この記事で紹介されている商品

オンイヤー型ヘッドホンのおすすめ商品12選!メリットや選ぶポイントも紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

どこでもサウンドを楽しめるヘッドホンですが、いくつか種類があり性能にも違いがあります。本記事ではその中から「オンイヤー型ヘッドホン」のおすすめ商品をご紹介します。

オンイヤーとオーバーイヤーの違いやメリット・デメリット、音漏れしやすい種類の説明、有線とワイヤレスなどについて解説します。ぜひ読んでみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

オーバーヘッド型・インナーイヤー型の違い

ヘッドホンには「オーバーイヤー型」「インナーイヤー型」の2種類があります。オーバーイヤー型は、一般的にイメージされるヘッドホンの形状でヘッドバンドの端にスピーカーボックスが付いています。高音質で長時間使用しやすい工夫がされているのが特徴です。

一方インナーイヤー型は、耳の入り口にのせて使う形で「イヤホン」とも呼ばれます。コンパクトなので持ち運びに最適。耳の中に入れて使う耳栓(カナル)タイプは遮音性に優れ、スピーカーの音が聴き取りやすくなっています。

オンイヤー型・オーバーイヤー型の違い

オーバーヘッド型の耳につける部分は「オンイヤー型」「オーバーイヤー型」の2種類があります。オンイヤー型は名前の通り耳に当てるようにつけるタイプで軽量なので持ち運びやすいのが特徴。比較的安価に購入できます。

また、耳をすっぽり包み込むように装着するオーバーイヤー型は音漏れがなく遮音性に優れ、着け心地がよいのがポイントです。装着中ずれにくいので、しっかりとした装着感が欲しい方のはオーバーイヤーがおすすめです。

オンイヤー型ヘッドホンのメリット

軽量でコンパクトなモデルが多いオンイヤー型は窮屈さを感じない軽いつけ心地で、長時間使用していても疲れにくいのがメリットです。

オーバーイヤー型に比べると安価に販売されているうえ、さまざまな材質のものがあり、カラーバリエーションも豊富に展開されています。

好みに合ったデザインのものを探せると、ファッションのひとつとしても楽しめそうですね。コストパフォーマンスがよく使い勝手のいいヘッドホンなので、はじめてのヘッドホンとして選ぶのにおすすめですよ。

オンイヤー型ヘッドホンのデメリット

イヤーパットが薄く軽量なのがメリットのオンイヤー型ですが、人によっては「しっくりこない」「安定性に欠ける」と感じるかもしれません。購入前には必ず試着をすることをおすすめします。

オーバーイヤー型に比べると密閉性が低いので外部の音が気になることも。また、静かな場所で使うときには音量を下げるといった配慮が必要になります。音を集中して聴きたい方は、密閉性の高いハウジングがおすすめです。

オンイヤー型ヘッドホンを選ぶポイント

オンイヤー型ヘッドホンは機種によってさまざまな機能がついています。ここからは、代表的な機能について解説します。このポイントをチェックすることで、自身にぴったりの機種を選べますよ。

有線・ワイヤレス

有線タイプとワイヤレスタイプの特性を比べてみましょう。

有線の特徴

有線は本体とヘッドホンがケーブルで繋がっているため、映像と音声のタイムラグがありません。映画やゲームのように映像と共に楽しむのに向いています。

また、充電の必要がなくいつでも使うことができるのもメリットのひとつ。

デメリットはケーブルが絡まったり断線してしまったりすることです。ケーブルの交換ができる機種を選べば長く使うことができるのでおすすめです。

ワイヤレスの特徴

一方ワイヤレスは、Bluetoothを介して本体と接続するのでケーブルが絡まったり断線してしまったりする心配はありません。

本体と10mほど離れても接続が切れないため、家の中を歩き回っても聴き続けることができますよ。

デメリットは映像と音のズレが気になる場合があることや充電が必要であることです。購入の際はフル充電の時間と連続稼働時間をチェックしてみてくださいね。

周波数特性

ヘッドホンは機種によって再生できる音の範囲が変わります。パッケージや仕様書には「再生周波数帯域(周波数特性)」という項目があり、◯◯~◯◯Hzと表記されています。

広範囲であれば性能が高い目安になるので、選ぶときは参考にしてくださいね。

中でも再生周波数帯域の上限が40,000Hz以上のヘッドホンのことをハイレゾ対応ヘッドホンといいます。

ハイレゾ対応の音源は、CD音源よりもはるかに音の情報量が多く、臨場感のあるサウンドが体験できますよ。

開放型・密閉型

ハウジングと呼ばれるイヤーパッドの反対側にあたる部分は音を出す機器の蓋のような役割ですが、この部分が開放されているタイプと密閉されているタイプがあります。

音質や装着感に違いがあるので確認してみましょう。

開放型

開放型の場合はハウジングがメッシュ素材になっていることが多く、音がこもらないのでクリアでナチュラルなサウンドが楽しめます。

本体が軽く長時間の装着でも疲れにくいのも魅力のひとつ。映画を観たり長時間音楽を聴くのにおすすめ。微量な音が漏れてしまうので、公共の場で使うより室内での使用が適しています。

密閉型

密閉型は音を出力する機器がしっかり包み込まれているので、音漏れがしにくく外部の音も入りにくい構造になっています。

低音域の再生もできるので、迫力のある重低音を楽しみたい方におすすめです。ただし、長時間の使用は疲れることもあるので、注意してくださいね。

デザイン・重量・装着感

ハウジングの素材によって音質にも変化があります。例えば木製は振動を吸収してくれるのでクリアでナチュラルな音質、アルミニウム性はシャープな音質が楽しめるといった具合です。音質だけでなく、素材の違いから生まれるザインや重量の違いも比べながら選んでみてくださいね。


また、つけ心地のよさも重要なポイントです。商品によっては側圧が強く長時間の使用に向いてないと感じたり、逆にフィット感が物足りないと感じるタイプもあります。気になる商品を見つけたらできるだけ店頭で試着してみてくださいね。

オンイヤー型ヘッドホンのおすすめメーカー

選び方を踏まえたうえでも候補を絞りにくいという方は、有名メーカーから選ぶのはいかがでしょうか?

ここからは、音響機器の業界を代表するおすすめのメーカーを3社ご紹介します。メーカーごとに特徴があるので選ぶときの参考にして下さいね。

オーディオテクニカ

オーディオテクニカは商品のラインナップが豊富で幅広い価格帯が魅力です。プロ向けの本格的な仕様のものから、手頃な価格で一般ユーザー向けの商品まで販売されています。

他にも、ゲーム向けのものやメガネをかけたままでも装着しやすいものなど、使うシーンに応じた自分好みの商品が見つけやすいメーカーです。

音質としては、中高音域のバランスがよいため、偏りなく心地のいい音が楽しめます。シリーズによって特徴が異なるので、使いたい用途に合わせて選ぶのがおすすめですよ。

ソニー

ソニーは高い技術力と品質の高さが特徴のメーカーです。ウォークマンの販売も有名ですが、周囲の雑音を低減してくれる「ノイズキャンセリング機能」を搭載したヘッドホンを世界で初めて販売したメーカーでもあります。

デザイン性、価格、性能の展開が幅広く、気軽に楽しみたい方も仕事用として使う方も満足できる商品がそろっています。

また、アプリと連携できる機種を選ぶと、バッテリーの残量やノイズキャンセリングを最適化してくれる機能なども使えるのでとても便利ですよ。

JBL

家庭用のスピーカー開発から始まり、現在ではプロから一般ユーザー向けの商品まで幅広く商品を展開しています。

長年培って作ってきた音響技術によって高音質な音を楽しめる一方で、リーズナブルな商品もあり気軽に手に取れる点も魅力。

子ども用のオンイヤーヘッドホンも販売されているので、お子様の自宅学習にもおすすめです。折りたたみが可能なデザインは軽量で持ち運びやすく、どこでも気軽に音を楽しむことができますよ。

有線・オンイヤー型ヘッドホンおすすめ7選

映像と音声のタイムラグがない有線タイプは、タイミングを逃したくないゲーム好きの方にもおすすめ。

低音域を再生できるモデルを選べば映画やライブの臨場感を存分に味わえます。本格的なサウンドを楽しめるヘッドホンが欲しい方はチぜひェックしてみて下さい。

PR
オーディオテクニカ ヘッドホン ATH-S100 BGR

商品情報

・60時間連続再生可能
・音漏れしにくく密閉性の高いイヤパッド
・高い遮音性と低音を逃さない高音質
・軽量でコンパクトなボディ

軽量でコンパクトなサイズ感は持ち運びに最適。長時間の使用でもクッション性のいいイヤーパッドが使い心地をサポートしてくれます。さらに片側コード設計は、コードが絡んでしまうストレス軽減してくれますよ。ハウジングが密閉されているため、外部の音を遮りやすく、音漏れも少ないのが特徴です。電車やバスの中といった公共の場でも周りを気にすることなく音楽を楽しめますね。

PR
オーディオテクニカ ヘッドホン ATH-EW9

商品情報

・質量:33g
・北海道産アサダ桜の無垢削り出しを使用したハウジング
・高音質設計
・新開発精密機構のメタルイヤハンガーでワンタッチ装着
・再生周波数帯域:14-24,000Hz

繊細なデザインが特徴のモデルです。北海道産のアサダ桜を使用しているハウジングは音の響きが柔らかく高音質なサウンドを楽しめますよ。つけ心地にこだわった商品でもあり、イヤハンガー(耳にかける部分)には負担がかからないようラバー加工が施されています。また、スライドフィット機能を使ってイヤハンガーを上下に動かせば耳の大きさに合わせて調節も可能。しっかりフィットさせることで長時間使用しても疲れにくくなりますよ。

PR
オーディオテクニカ ヘッドホン ATH-P100M

商品情報

・材質:プラスチック
・迫力のサウンド
・長時間の使用にも最適な軽量設計
・パソコン視聴向けの1.5mコード
・再生周波数帯域:20~20,000Hz

パソコンでの使用を想定した商品です。長時間のパソコンの視聴でも疲れにくい軽量で使いやすい大きさの設計に加えて、柔らかいイヤパッドが耳を保護してくれます。コードの長さが1.5mあるので、デスク作業にとても便利。ヘッド部分は調節可能なので、ハウジングをご自身の耳の位置に合わせることができます。ハウジングはオープンバック型なので、密閉型よりもはっきりした音を聴くことができます。

PR
オーディオテクニカ ヘッドホン ATH-AR3 BK

商品情報

・型式:密閉ダイナミック型
・鮮明に音を再生する高解像度モデル
・折りたたみ可能
・着脱式コードで収納も便利
・再生周波数帯域:5~35,000Hz

音の歪みを抑えてくれる構造によりクリアな中高音域とはっきりとした低音域を再生できるので、より鮮明な音を楽しめる音質にこだわったヘッドホンです。また、軽量かつ折りたたみ可能な構造は持ち運びにも最適。ケーブルは片側式のうえ着脱できるので、カバンの中でもケーブルが絡まるリスクを低減してくれます。どんな装いにも馴染んでくれるシンプルなデザインはシーンを選ばずに使える、使い勝手のいい一品です。

PR
オーディオテクニカ 楽器用 モニターヘッドホン ATH-EP700 BW

商品情報

・型式:オープンエアーダイナミック型
・材質 :プラスチック
・演奏の楽しみを向上させる楽器用モニターヘッドホン
・コード:2.0m(片出し)
・再生周波数帯域:20~20,000Hz

さまざまな楽器演奏者の方におすすめしたい軽量で高音質なモデルです。電子ピアノや楽器演奏用に設計された口径40mmドライバーは良質な音を再現し、低音域から高音域までバランスよく聴くことができます。ハウジングは開放型で、より軽量でコンパクトな設計を実現。長時間使っていても耳への負担が少ないのが魅力です。

演奏に集中できるようにケーブルが背面45℃の位置にとりつけてあるのもポイント。ケーブルを背中側に回すことができるので演奏の邪魔になりません。

PR
JVC オンイヤーヘッドホン HA-XS10X

商品情報

・パワフルでキレのある重低音再生を実現
・高い耐久性
・伝送特性に優れた極太OFCコード
・再生周波数帯域:8Hz-23000Hz

迫力のある重低音を手軽に楽しみたい方におすすめのモデルです。独自の音声構造によって、エネルギッシュで鋭い重低音を聞くことが可能に。また、すっぽり耳を包んでくれるソフトイヤーパットは耳への負担が少なく、外音をしっかり遮断してくれるのでより音の世界に集中できますよ。

外部からの衝撃に強いエラストマー素材をハウジングに搭載しているので、ヘッドホンの要である機器をしっかり守ってくれます。

PR
Panasonic クリップヘッドホン RP-HZ47-W

商品情報

・質量:約23g(コード除く)
・装着感を感じさせない約9.9mmの薄型設計
・コード長:約1.0m
・からみ防止機構

厚さ9.9mmほどの薄型モデルのヘッドホン。ヘッドホンをつけると存在感が出てしまうことが多いですが、こちらの薄型モデルは耳元をスッキリさせ、さりげない装着感が楽しめます。耳をかける部分であるクリップハンガーは簡単に装着できる回転式で、耐久性としなやかな高弾性のポリアミド樹脂製を使用しています。

耳にフィットする快適なつけ心地を感じられますよ。高音質かつ軽いつけ心地のヘッドホンをお探しの方にぴったりの一品です。

ワイヤレス・オンイヤー型ヘッドホン5選

持ち運びに便利なワイヤレスイヤホン。良質な音を求めつつ、持ち運びやすさを重視して選びたい方におすすめです。屋外でも安心して使えるロングバッテリータイプや手軽な軽量タイプなど使いやすいモデルを紹介します。

PR
Marshall ワイヤレスオンイヤーヘッドホン 1005773

商品情報


・80時間連続再生可能
・色:ブラック
・材質:プラスチック
・型式:密閉型
・コード:1.2m

フル充電で、約80時間も使える驚きのロングバッテリー。時間のないときは、クイックチャージを使用して15分間充電すれば15時間ほど再生が可能です。人間工学に基づいて改良されたイヤークッションのデザインは耳の形にフィットし長時間の使用でも快適にリスニングを楽しめます。メーカーが長年培ってきた技術により、力強いベース音から鮮やかな高音域まで幅広くクリアなサウンドを再現できるヘッドホンです。

PR
JBL TUNE 520BT ワイヤレスヘッドホン ‎JBLT520BTBLK

商品情報

・80時間連続再生可能
・折りたたみ可能
・材質:プラスチック

5分間の充電で3時間の再生が可能な安心の急速充電機能を搭載。2時間でフル充電を完了させれば、57時間もの連続再生が可能になります。音楽再生だけでなく、自分の声を聞きながら通話もできるボイスアウェア機能も搭載。いくつかのBluetoothデバイス間をすぐに切り替えられるので、視聴していた機器からスマートフォンへ切り替えて、ヘッドホンをしたままの通話が可能です。

PR
オーディオテクニカ ワイヤレスヘッドホン ATHーWS330BT

商品情報

・70時間連続再生可能
・質量:167g
・軽量、薄型ボディ
・圧倒的な低域とクリアな中高域を両立する独自設計

生活の中で使いやすいヘッドホンとして開発された商品。約167gの軽量で折りたたみ可能な薄型ボディは持ち運びやすく、通勤や通学に使うのにも適しています。さらに、1回のフル充電で約70時間の連続使用が可能。コンパクトな設計ながら、持久力のあるバッテリーが搭載されたうえ、迫力のある重低音まで楽しめます。電源のON/OFF、音楽の再生/一時停止、曲送り/曲戻し、電話応答、音量調整が本体で操作できるのもうれしいポイントです。

PR
ソニー ワイヤレスヘッドホン WH-CH510

商品情報

ブランド ソニー(SONY)
モデル名 WH-CH510
ヘッドホン型式 密閉ダイナミック型
接続技術 bluetooth

132gの超軽量ボディはヘッドホンとは思えない軽やかな装着感。重さが気にならないオンイヤーワイヤレスヘッドホンを探している方におすすめです。フル充電で最大35時間連続再生できる日常使いには充分なパワーを搭載しています。クイック充電機能を使えば、10分で約1.5時間使用することができるので、充電し忘れても安心ですね。ハウジングがフラットにしまえるので、カバンのちょっとした隙間に入れて持ち運ぶことも可能です。

PR
Beats Solo3 Wireless ワイヤレスヘッドホン The Beats Icon Collection

商品情報

・40時間連続再生可能
・5分の充電で約3時間再生
・強い耐久性
・折りたたみ可能
・多機能なオンイヤーコントロール

音域の広さ、クリアな音のバランスを最大限に活かした質の高いリスニングが可能なモデルです。折りたたみ可能で、最大40時間持続するバッテリーは持ち運びにも優れているので、どこにいても迫力のある音を楽しむことができます。Apple W1が搭載されているため、セットアップはお手持ちのiPhoneに近づけるだけで完了。Apple WatchやiPad、Macとも同時に接続することができます。Androidにも対応していますよ。

自分にぴったりのオンイヤー型ヘッドホンを選ぼう

コンパクトで軽量なモデルが多いオンイヤー型ヘッドホン。良質な音を求めつつも、軽い装着感を求める方におすすめのアイテムです。ケーブルの有無をはじめ、音質や仕様にさまざまな違いがあるので、ご自身がヘッドホンをよく使う環境を思い浮かべながら、ぴったりのヘッドホンを選んでみてくださいね。

こちらもチェック!
かわいい・持ち運びできるヘッドホンケースのおすすめ15選!選び方も解説

音質や機能性、デザインなどで選び抜いて購入したお気に入りのヘッドホン、できることなら長持ちさせたいですよね?ヘッドホンを持ち運んだり保管したりするときに使うとおすすめなのが、ヘッドホンケースです。 今回はヘッドホンケースの選び方と、おすすめ商品15選をご紹介します!

こちらもチェック!
【2023年版】ヘッドホンメーカーを特徴ごとに解説!おすすめモデルもご紹介

「ヘッドホン」はメーカーによって音質の特徴やこだわりの機能などが異なるため、どのメーカーを選べばいいか迷うという方も多いのではないでしょうか。この記事では、おすすめのヘッドホンメーカーの特徴を日本製・海外製に分けて詳しくご紹介します。音質やデザインの好みに合った最適なヘッドホンを見つけてください。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー