この記事で紹介されている商品

Bluetoothイヤホンおすすめ14選!骨伝導やネックバンド型もご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

無線接続で外出先でも気軽に音楽が楽しめる「Bluetoothイヤホン」は、最近注目度が高まっているアイテムです。完全ワイヤレスタイプや左右一体型、骨伝導型などさまざまなタイプが販売されています。

この記事では、Bluetoothイヤホンを選ぶポイントとおすすめの商品をご紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

Bluetoothイヤホンの選び方

音楽好きの人にとって、自宅だけでなく外出先や旅行先などでも音楽を気軽に聴きながら過ごすためにBluetoothイヤホンは必須アイテムです。とはいえ、さまざまなタイプが販売されているので、どれを選んだらよいか迷いますよね。ここからは、Bluetoothイヤホンを選ぶ際のポイントについてご紹介します。Bluetoothイヤホンの購入を検討中の方はぜひ参考にしてください。

1.Bluetoothイヤホンのタイプで選ぶ

Bluetoothイヤホンのタイプは「完全ワイヤレスイヤホン」「左右一体型イヤホン」「骨伝導型イヤホン」3つがあります。それぞれ特徴や使用感が異なるため、使い勝手がよいと感じるタイプを選んでくださいね。

完全ワイヤレスイヤホン

完全ワイヤレスイヤホンとは、左右のイヤホンや端末をつなぐケーブルがないタイプです。スマートに使えるというメリットがあり、コンパクトで持ち運びやすいのが魅力。ケーブルがないため、断線したり引っかかったりすることももちろんありません。バッテリーが内蔵された専用ケースに入れておくと、持ち運びながら充電もできるので便利ですよ。

左右一体型・ネックバンドイヤホン

左右のイヤホンが1本のケーブルでつながっているタイプが左右一体型イヤホンです。ケーブルのみのタイプと、首に掛けられる構造のネックバンドタイプの2種類がありますよ。左右のイヤホンがつながっているので紛失しにくく、価格も安いのが特徴です。ネックバンドイヤホンはヘッドホンのように首にかけられるので、ケーブルがあるわずらわしさをあまり感じずに使えるでしょう。

骨伝導イヤホン

耳にひっかけて耳の近くの骨を振動させることで脳に音を伝えるのが骨伝導イヤホンです。従来のイヤホンとは違って耳を塞がないため、使用中でも周囲の音が聞こえやすく、隣の人との会話がしやすいのが特徴です。耳をふさがないので鼓膜が傷みにくいのもメリット。ただし周辺に音が漏れやすいため、公共の場では音量を絞って使う配慮が必要です。

2.Bluetoothイヤホンの形状で選ぶ

Bluetoothイヤホンを長時間使用することが多いなら、耳とフィットしやすい形状の商品を選びたいですね。形状としては「カナル型」「オープンイヤー型」があるので、長時間使用していても気にならず痛くなりにくい方を選ぶとよいでしょう。ここからはそれぞれの形状の特徴を説明します。

カナル型

  カナル型は、耳栓に似た形状で密閉性に優れています。低音が美しく再現されやすく、遮音性が高いので周囲に音漏れしにくいのが特徴です。イヤーピースを交換できるので、自分の耳に合わせて調節できるのも助かりますね。使用中は周囲の音が聞こえにくくなるので、外で使う際は注意しましょう。

オープンイヤー型

  オープンイヤー型は、耳の穴を完全にふさがずに装着できます。耳の奥まで入れないため圧迫感が少なく、耳が痛くなりにくいのが特徴です。音楽を聴きながら周囲の音も聞こえやすいため、移動中でも使いやすいでしょう。ただし、密着性が低い分音漏れがしやすいので、オフィスや電車の中など公共の場で使う時は音量を下げて使うといった配慮が必要です。  

3.Bluetoothのバージョンで選ぶ

 Bluetoothとは短距離で使われる無線通信のひとつで、後ろに付く数字が大きくなるほど新しい機能が追加されたバージョンとなります。Bluetoothの規格が古いと、音楽を聴いている途中で音が飛んだり遅れたりするほか、接続が切れる可能性も。快適に使いたいなら4.1以降のバージョンを選びましょう。5.1以上だと音質がより安定しますよ。

4.Bluetoothのコーデックで選ぶ

コーデックとは、Bluetoothで送る音声データの圧縮方式を指します。音質や遅延に関わるので音質にこだわりたい人にとっては重要なポイントといえるでしょう。イヤホンとスマホそれぞれのコーデックについて解説します。

スマホの対応コーデックを確認する

コーデックの標準仕様はSBCで、すべてのワイヤレス製品に搭載されていますが、さらに高音質を求める場合はスマホによって選択肢が異なります。iPhoneやiPadなどのiOS端末は、SBCよりも高音質で遅延が少ないAACがおすすめです。Androidは原音により近い音質で音楽が再現されるaptXを選ぶとストレスなく楽しめるでしょう。

イヤホン側のコーデック

イヤホン側のコーデックも標準仕様はSBCです。原則としてどのBluetoothオーディオ機器でも再生ができます。SBCよりも音質がよく、遅延しにくいのがAACで、主にiPhoneやiPadなどのApple製品に採用されているコーデックです。SBCやAACよりさらに高音質で遅延しにくいaptXはAndroid製品に採用されており、さらに遅延が少ないaptXLLやaptXの音質を改善したaptXHD、音質のよさと遅延のしにくさに加えて接続性が高いaptX Adaptiveがあります。

5.Bluetoothイヤホンの防水性能で選ぶ

Bluetoothイヤホンは屋外で使うシーンが多いだけに、雨や汗といった水分にも耐えられるよう防水性能にもこだわりたいですね。防水性能はIPというコードと数字で示され、数字が大きいほど防水性能のレベルが高いです。IPX4以上であれば雨や汗が付着しても故障しにくいため、日常生活での使用に便利です。雨の中のトレーニングやランニングなどで使う可能性があればIPX5以上、入浴中やプールでも使いたいならIPX7以上を選びましょう。

6.ノイズキャンセリング機能で選ぶ

騒音を低減するノイズキャンセリング機能が搭載されているタイプだと、公共交通機関を利用しているときや賑やかな場所を歩いているとき、カフェやレストランなどで作業に集中したいときなどでも快適に音楽を楽しめます。骨伝導イヤホン以外は耳を塞いで使うため、程よい音量で音楽を聴けるノイズキャンセリング機能があるタイプを選ぶことで耳への負担を減らせるでしょう。

7.音楽の再生可能時間で選ぶ

Bluetoothイヤホンの再生可能時間は、バッテリーの持続時間で左右されます。完全ワイヤレスイヤホンの場合、イヤホン単体でのバッテリー持続時間と専用ケースでの充電時間を含めた最大再生可能時間を確認しましょう。Bluetoothイヤホンを使う頻度が多い場合や長時間使う場合は、事前にしっかりとチェックしてくださいね。

Bluetoothイヤホンおすすめ14選

ケーブルのないBluetoothイヤホンは、日常生活はもちろん旅行やアウトドアといったシーンでも重宝しますが、さまざまな種類が販売されているのでどれがよいか迷いますよね。ここからは、おすすめのBluetoothイヤホンをご紹介します。Bluetoothイヤホン選びの参考にしてみてください。

完全ワイヤレス

完全ワイヤレスイヤホンは、音質がよくケーブルがないので使いやすさは抜群です。耳にフィットするため見た目もスマートですね。完全ワイヤレスイヤホンのおすすめをご紹介します。

PR
Anker ワイヤレスイヤホン Soundcore Life P2 Mini

商品情報

◆メーカー Anker
◆商品名(型番) Soundcore Life P2 Mini
◆タイプ 完全ワイヤレス
◆重量 4.4g
◆Bluetooth 5.2対応
◆コーデック SBC・AAC
◆防水規格 IPX5
◆カラー展開 ブラック・オフホワイト・ネイビー・ピンク・ミントグリーン

イヤホン本体の重量はわずか4.4gと驚きの軽量さが魅力です。装着感がよく耳への負担が軽減できるでしょう。耳とのフィット感を調整しやすいイヤーパッド付き。3つのイコライザーモードから好みのものを選べるのが音楽好きにはうれしいですね。フル充電で付属の充電ケースを合わせて使うと最大32時間連続再生できますよ。

PR
JVC ケンウッド ワイヤレスイヤホン JVC HA-A5T-B

商品情報

ブランド: JVCケンウッド
モデル名:JVC HA-A5T-B
コネクタ:Bluetooth
接続技術:無線
機能:ヘッドホン型式 インイヤー

コンパクトサイズならではの絶妙なフィット感で耳が痛くなりにくい完全ワイヤレスイヤホン。本体のボタンで再生や一時停止、ボリューム調整などの操作が簡単にできます。最長15時間の連続再生が可能なので長めの外出でも音楽を楽しめますよ。高音質のドライバーユニットを搭載しており、幅広い音域をバランスよく再生します。

PR
Bose QuietComfort Earbuds II ワイヤレスイヤホン

商品情報

ブランド BOSE(ボーズ)
モデル名 QuietComfort Earbuds II
色 ソープストーン
ヘッドホン型式 インイヤー
接続技術 無線

世界的音響製品メーカー・BOSEから発売されている完全ワイヤレスイヤホン。周囲の雑音をカットするノイズキャンセリング機能が搭載されているため、クリアな音が楽しめます。IPX4の防滴仕様になっており、雨や汗がついても安心です。たった20分の充電で2時間の音楽再生ができる効率のよさも魅力ですよ。

PR
ヤマハ ワイヤレスイヤホン bluetooth TW-E3C(R)

商品情報

ブランド ヤマハ(YAMAHA)
モデル名 Empower Lifestyleシリーズ
色 レッド/ラズベリー
ヘッドホン型式 インイヤー
接続技術 無線

低音域と中高音域をはっきり分離する楽器メーカーならではの技術によって、クリアな音質が楽しめます。専用アプリを使って簡単にイコライザーの調整ができるため、好みの音質やオリジナル調整の音質を記憶させることも可能。音量に合わせて音のバランスを整えるので、音量を上げなくても聴きやすいのがうれしいですね。

PR
ソニー(SONY) 完全ワイヤレスイヤホン WF-C500

商品情報

ブランド: ソニー(SONY)
モデル名:WF-C500
連続再生時間:最大約20時間
防滴性能:IPX4
重量:5.4g(ケース重量:35g)
機能:CD音質までの音域補完 / 左右同時伝送方式採用

ころんとしたデザインが印象的です。音声が途切れにくく遅延もしにくい左右同時伝送方式。音質が調整できるため、気分や音楽のジャンルに合わせて自分好みの音質に変えられます。本体とケースを合わせて約40gと超軽量で持ち運びに便利。20時間連続再生できる長時間バッテリーで音楽に包まれる生活を楽しめますよ。

PR
ゼンハイザーSennheiser ワイヤレスイヤホン MOMENTUM True Wireless 3 Graphite

商品情報

●ゼンハイザーの技術とこだわりが詰め込まれた高性能ドライバーを搭載
●マルチポイント機能搭載
●外の世界とつながる外音取り込みモード
●通話やオンライン会議で届ける音声も高いクオリティ
●IPX4の防滴仕様
●バッテリーライフはイヤホン単体で最大7時間、充電ケース併用で最大28時間
●Qiワイヤレス充電にも対応
●アマゾン限定カラーのGraphite

老舗音響機器メーカー・ゼンハイザーの高性能ドライバー搭載Bluetoothイヤホンです。すべての音域を忠実に再現するので、臨場感ある音を味わえるでしょう。周囲の雑音レベルに合わせて自動調整するノイズキャンセリング機能を採用。IPX4の防滴仕様で雨や汗がついても故障しにくいですよ。

PR
オーディオテクニカ ワイヤレスイヤホン ATH-SQ1TW

商品情報

ブランド Audio Technica(オーディオテクニカ)
モデル名 ATH-SQ1TW
色 ネイビーレッド
ヘッドホン型式 インイヤー
接続技術 無線

ケースからイヤホンを取り出すと自動的に電源が入る仕組みで、電源操作が不要です。再生や一時停止、音量調整などはイヤホン本体をタッチするだけなので、スマホを取り出さなくてもいいのが便利ですね。音楽を聴きながら周囲の音も確認できるヒアスルー機能付き。イヤホンと充電ケースがそれぞれフル充電状態なら約19.5時間連続使用できますよ。

PR
Jabra Elite 4 Active ワイヤレスイヤホン

商品情報

●安定したフィット感でワークアウトにも対応
●ウィングフリーデザインなので装着が簡単
●アクティブノイズキャンセリング搭載で周囲の邪魔なノイズを除去
●ワンタッチで周囲の状況を確認することができるヒアスルー機能搭載
●専用アプリ内のイコライザーで音質をカスタマイズ
●最長28時間のロングバッテリー
●IP57準拠の防塵防水性能

イヤホン本体にタッチするだけで作動するアクティブノイズキャンセリング機能が搭載され、周囲の雑音を抑えて音楽をクリアに聴くことができます。充電ケースと併用すれば最長で28時間連続使用が可能です。専用アプリのイコライザーによって高音・低音の強調やサウンドの調整などができるので、好みの音質にカスタマイズできますよ。

左右一体型

左右のイヤホンがケーブルでつながっている左右一体型イヤホンは、紛失しにくいのが大きなメリットです。特にネックバンドタイプは使用中首にかけておけるので安心ですね。左右一体型イヤホンのおすすめ商品をご紹介します。

PR
ソニー ワイヤレスイヤホン WI-C100

商品情報

・約25時間連続再生可能
・急速充電機能を装備
・10分の充電で約1時間の再生
・雨天時、運動時でも安心して使えるIPX4対応
・ハンズフリー通話対応

世界的音響機器メーカー・ソニーが独自に開発した技術「DSEE」を搭載し、高音域をしっかりと補完してくれます。最大連続再生時間は25時間、充電し忘れても10分の充電で60分再生できるので旅行や出張のときにも便利ですね。IPX4の防滴性能で雨や汗に強く、スポーツをしながらでも音楽を楽しめますよ。

PR
ゼンハイザー MOMENTUM Free カナル型イヤフォン

商品情報

対応コーデック:SBC/apt-X/apt-X LL/AAC
対応Bleutoothバージョン:Bluetooth 4.2
1.5時間の充電で6時間の音楽再生
マグネット式ハウジングで落下を防止
付属品:USBチャージングケーブル、キャリングケース、イヤーピース(XS,S,M,L)

メーカー最小サイズである上に、光沢が美しいステンレススチール製の高級感たっぷりなデザインが印象的です。イヤーピースはマグネット式で、使用していないときは接着して首にかけておけるので邪魔になりません。SBC・aptX・aptX LL・AACの各コーデックに対応しており、高品質のサウンドを楽しめますよ。

PR
オーディオテクニカ ワイヤレスイヤホン ATH-CKS660XBT

商品情報

技適マーク認証済み商品(周波数帯:2.4GHz帯)約2時間のフル充電で、最大約20時間の連続再生
約 10 分の充電で、約2時間の連続再生
音と映像のずれを抑える低遅延モード(Low Latency Mode)
ドライバーとメタルボディで圧倒的な低域表現
2台のBluetooth機器を同時に接続できるマルチポイントに対応
同梱商品: イヤーピース、充電用USBケーブル
カッパーゴールド

ゴールドカラーがゴージャスな雰囲気の左右一体型イヤホン。コードに付いたマグネットクリップで使用中にコードがぶらつくのを防ぎます。約2時間のフル充電をすると最大で約20時間連続再生が可能。音と映像とがずれにくい低遅延モードを搭載しており、動画やゲームを楽しむ際もストレスを感じずに済みますよ。

PR
JBL TUNE125BT ネックバンド型イヤホン JBLT125BTBLK

商品情報

タイプ:インイヤー
連続再生時間:約16時間連続再生可能
機能:急速充電機能を装備 / マルチデバイス接続可能

2台のBluetoothデバイスに接続できるマルチポイント対応タイプなので、音楽再生中に電話がかかってきてもスムーズに対応できます。最大約16時間連続再生できるため、終日外出していても音楽を楽しめるでしょう。重さわずか約16gという軽量設計なので、長時間使っても耳が疲れにくいのがうれしいですね。

骨伝導型

耳を塞がないため周囲の音による状況把握がしやすい骨伝導型イヤホンは、鼓膜を傷めにくいというメリットもあります。自宅でリラックスしながらリアルなサウンドの音楽を楽しみたい場合にぴったりですね。骨伝導型イヤホンのおすすめ商品をご紹介します。

PR
Shokz OpenRun Pro Mini 骨伝導イヤホン

商品情報

●第9世代の骨伝導テクノロジーを採用し驚くほど深みのある低音を実現
●耳の穴をまったく塞ぐことのないオープンイヤーデザインを採用
●最大10時間の音楽再生と通話に対応
●5分間の急速充電で最大1.5時間の音楽再生が可能

使いやすいオープンイヤータイプの骨伝導型イヤホンです。耳に引っ掛けて首の後ろにフィットさせる形状なので、ウォーキングやランニングをしながらでもずれにくいです。最大で10時間連続使用が可能。バッテリー残量が気になっても、たった5分の充電で約1.5時間使用できる急速充電で使い勝手がよいですよ。

PR
オーディオテクニカ ワイヤレスイヤホン ATH-CC500BT BG

商品情報

●軟骨伝導で高音質を実現する、独自開発の振動ドライバー
●“ながら聴き"で、周りの状況にいつでも対応可能
●intelliGo 社が開発したAIノイズリダクション(AIVC)
●耳にかけるだけで自然にフィット
●雨や水しぶきからヘッドホンを守る防滴仕様

世界で初めて軟骨伝導経路を活用した骨伝導型イヤホンです。耳を塞がずに効率的に音を伝えるため、音楽も周囲の音どちらもしっかり聞き取れます。耳から首の後ろにかけて自然にフィットする装着性のよさで、長時間使用しても疲れにくいですよ。約10分の充電で約2時間連続再生が可能です。

Bluetoothイヤホンで快適な音楽タイムを!

Bluetoothイヤホンにはさまざまな種類や機能がありますが、用途や使用場所によって適した商品は異なります。特に長時間使いたい場合は、装着感や連続再生可能時間をよくチェックして選ぶのがおすすめです。

この記事を参考に、快適に好きな音楽を楽しめるBluetoothイヤホンを見つけてくださいね。

※『aptX・aptXLL・aptXHD・aptX Adaptive』は「CSR社」の登録商標又は商標です。

※『DSEE』は「ソニーグループ株式会社」の登録商標又は商標です。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー