この記事で紹介されている商品
【2023年】コーヒーに最適な電気ケトルのおすすめ10選!おしゃれでドリップしやすい商品も

【2023年】コーヒーに最適な電気ケトルのおすすめ10選!おしゃれでドリップしやすい商品も

「コーヒー向け電気ケトル」は、ハンドドリップしやすい細口タイプで、豆の味を引き立ててくれるアイテムです。瞬時にお湯が沸き、適温をキープしやすいため、おいしいコーヒーが手軽に淹れられるようになりますよ。本記事では、コーヒー向け電気ケトルの機能性やお手入れしやすさ、デザイン性などから選び方について解説します。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

コーヒー向け電気ケトルとは?特徴をご紹介

コーヒー向けの電気ケトルとは、注ぎ口が細く曲線的な形状になっているケトルのこと。コーヒーを抽出するときにお湯の量が調整しやすいため、少しずつゆっくりと落とせることや均等に注ぎやすいといったメリットがあります。

さらに、片手で持ちやすい形状のハンドルや容量のものが多く、ハンドドリップに適したデザインになっていますよ。温度設定が搭載されているタイプも多くあり、好みの温度に調整できるため、理想的な味わいに近付けられるのも魅力のひとつです。

一般的なコーヒーケトルにはないさまざまな機能が搭載されており、利便性が高いため、コーヒータイムが楽しみになりますね。また、デザイン性が高い商品も多く、部屋にあるだけでおしゃれなインテリアにもなりますよ。しかし、種類が豊富で何を基準に選べばよいかわからないという方は、選び方のポイントをチェックしてみてくださいね。

コーヒー向け電気ケトルの選び方

コーヒー向け電気ケトルを選ぶときには、「ハンドドリップのしやすさ」「機能性」「お手入れしやすさ」「デザイン性」などのポイントに注目してみてください。コーヒーを淹れやすくするように作られたアイテムですがさまざまなタイプがあり、使う人によって好みも異なります。そのため、選び方のポイントを参考にして、自分に合ったタイプを見つけることが大切ですよ。

電気ケトルのハンドドリップのしやすさで選ぶ

コーヒー向け電気ケトルで、まず注目したいのはハンドドリップのしやすさです。使いにくいものを選んでしまうとフラストレーションがたまり、コーヒーを淹れることを億劫に感じてしまうかもしれません。使いやすさは続けやすさにもつながるため、自分に合ったものを選ぶための重要なポイントになります。「プロ仕様」とされているタイプや「鶴首状のノズル」などを選ぶと、快適な使用感が期待できますよ。

コーヒーのために作られた「プロ仕様」は本格的な味わいに

プロ仕様とされているものやバリスタが推奨している電気ケトルは、ノズルの形状や本体の持ちやすさ、湯量の調節のしやすさなど、あらゆる面でバランスの取れた商品が多い傾向です。ハンドドリップに適したデザインになっているため、慣れていない方でもおいしいコーヒーが淹れられるようになりますよ。

ドリップケトル エペイオス(Epeios) EPCP001

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(964件)

>

商品情報

【レオン・モテる家電大賞2022受賞】“美味家電”でおもてなし♡ 「モテる家電大賞」美味しいキッチン部門を発表!(2022年12月1日発表)。【スマートな機能美を秘めた「最初で最後に買うケトル」】 今回リリースするEpeios"ドリップケトル”は、「最初で最後のドリップケトル」を目指して開発がスタート。

ハンドドリップのしやすさにこだわった電気ケトルです。ノズルの付け根と注ぎ口の2か所のカーブで、ハンドドリップに適した角度を作り出しています。注水のスピードがコントロールしやすく、狙ったポイントに落とせるため、プロが淹れたような香り高いコーヒーが味わえますよ。温度調節やタイマー機能などを搭載し、正確な抽出を実現するためのサポートをしてくれるのも嬉しいポイントですね。

ドリップに適した角度を実現する「鶴首状のノズル」

細口タイプの電気ケトルであっても、ノズルの形状はさまざまです。そのため、湯量を調節するには直線的なノズルより、鶴首状のタイプを選ぶと正確な抽出をしやすくなりますよ。ただし、メーカーや機種によってカーブの角度もそれぞれ異なるため、公式サイトなどで角度や注ぎ口なども詳しく確認してみてくださいね。

電気ケトル コーヒー HAGOOGI (ハゴオギ)

鶴首状の細口ノズルで、ハンドドリップしやすい電気ケトルです。Sラインのカーブと半切りの細口デザインにより、微細で柔らかな湯線を描けます。狙った場所に的確に落とせるため、抽出を細かくコントロールすることも可能です。ハンドルは握りやすい断熱設計で、ヤケド防止にもつながります。

電気ケトルの機能性で選ぶ

コーヒー向けの電気ケトルにはさまざまな機能が搭載されており、コーヒーを淹れる際の利便性を高めています。使い方に合った機能を選ぶことで、使い勝手もぐんとよくなりますよ。ここからは、「温度調節機能」「保温機能」「空焚き防止・自動電源オフ機能」「カウントアップタイマー」などの便利な機能をご紹介します。

「温度調節機能」で好みの温度に調整可能

温度調節機能が搭載されているコーヒー向け電気ケトルなら、好みの温度に設定できます。コーヒーはお湯の温度で味が変わるため、自分好みの温度に設定できるとよりおいしく感じますよ。コーヒーの味の感じ方は人それぞれ異なりますが、一般的には、高めの温度ではコクや香りが強くなり、低めの温度では苦めになるとされています。自分好みの温度がわからない場合には、温度設定が細かくできるタイプで試してみるのもおすすめです。

[山善] 電気ケトル EKN-EC1280

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(272件)

>

商品情報

【細口ケトル】ゆっくりも、はやくも自由自在。注ぐお湯の量や速度をコントロールしやすく、狙ったところに正確に注げます。
【温度設定】50~100℃の間で1℃単位で温度設定が出来るので、飲み物に合わせた最適温度でお湯を沸かせ、より美味しい飲み物が楽しめます。

50~100℃の間で、1℃単位で温度設定できる電気ケトルで、自分好みの温度を設定しやすいです。1200Wのハイパワーのため、沸騰までの時間が短く、飲みたいときにすぐにお湯を沸かせますよ。ステンレス製ですが、マットなカラーになっており、モダンでシックな印象を与えるアイテムです。

「保温機能」でコーヒーに適した温度をキープ

保温機能があれば、沸騰後に一定の温度を保てるため、ハンドドリップ中に冷めてしまうことがなく、おいしく淹れられます。一般的なコーヒーケトルは途中で冷めていってしまい、温度が低めになると苦味が強く出てしまいます。保温機能で適温をキープすることで安定した味を出しやすくなるのは魅力的ですね。

COSORI(コソリ) 電気ケトル CO108-NK

商品情報

【ワンタッチで簡単操作】温度調節のできるドリップケトルで、ボタンを繰り返し押す必要もなく、ワンタッチで水を沸かせ、おうちカフェを楽しめます。五つのボタンにそれぞれの飲み物に最適な温度のプリセットが付きのため、初心者でもワンタッチをすれば簡単においしい飲み物を作れます!

保温ボタンが備わっている電気ケトルで、コーヒーに適した温度をキープできます。コーヒーのほかにも、日本茶やウーロン茶などに適した温度のダイレクトボタンがあり、ワンタッチで操作可能です。1200Wのハイパワーで、コーヒー一杯分(140ml)なら約58秒で沸騰するのもおすすめのポイントです。

安全に配慮した「空焚き防止・自動電源オフ機能」

コーヒー向け電気ケトルは、空焚き防止機能や自動電源オフ機能が搭載されているかどうかも確認しておくことをおすすめします。お湯が入っていないのに消し忘れてしまうと、故障や事故などにもつながる恐れがあるため、注意しなければなりません。空焚き防止機能や自動電源オフ機能が搭載されていれば、故障や事故を未然に防ぐことが可能です。

バルミューダ ザ・ポット K07A-BK

Amazonカスタマーレビュー

4.5

Amazonカスタマーレビュー

(437件)

>

商品情報

【ご注意ください】販売元が「バルミューダ公式ストア」の商品が正規品です。正規品以外は正規のサポートが受けられない可能性があります。
本体(内側)は水ですすぎ洗いが、フタは水で丸洗いが可能です。

空焚き防止機能と自動電源オフ機能が搭載された電気ケトルで、消し忘れによる故障や事故を防ぎます。600mlと使いやすい容量になっており、片手でも負担なく使える軽さです。コンパクトなサイズで一人暮らしの部屋にも設置しやすく、シンプルで美しいデザインはどんなテイストのインテリアとも馴染みやすいですよ。

「カウントアップタイマー」で抽出時間を正確に

カウントアップタイマーは、蒸らし時間を正確に計るために役立ちます。蒸らし時間の長さによっても、味や風味が変化するため、コーヒー豆に合わせて適切な時間を守ることが大切ですよ。一般的には、蒸らし時間は30~40秒にすると、香りや甘味が引き出されておいしく仕上がるとされています。タイマーできちんと時間を計ることによって、理想的な味に近づけることが可能です。

Brewista コーヒーケトル

Amazonカスタマーレビュー

4.5

Amazonカスタマーレビュー

(58件)

>

商品情報

【世界のバリスタが愛用する電気ケトル】世界中のバリスタからのフィードバックと専⾨家の声を形にしたドリップケトル。思い通りの抽出を可能にするために計算されたケトルは、競技会で各国代表から選ばれており、ワンランクアップしたご家庭でのコーヒータイムを楽しむ⽅にも最適です。

抽出用カウントアップタイマーが搭載された電気ケトルです。ワンタッチ操作で、蒸らし時間や注湯ペースを管理できます。40~100℃まで1℃ごとに温度調節ができ、設定した温度はメモリー機能で記憶することも可能です。保温機能もあるため、抽出中も適温をキープしてくれますよ。

電気ケトルのお手入れしやすさで選ぶ

お手入れしやすい電気ケトルは衛生的に保ちやすいため、味や風味に影響を与えにくいです。そのため「取り外しできる蓋」や「広口設計」を選ぶと、ケトルの中が洗いやすく、細かい部分まで綺麗にしやすいですよ。コーヒーの味を損ねないように、清潔に保ちやすい2つのタイプの特徴とおすすめ商品をご紹介します。

「取り外しできる蓋」はお手入れを簡単に

お手入れしやすさにこだわるなら、蓋が取り外しできる電気ケトルがおすすめです。取り外せないタイプは蓋と本体との間の掃除できない部分ができてしまいますが、蓋が取り外せると接続部分がなくなるため、汚れがたまりにくくなります。本体を洗うときも扱いやすく、清潔にしやすいですよ。また、本体に給水するときに注ぎやすいといったメリットもあります。

蓋が完全に取り外せる電気ケトルで、お手入れしやすい構造です。汚れがたまりにくく、清潔に保ちやすいため、いつでもおいしいコーヒーを淹れられます。1℃単位の温度調節機能も備わっており、自分好みの温度でドリップできるため、理想の味に仕上がりやすいですよ。コンパクトなデザインで、キッチンやテーブルなどに移動させて使うときにも便利です。

隅々まで洗いやすい「広口設計」

広口設計の電計ケトルであれば、内部に手を入れて洗うことも可能です。中を見渡せるため、汚れを見つけやすく、隅々まできれいにしやすいというメリットがあります。また、広口は水を切りやすく、乾燥時も素早く乾くため、衛生的に保ちやすいです。本体への給水時に注ぎやすく、こぼしにくいことも使いやすさにつながります。

モダンデコ 電気ケトル

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(412件)

>

商品情報

製品保証 | Modern decoから購入の場合 お届け日から1年間
仕様・スペック | サイズ:横幅25.7×奥行き13.6×高さ22.6㎝ / コード長:約65cm/重量:約660g(給電スタンド含む) / 定格電圧:AC100V / 定格周波数:50/60Hz / 定格消費電力:900W

広口設計の電気ケトルで、蓋が取り外せるため、隅々まで綺麗に洗えます。内部はステンレス製になっており、耐久性が高くサビにも強いため、長く使えますよ。さらに、保温機能はありませんが保温性に優れており、温度をキープしやすいです。1Lの容量がありながら、本体の重量はわずか0.53kgの軽量設計で扱いやすいのもおすすめのポイントです。

電気ケトルのデザイン性で選ぶ

コーヒー向け電気ケトルは、カウンターキッチンやダイニングテーブルなどの目につきやすい場所に置くことが多いですよね。そのため、おしゃれなデザインを選ぶと、部屋の雰囲気が格上げされますよ。選ぶときのポイントはインテリアのテイストに合わせることです。ここでは、「グレージュ」「ホーローライク」「メタルボディ」などのおすすめ商品をご紹介するので、部屋やキッチン、インテリアとも馴染みやすいアイテムを選んでくださいね。

高級感と温もりのある色合いの「グレージュ」

グレージュとは、グレーとベージュを合わせたカラーをいいます。グレージュの電気ケトルは、落ち着いた雰囲気に上品さがプラスされた印象を与えるアイテムになりますよ。白を基調としたシンプルな部屋やホテルライクテイストなど、大人っぽく洗練されたインテリアにもよく合います。また、中間色のため、さまざまなカラーとも馴染みやすいですよ。

電気ケトル 0.8L EGL-C1281

商品情報

本体サイズ 幅28.5×奥行18×高さ22.5cm 重量0.9kg
商品説明 ●人気の電気ケトルをリニューアル
●蓋を改良して取り外しやすくなりました

グレージュにゴールドのラインが入った電気ケトルです。高級感がありながら、温もりを演出する色合いになっており、置くだけでおしゃれな印象を与えます。シンプルで洗練されたミニマルなスタイルの部屋にも馴染みますよ。1℃単位の温度調節機能や保温機能などが搭載されて、多機能で便利な商品です。

「ホーローライク」は愛らしさのあるインテリアに

一般的なコーヒー向け電気ケトルは、ステンレス製が多く、クールでモダンな印象を与えるタイプが多い傾向です。その中で、ホーローのようなデザインは、唯一性があり、個性を演出できるアイテムになりますよ。また、本体のカラーによっても印象が変わるため、部屋のテイストに合った色合いにすることも大切です。

BRUNO 電気ケトル BOE072-BL

商品情報

[原産国]:中国製
[採寸]:サイズ:W240×H240×D135mm/重量:718g
機能:定格消費電力:1000W

ステンレス製ですが、ホーローのような質感のおしゃれな電気ケトルです。淡いブルーの色合いは、個性を主張しすぎず、部屋のインテリアに馴染みます。特に、ビンテージスタイルやフレンチカントリースタイルとの相性がよいですよ。スイッチひとつでオンオフできるシンプル設計で、直感的に操作できます。

「メタルボディ」は部屋の雰囲気を格上げするアイテム

メタルボディのアイテムは洗練された印象を与え、部屋の雰囲気を格上げしてくれます。スタイリッシュやモダンなデザインも多く、おしゃれな印象を与える効果も期待できますよ。シンプルな空間にメタルボディの電気ケトルを置くことで、インテリアのアクセントにすることも可能です。また、メタルボディは耐久性の高いタイプも多い傾向があります。傷や汚れに強く、見た目の美しさを長く保ちやすいですよ。

メタルボディに凹凸加工が施されており、高級感を高めたデザインの電気ケトルです。丸みを帯びた独特のデザインで、モノトーンを基調にした部屋のモダンなアイテムになりますよ。それぞれの飲み物に適した温度に設定できる5段階のダイレクトボタンがあり、コーヒーを淹れるときにはワンタッチで操作可能です。また、水量計が見やすくなっており、残りの水の分量がわかりやすいですよ。

全10商品

おすすめ商品比較表

ドリップケトル エペイオス(Epeios) EPCP001

[山善] 電気ケトル EKN-EC1280

COSORI(コソリ) 電気ケトル CO108-NK

バルミューダ ザ・ポット K07A-BK

Brewista コーヒーケトル

シロカ 温度調節電気ケトル SK-D171

モダンデコ 電気ケトル

電気ケトル 0.8L EGL-C1281

BRUNO 電気ケトル BOE072-BL

デロンギ(DeLonghi)電気ケトル KBOE1230J-GY

Amazonカスタマーレビュー
4.2964
4.2272
-
4.5437
4.558
3.9352
4.2412
-
-
4.52,096
最安値
¥13,200
タイムセール
¥7,480-11.7925%
参考価格¥8,480

-

タイムセール
¥11,980-12%
参考価格¥13,600
¥24,200

-

¥10,727
購入リンク

コーヒー向け電気ケトルでハンドドリップを楽しもう

コーヒー向け電気ケトルは、何を重視するかによって適したタイプが異なるため、自分に合ったタイプを選ぶことが大切です。ハンドドリップのしやすさに加えて、機能性やデザイン性、お手入れしやすさなど、それぞれ選ぶポイントを参考にしてみてくださいね。使いやすい電気ケトルを選び、ハンドドリップで淹れ立てのコーヒーを味わいましょう。

※製品画像はAmazon、楽天より

こちらもチェック!
【2023年】コーヒードリッパーのおすすめ16選!選び方を詳しく解説

ハンドドリップに欠かせない「コーヒードリッパー」。今回は、おいしいコーヒーを淹れるコツと、ドリッパーの選び方を丁寧に解説します。オシャレなガラス製や陶器製、耐久性のあるステンレス製やペーパーレスタイプ、アウトドア向けの商品などもタイプ別のおすすめも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他の調理家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー