この記事で紹介されている商品

長持ちするフライパンのおすすめ12選!焦げつきにくい加工やおすすめの素材を解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

炒め物などに欠かせない「フライパン」ですが、食材が焦げつくと、料理の味を落とすだけでなく、後片付けも負担ですよね。そんなときに、快適な使い心地が長持ちするフライパンがあるとうれしいもの。本記事では、おすすめの素材や焦げつきにくい加工など、長持ちするフライパンの選び方について解説します。ぜひご覧くださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

フライパンを長持ちさせるには選び方が重要

買ったばかりのフライパンは快適に使えますが、使い続けていくうちに食材が焦げつきやすくなるといった、不満を抱えている方も多いのではないでしょうか?古くなったフライパンは、表面のコーティングが剥がれて食材が焦げつきやすくなります。コーティングが剥がれてしまうと、調理中だけでなく洗うのも手間がかかってしまうので、焦げつきやすいフライパンを使い続けることで、料理自体が負担に感じてしまうことも。 そういった状況になってしまうのは、もしかしたら、フライパンの選び方が間違っているのかもしれません。フライパンの素材や施されている加工を意識して選ぶと、食材が焦げつくことのないスムーズな調理が長期間持続できるようになりますよ。長持ちするフライパンを探している方は、ぜひ選び方をチェックしてみてくださいね。

長持ちするフライパンの選び方

長持ちするフライパンを選ぶときは「素材」「加工」「用途」の3つのポイントに注目してみてください。 ここからは、それぞれのポイントを押さえたうえで、さまざまな種類のフライパンをご紹介します。自分に合ったフライパンを見つけられるように、特徴やメリット・デメリットについても解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

フライパンの素材で選ぶ

フライパンには複数の素材がありますが、それぞれ特徴や耐久性が異なります。長持ちするフライパンを選ぶ際は「鉄製」「ステンレス製」「チタン製」などがおすすめの素材です。それぞれの素材について特徴を解説します。

「鉄製」はお手入れすれば長期間使用可能

鉄製のフライパンの魅力は、熱伝導率がよく、高温にも強い丈夫な素材であることです。強火で調理することにより、食材の旨味を逃がさず、短時間でおいしく仕上げられます。鉄製は焦げつきやすいと敬遠されがちですが、水を入れて煮立たせれば焦げが簡単に取れて再生可能です。また、加工されているフライパンのように、コーティングが剥がれてしまう心配もありません。しかし、使用後濡れたままにするとサビが発生してしまうため、きちんと水分をとばすように空焚きして乾かし、油を塗るという手間はかかります。ただし、お手入れをきちんとしていれば耐久性が高いため、長年使い続けられる素材です。

PR
ビタクラフト スーパー フライパン 2003

商品情報

サイズ:内径28.0cm 深さ5.0cm
素材・材質:本体/鉄 ハンドル/ステンレス
色: ブラック

鉄製ですが、こびりつきにくくサビにくいフライパンです。ビタクラフト社の独自の加工技術により、鉄の表面に窒素を浸透させて強度を高めたことで、サビにくく強靭な仕上がりに。窒素加工によってできた細かい凹凸に油が吸収されるため、こびりつきにくくなっているのも嬉しいポイントです。持ち手はステンレス製になっており、鉄製と異なり熱くなりにくいため、調理しやすいですよ。

汚れやサビに強い「ステンレス製」

ステンレス製は、汚れやサビに強いという特徴があります。丈夫で耐久性が高い素材のため、長く使い続けられるのがメリットです。食材を入れる前にフライパンをしっかり温めて、油を使って調理することで、焦げつきにくく長持ちします。ただし、熱伝導率が低いため、温まるのに時間がかかることや、油を使わずに調理すると焦げつきやすくなるのがデメリットです。熱が冷めづらく保温性が高いため、余熱でじっくり火を通す料理に向いています。

PR
ティファール フライパン G72902

商品情報

日本正規品は、品質表示・取扱説明書が印刷されたティファールの個装箱で梱包されています
取扱説明書をよく読んでご使用ください
サイズ(約):幅39×奥行21.5×高さ8.79cm・深さ5.06cm、本体重量(約):699g

ガス火とIHのどちらの熱源にも対応しているステンレス製のフライパンです。底部にはステンレスにアルミ合金を加えた素材を使用することで熱伝導率を高めており、全体を素早く熱することが可能です。食材にもムラなく均一に熱が伝わり、料理がおいしく仕上がりますよ。また、こびにつきにくい素材のため、フライパンに焦げつくこともなく、中性洗剤で流すだけで汚れが簡単に落とせます。

高強度の「チタン製」なら劣化しにくい

チタン製は、強度があり変形や劣化に強いため、長く使い続けられます。金属たわしで洗っても傷つきにくく、サビにも強いのがメリットです。鉄製やステンレス製と比較して、軽量なため扱いやすいのも魅力のひとつといえます。ただし、業務用が多いため、一般家庭用としては種類が少なく、価格は高い傾向です。熱伝導率が低く、高い火力が必要な料理にはあまり向いていないという一面も。しかし、一度温まったら熱が冷めにくいため、弱火や予熱で調理する料理は得意です。

PR
タフコ(Tafuco) フライパン AIT1230

商品情報

サイズ:30cm
重量:個装重量:870g
素材・材質:純チタン(シリコン塗装)、自然木

純チタン製で昇温速度に優れたフライパンです。比較的熱伝導率が低いチタンですが、純度を高めることでフライパンが温まりやすくなっています。そのため、素材の旨味を逃がさずに、手早く調理することが可能です。耐食性にも優れているため、劣化や変形もしにくいですよ。

フライパンの加工で選ぶ

長持ちしやすいフライパンを選ぶときには、加工についてもチェックしておくことが大切です。主な加工には「フッ素樹脂加工」「マーブルコート」「ダイヤモンドコート」「チタンコート」「セラミック加工」「ホーロー加工」などがあります。 ここからは、加工によってどのような違いがあるかを解説します。

食材の滑りをよくする「フッ素樹脂加工」

フッ素樹脂加工とは、金属の表面にフッ素樹脂をコーティングする加工のことです。フライパンにフッ素樹脂加工をすることによって、表面のすべりがよくなり、食材が付着しにくくなります。こびりつきや焦げつきなどが起こりにくくスムーズな使用感が続き、長持ちしやすくなりますよ。

PR
サーモス フライパン KFD-026

商品情報

サイズ(約):45.5×27.5×5.5cm、本体重量(約):500g
素材・材質:【表面加工】内面/ふっ素樹脂塗膜加工、外面/焼付け塗装 【材料の種類】本体/アルミニウム合金、取っ手/フェノール樹脂

軽量のアルミニウム合金のフライパンです。内面にフッ素樹脂加工されており、こびりつきや焦げつきが起こりにくくなっています。耐摩耗性に優れているため、傷がつきにくく長期間に渡って快適な使用感が続きます。軽量で片手でも扱いやすく、疲れにくいのもおすすめのポイントです。

「マーブルコート」

マーブルコートとは、フッ素樹脂に鉱物を混ぜたものをコーティングする加工です。表面に鉱物の粒子がひしめき合っており、大理石調の見た目から、マーブルコートと呼ばれています。表面に凹凸があり、調理器具との擦れが低減されるため、摩耗しにくく傷がつきにくいのがメリットです。また、非粘着性があり、食材のこびりつきも起こりにくいという特徴もあります。

PR
和平フレイズ 深型フライパン RA-9650

商品情報

商品サイズ:約 幅45.5×奥行28.3×高さ12.1cm、重量:約650g
鍋の高さ:8cm

マーブルコートが施されたフライパンで、耐摩耗性が高く、金属製のヘラも使えます。28cmの深型設計になっており、大容量の調理にも対応可能で、チャーハンや炒め物も作りやすいです。さらに、ガス火専用のため、火が通りやすく、食材の旨味を逃がさずおいしい料理に仕上がるのも嬉しいポイントです。

「マーブルコート」で調理器具との擦れを低減

ダイヤモンドコートは、フッ素樹脂にダイヤモンド粒子を混ぜたものをコーティングする加工です。耐摩耗性に優れていることから、コーティングが剥がれにくいという特徴があります。また、こびりつきにくく少ない油でも調理できるため、油を控えたいと思っている方にもおすすめです。

PR
アイリスオーヤマ フライパン ISN-F28

商品情報

底の厚さ:3.0mm(はり底含む)
原産国:中国
商品サイズ(cm):直径約29.3×高さ約6.1

耐摩耗性が高いため、傷に強くこびりつきにくい、ダイヤモンドコートのフライパンです。食材が焦げつくことなく、汚れが簡単に落ちるのでお手入れが簡単ですよ。片手でも扱いやすいように側面を薄く加工することで軽くしていますが、底面は厚みがあるため熱変形が起こりにくいです。

「チタンコート」はコーティングが長持ち

チタンコートとは、フッ素樹脂にチタンを混ぜたものをコーティングする加工です。強靭で耐食性に優れているため、サビにくく長持ちしやすいですよ。コーティングが剥がれにくく、繰り返して使用しても劣化しにくいのが魅力です。

PR
ティファール フライパン G26505

商品情報

サイズ(約):幅45.3×奥行27.7×高さ8.8cm・深さ5.7cm、本体重量(約):1159g
素材・材質:本体/アルミニウム合金、底/アルミニウム合金+ステンレス鋼(クロム16%)、取っ手/フェノール樹脂、加工/チタン・アンリミテッド(内面)・ふっ素樹脂塗膜加工(外面)

ティファールの独自技術のチタン・アンリミテッドコーティングで、耐摩耗性を高めたフライパンです。繰り返し使用しても、使い始めのようなこびりつきにくさが長続きします。そのため、食材の焦げつきも起こりにくく、汚れが簡単に落とせますよ。また、底面が厚く丈夫なためムラなく均一に熱が伝わり、食材の味を引き立ててくれます。

耐熱性が高い「セラミック加工」

セラミックをコーティングしたものが、セラミック加工です。セラミックは日本では陶器のことを指し、硬度や耐熱性が高く、耐久性にも優れています。また、セラミック加工されたフライパンは、遠赤外線効果でじっくり火が通るのも特徴のひとつです。ただし、熱伝導率が高いために、強火で調理すると食材が焦げつきやすくなります。強火での調理が難しい点は覚えておいてくださいね。

PR
グリーンシェフ フライパン CC002727-001

商品情報

ハンドル素材:フェノール樹脂、表面加工(内面・外面)/セラミックコーティング
有害物質を一切使用していないサーモロン・ノンスティック・セラミック・コーティングにダイヤモンドを配合。

セラミック加工されたフライパンで、耐熱性や耐久性に優れています。遠赤外線効果をもつセラミックに熱伝導率が高いダイヤモンド粒子を練り込んであり、相乗効果で早く温まるため、省エネにつながりますよ。土と同じ成分で有害物質を含んでいないため、人や環境に配慮した調理器具を求めている方におすすめです。食洗機対応で、お手入れに手がかからないのも魅力的ですね。

「ホーロー加工」はさまざまな料理に対応可能

ホーロー加工は、金属の表面にガラス質のうわ薬を高温で焼き付けたものです。耐食性や耐熱性、耐摩耗性にも優れており、サビや劣化が起こりにくいため長持ちします。また、見た目にツヤがあり、発色も美しいことから、カラフルな商品が多いのも特徴のひとつです。油や酸にも強く、さまざまな熱源で使用できるため、どのような調理法にも対応しやすいですよ。

PR
パール金属 HB-2634

商品情報

製品サイズ:(約)全長29×幅17.5×高さ5cm、皿の縁の高さ3.5cm
材質:鉄鋳物製(ほうろう加工)
原産国:中国

ホーロー加工されたスキレットです。ガス火やIH、オーブンや魚焼きグリルでの使用も可能で、多彩なメニューに対応できます。レトロ感のあるレッドカラーで、食卓に彩りを与えてくれるため、スキレットのまま食卓に並べるのもおすすめです。保温性が高く冷めにくいため、出来上がった料理を温かいままおいしく食べられますよ。

フライパンの用途で選ぶ

フライパンにはさまざまな形状あり、快適な使用感を長く保つためには、用途に合ったタイプを選ぶのも大切なポイントです。ここからは、「四角いフライパン」「スキレット」「卵焼き器」の3つのタイプをご紹介します。

自立する「四角いフライパン」なら収納時も傷つきにくい

耐摩耗性が高いフライパンであっても、重ねて収納すると表面に傷がつきやすくなります。四角いフライパンなら、自立可能なタイプも多く、縦置きすれば重ねずに収納できるため、フライパンの表面に傷がつきにくく長持ちしやすくなりますよ。また、使うときにサッと取り出しやすいのも嬉しいポイントですね。

PR
四角いフライパン sutto(スット) ドウシシャ

商品情報

スッとたつスッととる 四角いフライパン sutto(スット)
機能性と収納性に優れたフライパンの新しいカタチ
底面が広いので食材を一度にたくさん焼くことができます。

四角いフライパンの深型タイプで、汁物や煮込み料理にも対応可能です。一般的なフライパンと異なり角があるため、スープもこぼさず注げます。さらに、冷凍うどんを茹でたり、レトルトパックを温めたりするときも、水の量が少なくすみ調理もしやすいです。また、自立するタイプのため省スペースに収納しやすく、取り出しもスムーズに行えます。

じっくり火を通したい料理には「スキレット」がおすすめ

スキレットとは、鋳物で作られたフライパンです。鋳物とは、高温の熱で溶かした鉄を型に流し込んで、冷やし固めた製品をいいます。一般的なフライパンよりも厚みがあり、耐熱性が高いため、強い火力での調理が可能です。さらに、蓄熱性も高く、食材の温度が下がりにくいという特徴もあります。ガス火やIH、オーブンや魚焼きグリルにも対応しており、焼き料理や煮込み調理が得意です。また、キャンプでの焚き火調理も可能など、さまざまな用途に活用できるため、ひとつあると便利ですよ。ただし、鉄製のため、使用後は水分をきちんと拭き取って空焚きし、油を塗布するなどのお手入れの手間はかかります。

PR
イシガキ スキレット フライパン

商品情報

サイズ:幅31×奥行20×高さ9cm
材質:本体/鉄鋳物 網 スチール
原産国:中国

浅型と深型がセットになったスキレットです。浅型のスキレットは蓋にもなるためダッチオーブンとしての使い方ができるのはもちろん、シチューやローストチキン、パンなどの調理にも対応できます。ステーキやハンバーグなどのグリル料理は、そのまま食卓に並べれば、温かいままおいしく食べられますよ。

お弁当作りに欠かせない「卵焼き器」

卵焼き器は、長方形の形状をしたフライパンです。一般的な丸いフライパンで四角い卵焼きを作るのは難しいですが、卵焼き器を使えば綺麗に形の整った卵焼きができますよ。毎日弁当を作る方やだし巻き卵をよく作る方は、卵焼き器があると便利です。形のしっかりした卵焼きを作りたい場合は鉄製を、ふんわりとした食感が好みの場合は銅製を、お手入れしやすさを優先するならコーティング加工されたタイプを選ぶとよいですよ。

PR
カローテ フライパン

商品情報

【健康素材・安全安心】体に悪影響を与える PFOA・鉛・カドミウムなどを一切使用しません。人間と地球環境に優しい材料が使われています;

マーブルコーティングされた卵焼き器で、ガス火とIHの両方に対応可能です。フライパンの表面の滑りがよく食材がこびりつかないため、綺麗な形の卵焼きを作れます。炒め物やお弁当のおかず、朝食の目玉焼き作りにも、コンパクトサイズで気軽に使えて便利です。キッチンペーパーや布巾で軽く拭くだけで汚れが落ちるため、お手入れが簡単で後片付けのストレスも低減できますよ。

耐久性の高い素材や加工で長持ちするフライパンを選ぼう

長持ちするフライパンを選ぶために、耐久性の高い素材や焦げつきにくい加工など、おすすめの選び方について解説しました。それぞれ特徴は異なりますが、どれもフライパンを長持ちさせる効果が期待できますよ。焦げつきにくさだけでなく、フライパンの耐熱性や耐食性なども考慮して、自分に合ったフライパンを選んでみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー