この記事で紹介されている商品
そのまま飲める1人用ミキサーのおすすめ9選!スムージーを手軽に作って飲める

そのまま飲める1人用ミキサーのおすすめ9選!スムージーを手軽に作って飲める

1人分をササッと作ってそのまま飲める「ミキサー」は、1台あれば忙しい朝や手間をかけたくない時に重宝すること間違いなしです。本記事では、おすすめ商品や選び方のコツをまとめています。氷対応タイプや、お手入れが簡単な洗いやすいタイプなどさまざまな種類があるので、ぜひ自分の用途にぴったりなものを購入しましょう。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

そのまま飲める1人用ミキサーの魅力

そのまま飲める1人用ミキサーの最大の魅力は、手間がかからないことです。本体の容器をタンブラーやボトルとして使えるので、スムージーやジュースを作ったあとコップに移し替える必要がなく洗い物を減らせるメリットもあります。野菜や果物などお好みの食材をミキサーにかけるだけで、仕事や家事で忙しいときも手っ取り早く栄養を摂れる優れものです。

また、1人分の小容量なのも特徴の1つ。コンパクトサイズなので持ち運びにもぴったりです。職場やジム、アウトドアなど外出先でもフレッシュなドリンクを飲みたいときに重宝することでしょう。

どんな人におすすめ?

そのまま飲める1人用ミキサーは、以下のような方におすすめです。

おすすめする方
  • 外出先でもフレッシュなドリンクを飲みたい方
  • スムージーを作りたいけど洗い物が面倒な方
  • キッチンスペースを広く使いたい方
  • 忙しくて料理をする時間がとれない方
  • 野菜不足を解消したい方

ササっと作ってタンブラー代わりに持ち運べるのが、そのまま飲める1人用ミキサーならではのメリットです。とくに、携帯性や手軽さを重視する方に適しています。

また、コンパクトなので場所をとらずに使えて、使わないときは食器棚に収納しやすいことも利点としてあげられます。「ミキサーがほしいけど、キッチンに置く場所がない…」という方も安心して購入できるでしょう。

そのまま飲める1人用ミキサーの選び方

そのまま飲める1人用ミキサーを購入するときは、以下の6つのポイントをチェックしましょう。

選び方のコツ
  • タイプ
  • 氷対応
  • パワー
  • 動作音
  • 洗いやすさ
  • 機能性

それぞれの選び方のコツを詳しく解説しているので、ぜひ参考にしながらぴったりなものを購入してくださいね。

1.タイプで選ぶ

1人用ミキサーは、タンブラータイプ・ボトルタイプの2種類あります。持ち運びやすさや使い勝手などそれぞれ特徴が異なるため、用途や使用シーンに合ったものを選びましょう。

タンブラータイプ

タンブラータイプの1人用ミキサーは、会社やジムなど外出先でドリンクを飲みたい方にぴったりです。調理後にボトル台から取り外しができ、専用のフタをすればそのまま持ち運べます。

別でタンブラーを用意する必要がないため、洗い物を減らせるうえ容器に移し替える手間も省けて一石二鳥。好きなタイミングでフレッシュなドリンクを楽しみたい方は、タンブラータイプを検討しましょう。

ボトルタイプ

作ったその場ですぐ飲みたい方は、ボトルタイプの1人用ミキサーがおすすめです。調理後にボトル部分を取り外し、専用の飲み口をセットするだけでコップ代わりとして利用できますよ。

タンブラータイプと同様に、別の容器に移し替える手間や洗い物を減らせるメリットがあります。ガラス製のジャーといったおしゃれなデザインも多いため、きっとお家時間を充実させてくれるでしょう。

2.氷に対応しているか確認しよう

冷たいスムージーやフローズンドリンクなどを作りたい方は、氷に対応しているか必ずチェックしましょう。というのも、ミキサーのなかには氷を砕けないモデルもあり、無理に使用すると故障する原因になります。目安として300W以上を出力できるミキサーであれば、冷凍果実やロックアイスを入れても大丈夫とされていますが、必ず取扱説明書などで確認してから使用することをおすすめします。

あわせて、刃の形状も確認するといいでしょう。のこぎり型・波型が搭載されたミキサーは、砕く力も強いためなめらかな仕上がりに。氷以外にも硬い野菜や果物もしっかり攪拌してくれるため、1台あれば幅広いレシピに対応できて便利ですよ。

3.パワーをチェック

ミキサーでの調理を時短したい方は、出力パワーにも着目しましょう。ミキサーのパワーは、W数(消費電力)で表されます。このW数が大きいほど、食材を砕く力や攪拌する性能がアップ。短時間でスムージーやジュースを作ることができるうえ、野菜・果物の酸化を防いで風味豊かな仕上がりに。

また、なめらかな食感を楽しみたいのでれば、目安としては300W以上のミキサーがおすすめです。硬い野菜もしっかりと砕けて、氷にも対応しているモデルが多く販売されています。

4.動作音をチェック

ミキサーを購入するときは、どれくらい動作音がするのかもチェックしておくのがベターです。

「隣近所にミキサーの音が響くのでは……」「赤ちゃんが起きてしまう」とミキサーの音が心配な方は、W数が低いものを選びましょう。W数が低ければ低いほどモーター音が小さくなりミキサーの静音性はアップするので、早朝や深夜などでも気軽に使用できますよ。

ただし、W数が低いモデルはパワーが落ちるというデメリットもあるため注意が必要です。パワーと静音性を兼ね備えたミキサーを探している方は、高速回転タイプや静音設計と記載がある商品を購入しましょう。

5.洗いやすいとお手入れが楽

ミキサーを毎日のように使う方は、お手入れしやすいかどうかも重要です。ブレードやボトル台、フタなどパーツが多いため、使ったあとミキサーを洗うのが面倒だなと感じることがありますよね。

そんなときは、パーツが細かく分解できるタイプやシンプルなデザインのミキサーがおすすめです。隙間も丁寧に洗えるので、食材の細かなカスも楽に取り除けます。衛生面が気になる方も安心して使えるでしょう。

モデルのなかには、洗浄モードがあるミキサーや食洗器に対応しているものも。使用頻度やお手入れにかける手間を考慮して、自分の生活スタイルに合ったミキサーを探してみてくださいね。

6.機能性に注目

ここでは、安全機能・コードレスの2つの便利機能について解説します。よりこだわって選びたい方は、機能性にも注目してみてはいかがでしょうか。

安全機能

安全機能付きのミキサーなら、使用時の思わぬ怪我のリスクを防げます。とくにお子さんがいる家庭であれば、セーフティロック機能があるかチェックしたいところ。ボトルやカバーが正しくセットできていないと動かないため、誤作動の心配がありません。攪拌中にフタが開いて中身が飛び散るといったハプニングも防げますよ。

安全面を配慮するとしたら、セーフティロック機能のほかに二重ロック機能・自動オフ機能・2度押しスタート機能などが搭載されているか確認してみてくださいね。

コードレス

アウトドアやキャンプなど外出先でドリンクを作りたいときは、コードレスタイプのミキサーがおすすめです。野菜や果物などの材料をセットしておけば、電源がない場所でもスムージーやフレッシュなジュースを簡単に作ることができますよ。

充電方法には、大きく分けてUSB充電・マグネット式充電の2タイプあります。USB充電の場合、スマホやPCからの充電が可能。外出先で充電が切れてしまっても安心です。一方、マグネット式は防水機能が施されているため、丸洗いできるのが嬉しいポイント。より使い勝手のいいタイプを選んでくださいね。

そのまま飲める1人用ミキサーのおすすめ9選

ここでは、そのまま飲める1人用ミキサーのおすすめ商品9選をご紹介します。タイプや氷対応など購入前にチェックしておきたいポイントをまとめたので、参考にしながら選んでみてくださいね。

BRUNOのミニブレンダーは、作ったボトルでそのまま飲めるボトルタイプです。専用のフタをすれば、冷蔵庫で保存したり持ち歩きしたりもできますよ。使い方は簡単で、果物や野菜を入れて上から押すだけでドリンクやスムージーを作れます。4枚刃のカッターを搭載しており、1回につき2〜3個の氷を砕くことも可能。フローズンドリンクを楽しみたい方にぴったりです。容量は280mlと飲みきりにちょうどいいサイズなのも嬉しいポイントですね。

コンパクトかつ高い切削性を兼ね備えたパナソニックの1人用ミキサーです。ファイバーカッターを採用しており、口当たりなめらかなスムージーも簡単に作れます。これ1台でスムージー・プリン・パフェ・スープなど幅広いメニューに挑戦できますよ。レシピブックも付いてくるので、初めてミキサーを使う方にもおすすめです。パーツの一部は食洗器に対応しており、お手入れの時間を省きたい方に適しています。

持ち運べるタンブラータイプのミキサーを探している方にぴったりです。ボトル部分の取り外しが簡単なシンプル設計を採用。専用のフタ・ケースが付属しているので外出先でもフレッシュなドリンクを楽しめます。ボトルを外した状態だと作動しない安全機能も搭載されているため、お子さんがいる家庭でも安全に使えます。カッター刃と台座のパーツを取り外せてお手入れも簡単ですよ。

Oster社とボルダー社がコラボしたミキサーは、レトロで可愛いデザインとなっています。ボトルタイプかつ専用ストロー付きなので、作ったその場ですぐに飲めて便利です。トライタン製樹脂素材でできたジャーは軽く、取っ手もついていて直に飲みやすいのも本商品のおすすめポイントの1つ。保存キャップも付いているため、スムージーの下準備をした状態で冷蔵庫に入れておけば忙しい朝の準備も減らせますよ。

ジュースボトル・コーヒーミルの2種類のボトルが付いているため、これ1台あればジュースやスムージーだけでなくコーヒーも楽しめる多機能なミキサーです。400Wのハイパワーなので、かたい野菜や氷もしっかり砕いて30秒で口当たりなめらかなドリンクを作れます。また、静音DCモーターを搭載しているため、動作音が静かなのも嬉しいメリットです。集合住宅や赤ちゃんがいる家庭などミキサーの音が気になる方は、こちらの商品をチェックしましょう。

アイリスオーヤマの1人用ミキサーは、調理後にそのまま持ち運べるタンブラータイプです。トライタン素材でできたボトルは、軽くて耐久性が優れているため安心して持ち歩けますよ。また、臭い移りが少ないのもトライタン素材のメリットです。離乳食やドレッシング、ふりかけなど幅広く活用できるので、手作りレシピのラインナップを増やしたい方に適しています。パーツを分解でき食洗器にも対応しているので、使用後のお手入れも簡単ですよ。

D&Sの1人用ミキサーは、280mlと飲みきりやすいコンパクトサイズです。フタを付け替えれば、そのまま持ち運びや保存もできます。予備用のボトルが1本付いてくるので、家族の分や別メニューを作るときにも便利です。オリジナルレシピもセットになっており、美容や健康をサポートするヘルシードリンクを作りたい方にぴったり。簡単操作で忙しい朝も、しっかり栄養を摂れるため1台あると重宝すること間違いなしです。

コンパクトミキサーは、攪拌後にそのまま飲めるボトルタイプです。牛乳瓶のようなコロンと丸みのあるフォルムが可愛らしく、おしゃれにミキサーを使いたい方にぴったり。コードレス充電が可能なので、電源がない場所でも美味しいドリンクを作れます。ジムやアウトドアなど外出先に持っていくと活躍してくれることでしょう。冷凍フルーツや氷も攪拌できるため、フローズンドリンクも楽しめますよ。

アイリスオーヤマのコードレスミキサーは、ボタンを押すだけの簡単操作なのでミキサーを使い慣れていない方におすすめです。忙しい朝や食材の下ごしらえ、オフィス、アウトドアなど様々なシーンで活躍します。丸洗い可能なので、お手入れが手軽なところもうれしいポイントのひとつですね。

全9商品

おすすめ商品比較表

BRUNO ブレンダー ボトル ミニ BOE073-IV

パナソニック ミキサー MX-XP102-K

山善 タンブラー ミキサーYMF-280

Oster ボールジャーブレンダーミキサー

Hismile小型 ミキサー

アイリスオーヤマ ミキサー330ml PBB-330-C

D&S ミニブレンダー

シービージャパン ミキサー

アイリスオーヤマ コードレスミキサー IBB-C301-C

Amazonカスタマーレビュー
4.1687
4.3807
4.0265
4.2237
3.968
4.02,276
4.121
4.221
3.835
最安値
タイムセール
¥3,127-14%
参考価格¥3,618
タイムセール
¥2,682-33%
参考価格¥4,000
タイムセール
¥5,680-14%
参考価格¥6,600
タイムセール
¥4,685-8%
参考価格¥5,083
購入リンク

そのまま飲める1人用ミキサーは1台あれば便利

そのまま飲める1人用ミキサーは、スムージーやジュースなどを気軽に作れます。器に移す手間が省けるだけでなく、洗い物を減らせるメリットも。忙しい朝や外出先でもフレッシュなジュースを飲みたいときに便利ですよ。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他の調理家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー