この記事で紹介されている商品
【初心者必見】筋トレグッズのおすすめ17選!自宅トレーニングで腹筋・背筋など強化

【初心者必見】筋トレグッズのおすすめ17選!自宅トレーニングで腹筋・背筋など強化

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

ジムに通わなくても、自宅で腹筋などを鍛えるのにぴったりな「筋トレグッズ」。しかし、初心者でも簡単に使えるグッズから上級者向けのグッズまでさまざまな種類があり、初めて購入する場合、何を基準に選んでよいか迷いますよね。そこで今回は、筋トレグッズの魅力や選び方をご紹介します。おすすめ商品も厳選したので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

筋トレグッズの選び方

筋トレグッズの種類は豊富で、鍛える筋肉や負荷などによって器具が異なるため、目的に合った筋トレグッズを選びましょう。これから筋トレグッズを揃えて始める方は、負荷のかからない器具から始めることをおすすめします。

筋トレグッズによっては全身鍛えられるものから、鍛えたい部位の筋肉だけをトレーニングするものまであります。無理をしてしまうとケガをすることもあるので、注意が必要です。

筋トレグッズの種類で選ぶ

筋トレグッズを選ぶには、鍛えたい部位に合わせて選ぶと効果的です。全身の筋肉を鍛えられるグッズは、それほど実用的ではなく効果が得られないケースもあります。腕周りを鍛えるなら「ダンベル」胸回りを鍛えるなら「プッシュアップバー」というようにそれぞれ鍛えたい部位で筋トレグッズも異なるのです。ここからは、部分的に効率良く鍛えられる筋トレグッズをご紹介します。

ダンベル

ダンベルは腕周りを中心にトレーニングするのに向いており、重さを調節することもできるため、初心者の方でも無理なく使えます。鍛えたい部位に負荷をかけ効かせやすいのがメリット。長期的に使用するのであれば、重さを調整できる可変式がおすすめです。

筋トレグッズのなかでも、最もポピュラーなグッズで、上腕二頭筋や上腕三頭筋、前腕部などの広範囲を鍛えられて、下半身の筋トレ種目のメニューにも対応できるアイテムのひとつといえます。

レジスタンスバンド

レジスタンスバンドは、ゴムの張力を利用して負荷をかけるトレーニングアイテムです。チューブやベルト状のゴムを手で引っ張ったり、足で伸ばしたりして使用することで、筋トレ効果を発揮します。

トレーニング方法によっては、背筋や胸筋、腹筋など、幅広い筋肉に負荷をかけられます。レジスタンスバンドは、鍛えたい筋肉に抵抗をかける動作を繰り返し行う運動ツールです。トレーニングチューブの特徴を理解すれば、より自分に合ったものを選べるでしょう。

プッシュアップバー

プッシュアップバーは大胸筋などの胸周辺の筋肉をトレーニングするのに向いています。左右それぞれのグリップを握って、腕立て伏せの要領でトレーニングするだけで、効果的に鍛えることが可能です。さらに腕立て伏せよりも胸を深く下げられるので効率的に筋力アップします。

幅や角度を変えることで筋肉への負荷を調節でき、手首への負担が軽減するのもメリット。グリップの素材により握りやすさや滑りにくさが変わります。しっかりチェックして選びましょう。

腹筋ローラー

腹筋ローラーは、名称の通り腹筋を鍛えるトレーニンググッズです。ハンドルを握って自分の体重を利用してローラーを転がすことで腹筋へ負荷をかけます。初心者でも簡単に扱えテクニックがなくてもトレーニングできるのはポイントです。

腹周りの腹直筋や外腹斜筋に効果的なのはもちろん、背中周りの筋トレもできるので、ウエストの引き締め効果も期待できるでしょう。

その他

その他の筋トレグッズとして、体幹トレーニングに用いるバランスボールや心肺機能の向上など得られる効果が多いケトルベルなどがあります。ケトルベルは、取っ手のついた形がヤカンに似ていることから名づけられ、広義的にはダンベルの一種です。

背筋や胸筋、腹筋、上腕筋など上半身の筋肉を鍛えるチンニングスタンド。また、懸垂マシンとも呼ばれており、自重トレーニングをメインにするための筋トレグッズです。主に体感トレーニングで初心者~上級者まで幅広く使えるメディシンボール。重さは1~15kgほどあるため、自分に合った重さを選び筋トレに励みましょう。

全17商品

おすすめ商品比較表

La-VIE ビルドダンベル

ラヴィ 取っ手付きグリップダンベル

Amazonベーシック ダンベル ラバーカバー付き

エレコム エクリアスポーツ スリムダンベル

ラヴィ レジスタンスバンド リング型

ラヴィ ダッシュトレーニングバンド ダットレ

アディダス レジスタンスバンド

アディダス プッシュアップバー

アディダス プレミアム プッシュアップバー

ゴールドジム プッシュアップバー

ラヴィ プッシュアップバー

アディダス アブホイール フォームローラー

アディダス パフォーマンスアブホイール

ラヴィ 静ゴロー

エレコム バランスボール

Amazonベーシック ケトルベル

Amazonベーシック メディシンボール

最安値
タイムセール
¥1,180-20%
参考価格¥1,480
タイムセール
¥889-32%
参考価格¥1,298
タイムセール
¥2,073-9%
参考価格¥2,280
タイムセール
¥1,987-5%
参考価格¥2,090
タイムセール
¥2,664-16%
参考価格¥3,190
タイムセール
¥4,655-12%
参考価格¥5,280
タイムセール
¥3,653-5%
参考価格¥3,850
タイムセール
¥1,255-9%
参考価格¥1,381
タイムセール
¥1,455-26%
参考価格¥1,958
Amazonカスタマーレビュー
4.3307
4.476
4.244,259
4.3987
4.33
5.01
4.686
4.42,464
4.4278
3.877
3.986
4.48,242
4.733
4.4812
4.1724
4.523,314
4.213,560
購入リンク

筋トレグッズのおすすめ17選

プル系種目やプッシュ系種目で握力を補助しながら筋力トレーニングに対応できるパワーグリップ。サイズや素材、ベロの長さが選ぶうえでのポイントです。

ここからは、おすすめのパワーグリップを紹介していきます。それぞれの特徴をご紹介しますので、自分に合ったパワーグリップを選んでみてくださいね。

ダンベル

ダンベルは腕周りを中心に行うトレーニングにぴったりなアイテムです。固定されたタイプから重さを調節できるタイプのものまであり、初心者の方でも無理なく使える最もポピュラーな筋トレグッズです。それぞれの特徴をご紹介しますので、自分に合ったダンベルを選んでみてくださいね。

PR
La-VIE ビルドダンベル

商品情報

ブランド La-VIE(ラヴィ)
色 ブラック
商品の重量 5 キログラム
材質 PP、コンクリート
商品の寸法 30L x 13.3W cm

プラスチックカバーの一体型で3kgと5kgの2種類から選べます。元からプラスティックカバー付きなので、鉄の独特な匂いの苦手な方にぴったりな筋トレグッズ。また、室内でのトレーニングでも床に傷がつきにくいのが特徴です。筋トレはもちろんですが、ウォーキングやダンベル体操、リハビリにも適しています。

PR
ラヴィ 取っ手付きグリップダンベル
4.4

Amazonカスタマーレビュー(76件)

商品情報

メーカー:La-VIE
重量:5kg
サイズ:長さ23 x 幅9cm
材質:鉄

トレーニング中の落下を防止する取っ手付きの一体型グリップダンベルです。5kgと10kgの2種類が選べるので、自分に合った重さを選びましょう。ダンベルは六角形の形をしているので、床に置いても転がりにくいのも特徴で、ケガや事故を未然に防げます。持ち方を変えることで胸筋や腹筋、背中・腕・肩などのトレーニングにもぴったりです。

PR
Amazonベーシック ダンベル ラバーカバー付き

商品情報

ブランド Amazonベーシック(Amazon Basics)
色 ブラック&シルバー
商品の重量 4.54 kg
商品の寸法 27.2L x 10.2W cm
スタイル シンプル

筋力アップに向いている一体型のダンベル。重さも4.5~20.4㎏までの豊富なラインナップが用意されているので、自分に合ったアイテムがみつかりやすいです。腕周りのトレーニングはもちろん胸部や背中、体幹などのトレーニングにも適しています。ダンベルの両端はゴムで覆われているので、床への傷を防ぐことが可能です。形状は、六角形で転がりにくいため、保管もしやすいでしょう。

PR
エレコム エクリアスポーツ スリムダンベル

商品情報

ブランド エレコム(ELECOM)
色 1.5kg(オレンジ)
商品の重量 1.5 キログラム
材質 ゴム
特徴 調整可能

インテリアなどに馴染むスタイリッシュデザインとカラーリングが特徴なスリムダンベルです。重さは0.5~2㎏までと軽めのラインナップ。エクササイズやウォーキング、ジョギングなどに適しています。ラバーグリップと持ち手のラウンドデザインにより、持ちやすい形状なのもポイントです。スリム設計なので、引き出しにも簡単に収納しやすいですよ。

レジスタンスバンド

レジスタンスバンドは、ゴムの張力を利用して負荷をかけるシンプルなトレーニングアイテムです。軽量でコンパクトなのがポイントで、チューブやベルト状のゴムを使用して、筋トレ効果を発揮します。それぞれの特徴をご紹介しますので、自分に合ったレジスタンスバンドを選んでみてくださいね。

PR
ラヴィ レジスタンスバンド リング型

商品情報

ブランド La-VIE(ラヴィ)
材質 天然ゴム
色 ライム/2.HARD
商品の重量 0.17 キログラム
スポーツ トレーニング, エクササイズ・フィットネス

自分のトレーニングのレベルや鍛えたい部位の筋肉に合わせて筋力アップを目指せる筋トレグッズです。ゴムチューブなので、使用しないときはコンパクトにまとめられるため収納場所にも困りません。大胸筋や上腕筋、広背筋など幅広くトレーニング種目に対応できるのもポイント。場所を選ばず気軽に鍛えられるのも魅力です。

PR
ラヴィ ダッシュトレーニングバンド ダットレ
5.0

Amazonカスタマーレビュー(1件)

商品情報

メーカー:La-VIE
材質:天然ゴム
サイズ:(約)外周3m、幅4cm、厚さ3mm
重量:0.17㎏

スタートダッシュのコツを掴むのに適した筋トレグッズです。トレーニングは、2人組で行います。後方の方がトレーニングバンドをしっかり握り、前方に抵抗を与えトレーニングを実施。前方は、抵抗に逆らいながらダッシュを加速しましょう。レジスタンスバンドとしても使用できるので、幅広く筋トレができるのもポイントです。

PR
アディダス レジスタンスバンド
4.6

Amazonカスタマーレビュー(86件)

商品情報

メーカー:アディダス
材質:ポリエステル
サイズ:幅7.6×長さ70×厚さ0.5cm
重量:0.02㎏

下半身を鍛えるのに欠かせないアイテムの筋トレグッズです。トレーニングではもちろん、リハビリや疲労回復促進などにも使用されています。下半身に安定した負荷を与えることで、筋持久力と筋力がアップします。材質として使用されているポリエステルは、伸縮性があり耐久性も兼ね備えているので、快適なトレーニングが可能です。

プッシュアップバー

プッシュアップバーは大胸筋などの胸周辺の筋肉を鍛えるトレーニングアイテムです。腕立て伏せの要領でトレーニングするだけで、効果的に鍛えられます。幅や角度を変えることで筋肉への負荷を調節でき、手首への負担が軽減するのもメリットです。それぞれの特徴をご紹介しますので、自分に合ったプッシュアップバーを選んでみてくださいね。

PR
アディダス プッシュアップバー
4.4

Amazonカスタマーレビュー(2464件)

商品情報

サイズ19.5 (L) x 15.0 (W) x 11.5 (H) cm
重量375g × 2個
耐荷重 150キロ (1ペア使用時)

効果的に腕立て伏せで大胸筋などの胸周辺の筋肉を鍛えられる筋トレグッズです。グリップ部と底部には、滑り止めがしっかり備えられているので、安定感は良好。トレーニング中滑ることがないため、快適にトレーニングできます。ローレットフォームハンドルにより、手首の違和感を和らげる効果も魅力です。

PR
アディダス プレミアム プッシュアップバー
4.4

Amazonカスタマーレビュー(278件)

商品情報

サイズ:L23.5×W14.8×H14
推奨最大重量 130 キログラム
重量 780g / 個

トレーニングのパフォーマンスを維持し、快適さを提供する筋トレグッズです。プッシュアップバーでは、大胸筋の強化に適していますが、位置やアングルを調整するだけで、上腕三頭筋や三角筋へのトレーニングも可能です。底部のワイドベースには、TPR素材のエンドキャップを備えることで、滑らないよう高い安定性を実現しています。

PR
ゴールドジム プッシュアップバー
3.8

Amazonカスタマーレビュー(77件)

商品情報

素材:‎プル
付属コンポーネント:プッシュアップバー

通常の腕立て伏せよりもプッシュアップバーを使用することで、胸筋が効果的にストレッチされる筋トレグッズ。自宅で簡単に筋トレができるのはうれしいポイントです。通常の腕立て伏せでは、手首への負担もかかってしまい、ケガをするリスクもありますが、プッシュアップバーでは手首の痛みやケガのリスクを防ぎます。 

PR
ラヴィ プッシュアップバー
3.9

Amazonカスタマーレビュー(86件)

商品情報

色 ‎ブラック
素材 ‎PP、PU
耐荷重 ‎100 キログラム
製品サイズ ‎23 x 14.5 x 13 cm; 640 g

プッシュアップバーで腕立て伏せをすることで、身体が深いところまで曲げられるため効果が倍増できる筋トレグッズです。軽くてコンパクト設計なわりに、トレーニングでの安定性は良好。組み立て式なので、収納場所にも困りません。腕立て伏せがしやすい傾斜もあり、ソフトグリップを備えているため、手首を痛めにくいです。

腹筋ローラー

腹筋ローラーは、腹筋を鍛えるトレーニンググッズです。ハンドルを握って自分の体重を利用してローラーを転がすことで腹筋へ負荷をかけます。初心者でも簡単に扱えテクニックがなくてもトレーニングが可能です。それぞれの特徴をご紹介しますので、自分に合った腹筋ローラーを選んでみてくださいね。

PR
アディダス アブホイール フォームローラー
4.4

Amazonカスタマーレビュー(8242件)

商品情報

ブランド アディダス(adidas)
色 ブラック
材質 鉄, ポリプロピレン, 熱可塑性エラストマー
商品の重量 0.49 キログラム

腹筋の溝が深くなり、メリハリのある体に鍛えられ体幹の総合力を高める筋トレグッズ。初心者から筋トレ上級者まで体幹強化を極めたい方におすすめです。組み立ても簡単にできます。使用方法を工夫すれば、広背筋や脊柱起立筋、二の腕にある上腕三頭筋にも効果を発揮できるアイテムです。トレーニング場所を広く準備する必要がないのもメリットといえます。

PR
アディダス パフォーマンスアブホイール
4.7

Amazonカスタマーレビュー(33件)

商品情報

メーカー:アディダス
材質:鉄/ポリプロピレン/熱可塑性エラストマー
サイズ:長さ29.5 x 幅18 x 高さ18cm
スタイル:adidasアブホイール
最大重量:99.79㎏

筋トレ初心者にはもちろんのこと上級者にもぴったりな筋トレグッズです。筋トレ初心者の方はダブルホイールの幅を広げてると安定したトレーニングができます。上級者には、ホイールの幅を狭めると、負荷を高めることが可能。ラバータイヤグリップにより安全で快適な環境を実現します。

PR
ラヴィ 静ゴロー
4.4

Amazonカスタマーレビュー(812件)

商品情報

ブランド La-VIE(ラヴィ)
色 ブラック/静ゴロー
材質 ポリプロピレン, 合金鋼, ポリ塩化ビニル

超静音タイプの筋トレグッズです。腹筋ローラーに溝が入っていることにより、高い静音効果を実現しています。トレーニング中の音を気にすることなく鍛えられるので、集中力も高まるでしょう。バランスの取りやすいダブルホイールなので、初心者の方でも始めやすいです。腹筋力や背筋力のバランス感覚が重要なので、体幹も鍛えられます。

その他の筋トレグッズ

これまで紹介した筋トレグッズ以外にも、体感を鍛えるバランスボールや幅広く使用できるケトルベル、リハビリなどの目的にも使用されるメディシンボールを紹介します。それぞれの特徴を理解し、自分に合った必要な筋トレグッズを選んでみてくださいね。

PR
エレコム バランスボール
4.1

Amazonカスタマーレビュー(724件)

商品情報

メーカー:エレコム
重量:1,278g
材質: ポリ塩化ビニル/ゴム/ポリプロピレン

ボールに乗ることで体幹トレーニングができるバランスボールです。耐荷重500㎏の高耐久タイプなので、ハードなトレーニングにも十分耐えられます。トレーニングでの使用中も破裂を防止するアンチバースト仕様となっているのもポイントです。空気を入れるためのハンドポンプもついています。

PR
Amazonベーシック ケトルベル
4.5

Amazonカスタマーレビュー(23314件)

商品情報

メーカー:Amazonベーシック
材質:鋳鉄
サイズ:長さ21.6 x 幅14.3 x 高さ24.8cm

ケトルベルの特徴は、幅広い筋トレで利用できる点が挙げられます。全身を使って行うエクササイズで使用することが多く、有酸素運動の効果が期待できるのも魅力です。幅広の持ち手で、片手でも両手でもしっかりしたトレーニングに利用できます。

PR
Amazonベーシック メディシンボール
4.2

Amazonカスタマーレビュー(13560件)

商品情報

メーカー:Amazonベーシック
材質:ゴム
対象:子ども/大人
重量:1.8㎏/2.7㎏/3.6㎏/5.5㎏

メディシンボールは、重量のあるトレーニング器具で全身のパワー向上や体幹強化、リハビリなどの目的に使用されます。大きさはバスケットボールくらいの大きさです。メディシンボールの中身は、砂や砂鉄が一般的で、競技者やフィットネスユーザーが活用。持ったり、落としたりすることで身体に負荷をかけて使用します。

筋トレグッズを揃えて的確な筋トレを!

効果的に筋トレをするには、鍛えたい部位によって使用するアイテムを変えるのがおすすめです。これから筋トレグッズを揃えて始める方は、いきなり負荷のかかるグッズから始めずに負荷のかからないものから始めるのがよいでしょう。本記事の選び方やおすすめ商品を参考に、自分にぴったりな筋トレグッズを選んでくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のスポーツ用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー