この記事で紹介されている商品

【2023年】ヘッドホンアンプおすすめ12選!据え置き・ポータブル/選び方を徹底解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

PCやスマートフォンで再生する音楽がグッと高音質になる「ヘッドホンアンプ」。USBで簡単に機器と接続できるものや、複数の出力端子を備えたものなどさまざまなアンプが販売されています。本記事では据え置き型からポータブルアンプまで幅広い商品のおすすめをご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ヘッドホンアンプとは

まず「アンプ」とは音を増幅させるための装置で、オーディオプレーヤーや楽器などで鳴らす音を大きな音で聞こえるようにしたり、音のバランスを調節したりするものです。そしてヘッドホンアンプはヘッドホンに接続して使うことに特化したアンプで、デバイスから再生したサウンドを、ヘッドホン単体で聴くよりもさらに高音質で楽しめます。ヘッドホンアンプがなくても困ることはありませんが、使用するとヘッドホンが持つ本来の性能を十分に発揮できるので、音質重視の方には非常におすすめですよ。

ヘッドホンアンプとDACの違い

ヘッドホンアンプは音声を「増幅」させるのに対し、DACはデジタル信号の音声をアナログ信号に「変換」するという根本的な違いがあります。ヘッドホンアンプは音声を変換せずにそのまま音声信号の増幅しますが、DACではデバイスごとに適した信号に変換できるため、ヘッドホンアンプとは異なる方法で音源を高音質化することが可能です。

どちらも音源が高音質になるという点では似ており、見た目も似ているため違いが分かりづらいですが、性質や使用方法も異なるので注意してくださいね。

ヘッドホンアンプの方式

ヘッドホンアンプの音を増幅させる方法(方式)には、デジタルの「トランジスタ方式」とアナログの「真空管方式」の2種類があります。それぞれ音色の特徴が異なるので、実際に音を鳴らしている動画などを参考にしながら好みに合わせて選んでみてくださいね。

トランジスタ方式

「トランジスタ」とは半導体のことで、音を増幅させる際に半導体を使うアンプです。ロックギターにぴったりの硬い音が特徴的で、楽器屋やライブ会場でもよく見かける四角いアンプもこのトランジスタ方式が採用されています。真空管アンプよりも取り扱いが簡単で、大量生産しやすい方式であるため価格が安いのも魅力です。

真空管方式

真空管方式は昔ながらのアンプの方式で、文字通り真空管を使って音を増幅させます。見た目からしてアナログな雰囲気がありますが、真空管アンプから出る音もイメージ通り、どこか懐かしいやわらかい音色です。ただし繊細な取り扱いが必要で、ノイズも出やすく、待機中も「ジー」という音が鳴ります。このようなデメリットがあっても、真空管アンプにしか出せない音があると現代も根強いファンが多いですよ。

ヘッドホンアンプの選び方

ヘッドホンアンプを選ぶ際には、再生デバイスやヘッドホンとの接続方式や、据え置き型かポータブル型かなど、以下でご紹介するポイントをチェックしてみてください。

1.接続方式で選ぶ

ヘッドホンアンプには、音声を再生するデバイスからアンプに信号を入力する「入力」の端子と、アンプからヘッドホンに信号を出力する「出力」の端子があります。それぞれ接続できる端子の種類が異なるため、使用デバイスや機材に合ったものを選びましょう。

入力

入力方式は、大きく分けてデジタルとアナログの2種類です。デジタルにはPCやスマートフォンでもおなじみのUSB(Type-A・B・C)・TVやゲーム機に採用されている光デジタル(オプティカル/OPT)・光デジタルと同様に用いられている同軸デジタル(コアキシャル/COAX)など、アナログには昔ながらの赤や白の端子がセットになったRCAやXLR端子などがあります。最近はスマートフォンやPCなどのデバイスからUSB端子だけで接続できるものが主流です。

ただし、中にはiPhoneやAndroidなどのスマートフォンと接続できないものもあるため、接続したいデバイスがUSB端子に対応しているかあらかじめチェックしておきましょう。

出力

出力方式は、大きく分けると「アンバランス接続」と「バランス接続」の2種類です。アンバランス接続は「3.5mm3極」と「6.3mm3極」の2種類、バランス接続は「2.5mm4極」「4.4mm5極」「XLRジャック」「コンボジャック」の4種類で、3.5mm3極と6.3mm3極が主流。また高性能ヘッドホンはバランス接続に対応しているものが多く、4.4mm5極がよく採用されています。わからない場合は、ヘッドホンを購入するとバランス接続用のケーブルが同梱されていることがあるため、そのケーブルの端子に合わせたヘッドホンアンプを購入するのもよいでしょう。

2.ヘッドホンアンプのタイプで選ぶ

ヘッドホンアンプのタイプは、大きく分けると据え置きタイプとポータブルタイプの2種類に分けられます。さらにポータブルタイプには、DACを内蔵したものやスティックタイプの小さいものもあるので、使用場所や使い勝手の好みに合わせて選ぶとよいでしょう。

据え置きタイプ

据え置きタイプのヘッドホンアンプはサイズが大きいため、自宅など決まった場所で使用する場合におすすめです。大きい分性能が高いものが多いため、各タイプの中で最も音質に優れています。また入力/出力端子の種類が豊富なので、さまざまなデバイスと接続したい方にも向いているでしょう。コンセントやPCから安定して電源が確保できる点もメリットです。

USB-DAC内蔵タイプ

DACはPCやスマートフォンにも内蔵されていますが、USB-DAC内蔵タイプはデバイス側のDACを通さずに、ヘッドホンアンプのDACに接続して音質を高めてくれるタイプです。デバイス側に搭載されているDACは性能があまり高くなく、ノイズが出てしまうことも多いため、ヘッドホンアンプに内蔵されている高性能なDACを通すことでよりクリアかつ高音質なサウンドが楽しめます。また一般的なDACを使用する際はPC→DAC→アンプ→オーディオ機器と経路が多いですが、DAC内蔵タイプのヘッドホンアンプならPC→アンプ→ヘッドホンとシンプルな接続が可能です。

ポータブルタイプ

ポータブルタイプは「ポタアン」とも呼ばれ、持ち運びに便利なコンパクトサイズのアンプです。スマートフォンやポータブルデジタルオーディオプレーヤーなどと接続して使用します。据え置き型と比べるとパワーは劣りますが、バッテリー充電式なので場所を問わず使いやすく、より気軽に高音質なサウンドが楽しめるのが魅力です。

小型USB-DAC/ヘッドホンアンプタイプ

小型USB-DACはポータブルタイプよりもさらに小さい、USB給電タイプのスティック型ヘッドホンアンプです。USB-DACを内蔵しており、気軽にバッグやポーチに入れて持ち運びやすく、どこでもスマートフォンやポータブルデジタルオーディオプレーヤーと接続して使えます。価格帯も他のタイプと比べるとリーズナブルなので、初めてヘッドホンアンプを購入する方や、手軽に音質をアップさせたい方におすすめですよ。

3.電源方式で選ぶ

ヘッドホンアンプに電源を供給する方式には、家庭用コンセントで一般的な「AC電源」・PCやスマートフォンと接続しやすい「USB」・充電式の「内蔵バッテリー」の3種類があります。AC電源やUSBは据え置き型アンプに、内蔵バッテリーはポータブルアンプに多い電源方式です。AC電源やUSBは使用しながら電源を供給できるため、長時間の使用にぴったり。内蔵バッテリーの場合はバッテリー切れの心配を減らすためにも、連続再生時間をチェックしておきましょう。約10時間以上と長時間使用できるものもありますよ。

4.USB入力のスペックで選ぶ

音源をデジタル化するUSB入力の方式は「PCM」と「DSD」の2種類です。PCMは音源をCD化する際にも採用されている方式で、PCMの数値が「44.1kHz/16bit」ならCDと同等の音質と判断できます。さらに高音質なハイレゾ音源を楽しみたい場合は「192kHz/24bit」よりも数値が大きいものを選びましょう。DSDはソニーとフィリップスが開発した、PCMよりも高音質な方式です。デジタルでありながらアナログのようなサウンドが特徴的で、DSDに対応しているものなら原音に近いサウンドが楽しめますよ。

5.出力レベルで選ぶ

ヘッドホンでしっかりと音量を出すために、ヘッドホンの「インピーダンス」に合わせた出力レベルのアンプを選びましょう。出力レベルはアンプがどれくらい大きな音を出せるかを、インピーダンスはヘッドホン本体の電流の流れにくさを表すものです。インピーダンスは「Ω(オーム)」という単位で表され、数値が高いほど電流が流れにくいと言えます。

一般的なヘッドホンのインピーダンスは20Ω前後ですが、たとえば600Ωなどハイインピーダンスモデルのヘッドホンを接続すると電流が流れにくく、音量が小さくなってしまうため注意が必要です。出力レベルが足りない場合に無理にボリュームを上げるとノイズが大きくなってしまうので、このような事態にならないためにも、手持ちのヘッドホンのインピーダンスの数値が高い場合はできる限り高出力なヘッドホンアンプを選んでくださいね。

6.Bluetooth対応かどうかで選ぶ

Bluetooth対応のヘッドホンに接続したいなら、Bluetooth対応のワイヤレスヘッドホンアンプがおすすめです。ワイヤレスなら行動範囲がケーブルの長さに左右されないため、ヘッドホンアンプの設置場所や使用シーンのバリエーションが広がります。

なおBluetoothで接続する場合は、ヘッドホンアンプとヘッドホンのBluetoothのコーデックやバージョンが同じかどうかをチェックしてみてください。片方が高音質なコーデックや最新バージョンのBluetoothを搭載していても、もう片方がそれに対応していないと低スペックな方に適応されてしまうため注意が必要です。

ヘッドホンアンプおすすめ12選

ここからはおすすめのヘッドホンアンプを12個ピックアップしてご紹介します。据え置き型もポータブル型も揃っているので、気になる商品があればぜひチェックしてみてください。中にはゲーム配信向けなど使用目的がはっきりしているものもありますよ。

PR
audio-technica ヘッドホンアンプ AT-HA2

商品情報

サイズ:30×70×92mm
入力:ライン入力端子(φ3.5ステレオミニジャック/ピンジャック)
出力:ヘッドホン出力(φ3.5ステレオミニジャック×2)、ライン入力端子(φ3.5ステレオミニジャック/ピンジャック)
電源:AC

おしゃれな筆記体の刻印が入ったメタルボディで、音質重視設計のコンパクトサイズです。2台のヘッドホンを同時に接続して使用できます。ライン出力と接続すれば、ヘッドホン端子がないオーディオ機器でもモニター可能です。出力は最大300mW+300mWと余裕があります。

PR
MACKIE 4WAYヘッドホンアンプ HM-4

商品情報

サイズ:51×109×58mm
入力:1/4インチバランスフォン、ステレオ
出力:1/4インチバランスフォン、ステレオ
電源:+12V DC、<220?A(最大)

4つのヘッドホンを同時に接続でき、1つの音源を4つのヘッドホンそれぞれで楽しめるヘッドホンアンプです。音量はヘッドホンごとに調節できるので、4人それぞれの好みに合わせて使えます。また本体が非常に耐久性の高い設計になっているため、長く愛用できますね。

PR
ロジクールG ASTRO Gaming ミックスアンプ プロ MAPTR-002

商品情報

サイズ:13.7cm x 8cm x 3.8cm
入力:オプティカル入力、USBゲームおよびUSB音声、Auxポート ライン入力
出力:USBゲームおよびUSB音声(チャット)、Auxポートライン出力
電源:ー

自分の声とゲームの音量を個別に調節でき、視聴者に聞こえる音を自在にコントロールできるゲーム配信におすすめのアンプです。ゲームに合わせてDOLBYサラウンドとASTRO Audio V2が切り替えられます。イコライザーはPCで無料の専用ソフトウェアを使えば自分好みにカスタマイズ可能です。

PR
eSynic ヘットホンアンプ

商品情報

サイズ:103*54*13mm
入力:3.5mm AUX
出力:3.5mm AUX
電源:リチウム電池

インピーダンスが16〜150Ωまでのヘッドホンに対応しており、スマートフォンやMP3プレーヤーなど幅広い機器と接続できます。USB充電式で、フル充電なら最大8時間の連続使用が可能です。コンパクトなため持ち運びにも便利で、3000円以下なのでヘッドホンアンプ初心者の方も試しやすいでしょう。

PR
AIYIMA H1 ミニポータブルHi-Fiヘッドフォンアンプ JRC5532

商品情報

サイズ:ー
入力:AUX
出力:イヤホン、ヘッドホン、アクティブスピーカー
電源:リチウム電池

ポケットにも入れやすいスリムかつコンパクトなヘッドホンアンプです。Type-Cでの充電に対応しています。ヘッドホンにだけでなくスピーカーやイヤホンなどにも出力可能で、幅広い使い方ができて便利です。バッテリー容量は3000mahで、最大12時間の連続使用ができますよ。

PR
FiiO K3ES ヘッドホンアンプ

商品情報

サイズ:70.2 × 58 × 22mm
入力:USB Type-C
出力:3.5mmステレオミニライン出力(シングルエンド) / 3.5mmステレオミニヘッドフォン出力(シングルエンド)2.5mm4極バランス / RCA同軸デジタル / 角型TOS光
電源:USB Type-Cバスパワー(5V500mA)

最大384kHz/32bitのPCMと11.2MhzのDSDに対応しているDAC搭載モデルです。各端子に挿入検知機能が搭載されており、挿入した端子ごとに適切な回路構成に切り替わります。ハイとロー2段階のゲイン調整も可能です。またベースブースト機能で低音域をパワーアップさせられるので、ゲームや映画の音もより高音質で楽しめます。

PR
FX-AUDIO- Hi-Fiヘッドホンアンプ PH-A2J

商品情報

サイズ:33×97×123mm
入力:[LINE1] ステレオRCA端子 / [LINE2] 3.5mmステレオミニジャック
出力:標準ヘッドフォンジャック(Φ6.3mm TRSフォーンジャック)
電源:DC12V 電源容量1A以上 (ACアダプター別売)

アナログ2系統入力対応で、電流帰還型ハイエンドヘッドホンアンプIC「TPA6120」を搭載している、パワフルなヘッドホンアンプです。ハイインピーダンスのヘッドホンでもしっかり鳴らし切れるだけでなく、初回販売時からこまめに改良が加えられているので、ノイズが少なく音質が向上していますよ。

PR
FX-AUDIO- DAC-X6J+

商品情報

サイズ:幅98mm×奥行き148mm×高さ32mm
入力:[3系統] USB TypeB端子/光デジタル音声入力(角型)/同軸デジタル音声入力
出力:アナログ出力(ステレオRCA端子) / ヘッドフォン出力(6.3mm標準ステレオヘッドフォンジャック)
電源:DC12V / 電源容量1A以上 (ACアダプター別売)

USB・光・同軸のデジタル3系統入力に対応しており、USBで最大24bit/192kHzに対応したハイレゾ対応のヘッドホンアンプ内蔵D/Aコンバーターです。テレビやPC、オーディオプレーヤーなど複数機器と接続し、スイッチで簡単に切り替えられます。歪みやノイズが少なく、高音質なサウンドが楽しめるモデルです。

PR
eSynic ポータブルヘッドホンアンプ

商品情報

サイズ:17.6 x 13.9 x 2.3 cm(梱包サイズ)
入力:3.5mm AUX
出力:3.5mm AUX
電源:リチウムバッテリー

モバイルバッテリーとしても使用できる、バッテリー容量3000mAhのポータブルヘッドホンアンプです。ゲインがハイとローで切り替えられ、Bassスイッチをオンにすれば低音をブーストできます。スマートフォンはもちろん、PCやポータブルオーディオプレーヤーなどさまざまな機器と互換性があるため使い勝手がよいですよ。

PR
FiiO K7 THX-AAA 788+

商品情報

サイズ:120×168×55mm
入力:USB Type Bx1 / RCA同軸x1 / TOS光x1 / RCAライン入力x1系統
出力:RCAライン出力x1系統 / 4.4mmバランスx1系統 / 6.35mmシングルエンドx1系統
電源:ー

XMOS製の「XUF208」を採用し、PCMは384kHz/32bit、またDSD再生にも対応しています。ヘッドホンアンプ回路を2基搭載しており、32Ωなら最大2000mW、300Ωで最大560mWと高出力さが特徴的です。ゲインはHighとLowで調整できるので、お使いのヘッドホンに合わせて快適な音量で音楽が楽しめます。

PR
EarFun UA100

商品情報

サイズ:50 ✕ 18 ✕ 10mm
ヘッドホン端子:3.5mmシングルエンド、4.4mmバランス
電源:ー

本体が約10.6gと非常に軽量かつコンパクトでありながら、多機能で使い勝手のよさが魅力です。最大PCMは768kHz/32bitで、DSD512にも対応しています。出力は3.5mmシングルと4.4mmバランスデュアルポートを搭載し、さまざまな機器と接続可能です。ノイズも少なくクリアなサウンドが堪能できますよ。

PR
FX-AUDIO- ヘッドフォンアンプ PH-A1J

商品情報

サイズ:高さ27mm×幅73mm×奥行き128mm
入力:[LINE-IN1] 3.5mmステレオミニジャック / [LINE-IN2] ステレオRCA端子
出力:標準ヘッドフォンジャック(Φ6.3mm TRSフォーンジャック)
電源:DC12V 電源容量1A以上 (ACアダプター別売)

アナログ2系統入力と切り替え機能を搭載しています。最大1200mWの高出力で、ヘッドホンの持つ性能を最大限に発揮可能です。インピーダンスは16〜600Ωのヘッドホンで使用可能です。現在販売されている第2ロットはリップルノイズを大きく低減させており、大幅に性能がアップしていますよ。

ヘッドホンアンプで高音質なサウンドを堪能しよう

ヘッドホンアンプを使えば、スマートフォンで聴く音楽でも同じデバイスで再生しているとは思えないほど音質が向上します。音質にこだわりたい方は、ぜひ本記事を参考にお気に入りのヘッドホンアンプを見つけてみてくださいね。

こちらもチェック!
【2023年版】ヘッドホンメーカーを特徴ごとに解説!おすすめモデルもご紹介

「ヘッドホン」はメーカーによって音質の特徴やこだわりの機能などが異なるため、どのメーカーを選べばいいか迷うという方も多いのではないでしょうか。この記事では、おすすめのヘッドホンメーカーの特徴を日本製・海外製に分けて詳しくご紹介します。音質やデザインの好みに合った最適なヘッドホンを見つけてください。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー