間に合わせてごはんを炊き上げることもできますよ!

お手入れのしやすさで選ぶ

炊飯器を選ぶときはお手入れのしやすさにも着目しましょう。

炊飯器によって異なりますが、基本的に毎日お手入れが必要な箇所は圧力IH方式の場合、内釜と内蓋、蒸気口の3点です。なるべくお手入れに手間をかけたくない方は部品が少ないものや、こびりつきにくいコーティングが施されているもの、内蓋が食洗機で洗えるものなどがおすすめ。

高機能な炊飯器ほど部品が多い傾向にあるので、あらかじめ確認しておくと安心です。

ライフスタイルに合った炊飯器で調理時間を快適にしよう!

今回は安い炊飯器の選び方についてご紹介しました。炊飯器を選ぶときは使用人数や用途に合わせて適切なものを選びましょう。ライフスタイルに合った炊飯器で毎日の調理を快適にしてくださいね!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の調理家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー