この記事で紹介されている商品

海外対応ドライヤーおすすめ11選!ドライヤー・カールドライヤー別にご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

海外旅行や海外出張が多い方は、電圧を切り替えて使用できる「海外対応ドライヤー」を持っておくと便利です。この記事では、おすすめの海外対応ドライヤーをご紹介します。軽量でコンパクトなモデルや、価格が安く気軽に購入できるモデルなど、さまざまな商品をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

海外対応ドライヤーの必要性・使用できる電圧

日本と海外とでは電圧が異なるため、日本で使っている通常のドライヤーを海外で使用するとショートしてしまう可能性があります。海外に行く機会が多い方は、海外対応ドライヤーを購入すれば、どこでも同じドライヤーを使用できるようになりますよ。

日本の電圧が100Vなのに対して、海外の多くは110~240Vとなっています。海外対応ドライヤーは、この100~240Vの範囲で使用できるようになっていることが多いです。

海外対応ドライヤーの特徴・見分け方

ドライヤーが海外対応になっているかどうかは、パッケージや取り扱い説明書で確かめられます。「海外対応」という表記があるかどうかや、ドライヤーの対応電圧に旅行先の国の電圧が含まれているかどうかを確認してみましょう。110~240Vに対応していれば、海外の多くの国で使用できますよ。また、本体に電圧の切り替えスイッチが付いている点も海外対応ドライヤーの特徴なので、ドライヤーの見た目でも判断できます。

海外対応ドライヤーの選び方

海外対応ドライヤーを選ぶときにチェックするべきポイントをご紹介します。ドライヤーの本体サイズや機能、スペックは使い勝手に大きく影響するため、よく確認したうえで自分に合ったモデルを選ぶようにしましょう。

ドライヤーの用途で選ぶ

ドライヤーには「ドライヤー」と「カールドライヤー」の2つのタイプがあります。用途によって購入するべきタイプは異なるので、それぞれの特徴や違いをチェックしてみてくださいね。

髪の毛を乾かす「ドライヤー」

お風呂に入ったあとに髪を乾かすためだけにドライヤーを使用するなら、シンプルな「ドライヤー」を選ぶのがおすすめです。風量が強く髪の毛の速乾性に優れたモデルや、髪の毛をケアする機能が搭載されたモデルなど、さまざまな種類から海外対応ドライヤーを選べるでしょう。

スタイリングできる「カールドライヤー」

「カールドライヤー」とは、ブラシなどのアタッチメントが付いたタイプのドライヤーのことです。髪を乾かしながら髪の毛をブローできるので、カールドライヤー1台で髪の毛のドライとスタイリングに対応できます。

旅行に行くときにドライヤーとヘアアイロンを2台持っていく必要がなく、荷物を減らせるのもうれしいポイント。通常のドライヤーより風量が弱いのがデメリットですが、手軽に髪の毛をスタイリングするのにぴったりのアイテムですよ。

「100V〜240V」対応の機種を選ぼう

日本でも海外でも使用できる海外対応ドライヤーが欲しい方は、電圧が「100~240V」に対応している機種を選びましょう。電圧がこの範囲に対応していれば、日本以外のさまざまな国でもドライヤーを使用できますよ。

「海外対応」と表記があっても、電圧は「110V」までしか対応していないものもあるので注意が必要です。海外に行く機会が多い方は特に、ドライヤーのパッケージに記載されている電圧を必ず確認するようにしてくださいね。

本体に付いている切り替えボタンで簡単に電圧を変更できるので、ドライヤーを使用する国の電圧に設定したうえで安全に使用しましょう。

滞在期間で選ぶ

旅行先や出張先の滞在期間によって、選ぶべきドライヤーの種類が変わります。ドライヤーの使い勝手のよさや持ち運びやすさなど、実際に外出先で使用することを想定して選んでみましょう。

短期滞在ならコンパクトサイズを

短期間の旅行や出張のためにドライヤーの購入を考えている方は、持ち運びやすいコンパクトなサイズがおすすめです。小さく折りたたんで持ち運べるものや、本体の軽量さにこだわったものなど、持ち運びやすく設計されたモデルもたくさんありますよ。

コンパクトなドライヤーなら小さめのスーツケースに入れても場所を取りすぎず、持ち運びの邪魔になりにくいです。また、本体が軽量だと髪を乾かすときに手が疲れにくいのもうれしいポイントですね。

長期滞在なら使い勝手の良さで

海外に長期留学したり、海外に移住することを検討していたりする方は、ドライヤーの使いやすさを重視して選ぶのが理想的です。

コンパクトなモデルは本体が軽く持ち運びやすい一方で、風の温度が低かったり、風量が弱かったりしてなかなか髪が乾かないこともあります。長期間にわたり毎日使用するなら、ドライヤーの風量や温度などのスペックが高いものを選ぶとよいでしょう。

変換プラグの有無で選ぶ

日本と海外とでは、電圧だけではなく差し込むプラグの形も異なる場合があります。プラグの種類は全部で9種類あるので、ドライヤーを使用するときは旅行先や出張先に合わせた変換プラグが必要です。

海外対応ドライヤーの中には、変換プラグが付属しているモデルもあります。変換プラグは家電量販店やホームセンターなどで購入できますが、あらかじめドライヤーに付属品として付いていれば、わざわざ購入する手間が省けるので便利ですね。

ドライヤーの機能で選ぶ

ドライヤーの機能性にこだわって選びたい方は「イオン機能」と「風量」の2つに注目してみましょう。ドライヤーによる髪のダメージが気になる方や、髪を早く乾かしたい方は必ず確認しておきたいポイントです。

風量・調節機能で選ぶ

ドライヤーの熱による髪のダメージをなるべく抑えたい方は、風量が大きいドライヤーを購入しましょう。風量の基準は毎分1.3〜1.8立方メートルです。髪の速乾性を重視するなら、風量が毎分1.9立方メートル以上のものを選ぶといいでしょう。

また、ドライヤーに風量調節機能が付いていると使用シーンによって使い分けができて便利です。髪を乾かしたいときは強い風量で乾かし、スタイリングに使用したいときは弱い風量に切り替えるなどの使い方が可能ですよ。

ドライヤーのスペックで選ぶ

ドライヤーを選ぶときは、本体の重さをはじめ、コードの長さや温度調節ができるかどうかなどの基本スペックも確認しておきましょう。本体が500g以上だと、片手で長時間乾かすには疲れてしまうことがあります。500g以下のモデルであれば、軽量タイプとして持ち運びにも適しています。

コードが短すぎるとドライヤーを使用できる範囲が限られてしまい、使い勝手が悪くなってしまいます。また、温風と冷風の切り替えができるモデルであればスタイリングもしやすいでしょう。

海外対応ドライヤーおすすめ7選

ここからは、おすすめの海外対応ドライヤーを7つ厳選してご紹介します。本体重量やサイズ、機能性などに注目して、自分に合ったモデルを探してみてくださいね。

PR
パナソニック ヘアドライヤー ‎EH-NE4B-N

商品情報

ブランド パナソニック(Panasonic)
色 ゴールド(海外対応)
材質 ハウジング、ハンドル:ABS・ノズル:PC
電源 電源コード式
特徴 マイナス イオン

「100~110V」と「200~240V」の電圧に対応しており、海外でも使用できるドライヤーです。2つの切り替えボタンで簡単に電圧を設定でき、操作が簡単なのもうれしいポイント。ドライヤーの持ち手部分を折りたたんで持ち運びが可能なので、海外旅行をする機会が多い方はぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

PR
カシムラ ヘアードライヤー NTI-139

商品情報

ブランド カシムラ(Kashimura)
色 ホワイト
材質 ABS
ワット数 800 W
特徴 海外対応(AC100-240V)

電圧を「100~120V」と「220~240V」の2パターンで切り替えて使用できる海外対応ドライヤーです。雪の結晶マークが付いたボタンを押している間は冷風が出せるようになっています。髪を乾かすときは風量の強い「TURBO」モードで、スタイリングをしたいときは風量の弱い「SET」モードで使い分けられますよ。

PR
旅行好きにうれしい、国内海外両用タイプ
パナソニック ヘアドライヤー
4.2

Amazonカスタマーレビュー(118件)

商品情報

ブランド パナソニック(Panasonic)
色 青(海外対応)
材質 ポリカーボネート
電源 電源コード式
特徴 foldable

ブルーのカラーが印象的なこちらのモデルは、本体重量が480gと軽量で、持ち運びに便利な折りた畳み式となっています。「100~120V」と「200~240V」の電圧の切り替えが可能で、C-2タイプの変換プラグが付属しています。C-2タイプが使える国に旅行するときに変換プラグを買いに行かなくてよいのがうれしいですね。

PR
ワンダム ヘアドライヤー SHD-501F

商品情報

ブランド Onedam
色 パールホワイト
材質 セラミック
ワット数 1500 Watt-hours
電源 電源コード式

ドライヤーの熱による髪へのダメージをなるべく抑えることにこだわっています。低温で髪の痛みを軽減しながらじっくり乾かす「SCALP」モードや、「WARM」モードをはじめとした5つのモード切替が可能です。また、1000万個/cc以上のWコートイオンで静電気を抑制しながら、メーカーが独自で開発したBiB赤外線効果により、パサつきの感じないなめらかな髪に仕上がるでしょう。

PR
パナソニック ヘアドライヤー ナノケア EH-NA9F

商品情報

ブランド パナソニック(Panasonic)
色 ピンクゴールド
ワット数 1400
電源 電源コード式
特徴 ionic_technology

「ナノイー」&ミネラルマイナスイオンの効果により髪のキューティクルの密着性を高め、ブラッシングなどによる摩擦ダメージが気になる方でも使いやすいでしょう。使用を続けることで枝毛の発生を抑え、指通りのよい髪を叶えられるのがポイントです。5つのモード選択が可能で、温風と冷風が交互に自動発生する「温冷リズムモード」も搭載されていますよ。

PR
ヴィダル サスーン ヘアドライヤー VSD-1230

商品情報

ブランド ヴィダルサスーン(Vidal Sassoon)
色 ピンク
ワット数 1000 W
特徴 コンパクト
付属コンポーネント 保証書, ドライヤー

本体重量は約370gと軽量で、旅行先や出張先への持ち運びに便利です。日本で使用できる100Vと、海外の一部の地域で使用できる220Vの電圧に対応しています。着脱式のほこりフィルターが付いており、吸込口のお手入れが簡単なのもうれしいポイント。ピンクのカラーが特徴的で、デザイン性でドライヤーを選びたい方にもおすすめですよ。

PR
ソリス オンザゴー ヘアドライヤー SCD397

商品情報

ブランド Solis (ソリス)
色 ホワイト
ワット数 1600
電源 電源コード式
付属コンポーネント ノズル,取扱説明書

持ち運びやすいコンパクトさと髪にやさしい機能の両方にこだわったドライヤーです。マイナスイオン機能で静電気と髪へのダメージを抑えながら、まとまりやすい髪を叶えられます。「ブリーズ」設定にすれば、微風量、低温度で乾かせるようになっており、安全機能として過熱防止機能が搭載されているのもポイントです。

海外対応カールドライヤーおすすめ4選

髪を乾かすドライ機能に加えて、ヘアスタイリングまで済ませられるカールドライヤーのおすすめ商品をご紹介します。こちらも海外の電圧に対応したものを厳選したので、旅行先や出張先で使用できますよ。

PR
パナソニック くるくるドライヤー 海外対応 EH-KN9F-PN

商品情報

ブランド パナソニック(Panasonic)
特徴 ナノイー搭載
「ナノイー」で髪と地肌をいたわり、美しくしっとりまとまる髪へ

髪を乾かしながらブラッシングでき、ストレートヘアに仕上げる「ワイドブローブラシ」や、髪をカールスタイルにできる「太ロールブラシ」など、付属アタッチメントを交換することでさまざまなヘアスタイリングに使用できます。髪の根元に風を届けやすい形状の「ボリュームアップブラシ」を使えば、髪にふっくらとしたボリュームを持たせられますよ。

PR
カシムラ カールドライヤー NTI-171

商品情報

ブランド カシムラ(Kashimura)
色 ゴールド
材質 ABS
電源 電源コード式
特徴 マイナスイオン

イオン機能と冷風機能が付いた海外対応カールドライヤーです。持ち運びに便利なスリムさが特徴で、マイナスイオンで髪をいたわりながら髪を乾かしたり、スタイリングをすることができます。1台でドライとスタイリングの両方を済ませられるので、短期間の滞在で荷物をあまり増やしたくないときにも便利なモデルです。

PR
パナソニック くるくるドライヤーZIGZAG 海外対応 紫 EH-KA5B-V

商品情報

ブランド パナソニック(Panasonic)
質量:320g(ワイドブローブラシ装着時)
色:‎紫 生産国:タイ
風量2段階切替
特徴:毛先までしっかり髪をとらえてテンションがかけやすいワイドブローブラシ

ワイドブローブラシで毛先までしっかり髪をとかし、美しいストレートヘアに仕上げられるカールヘアドライヤーです。ヘアドライヤーを内側に回転させれば内巻きに、外側に回転させれば外巻きにもできるので、簡単にヘアアレンジが可能ですよ。風量は2段階の切り替えができます。電圧はAC100-120Vと200-240Vに対応しています。

PR
ワンダム ヘアブラシアイロン CBI-101

商品情報

ブランド Onedam
ヘアタイプ くせ
材質 セラミック
電源 電源コード式
最大温度設定 200 度
商品の寸法 24.1L x 4.1W cm

電源を付けてから約1分でヒートブラシが120℃になるので、朝の忙しい時間帯でも素早く髪を乾かせ、スタイリングまで完結できます。ストレートヘアはもちろん、ふんわりとしたカールヘアや前髪のセット、根元のボリュームを出すのにも使いやすいモデルです。熱源に手が直接触れにくい設計になっており、やけどをしにくい点も安心ですね。

海外によく行く方は海外対応ドライヤーを購入しよう

普段自宅で使用するときだけではなく、電圧を切り替えることで海外の旅行先や出張先でも使える海外対応ドライヤーをご紹介しました。折り畳み式で持ち運びやすいモデルや、ヘアスタイリングもできるカールドライヤーなど、さまざまな種類があるので、自分の好みに合ったモデルを選んでみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

ビューティーのカテゴリー

その他の美容・コスメカテゴリー

新着記事

カテゴリー