この記事で紹介されている商品

【2023年】暖炉型ファンヒーターのおすすめ6選!暖かさや、電気代はどのくらい?他の暖房との比較を詳しく解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

暖炉の雰囲気を手軽に楽しめる「暖炉型ファンヒーター」。本物のような炎の動きはつい見入ってしまいそうですよね。ただ、暖房としての性能や電気代など、気になる点もあるのではないでしょうか。そこでこの記事では、暖炉型ヒーターの暖房力や電気代、選ぶポイントについて詳しく解説します。おすすめの商品もご紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

暖炉型ファンヒーターとは

暖炉型ヒーターは、電気ファンヒーターに暖炉の炎を模した照明機能がついたものを指します。照明部分と温風の吹き出し口は分かれているため、疑似炎は熱くはありません。仕組みはセラミックファンヒーターと同様で、通電して発熱させたセラミックに送風し温風を吹き出すことで暖めます。

電気なので、手軽に使用できるところが暖炉型ヒーターのメリット。本物の暖炉には薪の準備や使用後の掃除などメンテナンスの手間がかかりますが、暖炉型ヒーターには使用の度の特別なお手入れは必要ありません。また、高温にはなりますが火を使っていないので、安全面についても本物の暖炉より火事のリスクが少ないといえるでしょう。

さらに炎の照明は、焚き火を囲んでいるような安心感を感じることができるのも、大きな魅力です。これは「1/fのゆらぎ」と呼ばれる効果で、焚き火の炎や、木漏れ日、川のせせらぎなど、不規則ながらも激しくなく続くゆらぎに対して、人は心地よさを感じるため、安心感を覚えるといわれています。

暖炉型ヒーターは自然の炎のゆらめきを再現することで、視覚的な心地よさも提供しているのです。人々を惹きつける炎の照明効果は、家族の団らんにも一役買うことでしょう。

どのくらい暖かくなるの?暖炉型ヒーターの暖房力

炎のゆらぎに癒やされて、お手入れも簡単な暖炉型ヒーターですが、肝心の性能はどうなのか気になりますよね。

ほとんどの暖炉型ヒーターはセラミックファンヒーターと同様の仕組みなので、暖房性能は「すぐに暖かくなるけれど範囲は狭め」という特徴をもっています。
スイッチを入れてすぐ温風が出始めるので、即暖かさを実感できる優れた即暖性がメリットです。しかし、温風が届く範囲はそう広くありません。小さな空間では十分な暖かさを感じますが、広い部屋になるとヒーターの周りは暖かいけれど、室温は思うほど上昇しないということもあるでしょう。

暖炉型ヒーターが力を発揮するのはスポット的な利用なので、朝起きて着替える際や、帰宅後とにかく早く暖まりたいときなどに使うと、とても頼りになりますよ。

他の暖房と比べてどうなの?暖炉型ヒーターの電気代

照明も暖房もまかなえる暖炉型ヒーター。気になるのは電気代ですよね。実際にどのくらいの電気代が見込まれるのか、エアコンの暖房使用時と比較してみましょう。

弱運転のみで使用する場合は、エアコンよりも電気代が安くなりそうですが、強運転ではエアコンよりも高くなる計算です。実際は強と弱を調節しながら使うでしょうから、1日につき強弱それぞれ4時間ずつ使用する場合で計算すると、1日あたり223.2円、1ヶ月あたり6,696円となります。

この場合でもエアコンよりも割高になります。暖炉型ヒーターの暖房特性が、広い部屋全体を暖めるのには不向きであることを考えると、ワンルームなどではない限り、メインの暖房としてエアコン代わりに使用するにはコストがかかるといえるでしょう。

では暖炉型ヒーターよりもエアコンの方が優れているのかというと、一概にそうとは決められません。エアコンは部屋全体を暖めることには向いていますが、即暖性が低いという弱点もあるのです。

そこでおすすめなのが、併用です。部屋が暖まるまでは暖炉型ヒーターの温風で暖まり、エアコンによって室温が上がってきたら、ヒーターは切り、照明のみに切り替えて炎を楽しむのはいかがでしょうか。エアコンの設定温度を少し低めにして節電し、肌寒く感じたら即暖性の高いヒーターでまた暖めるということもできますよ。

暖炉型ヒーターの選び方

どんな暖炉型ヒーターを選ぶか迷ったら、以下の4つのポイントに注目してみてください。
ここからはそれぞれのポイントについて詳しく解説します。

1.部屋の広さや用途に合わせてサイズ・形状を選ぶ

電気ファンヒーターは狭い範囲のほうが暖かさを感じやすいという特徴があります。製品に表示された適用畳数を確認して、あなたが使用したい空間に合うかチェックしましょう。

暖炉型ヒーターにはいくつか異なる形状があるので、用途に合わせて選びましょう。置き型は重厚感があって素敵な反面、重量のあるものも多いです。特に動かす予定がない方にはおすすめですが、ほかの部屋でも使いたいという方は軽めのものやタワー型を選ぶとよいでしょう。

タワー型は動かしやすい点のほか、温風の出る位置にも特徴があります。下部に暖炉照明、その上に吹き出し口があるものが多いので、立ち仕事中や、座った際に上半身を暖めたい方には向いているでしょう。
より気軽に持ち運びたいという方には小型軽量タイプがおすすめです。

2.炎や本体のデザインで選ぶ

インテリア要素の強いヒーターなので、部屋に馴染むかもよく考えて選ぶ必要があります。

置き型の場合、黒が一般的ですが、白バージョンを展開している製品もありますよ。デザイン的に、高級感や上品な雰囲気が好みの方は脚がカーブしているものがおすすめです。逆に脚がまっすぐのものはモダンや質素な部屋に置いても悪目立ちしにくいですよ。また質感もチェックしたいポイントです。ツルツルしたものよりもマットなものの方が安っぽく見えず雰囲気が出るでしょう。

そして大事なのが、炎のリアル加減です。せっかく暖炉型ヒーターを買うのであれば、やっぱり本物のようにゆらめく炎を楽しみたいですよね。これに関しては実物を確かめられるのが一番なのですが、動画で炎がゆらめく様子を紹介している製品もありますので、参考にしてみることをおすすめします。

3.安全機能を確認

暖炉型ヒーターは火がついていないとはいえ、温風の吹き出し口は100°近くなるため、安全管理には注意が必要です。そのため、転倒した際に自動で電源が切れる転倒オフスイッチがあるものを選ぶことをおすすめします。
ほかにも過剰な温度上昇を防ぐ過熱防止機能、消し忘れを防ぐ、自動オフタイマーなど、使用状況に合わせて適切な安全対策があるか確認しましょう。

4.その他機能もチェック

さらに便利に使いたい人は、プラス機能もチェックしてみてはいかがでしょうか。暖房性能に関しては、「温度調節」や「タイマー設定」ができると便利です。

季節を問わず楽しみたいという方は、炎照明のみの作動ができるものを探してみてください。また炎のクオリティにこだわる人は照明の明るさを調節できるものもおすすめです。

暖炉型ヒーターのおすすめ6選!

暖炉型ヒーターの気になるポイントや選び方がわかったところで、ここからはおすすめの商品をご紹介します。リアルな炎が人気なものや、タワータイプ、小型タイプなどバラエティ豊かにピックアップしました。

PR
Dimplex 電気暖炉 LUCIII12J
4.2

Amazonカスタマーレビュー(29件)

商品情報

本体サイズ:600×510×340mm
本体重量:16kg

薪効果音機能をもつ暖炉型ヒーターです。メラメラ燃えている雰囲気を出す低温とパチパチと火の粉が舞う音が組み合わさって、炎の前に座れば本当の暖炉と錯覚する不思議な感覚になりそうですね。

薪の燃える音には炎のゆらめきと同様に1/fのゆらぎ効果があるといわれているので、心地よさもダブルに感じることができるでしょう。炎のゆらめきも薪の質感も文句なしにリアル。さらに炎の明るさ調整もできて気分に合わせて自由自在です。

ーター機能も充実しており、強弱切替だけではなく、温度設定も可能です。オフタイマーやリモコンなどもあって、使い勝手もいいのがうれしいですね。

PR
ディンプレックス 電気暖炉 MCS12WJ
4.1

Amazonカスタマーレビュー(166件)

商品情報

サイズ:約幅350×奥行220×高さ422mm

炎のクオリティに満足する人が多いといわれている暖炉型ヒーターです。本物のような炎のゆらめきは光の反射と屈折を絶妙に利用して表現されているのだそう。老舗ならではの技術ですね。もちろん炎照明だけでの使用もできます。

形状の特徴は幅35×奥行22×高さ42cmとコンパクトサイズなところ。部屋に違和感を出さず、アクセントになるように置くにはコンパクトなサイズはちょうどいいですよね。シンプルなデザインなので、いろいろなスタイルのお部屋に合わせやすいでしょう。本体の質感もザラザラとしていてリアルな造りです。

PR
山善 暖炉型ヒーター YDH-SK10(B)
3.7

Amazonカスタマーレビュー(157件)

商品情報

本体サイズ:幅41×奥行27×高さ55cm

正面のリング付き取っ手が印象的な山善の暖炉型ヒーター。脚のカーブ具合がエレガントで、アンティーク感がよく出ています。レトロ調のお部屋によく合いそうですね。

炎が勢いよく立ち上がり、ゆれる様子がとてもリアルです。炎の明るさも調整できるので、暗めにしてムーディーな雰囲気を楽しんだり、明るくして炎が燃える様子に見入ったりと気分に合わせられるのもいいですね。

暖房出力は500/1000Wと2段切り替えができます。暖炉型に限らず数多くの暖房製品を製造する山善製なので、速暖性や足元などスポット暖房としての性能についての評価は高いです。

PR
モダンデコ 暖炉型ファンヒーター
3.9

Amazonカスタマーレビュー(37件)

商品情報

【サイズ】本体…約 幅26×奥行き26×高さ83cm コードの長さ…約 1.6m

暖炉型ヒーターには珍しいタワータイプです。強弱の出力切り替えはもちろん、注目すべきはエコ運転ができるところ。室温が17℃になるまでは強で、18℃に達すると弱、22℃を超えるとオフという操作をすべて自動でおこなってくれます。暖炉型ヒーターでエコモードがあるタイプは貴重なので、電気代が気になる人には特にはおすすめです。

そしてもうひとつの魅力はその軽さです。3.6kgで裏面には持ち運びやすいようにくぼみもあるので、お料理中はキッチンに置いて使用し、食事のときにはダイニングに、食べ終わったらリビングへと移動できますよ。首振り機能もあるので、送風範囲が広がり家族での使用に向いています。
暖炉照明部分は下にあり、炎のゆれよりも熱をもった薪の質感の方がリアルさがあります。暗くした部屋で使うとより雰囲気を楽しめるでしょう。

PR
Sea the Stars 暖炉型ファンヒーター
4.0

Amazonカスタマーレビュー(513件)

商品情報

本体サイズ:(約)幅36.5×奥23.5×高42cm
本体重量:(約)4.3kg

明るさ調整などはできませんが、炎のゆらめきは本格的な暖炉型ヒーターです。
窓の格子もかわいらしく、ゆるやかにカーブした脚がおしゃれさを出しつつも、主張しすぎないので、馴染みやすいデザインです。重厚感のある黒はクラシックなお部屋に、白は明るめな色調のモダンインテリアにもよくマッチしそうですね。

幅36.5×高さ42cmのコンパクトサイズで、重量も4.3kgと軽めなので、移動させて使いたい人にもちょうどいいでしょう。お手頃な価格ですが、強弱切り替えができて、過昇温防止機能や転倒時自動電源オフなどの安全機能もしっかりついているので、安心して使えますよ。

PR
トップランド セラミックヒーター SC-DCH300BK
3.7

Amazonカスタマーレビュー(18件)

商品情報

本体サイズ:幅13×奥行11×高さ22cm
本体重量:840g

重さ840gの小型暖炉型ヒーターです。幅13cm、奥行11cm、高さ22cmと辞書サイズなので、バッグに入れて出かけることもできますよ。デスクに置いて炎を見ながら手を暖めたり、暖炉照明はオフにしてテーブル下で足元用に使用したりと使い方は自在です。

300Wの低出力を活かしてポータブル電源と一緒にキャンプに持って行けば、テントの中でも暖をとりながら炎を眺められるので特別な雰囲気を味わえそうですね。
また小型のタイプは倒してしまいやすいため、転倒オフ機能がついているのも安心ですね。

使用の際に気をつけたいこと

暖炉型ヒーターの炎は擬似なので熱くはなりませんが、温風の出る吹出し口周辺は高温になるため、特に小さなお子様のいるご家庭ではご注意ください。
また、ヒーター使用時は上にものを置かないようにしましょう。

暖炉型ヒーターで暖かさと癒やしをお得に楽しもう!

炎のゆらめきを味わえる暖炉型ヒーター。スポット的な使用やエアコンとの併用で電気代を節約しながらも、すばやく暖かさを実感できる便利な暖房器具です。使用サイズと安全性を確認して、お気に入りのデザインに絞れば、見た目にも体感でも暖かいものが見つけられますよ。温風で暖まりながら、炎のゆらめきを見つめてほっとする贅沢な時間を、お家で楽しんでくださいね。

こちらもチェック!
パネルヒーターのおすすめ11選!足元用や部屋用のものをご紹介・選び方も解説

部屋を暖めたり、冷えた身体をじんわりと暖めるのに便利な「パネルヒーター」。薄型でコンパクトなモデルが多いことから、広い部屋だけではなくトイレや脱衣所などの狭い空間を暖めるのにも使えます。この記事では、パネルヒーターの選び方のポイントとおすすめのモデルを11選ご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

こちらもチェック!
【2023年】オイルヒーターのおすすめ10選!メリットや電気代を抑える省エネモードまで解説!人気アイテムをご紹介

じんわりと部屋を暖められる「オイルヒーター」。暖房機器の中でも人気が高いですが、種類や機能もさまざまなので、選ぶときに迷ってしまいますよね。そこで今回は、オイルヒーターのメリットやデメリット、おすすめの選び方をご紹介します。オイルヒーターの購入を検討している方は、最後までチェックしてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー