この記事で紹介されている商品

鉄フライパンのおすすめ3選!IH対応や初心者でも使いやすいものまで選び方とあわせてご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

焼き料理や炒め物に最適な「鉄フライパン」。保温性がよく、食材にムラなく火を通すことができるので、簡単においしい料理に仕上がります。この記事では、鉄フライパンの選び方やおすすめの商品をご紹介します。長く愛用できる一生ものの鉄フライパンについても解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

また、クラシルではプロのシェフが愛用するおすすめのフライパンもご紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

こちらもチェック!
プロおすすめのフライパン11選!シェフが実際に愛用している商品をご紹介

この記事では、料理のプロが愛用するおすすめのフライパン11選とフライパンの上手な選び方をご紹介します。今回紹介してくださるのは9名のシェフ。長持ちする鉄製のフライパンや熱伝導に優れたアルミ製のフライパンなど、実際にお店でも使用されている実用性の高い商品ばかりです。シェフのおすすめレシピも登場しますのでぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

鉄フライパンの特徴

鉄フライパンは保温性がよく、食材の表面をムラなく素早く加熱できるのが特徴です。野菜の食感を残し、お肉の旨味もギュッと閉じ込めたまま焼きあげることができます。

まずは、ほかのフライパンと比べてどのような違いがあるのかチェックしてみましょう。

熱伝導性に優れている

熱伝導性が高く、高温に強い鉄フライパン。食材から出る余分な水分を素早く蒸発させられるるので、野菜は食感を残したままシャキッとした仕上がりになります。また、魚やお肉も均等に加熱できるので、焼きムラを抑えてこんがりジューシーに焼くことができますよ。野菜炒めやチャーハン、ステーキなどを調理する際におすすめです。

さらに、鉄フライパンは使っていくうちに油がなじみ、焦げ付きにくく使いやすくなるのがポイント!アルミフライパンやステンレス製のフライパンのように、2〜3年で買い換える必要がないのもうれしいですね。

耐久性があり一生ものになる

一般的なフライパンだと、買ったときは状態がよくても使っていくうちに劣化してしまうことが多いですよね。

しかし、鉄フライパンはメンテナンス次第で「一生使える」と言われるほど耐久性に優れています。材質も丈夫で変形しづらく、傷に強いので頑固な汚れをたわしでゴシゴシ洗っても問題ありません。使っていくうちに、油が鉄になじんでいくので、焦げ付き防止にもつながりますよ。使えば使うほど手になじみ、育てていく感覚があるので普段の料理も楽しくなりそうですね。

鉄フライパンの選び方

鉄フライパンを選ぶ際は、以下のポイントをチェックすることが大切です。

選ぶポイント
  • 板厚、軽さ
  • 掃除のしやすさ
  • サイズ
  • 手持ちの素材
  • IHに対応しているか  

以下で詳しくみていきましょう!

1.サイズで選ぶ

鉄フライパンは、直径30cm以上の大型から手のひらサイズのものまでさまざまな大きさがあります。家庭で使う場合は、人数に合わせたサイズを選ぶのがポイントです。

たとえば、直径24cmのフライパンであれば1〜2人分の調理に向いています。扱いやすいサイズで、重量も軽めなので初心者にもおすすめです。ハンバーグが1度に4つ焼ける、直径26cmは家族4人分の調理にぴったり!また、4人以上の料理を作る場合には直径28cm以上が適していますが、チャーハンのようなフライパンを煽る調理をする際には少し使い勝手が悪いかもしれません。

PR
使いこむほどに育つ鉄フライパン

商品情報


日本国内で鉄フライパン創りを行う数少ないメーカーの1つ藤田金属(大阪・八尾)が、10年後に愛着あるものをコンセプトに製品を取り扱うラフリンクルズ(東京・四ツ谷)に向けた別注モデル。

サイズ展開が豊富!使って育てるフライパン

豊富なサイズ展開が魅力の鉄フライパン。20cm、24cm、26cm、28cmの4段階で細かくサイズが展開されているので、幅広いご家庭で活用できそうですね。

通常、鉄フライパンにはサビ防止のために、コーティングされたロウを焼き落とす「シーズニング作業」が必要です。一般的なご家庭の火力では難しい作業ですが、こちらの製品では届いたらすぐに使える状態に加工済み。鉄の表面に凸凹加工が施されているので、焦げつきにくくサビにくいのもうれしいポイントです。使い込むうちに油なじみがよくなり、育てながら長く使えるフライパンですよ。

2.板厚・軽さで選ぶ

食材の旨味を引き立たせるためには、鉄フライパンの板厚も大切なポイント。調理する料理によって適切な板厚は異なるので、違いを押さえて用途に合ったフライパンをセレクトしましょう。

基本的に、チャーハンや野菜炒めなど手早く調理する料理には板厚が薄いフライパンが適しています。一方、ハンバーグやステーキなど食材の中にじっくり火を通す料理には板厚2mm以上のフライパンがおすすめです。また、板厚の厚みがあればあるほどフライパンは重くなり、使用する際に力が必要になります。鉄フライパンは重い商品が多い傾向にあるため、扱いやすさを重視するなら、板厚が薄く軽いフライパンを選びましょう。

PR
アイリスオーヤマ フライパン 鉄 29cm IH対応

商品情報

おいしく焼ける鉄フライパン。
普段の料理をもっと美味しく。

初心者におすすめ!軽くて使いやすいのが魅力

初心者でも扱いやすい、軽量化に特化した鉄フライパンです。用途に合わせて様々なサイズや形の商品が展開されています。さらに、鉄フライパンならではの使用後のメンテナンスも必要としないので、普通のフライパンのように扱いやすく、初心者でも安心して使用できます。側面と底の境目が緩やかなカーブ状になっているので、餃子やハンバーグなどを返しやすくなっているのもうれしいポイントです。

3.持ち手で選ぶ

フライパンの持ち手には、木製や金属製、樹脂製などの素材があります。それぞれの素材の特徴について詳しくみていきましょう。

木製

木製の持ち手は、手に馴染みやすく疲れにくいのが特徴です。持ち手に熱が伝わりにくく、やけどのリスクも低いので、鉄のフライパンに慣れていない方におすすめ。チャーハンや野菜炒めなどのフライパンをゆする料理をするときにも重宝するでしょう。

金属製

金属製は、劣化しにくく長く使えるのが特徴です。持ち手が熱くなりやすいので注意が必要ですが「フライパンを育てて長く愛用したい!」という方におすすめですよ。

樹脂製

樹脂製は一般的な鉄のフライパンによく使われる素材です。木製と同様に熱が伝わりにくく、握りやすいのが特徴です。軽くて扱いやすいので、初心者でも安心して使用できますね。

PR
リバーライト 鉄 フライパン 極 ジャパン 26cm IH対応 日本製 中華鍋

商品情報

特殊(窒化)熱処理した鉄の表面は、極めてサビにくく、大変丈夫でキズにも強く、面倒だったお手入れが簡単
油なじみが良いため、焦げ付きにくく調理がしやすい

取り外しも可能!熱くなりづらい木製ハンドル

収納の邪魔になりやすい取っ手を簡単に取り外せる鉄フライパン。木製の取っ手は使っていくうちに壊れやすい素材ですが、こちらの製品なら取手だけ交換すれば育てたフライパンをそのまま使い続けることができますね。取っ手が熱くなりにくく手になじみやすいので、チャーハンや野菜炒めなどのフライパンをゆする料理も気兼ねなく調理できますよ。

4.IH対応もチェック

自宅のキッチンがIHの場合は、鉄フライパンがIH対応かどうかも確認しましょう。近年ではIH対応のフライパンが多い傾向にありますが、なかにはガス専用フライパンもあるので注意が必要です。

また、IHコンロは熱ムラが生じやすいので、フライパンの大きさにも着目しておくとよいかもしれません。IHコイルからはみ出さない大きさを選び、底が厚いものを使うと上手に仕上がりますよ。

5.お手入れのしやすさで選ぶ

鉄製フライパンには特殊な加工が施されており「油ならし」「空焼き」「油返し」といったシーズニングと呼ばれる手入れが必要です。手間や時間がかかるため、少し面倒に感じてしまいますよね。

そこで「ストレスなく鉄フライパンを使いたい!」という方は、シーズニングが不要なタイプがおすすめ。鉄フライパンならではの面倒なお手入れが不要で、購入してからすぐに使用できます。気軽に使いたい方や面倒なお手入れを避けたい方は、シーズニング不要の鉄フライパンを選びましょう。

ポイントを押さえて一生ものの鉄フライパンを見つけよう!

鉄フライパンは使い込むほどに油がなじみ、育てながら料理を楽しめる調理器具です。メンテナンスや使い方次第では一生ものとして使うこともできますよ。本記事を参考にお気に入りをを見つけて、毎日の料理と一緒にフライパンを育てる過程を楽しみましょう!

※製品画像はAmazonより

こちらもチェック!
フライパンのおすすめの選び方!材質や容量の違いも解説

調理に欠かせない「フライパン」。毎日使うものだからこそ、使い勝手のよいものを選びたいですよね。ただ材質や深さ、サイズなど、さまざまな商品が販売されていて、どれを買おうか迷ってしまうことも。今回は、そんなフライパンのおすすめの選び方に加えて、材質の種類やフライパンを購入する際に気をつけたいことについて解説します。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー