この記事で紹介されている商品
IH対応の鉄フライパンのおすすめ6選!空焼き不要で使えるタイプなど人気アイテムをご紹介

IH対応の鉄フライパンのおすすめ6選!空焼き不要で使えるタイプなど人気アイテムをご紹介

本記事では、数あるフライパンの中からIH対応の鉄フライパンのおすすめをご紹介!ひとり暮らしにぴったりなコンパクトサイズのものや空焼き不要で使えるものなど、幅広くピックアップしました。記事後半では、油ならしや油返しなど、意外と知らない鉄フライパンのお手入れ方法についても触れているので、ぜひ参考にしてみくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

鉄フライパンとは?

鉄フライパンとは、その名の通り、本体が鉄でできたフライパンのこと。

アルミや銅、ステンレス製などさまざまなフライパンがある中で、鉄製のフライパンの特徴といえば、やはり「熱伝導率の高さ」ではないでしょうか。

熱がすばやくフライパン全体に伝わるため、短時間でも食材にしっかりと火を通すことが可能。食材の旨みを逃さず、肉や魚ならじゅわっとジューシーに、野菜炒めならシャキッと香ばしく仕上げることができます。

また、油が馴染みやすく使い込むほどに焦げつきづらくなるのも、鉄ならではの魅力といえるでしょう。

そんな本格派の方にぴったりな鉄フライパンですが、最近では直火だけではなく、今回のメインテーマである、IHに対応しているものも増えてきました。IHコンロは火力が高いため、熱伝導率に優れた鉄フライパンとは相性抜群なんですよ。

IHで使うときの注意点

鉄製含め、金属製のフライパンは、火力が強すぎると変形してしまうことがあります

特に、IHクッキングヒーターは炎が見えないため、ついつい火力を強くしてしまうことも。急激な加熱や空焚きは避け、フライパン表面が焦げつかない程度の火力で調理するようにしましょう

IH対応の鉄フライパンの選び方

ここからはIH対応鉄フライパンの選び方について解説します。 以下4つのポイントに注目すれば、ぴったりな一品が見つけやすくなりますよ。

  • サイズ
  • 深さ、重さ
  • 取っ手の素材
  • お手入れ方法

以下ではそれぞれのポイント解説と共に、おすすめのフライパンもご紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.サイズで選ぶ

まずは、鉄フライパンの使い勝手を左右する、サイズを決めましょう。

 1人暮らしの方なら直径24センチ以下の小さめのもの、家族が多い場合は直径26センチ前後の大きめのものと、家族の人数に合わせたサイズのものを選ぶのがポイント!ただし、一人暮らしでも作り置きなどで多めに調理する機会が多い方は、目安よりも大きいものを選ぶのがおすすめです。

また、フライパンの底面がIHコンロのコイルから大きくはみ出してしまうと、加熱ムラができてしまうことがあります。サイズ間違いがないよう、IHコンロの直径もあらかじめチェックしておくことが大切です

揚げ物にも便利な極深タイプ
パール金属 鉄職人 極深いため鍋 20cm

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(683件)

>

商品情報

サイズ:全長340×幅215×高さ110mm、深さ73mm
重量:約550g
素材:鉄(シリコーン樹脂塗装)

ひとり暮らしの方にもぴったりな、コンパクトサイズの鉄フライパンです。強い火力で食材の旨みを閉じ込め、いつもの一皿がワンランクアップしたおいしさに!フライパンの両側には注ぎ口が付いているので油切りしやすく、タレやソースなども注ぎやすい設計になっています。サイズ展開は20cm、22cmとなっています。

サイズ展開が豊富!使って育てるフライパン
LAUGH WRINKLES 使いこむほどに育つ鉄フライパン 20cm

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(320件)

>

商品情報

サイズ:

全長370(持ち手含む)×高さ45mm、底面厚み1.4mm、底部直径18.5cm、深さ4.0cm
重量:約620g
素材:本体=鉄、持ち手=ブナ材

へら絞りという1枚の鉄板を伸ばし成形する製造方法により、大幅な軽量化を実現した優れもの。使えば使うほど油馴染みがよくなり、フライパンを育てる感覚で長く愛用することができます。職人さんによるシーズニング処理をしてから発送されるため、すぐに使えるのも魅力。サイズ展開は20cm、24cm、26cm、28cmとなっています。

2.深さ・重さで選ぶ

鉄フライパンを選ぶ際に、サイズと併せてチェックしておきたいのが深さです。 一般的に、家庭で使うフライパンの形状は「浅底」と「深底」の2種類に分けることができ、それぞれ特徴がガラッと異なります。

浅底のフライパンは、野菜炒めやチャーハン、生姜焼きや焼き魚など炒め物や焼き物を作るのにぴったり!底面積が広いので、一度にたくさん作りたい方にもおすすめです。

一方、深型のフライパンは、浅型のものより底面積は狭いものの、焼く、炒めるのほか、ゆでる、煮る、揚げるなどさまざまな調理シーンで使えるのが魅力的!深さがあるのでこぼれにくく、後片付けが簡単なのもうれしいポイントですが、浅型のフライパンよりも重いという欠点も。 深さと重さ、それぞれのバランスが取れたものを選びましょう。

こびりつきにくいマグマプレート材を使用
柳宗理 マグマプレート 鉄フライパン 25cm

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(1,261件)

>

商品情報

サイズ:W455×D290×H109mm
重量:約1420g
素材:本体=マグマプレート(鉄)、フタ=ステンレス、ハンドル・ツマミ=フェノール樹脂

右利きでも左利きでも使いやすいデザインにこだわりを感じる、ふた付き鉄フライパンです。 熱伝導率の高いマグマプレートを採用することで、食材を一気に加熱することができます。とくに野菜炒めを作るのにおすすめで、野菜の水分を程よく残した状態でシャキシャキとした食感に仕上がりますよ!使い勝手はもちろん、見た目に妥協したくない方、お料理好きの方も大満足な一台です。サイズ展開は18cm、22cm、25cmとなっています。

※『マグマプレート』は「日本洋食器株式会社」の登録商標又は商標です。

独自の「ハードテンパー加工」ですぐに使える
藤田金属 鉄フライパン 26cm

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(3,353件)

>

商品情報

サイズ:幅26.0×奥行44.0×高さ11.0cm、深さ5.5cm
重量:約1070g
素材:

本体=鉄(普通鋼板)、表面加工=ハードテンパー加工、取手=アルミ・フェノール樹脂

職人こだわりの「ハードテンパー加工」が施された鉄フライパンは、お手入れを簡単に済ませたい方にぴったり!メーカー独自の加工によってサビづらくなるのはもちろん、汚れや焦げもつきにくくなるので、何かと面倒なお手入れもストレスなく行うことができます。サイズ展開は20cm、24cm、26cm、28cmに加え、深型の20cm、28cmがあります。

3.取っ手の素材で選ぶ

鉄のフライパンは、サイズや形状だけでなく、取っ手の素材によっても使い勝手に違いが出ます。

取っ手の素材の中でも最もポピュラーなのが、樹脂製や木製です。手によく馴染み、持ちやすいだけでなく、熱も伝わりにくいため安全性は抜群!普段使いにぴったりな素材ではありますが、劣化が早いという一面も。

それに対して、鉄製や金属製の取っ手は耐久性が高いため、丁寧にお手入れすれば、木製や樹脂製の取っ手よりも長く使うことができます。 ただし、熱が伝わりやすく持ち手が熱くなりやすいため、調理中は注意が必要です。

取っ手が外せるから調理の幅が広がる
ライクイット オーブンでも使える鉄フライパン 26cm

Amazonカスタマーレビュー

4.7

Amazonカスタマーレビュー

(70件)

>

商品情報

サイズ:幅264×奥行き463×高さ82mm(ハンドル含む)
重量:約1.1kg
素材:

本体=黒皮鉄(ハードテンパー加工)、ネジ・スタンド=鉄、ハンドル=天然木(無塗装)

お料理の幅を広げたい方におすすめなのが、ハンドルが取り外せる鉄フライパンです。ハンドルを取り外してそのまま食卓に出したり、オーブンでも使えるので、さまざまなシーンで大活躍!結婚祝いや新築祝いなど、プレゼントにも最適な一台です。

鉄フライパンの育て方・お手入れ方法

ここまでおすすめの鉄フライパンをご紹介してきましたが、もうひとつ気になるのがお手入れ方法ではないでしょうか。ここでは、鉄フライパンの育て方やお手入れ方法をご紹介します。

鉄フライパンは「使いはじめ」「調理前」「使用後」に以下のようなお手入れを施すことで、さびや焦げつき、食材がくっつくといったトラブルを防ぎ、長持ちさせることができます。少し面倒に感じるかもしれませんが、ひと手間かけるだけで使い勝手もぐっとアップしますよ!

使いはじめに「油ならし」

1.油を鍋の深さの1/3位まで入れ、弱火で3分程熱します。
2.火を止めて、油をオイルポットなどに戻します。
3.キッチンペーパーなどで、鍋の中に残っている油をすりこむように、まんべんなく拭き上げます。

調理前に毎回行う「油返し」

1.フライパンを中火でよく温めます。
2.油をたっぷり入れ、フライパンの肌に馴染ませます。
3.油が充分に温まったら、油をオイルポットなどに戻します。

使い終わった後は

鉄フライパンが温かいうちに、たわしなどを使ってお湯で洗います。ポイントは、洗剤を使わないこと。洗剤を使うとなじんだ油が洗い流され、焦げやサビの原因となってしまいます。 洗い終わったら、水気をよくふき取ってからしまいましょう。

また、毎日お手入れする時間や余裕がない場合は、お手入れ不要のタイプを選ぶのもひとつの手。以下でご紹介するので、チェックしてみてくださいね。

「窒化4層加工」で錆びにくい鉄フライパンを実現
ビタクラフト スーパー鉄フライパン 26cm

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(1,699件)

>

商品情報

ブランド:Vita Craft(ビタクラフト)
商品サイズ:直径26.0×深さ4.3cm、板厚約0.16cm
製品重量:960 グラム
材質:本体/鉄(窒化加工) ハンドル/ステンレススティール
色:ブラック
対応熱源:‎IH対応

ブランド独自の特殊熱処理「窒化4層加工」を施すことで誕生した、さびにくく、こびりつきにくい鉄フライパンです。使ったあとはぬるま湯でさっと洗うだけで、従来の鉄フライパンのような特別なお手入れは不要!扱いやすいので、はじめて鉄フライパンを使うという方にもおすすめですよ。サイズ展開は20cm、24cm、26cm、28cmとなっています。

全6商品

おすすめ商品比較表

パール金属 鉄職人 極深いため鍋 20cm

LAUGH WRINKLES 使いこむほどに育つ鉄フライパン 20cm

柳宗理 マグマプレート 鉄フライパン 25cm

藤田金属 鉄フライパン 26cm

ライクイット オーブンでも使える鉄フライパン 26cm

ビタクラフト スーパー鉄フライパン 26cm

Amazonカスタマーレビュー
4.1683
4.2320
4.21,261
4.13,353
4.770
4.21,699
最安値
タイムセール
¥4,980-18%
参考価格¥6,050
タイムセール
¥8,000-9%
参考価格¥8,800
タイムセール
¥7,091-36%
参考価格¥11,000
購入リンク

IH対応の鉄フライパンでおいしさワンランクアップ!

今回は、IH対応の鉄フライパンのおすすめをご紹介しました。 意外にも種類が豊富なIH対応の鉄フライパンですが、サイズや深さなどに着目すれば、理想の1台が見つけやすくなります。 毎日のお料理を充実させるためにも、今回ご紹介した選び方やおすすめのアイテムを参考にしてみてくださいね。

こちらもチェック!
鉄フライパンのおすすめ12選!IH対応や初心者でも使いやすいものまで選び方とあわせてご紹介

焼き料理や炒め物に最適な「鉄フライパン」。保温性がよく、食材にムラなく火を通すことができるので、簡単においしい料理に仕上がりますよね。本記事では、フライパンの選び方やおすすめの商品についてご紹介します。長く愛用できる一生ものの鉄フライパンについても解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

こちらもチェック!
IH対応フライパンのおすすめ15選!長持ちする種類や機能も解説

IH仕様のキッチンなら欠かせない「IH対応フライパン」。取っ手が取れるタイプやデザイン性に優れたおしゃれなものなど様々な種類が販売されていますよね。今回はIH対応フライパンのおすすめの選び方について解説します。丈夫で長持ちするものや熱伝導性に優れたフライパンもご紹介するのでぜひ参考にしてみてくださいね!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー