この記事で紹介されている商品

300~400L冷蔵庫のおすすめ12選!自動製氷システム付きなど人気のアイテムをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

2人世帯や3人家族にぴったりな300〜400Lの「冷蔵庫」。中でも350L前後は収納力と価格のバランスがよいとされていますが、何人家族かで適した大きさは異なります。この記事では容量選びの目安や使い勝手を左右するポイントなども解説していますので、初めて冷蔵庫を購入する方も参考にしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

300~400L冷蔵庫はこんな人におすすめ!

2人世帯から3人家族までの少人数の家庭には、300〜400Lの冷蔵庫がおすすめです。一般的に冷蔵庫の容量の目安は、70L×人数+100L(常備品の容量)+70L(予備容量)とされており、1人暮らしで240L・2人暮らしで310L・3人家族で380L・4人家族で450Lが目安となっています。 450L以上になるとメーカー独自の機能が搭載されたものが増え、電気代も安いものが多くなりますが、その分サイズが大きくなり購入価格も高くなります。そのため必要最低限の容量を備えたもので、省スペースに設置できて購入価格を安く抑えたいなら300〜400Lの容量がぴったりですよ。 なお、値段は300Lなら4〜8万円前後、350Lなら8〜10万円前後、400Lになると12万円〜が目安となります。安さと容量のバランスを考えると350Lがコスパがよくお得といえるので、できる限りお得に購入したい方は参考にしてくださいね。

300~400L冷蔵庫の選ぶポイント

冷蔵庫を選ぶ際には収納できる容量や本体サイズだけでなく、野菜室や冷凍室の大きさや位置、機能性などもチェックしておくのをおすすめします。普段どんな食品を買うことが多いかを考慮しながら選ぶと失敗しにくいでしょう。

1.サイズで選ぶ

冷蔵庫を購入する際は設置スペースに置けるサイズかどうかだけでなく、配送の際に搬入できるかどうかも考慮する必要があります。玄関・エレベーター・階段・廊下の高さや幅など、搬入経路それぞれに冷蔵庫本体のサイズ+10cm以上の幅があるかどうかチェックしておきましょう。 また、設置の際には放熱やコンセント取り付け用のスペースとして、冷蔵庫上部に5cm以上、側面に0.5cm以上の隙間が作れるかどうかも要確認です。通販で購入する場合は据付必要寸法が商品ごとに記載されているため、必ず目を通した上で、実際の設置スペースの幅を正確に計測しながら購入を検討してくださいね。 お店で実物を見て購入する場合、店舗に展示してあるものは実際のサイズよりも小さく見えやすいので、寸法の確認はよりしっかりと行いましょう。

2.ドアの開き方で選ぶ

ドアの開き方には、片開き・両開き・観音開きの3種類があります。片開きと両開きは大きくドアを開けて冷蔵庫内を見渡せるのがメリットで、観音開きは省スペースで開け閉めできたり節電にもなったりとそれぞれにメリットがあるので、自分にとって使い勝手のよさそうなものを選んでくださいね。

片開き

左右どちらかの片方からのみ開けられる片開きタイプは、設置スペースの左右どちらに壁があるかで選ぶと使いやすくなります。たとえば壁際に設置する場合、冷蔵庫の右側に壁があるなら、左から右に向かって開く右開きがおすすめです。利き手によっても開けやすい方向が違うため、自分はどちらのほうが開けやすいか考えてみるのもよいでしょう。

観音開き

中央から左右2枚のドアが開く観音開きタイプは、ドア1枚あたりのサイズが小さく省スペースでドアの開閉ができるため、狭いキッチンにぴったりです。また、片方のドアだけを開ける場合は冷蔵庫内の冷気が外に逃げにくく、温度変化を抑えられるので節電にもなりますよ。冷蔵庫の左右どちらに壁があっても使いやすいので、模様替えや引越しの際もスムーズに設置場所を移動できるでしょう。

両開き

見た目や使い勝手は片開きと同じで、左右どちらからでも開けられるのが両開きタイプ。商品のラインナップは少なめですが、置き場所を選ばず使いやすいので引越しが多い方にもおすすめです。観音開きも置き場所を選びませんが、両開きは片開きのように大きくドアを開けられるため、大きく開閉できて置き場所を選ばない冷蔵庫を探している人におすすめできます。

3.野菜室・冷凍室の大きさと位置で選ぶ

普段どんな食材や料理を保存することが多いかによって、野菜室や冷凍室の大きさを選びましょう。たとえば新鮮な野菜をたくさん食べるご家庭や自炊を頻繁にする方なら、野菜室が大きいタイプがおすすめ。さらに、キャベツや大根などの大きめの野菜を買うことが多いご家庭では、野菜室が真ん中にあるタイプだと取り出しが楽ですよ。 また、料理の作り置きや野菜の冷凍保存などが多いなら、冷凍室が大きくて真ん中にあるものを選ぶとよいでしょう。冷凍室が真ん中にあると冷却効率がよくなるため、電気代が少しだけ安くなるのもうれしいポイント。特にこだわりがないなら、冷凍室が真ん中にあるタイプを選んでおくのもおすすめですよ。ラインナップも多いので、多くのモデルから好みのものを見つけやすいでしょう。

4.機能性で選ぶ

できる限り使い勝手のよいものを選びたいなら、メーカーやモデルごとに異なる機能も要チェックです。きれい好きな方なら脱臭機能付き、電気代が気になる方は節電機能付き、料理好きな方にはチルドやパーシャル機能付きと自分のライフスタイルに合わせて選びましょう。

自動製氷機能

そうめんやそばを氷水で冷やしたり、ジュースやアイスコーヒーを作ったりと氷を使うことが多いなら、自動製氷機能付きが便利。専用のタンクに水を入れておけば自動で氷を作ってくれるので、手間をかけずにたくさん氷がストックできて使いたいときにいつでも使えますよ。ただし、製氷タンクや製氷皿はこまめなお手入れが必要になる点がデメリット。お手入れが面倒なら自動洗浄機能付きのものを選べば、手間を減らせて楽に使い続けられますね。

脱臭機能

冷蔵庫内のニオイが気になる方には、脱臭機能付きモデルがおすすめです。冷蔵庫のニオイはほとんどの場合、食品から発せられるニオイが原因となっています。脱臭機能付きモデルなら食品から出るニオイを防ぎ、他の食品へのニオイ移りも防いでくれるので、長く快適に使用可能ですよ。たとえばパナソニックなら「ナノイー・ナノイーX」、日立なら「トリプルパワー脱臭」などの機能を搭載しているので、気になるメーカーがあればぜひチェックしてみてください。

チルド・パーシャル機能

チルド室やパーシャル機能が付いていれば、食材のおいしさをより長くキープできたり、お肉や魚の解凍なしで調理できたりと非常に便利です。それぞれの温度は、チルドは約0℃、パーシャルは約-3℃に設定されています。チルドなら食材が凍らないギリギリの状態をキープできるので、納豆やチーズなどの発酵食品や、生クリームや加工食品の保存にもぴったり。パーシャルは食材がカチカチではなくほどよく凍っている状態になるので、肉や魚を解凍する手間なくそのまま料理に使えますよ。

省エネ機能

少しでも電気代を節約したい方は、省エネラベルをチェックして、できるだけ星の数が多いものや、省エネ基準達成率の高いものを選びましょう。省エネ基準達成率が100%以上のものや星の数が多いものならしっかり節電できますよ。節電機能はメーカーや商品ごとに異なりますが、節電モードが充実したものなら少しでも多く電気代が抑えられるのでおすすめです。年間消費電力量も参考にしながら選んでみてくださいね。

5.デザインで選ぶ

キッチンのインテリアにこだわりがある方は、キッチンの雰囲気に合うデザインのモデルを選ぶのもよいでしょう。冷蔵庫は大型家電なので、置くだけで部屋の雰囲気を大きく左右します。冷蔵庫の素材といえばガラスとスチール(鋼鉄)が多いですが、ガラスを使った冷蔵庫は見た目がおしゃれで耐久性も高い点がメリットです。 他にもナチュラルなインテリアに合いやすい木目調や、高級感があってスタイリッシュなミラー加工などもありますよ。北欧風・ナチュラル・モダン・スタイリッシュと好みに合わせて選びやすいおしゃれなモデルが年々増えつつあるので、デザイン重視の方もお気に入りの冷蔵庫が見つかりやすいでしょう。

300~400L冷蔵庫のおすすめ12選

ここからは300L台の冷蔵庫のおすすめ商品をご紹介します。野菜室があるものは真ん中にあるタイプが多く、デザインもよくてたっぷり収納できるものがたくさんありますので、あなたにぴったりの冷蔵庫があるかどうかチェックしてみてくださいね。

東芝 冷蔵庫 326L GR-U33SC(KZ)

PR
東芝 冷蔵庫 326L GR-U33SC(KZ)

商品情報

【外形寸法(㎝)】幅60.0×奥行66.5×高さ164.3 【製品質量】68kg

野菜室が真ん中にある、シックな黒の右開き冷蔵庫です。実際の食品収納スペースの容量目安は、冷蔵室140L(チルド15L)・2段式の野菜室が43L・3段式の冷凍室が54Lあります。ドアポケットにはチューブを並べて収納したり、マヨネーズやケチャップを立てて収納できるスタンドが付属。メーカー独自の除菌機能と脱臭機能も付いているのできれい好きの方にもおすすめです。

東芝 冷蔵庫 356L GR-U36SV(ZH)

PR
東芝 冷蔵庫 356L GR-U36SV(UC)

商品情報

【外形寸法(㎝)】幅60.0×奥行66.5×高さ175.7 【製品質量】77kg

明るい雰囲気のキッチンにぴったりな、やさしいアイボリーカラーの右開きタイプ。食品収納スペースの容量目安は、冷蔵室が162L(チルド15L)・真ん中にある2段式の野菜室が43L・3段式の冷凍室が54Lです。高さを抑え、棚の位置にもこだわった設計になっているため、使いやすさ重視の方にもおすすめ。ドアポケットはワンタッチで高さが6段階調節できるので、収納したい食品に合わせてアレンジしやすいですよ。

パナソニック 冷蔵庫 365L NR-C373GC-T

PR
パナソニック 冷蔵庫 365L ダークブラウン NR-C373GC-T

商品情報

野菜室が真ん中で使いやすい「大容量野菜室」。2段ケースの大容量。重い野菜もかがまずラクに出し入れできる。

シックモダンなインテリアに調和しやすい、奥行きが薄型のフルフラットガラスドアがおしゃれな右開きタイプです。野菜室が真ん中にあり、重い野菜を出し入れしやすいのはもちろん、2Lのペットボトルも立てて収納できます。また、アルミプレートで素早く冷凍できるモードも搭載しているので、食品の鮮度やおいしさにこだわりたい方にもぴったりですね。

アイリスオーヤマ 冷蔵庫 320L IRSN-32A-B

PR
アイリスオーヤマ 冷蔵庫 320L IRSN-32A-B

商品情報

種類:冷凍冷蔵庫 / 定格内容積※:全体320L、冷蔵室191L、冷凍室129L

冷凍室が2段式になっていて129Lと大容量な、作り置きや冷凍保存をよくする方にうれしい冷蔵庫です。冷凍室はなんと、買い物かご約2.7個分の容量があります。冷蔵室も191Lとたっぷり収納可能です。節電にもなる観音開き(フレンチドア式)で冷気も逃げにくいため、庫内の温度変化が抑えられて食品の劣化も防げますよ。チルド室はパーシャル(微冷凍)とチルドがレバーで切り替え可能です。

日立 冷蔵庫 315L R-V32SV(N)

PR
日立 冷蔵庫 315L ライトゴールド R-V32SV

商品情報

本体サイズ:(幅)540mm×(奥行)655mm×(高さ)1,735mm /質量:61kg

上品な高級感がおしゃれで、幅が54cmとスリムな右開きタイプです。冷蔵室の2段目と3段目は「サッと急冷却」機能が搭載されており、冷気の風量を一定時間増やして素早く食品を冷やすことができます。料理の粗熱を早く取りたいときや、飲み物を急いで冷やしたいときにもおすすめですよ。

日立 冷蔵庫 375L R-V38SV(K)

PR
日立 冷蔵庫 375L ブリリアントブラック R-V38SV

商品情報

本体サイズ:(幅)600mm×(奥行)665mm×(高さ)1,810mm /質量:67kg

「サッと急冷却」搭載のモデルで、モダンなインテリアにぴったりなブリリアントブラックの冷蔵庫です。幅は60cmとスリムで、野菜室が真ん中にあって食材の出し入れもしやすいでしょう。野菜室は食品に直接冷気が当たらないよう間接冷却カバーが付いており、野菜のみずみずしさを守ってくれますよ。

シャープ 冷蔵庫 350L SJ-GW35J-R

PR
SHARP 冷蔵庫 350L SJ-GW35J-R

商品情報

●プラズマクラスター集中シャワーモード
除菌されたクリーンな冷気が来ないを循環
●節電25
25の節電技術で電気代の無駄を最大25%カット

シャープ独自のプラズマクラスター機能を搭載し、イオンの力で庫内の除菌ができる両開きタイプの冷蔵庫です。冷凍庫には急速冷凍機能も付いており、さらに低温新鮮モードも併用すればお肉のドリップがほとんど出ず、うまみや栄養分もキープできます。「節電25」モードも搭載しているため、電気代をできるだけ抑えたい方にもおすすめです。

シャープ 冷蔵庫 310L SJ-PD31J-T

PR
SHARP 冷蔵庫 SJ-PD31J-T

商品情報

本体寸法:幅:560mm、奥行:665mm、高さ:1698mm
定格内容積:310L
冷蔵室 185L 冷凍室 125L 野菜室19L

身長が低い方にやさしいローウエスト設計で、重い食品も出し入れしやすい冷蔵庫です。プラズマクラスター搭載で庫内の除菌もでき、LED照明の触媒にもナノサイズの粒子を採用しているためニオイやカビも予防できます。野菜室も抗菌対応で密閉性も高いので、野菜を乾燥から守って長期間鮮度をキープできるのも魅力です。

ハイセンス 冷蔵庫 358L HR-G3601W

PR
ハイセンス 冷蔵庫 358L HR-G3601W

商品情報

【ポイントモード】 HI-NANO(除菌&脱臭)・セレクトチルド・自動製氷・急凍モード・節電 急凍モード:-23℃~-25℃の急速冷凍が可能。

イオンの働きで冷蔵庫内の菌を99%以上除去し、ニオイを抑えてくれる冷蔵庫です。自動製氷機能も付いており、最短90分で氷が作れるので急ぎの際にも便利。2021年の省エネ基準達成率は100%なので電気代が気になる方にもおすすめですよ。冷凍室よりも野菜室の方が大きいタイプのため、自炊をよくする方にとっても使いやすいでしょう。

ツインバード 4ドア冷凍冷蔵庫 354L HR-E935W

PR
ツインバード 4ドア冷凍冷蔵庫 354L HR-E935W

商品情報

扱いやすい両開きのフレンチドア
幅が広くて、 整理しやすい野菜室
製品寸法: 685×630×1648mm
製品質量: 80.5kg
定格内容量: 354L

背伸びをしなくてもすべての段がよく見えるよう、高さを抑えた設計になっている冷蔵庫です。最上段にもしっかりてと目線が届くので、一般的な冷蔵庫だと上段が使いづらいと感じる方にもぴったり。ワイドに開く観音開きタイプで、ドアを両方開けると取り出したいものが一目で見つけられますよ。冷凍室が103Lと大容量で作り置きや冷凍食品もたっぷり入って便利ですね。

MAXZEN(マクスゼン) 3ドア冷凍冷蔵庫 320L JR320HM01WH

PR
霜取り不要冷蔵庫バリエーション 320L

商品情報

フレンチドア
★ 幅63.5cmですっきり収納 インテリアになじむシンプルなデザイン。
★ まとめ買いに丁度いい 冷凍室も冷蔵室も大容量なので冷凍食品や作り置きをたっぷり保存できます。

冷凍室が2段式の129Lと大容量で、作り置きやまとめ買いのストックがしやすい冷蔵庫です。たっぷり入って幅はスリムな63.5cm、ドアの開閉に必要なスペースも約31cmと省スペースな観音開きタイプなので、狭いキッチンにも置きやすいでしょう。デザインもシンプルなため、どんなインテリアにもなじみやすいですよ。

MAXZEN(マクスゼン) 冷凍冷蔵庫 362L JR362HM01SV

PR
MAXZEN 冷蔵庫 362L JR362HM01SV

商品情報

ブランド:MAXZEN
冷蔵庫
(362L・フレンチドア)
色 :シルバー

冷凍室が125L、冷蔵室が237Lと冷蔵も冷凍もたっぷり収納できる冷蔵庫です。冷凍室が6つのケースに分かれており、一番上は簡単に取り出せるトレータイプなので、使用頻度の高いものを置いておくと便利。冷蔵室のドアポケットの数も多く、2Lのペットボトルや牛乳のような高さのあるものもたくさん入りますよ。

キッチンやライフスタイルに合った冷蔵庫を選ぼう!

冷蔵庫は頻繁に買い替えるものではない上に、ぎっしり詰め込んでしまうと冷蔵の効率も下がってしまいます。少し余裕のあるサイズを選んでおくと生活に変化があっても使いやすいですよ。ぜひこの記事を参考にあなたのキッチンにぴったりの冷蔵庫を見つけてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の調理家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー