この記事で紹介されている商品

イヤホンジャックカバーのおすすめ6選!デザイン性のあるアクセサリータイプも

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

スマホのイヤホンジャックに差し込むことで水やホコリの侵入を防ぐとされる「イヤホンジャックカバー」。おしゃれなアクセサリータイプやかわいいキャラクターものなどさまざまなデザインのものが販売されています。本記事ではイヤホンジャックカバーの選び方や売ってる場所などをご紹介。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

イヤホンジャックカバーをつけるメリット

スマホのイヤホンジャックは、イヤホンの端子を差し込む場所のこと。カバーを着けずにそのままにしておいても問題ありませんが、まれに故障や不具合の原因になることがあります。

たとえばスマホを落とした際、液晶画面の破損と並んで壊れやすいのがイヤホンジャックだといわれています。イヤホンがきちんとはまらず外れやすくなったり、音楽が止まってしまったりする場合も。イヤホンジャックを装着しておけば、落下時の衝撃が伝わりにくくなるでしょう。

イヤホンジャックにホコリやゴミ、砂、水などが浸入すると、接触不良や故障の原因となり、ノイズのせいで音が聞こえなくなってしまうこともあります。イヤホンジャックは異物や水滴が入るのを防ぐ役目も担ってくれますよ。

最近は、デザイン性の高いイヤホンジャックも数多く販売されているので、シンプルなスマホを自分らしくアレンジして楽しみましょう。

イヤホンジャックカバーが売ってる場所は?

イヤホンの差込口をふさぐことで、ゴミや水滴によるスマホの故障を防ぐ効果が期待できるイヤホンジャックカバー。シンプルなものから、おしゃれで個性的なものまで、幅広いデザインのカバーが販売されています。

手頃な価格で入手したいなら、小売店をチェックしてみましょう。イヤホンジャックカバーの使い心地を試してみたい場合も、安価のものなら気軽にトライできますね。

より機能性の高いイヤホンジャックを探しているなら、家電量販店から探すのがおすすめ。おもしろいデザインのものなら卸売店、スタイリッシュ系やかわいい系のものなら雑貨屋で探してみるのもよいでしょう。

よりたくさんの商品ラインナップのなかから選びたいなら、ネットショップを利用するのもおすすめですよ。

イヤホンジャックカバーの選び方

ネットショップや店頭で探すと、いろいろなイヤホンジャックカバーが販売されていて、どれを選べばいいか迷ってしまう方も多いようです。

イヤホンジャックカバーを装着する主な目的は、ホコリや水分を侵入させないことなので、それに見合った素材や機能性を選ぶ必要があります。また、扱いやすい形状のものや好みのデザインのものを選ぶことも大事です。

ここからは、イヤホンジャックカバーを選ぶ際に着目したい4つのポイントを解説していきますので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

1.素材で選ぶ

イヤホンジャックカバーを選ぶ際は、素材にもこだわって選びましょう。

プラスチック製のものは、軽くてリーズナブルな商品が多く、扱いやすいのが特徴。イヤホンの差し込み口にささったまま折れてしまわないよう、強度の強いものを選ぶことをおすすめします。

柔らかいシリコン製のイヤホンジャックカバーはフィット感に優れているのが魅力。カバーを抜き差しする頻度が多くても、差し込み口を傷つけにくいですよ。シリコンは耐熱性も高い素材なので、屋外でスマホを使用する機会が多い方にも向いています。

頑丈なアルミなどの金属製イヤホンジャックカバーは、高級感があるのがポイント。折れにくいものが多く長く愛用できますよ。金属の周囲にゴム素材が付いている商品なら、差し込み口を傷つけにくく安心ですね。

2.形状で選ぶ

イヤホンジャックカバーはシンプルな丸型形状のものが多くありますが、ヘッド部分にロゴが入っている商品や、先端にチャームや小さなマスコットが付いた商品などもあります。スマホのデザインや自分の好みに合わせて、カラーやデザインを選ぶとよいでしょう。

また、イヤホンジャックカバーを選ぶ前に、手持ちのスマホのどこにイヤホンジャックがあるかを確認しておくことも大事です。気に入ったデザインであってもスマホの下側に装着すると使いにくかったり、上側に着けると邪魔になったりする場合もあります。

自分のスマホで使いやすい形状かどうかをチェックしましょう。

3.機能性で選ぶ

スマホにホコリや水滴が入るのを防ぐイヤホンジャックカバーだからこそ、防塵・防水機能を備えた商品を選びましょう。

なかには、押すとスマホの操作ができる追加ボタン機能を搭載したものや、スマホを吊るして使いたい時に便利なストラップホール付きのアイテムもありますよ。

ここからは、イヤホンジャックカバーの機能性について説明していきますので、チェックしてみてくださいね。

防塵・防水機能

スマホの故障や不具合のリスクを軽減したいなら、防水・防塵性に優れた商品を選びましょう。ただ差し込み口をふさぐだけでなく、急な雨や生活防水から機器を守ることができ、ごく小さなホコリの侵入を防いでくれるタイプもありますよ。

スマホでレシピを見ながら料理をしたり、洗面室やバスルームにスマホを持ち込んだりする方には、防水性に優れたイヤホンジャックカバーがおすすめ。また、砂ぼこりのような細かいホコリや塵が舞う環境でスマホを使う方や、スマホをポケットや鞄に入れて持ち歩くことが多い方は、防塵性にも着目してみてくださいね。

イヤホンジャックカバーの周囲にゴムリングを装着している商品は、とくに防水・防塵性に優れている傾向にあるのであわせてチェックしてみてください。

追加ボタン

イヤホンジャックカバーには、スマホの追加ボタンとして使える商品もあります。追加ボタンに希望の動作を登録すれば、押すだけでアプリの起動や写真撮影などができて便利です。商品によっては1クリック分しか登録できないものや、3クリック分まで登録できるものがあるので、自分にとって使い勝手のよいものを選んでみてくださいね。

ただし、手持ちのスマホとイヤホンジャックカバーが対応していなければ追加ボタン機能は使えません。購入前に対応機種・OSを確認しておきましょう。

ストラップホールになるアイテムも

スマホにストラップやキーホルダーなどをつけたい場合には、ストラップホールとしても使えるイヤホンジャックカバーがおすすめです。ヘッド部分に穴が開いていたり、リングが付いているタイプがあり、お気に入りのストラップを通して楽しめますよ。

ストラップホールになる商品は、抜けにくさを高めるため密着性の高いものが多く、ホコリや水の侵入を防げるのもメリット。ただし、ストラップやキーホルダーが重すぎると耐えられず抜けてしまう場合もあるので、耐荷重に注意して選びましょう。

4.デザインで選ぶ

イヤホンジャックカバーには、機能性重視のシンプルな丸型のものから、キャラクターモチーフのもの、ジュエリーのような華やかなものまで、さまざまなデザインがあります。

スマホはほぼ毎日使うものなのでイヤホンジャックカバーも好みに合うデザインを選ぶのがベストですが、どれがよいか迷ったときは使用シーンに合わせて検討してみるのもよいですよ。たとえば、ビジネスシーンで人に見られても違和感がないか、普段使いのバッグに入れる際に邪魔にならないかどうかなど。

その日の気分やシーンに合わせて違うデザインを楽しみたい方は、ストラップホール付きの商品を選び、アクセサリー感覚でストラップを付け替えるのもおすすめです。

イヤホンジャックカバーを選ぶ時の注意点

イヤホンジャックカバーはデザインや機能だけを見て選びがちですが、自分のスマホに適応している商品かどうかもしっかりチェックしておきましょう。また、商品によってはイヤホンジャックカバーを装着するとスピーカーが使えない場合もあるので、注意が必要ですよ。

ここからは、イヤホンジャックカバーを選ぶ際に気を付けるべきポイントについて解説していきますので、参考にしてみてくださいね。

使用しているスマホに対応しているか確認

イヤホンジャックカバーのなかでも、追加ボタン機能のようにアプリと連動するタイプを購入する際は、自分のスマホの機種やOSに対応しているかどうかを必ず確認しておきましょう。

ほとんどのイヤホンジャックカバーは3.5mmプラグ用ですが、USBポートカバーや充電ジャックのカバーがセットになっている商品も。いろいろな端子を搭載しているスマホを使っている方は、あれこれ買い直す必要がなく便利です。なお、USBポートや充電ジャックもスマホの機種によって異なるので、差し込み口の種類やOSを確認しておいてくださいね。

装着しながらスピーカーが使えるか確認

イヤホンジャックカバーを装着するとイヤホンが差し込まれたと誤認識され、スピーカーから音が出なくなってしまう場合があります。この現象は、とくに金属製のイヤホンジャックカバーで起きることが多いです。

スピーカーで通話や動画・音楽を楽しみたい方は、イヤホンジャックカバーを差し込んだ状態でもスピーカーから音が出るかを確認しておきましょう。

万が一、気に入ったイヤホンジャックカバーなのにスピーカーが使えないという場合でも、諦める必要はありません。スマホの機種によっては音声の出力先を切り替えられることがあるほか、Androidの場合はアプリで出力先を変更すれば解決できることがありますよ。手持ちのスマホが対応しているかどうかをチェックしてみてくださいね。

イヤホンジャックカバーのおすすめ6選

イヤホンジャックカバーには、いろいろな素材、形状、機能、デザインのものがあります。普段使いやビジネスシーンでも使いやすいシンプルなもの、好みに合わせて選べるおしゃれなアクセサリータイプなど、自分らしいものを選んでみてはいかがでしょうか。

普段使いしやすいシンプルなデザイン

シンプルなデザインのイヤホンジャックカバーは、どんなシーンにもファッションにも合わせやすいのが魅力。数ある商品のなかからおすすめの4商品をご紹介します。

高級感があり強度にも優れたアルミ製のものや、キラキラと輝く金メッキ仕上げのもの、見た目よりも防水・防塵機能に特化したものなどをピックアップしているので、自分のスマホのデザインや用途に合わせて選んでみてください。

PR
GILD design アルミ削り出し イヤホンジャックカバー GA-200BL

商品情報

◆型番  GA-200
◆商品寸法 頭部:直径6mm、イヤホンジャック部:直径3.5mm、全長8mm
◆重量 -

アルミ製のイヤホンジャックカバーにゴム製のOリングを装着することで、差し込み口へのフィット感を高め、ホコリや水の侵入を防ぐ効果が期待できます。頭部分は直径約6mmのフラットな形状なので、スマホ使用時の妨げになりにくいのもポイント。

ブルーやゴールド、オレンジなどカラーバリエーションが豊富で、明るい色を選べばアクセントに、シックな色なら目立ちすぎずに装着できますね。

PR
テクノベインズ 3.5Φイヤホンジャック用キャップ MJ35DCK-B0-6

商品情報

3.5mmイヤホンジャックの保護用
材質:TPE
特徴:6個入り、RoHS対応品
サイズ:‎8×3×0.4cm

イヤホンジャックをさりげなくカバーできる、シンプルなデザインのTPE製キャップ。適度な硬さと伸縮性があるためスムーズに抜き差しできますが、フィット感がよく外れにくいのも特徴です。装着しているときもスマホのスピーカーで通話や音楽を楽しめます。

6個入りなので、スマホやタブレットなどさまざまな端末のイヤホンジャックに使えるほか、紛失した際の予備として持っておくことも可能です。

PR
Cayin カスタムヘッドホンジャック・ダストプラグ

商品情報

素材:真鍮の金メッキ仕上げ
セット内容:4.4mm用ダストプラグ×1、3.5mm用ダストプラグ×1
サイズ:(4.4mm用)11.5×7.2mm、(3.5mm用)11.5×5.8mm

真鍮を金メッキで仕上げた高級感のあるイヤホンジャックカバーは、装着するだけでスマホがスタイリッシュな印象に。3.5mm用と4.4mm用が1本ずつ入ったセットなので、さまざまなデジタルオーディオプレーヤーのイヤホンジャックに使用可能です。

おしゃれな見た目なので、プレゼントにしても喜ばれるでしょう。

PR
RastaBanana イヤホンジャックアクセサリー RBOT011

商品情報

 3.5mmステレオミニ端子の保護用キャップ・カバー

クリアな素材で頭部分も小さいイヤホンジャックカバーは、装着していても目立ちにくいのがポイント。どんなカラーのスマホにも合わせやすく、出っ張りが少ないためポケットやバッグの中で引っかかりにくいのもよいですね。

差し込み部分のサイズは3.5mmで、平らな面にイヤホンジャックがあるスマホ機種におすすめの形状です。

アクセサリータイプ

ファッション感覚で自分らしさを演出できる、アクセサリータイプのイヤホンジャックカバー。スタイリッシュなものや華やかなもの、個性的でおもしろいデザインなどデザインのバリエーションが豊富です。

ここでは、人目を引くかわいいアニマルモチーフのものや、高級感のある美しいタイプをピックアップしてご紹介。自分用としてはもちろん、プレゼントにしても喜ばれそうですよ。

PR
ネコ iphone ライトニング コネクター カバー

商品情報

材質:エポキシ、スワロフスキーガラス
内容:イヤホンジャック ピアス又はライトニングカバー
サイズ:縦約1.2cm×幅約1cm

猫型のチャームがキュートなイヤホンジャックカバー。スマホを動かすたびにチャームがゆらゆら揺れて、猫の目に使われているスワロフスキーが上品な輝きを放ちます。

職人が手描きで仕上げている猫の絵柄は、三毛や茶トラ、ハチワレなど計8種類。3.5mmのイヤホンジャック用のほか、iPhoneやiPadのライトニング用も選べます。

PR
スワロフスキー イヤフォンジャック

商品情報

材質:真鍮、合金、クリスタルガラス(スワロフスキー社製)
サイズ:全長約3cm、直径約8mm

イヤホンジャックカバーの頭部分に、直径約7mmのスワロフスキーとアルファベットのチャームをプラスしたデザイン。自分や好きな人のイニシャルと好きなカラーのスワロフスキーを組み合わせてセミオーダーできるので、かわいい系にも大人っぽい雰囲気にも仕上げられます。

プレゼントにしたりペアで使ったりするのも素敵ですよ。

充電穴キャップもあわせてチェック!

スマホの充電口は、イヤホンジャックよりもサイズが大きいため、ホコリや水滴が入りやすいのが気になりますよね。そんなときに重宝するのが、充電穴キャップ(コネクタカバー)です。

充電穴キャップはシリコン製やアルミ製などさまざまな素材があり、紛失しないようスマホ本体に貼って使うタイプなどもあります。

イヤホンジャックカバーと同デザインのセット売りを選べば、見た目の統一感が出せますよ。

充電口の形状は、Type-Cやライトニングなどスマホの機種によって異なるので、自分のスマホに対応したものを選びましょう。

PR
サンワサプライ タイプC コネクタキャップ TK-CAP8BK

商品情報

材質:PE(ポリエチレン)
特徴:タイプC(メスコネクタ専用)
セット内容:USB Type-Cコネクタキャップ×5個
サイズ:0.4×1×1.1cm

スマホやパソコンのType-Cコネクタをホコリから守ってくれるキャップです。充電や接続のたびにサッと取り外せるよう、ツマミが付いているのも便利ですね。普段使いはもちろん、砂・雨が入りやすいレジャーにスマホを持って行く際にも重宝します。

5個入りなので、スマホやイヤホンケース、タブレット、美容家電などさまざまな製品に使用可能です。

PR
サンワサプライ Lightningコネクタカバー PDA-CAP3BK

商品情報

材質:シリコーン
特徴:ゴミやホコリの侵入防止、Lightningコネクタ用カバー
個数:3個
サイズ:W10×H4×D4mm

ゴミやホコリの侵入が気になるLightningコネクタ専用のカバーです。適度な柔らかさのあるシリコン素材は装着しやすく、コネクタ部分を傷つけにくいでしょう。目立ちにくいブラックカラーかつ凹凸の少ない薄型形状なので、iPhoneやiPadのすっきりとしたデザインを妨げにくいのがよいですね。

サイズはW10×H4×D4mmと非常に小さく紛失しやすいので、普段からワイヤレス充電している方におすすめします。

機能的でおしゃれなイヤホンジャックカバーを見つけよう!

イヤホンジャックカバーは機能面だけでなく、使いやすさやデザイン性を備えた商品も豊富に販売されています。本記事で紹介した選び方や注意点、おすすめ商品を参考にしながら、ライフスタイルや用途にマッチするアイテムを選びましょう。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー