この記事で紹介されている商品

野菜室が真ん中にある冷蔵庫のおすすめ10選!観音開きタイプもご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

自炊をよくする方にとって使い勝手のいい「野菜室が真ん中にある冷蔵庫」。片開きや観音開きのものがあり、500L以上の大型サイズのモデルも展開されています。今回は、野菜室が真ん中にある冷蔵庫のおすすめ商品をご紹介します。選び方やメリット、デメリットについても解説するので、ぜひ最後までご覧くださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

こんな方におすすめ!野菜室が真ん中にある冷蔵庫のメリット

野菜室が真ん中にある最大のメリットは、野菜室から食品を取り出す際にかがまなくてもいいところ。 カボチャやキャベツなどの重い野菜をかがまずに出し入れできるため、腰にかかる負担を軽減できます。 自炊をよくする方で野菜をよく使う方は、取り出しやすい真ん中の位置に野菜室があると使いやすいでしょう。 冷蔵庫のすぐ下に野菜室があると、冷蔵庫に入りきらなかった飲み物をそのまま野菜室に入れられるのも便利なポイント。子どもでも手が届きやすい位置にあるため、サッと取り出すことができますよ。

ここに注意!野菜室が真ん中にある冷蔵庫のデメリット

野菜室が真ん中にあると冷凍庫が下段になってしまいますが、冷凍庫をよく使用する方にとってはデメリットとなってしまいます。 冷凍食品を取り出すたびにかがむ必要があるため、冷凍食品をよく使用する方や作り置き、まとめ買いしたものを冷凍する方は冷凍庫が真ん中にあるものを選びましょう。

冷蔵庫の選び方

冷蔵庫を選ぶ際は、野菜室が真ん中にあること以外にもチェックすべきポイントがあります。 容量やサイズ、機能性などモデルによって違いや特徴があるため、どれを選べばいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。ここでは、冷蔵庫を選ぶ際に着目するポイントについて解説します。

容量で選ぶ

冷蔵庫にはさまざまな容量のものがあり、使用人数によって適した容量の冷蔵庫を選ぶことが大切です。 一般的に、冷蔵庫の容量は家族数×70L+(常備品100〜150L)+予備70Lが目安。 一人あたり140L程度の容量を目安として、一人暮らしなら予備スペースも考慮して200L前後のものを選びましょう。 2人家族で外食が多く自炊をあまりしないなら200L台、作り置きやまとめ買いをするなら300L台がおすすめ。 将来家族が増える予定があるなら400L台を選んでおくと安心です。 3〜4人家族なら400〜500L、5人以上の家族なら500L以上の大型サイズがぴったり。450L以上のものだと冷却効率が上がって消費電力を抑えられるため、節電にもつながりますよ。

設置スペースや搬入経路に合うサイズを選ぶ

冷蔵庫を選ぶ際は、設置スペースに合うサイズかどうかも重要です。 設置スペースには、冷蔵庫本体だけでなく放熱スペースも確保しておくことが重要なポイント。 上面には5cm、左右の側面には0.5cm以上のスペースが必要になります。 冷蔵庫には延長コードが使用できないため、コンセントの位置も必ずチェックしてください。 また、設置スペースだけでなく搬入経路も忘れずにチェックしておきましょう。 冷蔵庫本体の寸法に加えて10cm程度あると問題なく運べますよ。玄関や廊下はもちろん、マンションやアパートに住んでいる場合はエレベーターや階段などもチェックしてください。

ドアの開き方で選ぶ

冷蔵庫はドアの開け方によっても違いがあります。主に片開き・観音開き・両開きタイプがあり、使い勝手や冷蔵庫を設置する場所のレイアウトなどに合わせて選ぶのがポイント。それぞれどのような特徴があるか解説します。

右開き・左開き

片開きタイプの冷蔵庫には、右側に開くものと左側に開くものがあります。 壁に向かってドアが開くと開閉しやすいため、右側に壁があるなら右開きタイプ、左側に壁があるなら左開きタイプがおすすめ。冷蔵庫を設置するスペースの間取りに合わせてどちら側に開くのかを選びましょう。 また、自分の利き手と同じ方向に開くと使いやすいとされています。右利きなら右開き、左利きなら左開きと利き手に合わせて選ぶのもひとつの方法です。

観音開き

キッチンのスペースが狭いなら観音開きタイプがおすすめ。フレンチドアともいい、ドアが開く面積が小さいため冷蔵庫前に十分なスペースがない場合でも設置できます。 引越しなどで間取りが変わっても、レイアウトに左右されず設置できるのもメリットです。 観音開きタイプは片開きタイプよりも開く面積が少ないため、節電につながるのも魅力。 一方で、大きいものを出し入れする際には両側の扉を開ける必要があるため、両手を使う必要があるのは難点といえるでしょう。

両開き

冷蔵庫のなかには、ドアを左右どちらにも付け替えられて両側から開けられる両開きタイプもあります。 片開きタイプと同様に一枚のドアが付いており、どんな間取りにも対応できるため転勤や引越しなどでレイアウトが変わっても使えて便利。 リビングからキッチンが見える場合でも、冷蔵庫の中が見られないように開閉できますよ。 一方で、両開きタイプの冷蔵庫は数が少ないため、好みの容量やデザインで選びにくくなってしまう点には注意が必要です。

搭載機能で選ぶ

冷蔵庫はメーカーによってさまざまな機能を搭載しており、ライフスタイルに合った機能があるものを選ぶと、調理や買い物がぐんと楽になる場合も。 使いやすいだけでなく節電につながる場合もありますよ。ここでは、冷蔵庫に備わっていると便利な機能をご紹介します。

AI機能

AIを搭載した冷蔵庫もあります。冷蔵庫を開け閉めする頻度や時間帯などを学習し、自動的に庫内を効率よく冷却してくれる機能を搭載しているものもあり、節電が可能です。 買い物に行くタイミングや冷蔵庫をあまり使わないときなどを予測して、事前に冷却したり省エネ運転してくれますよ。 また、冷蔵庫内にある食材を検知して献立を提案してくれるものも。人感センサーを搭載していて食材の適切な保存方法を教えてくれるものもあります。

スマホ連携

冷蔵庫とスマホが連携できるものなら、スマホの専用アプリからいつでも冷蔵庫の使用状況がチェックできます。スマホのGPSと連携して、外出を検知して自動で節電モードに切り替わる機能があるものも。 買い物先にいることを検知すれば事前に庫内を冷却してくれるので効率よく食品が保存できます。 アプリに住所などを登録すると、周辺にあるスーパーの特売情報を知らせてくれる機能もあり、日々の買い物や料理をさらに便利にサポートしてくれますよ。

カメラ搭載

スーパーに買い物に来た際に、買おうとしている食品が冷蔵庫にあったかどうか忘れることもありますよね。 うっかり二重買いしてしまったり、買い忘れてしまったりと、買い物で失敗したことがある方も多いのではないでしょうか。冷蔵庫内にカメラが搭載されたものだと、外出先からでもスマホで冷蔵庫の中身が確認できて便利です。 庫内はもちろん、左右のドアポケットまでしっかりと撮影してくれるものもありますよ。

タッチオープン

冷蔵庫のドアポケットに2Lペットボトルなどをたくさん入れていると、重たくて開けづらいと感じたことがある方も多いのではないでしょうか。 そんなときに便利なのがタッチオープン機能です。指で軽く触れるだけでドアが開くため、1人のときに両手が塞がっていても簡単に開けられて便利。料理中などで手が汚れていても、ドアを汚さずに開けられます。 冷蔵庫を開けるのに力が必要ないため、子どもでも開けやすいのも魅力です。

消費電力で選ぶ

冷蔵庫は家電の中でも消費電力が大きいため、節電が気になるなら消費電力もチェックしましょう。冷蔵庫の省エネ性能は「統一省エネラベル」を確認することでわかります。 省エネ基準達成率などが記載されており、1年間使用した場合の電気代の目安も分かるため参考になるでしょう。 また、自動省エネ運転をしてくれるものだと、長時間扉の開閉がない場合や部屋が暗くなったのを感知して自動で省エネ運転に切り替えてくれますよ。

野菜室が真ん中にある冷蔵庫のおすすめ10選

冷蔵庫の選び方についてご紹介しましたが、実際にどのような商品がおすすめなのか気になった方も多いのではないでしょうか。ここからは、野菜室が真ん中にある冷蔵庫のおすすめ商品をご紹介します。

パナソニック 3ドア冷蔵庫 365L NR-C374C-W

PR
パナソニック 3ドア冷蔵庫

商品情報

本体寸法:幅590mm×奥行633mm×高さ1807mm
質量:70kg
定格内容積(※新JIS測定・計算方式 (JIS C 9801-3: 2015) に基づく表示※)(※<>内の数字は食品収納スペースの目安※):365L(冷蔵室209L<170L> (うち、チルドルーム<13L>)、冷凍室68L<43L>、野菜室88L<57L>)

88Lと大容量の野菜室を備えており、2Lのペットボトルも立てて入れられます。冷蔵庫内は全段がガラス棚になっており「Ag抗菌脱臭」でニオイを抑えてお手入れも簡単。よく触れるハンドル部分は抗菌仕様になっているため清潔に使えます。冷蔵室内にある急凍ボタンを押せば食品が素早く冷凍できるため、作り置きの保管にも便利ですよ。製氷機の給水経路には水が残りにくくなっており、製氷皿は丸ごと洗えます。

パナソニック 6ドア冷蔵庫 513L NR-F519MEX-S

PR
パナソニック 冷蔵庫 513L

商品情報

・冷凍保存中の約1カ月間、おいしさを守る「うまもり保存」
・スマホと連携して、かしこく節電・停電に備えられる
・うるおい保存ができる野菜室が真ん中
外形寸法(mm):幅685×奥行699×高さ1828
質量:108Kg

野菜室は2段に分かれており、野菜の大きさによって分けて収納可能。加湿もできるフィルターで適切な湿度を保ち、野菜を新鮮なまま保存できます。冷蔵庫本体から引き出しを100%全開できるため引き出しの奥まで見やすいですよ。冷凍室では業務用レベルで急速冷凍でき、おいしさや食感がキープできるだけでなく調理の時短にもつながります。

東芝 5ドア冷蔵庫 411L GR-V41GHL(WU)

PR
東芝 5ドア冷蔵庫 411L

商品情報

【外形寸法(㎝)】幅60.0×奥行69.2×高さ183.3 【製品質量】85kg
【定格内容積】411L

「うるおいラップ野菜室」で野菜を適切な湿度で保存することが可能です。野菜くずや泥などはおそうじ口から簡単に掃き出せるので掃除もラクラク!庫内には除菌・脱臭ユニットを備えており、庫内を清潔に保てますよ。全段ガラス段なのでサッと拭くだけで簡単にお手入れでき、棚はスライド式なので背が高いものも入れられますよ。ドアポケットも大容量で、2Lのペットボトルが4本収納可能です。

東芝 6ドア冷蔵庫 551L GR-V550FH(EC)

PR
東芝 6ドア冷蔵庫 551L

商品情報

冷蔵室容量 281L
冷凍室容量 128L
製氷室容量 20L
野菜室容量 122L
冷凍室位置 下段
野菜室位置 真ん中

「新鮮摘みたて野菜室」を採用しており、野菜を収穫したてのようなみずみずしさのままキープし、おいしさを守ってくれますよ。野菜ケースの底面にはお掃除口があり、そこから野菜くずや泥などを捨てることができます。野菜室の大きなケースを外さなくてもお掃除口から掃除できるため、お手入れの時短にもつながるのはうれしいポイントですね。

日立 3ドア冷蔵庫 375L R-V38SV

PR
日立 3ドア冷蔵庫 375L

商品情報

定格内容積:375L
各室容量・・・
 冷蔵室:225L [178L うちうるおいチルドルーム 11L]
 野菜室:75L [49L]
 冷凍室:75L [49L]
※[ ]内の数字は食品収納スペースの目安

野菜室が上下2段に分かれており、小物野菜と大物野菜を分けて収納可能。にんじんなどの長い野菜や2Lペットボトルを立てて収納できるスペースもありますよ。間接冷却カバーが付いているため、野菜から出る水分を野菜室内に閉じ込めてうるおいをキープしてくれます。冷蔵庫内は強化処理ガラス棚が採用されており傷がつきにくく、汚れがさっと拭き取れますよ。

三菱電機 6ドア冷蔵庫 485L MR-MZ49J-C

PR
三菱電機 6ドア冷蔵庫 485L

商品情報

●定格内容積:485L
●本体寸法: 幅650mm x 奥行650mm x 高さ1,833mm 本体重量 115kg
●設置時寸法: 幅660mm x 奥行660mm(脚カバー含む)

野菜室が真空断熱材に囲まれているため庫内温度が安定し、野菜室全体を保湿してくれるので、うるおいをキープしておいしく食べられます。自動製氷機能も搭載しており、カルキクリーンフィルターで水道水のカルキを低減できるため、水道水でもおいしい氷が作れますよ。冷蔵室内にある給水タンクは床に埋め込み式になっており、庫内を広々と使うことができます。

三菱電機 6ドア冷蔵庫 602L MR-MZ60J-W

PR
三菱電機 6ドア冷蔵庫 602L

商品情報

定格内容積:602L
各室容量
 冷蔵室:328L [ 248L うちフレッシュゾーン 30L]
 製氷室:20L [5L]
 瞬冷凍室:34L [19L]
 野菜室:115L [82L]
 冷凍室:105L [70L]
※[ ]内の数字は食品収納スペースの目安

冷蔵庫や冷凍庫などのすべての部屋が仕切られた独立構造になっており、それぞれに温度センサーや湿度センサーを搭載。扉開閉センサーも付いており、買い物後に食品を投入するタイミングを予測して自動で事前冷却してくれます。使わないときは自動でエコ運転に切り替えてくれるので節電にもつながるでしょう。スマートフォンと連携することでスマホアプリから使用状況のチェックや温度設定の変更もできますよ。

シャープ  6ドア冷蔵庫 457L SJ-GK46K-T

PR
シャープ 6ドア冷蔵庫 457L

商品情報

本体サイズ(高さ×幅×奥行):1838×650×630mm
本体注釈:奥行はハンドル・調節脚部カバーを含まず。
質量:101kg
消費電力量:244kWh/年
運転音:約20dB

457Lと大容量ながら奥行き63cmとスリムなのが魅力の冷蔵庫。薄型なので上段に入れた奥の食品にも手が届きやすく、使い忘れも防止できます。野菜室は低温で包みこむように冷却しながら、うるおいガードで乾燥を防ぎながら野菜を保存するため、野菜の水分減少率を抑えておいしく保管できますよ。野菜くずはトレーに集めて取り外して捨てるだけとお手入れしやすい構造なのもうれしいポイントです。

シャープ 6ドア冷蔵庫 502L SJ-X508K-S

PR
シャープ 6ドア冷蔵庫 502L

商品情報

定格内容積:502L
ドアタイプ :ピラーレスフレンチドア/オートクローズ機構
ドア数 :6ドア

170Lと大容量な冷凍室「メガフリーザー」を搭載しており、まとめ買いや作り置きをよくする方にぴったり。独立したアイスルームと上段冷凍室に加え下段冷凍室は3段に分かれていてアイスや冷凍食品などを分けて収納でき、500mlのペットボトルも立てて入れられます。冷蔵室内にはプラズマクラスターイオン発生ユニットを搭載「プラズマクラスター見守り運転」できれいな冷気が庫内を循環して清潔に保ちます。

ハイセンス 3ドア冷蔵庫 358L HR-G3601W

PR
ハイセンス 3ドア冷蔵庫 358L

商品情報

■全定格内容積:358L
■製品寸法(幅×奥行×高さ):幅598×奥行665×高さ1740 mm
■環境にやさしい静音:約20dB

86Lの大容量な野菜室があり、上下2段に分かれていて大きめの野菜も収納可能。手前側には2Lのペットボトルが立てて4本入れられます。野菜室の底にはお掃除口があり、下にゴミ箱を置けばそのまま野菜くずの処分ができて便利です。自動製氷システムも備わっていて、急速製氷で最短90分で製氷可能。ボタンを押すだけで給水パイプを自動で水洗いしてくれるのでお手入れの手間も省けます。

野菜室が真ん中にある冷蔵庫で出し入れもスムースに

野菜室が真ん中にある冷蔵庫のおすすめ商品と、選び方について詳しくご紹介しました。野菜室が真ん中にあれば、2Lペットボトルや重い野菜などをかがまなくても出し入れできて便利です。ぜひこの記事を参考にして選んでみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の調理家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー