この記事で紹介されている商品

【月齢別】おすすめのおしゃぶり12選!選び方や歯並びサポート機能がある商品も紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

「おしゃぶり」は、赤ちゃんが付けているととてもかわいいアイテムですよね。ピジョンやコンビなどさまざまなメーカーが販売しており、実は歯並びの形成に役立つ商品もありますよ。今回はおしゃぶりの選び方とおすすめの商品をご紹介します。新生児から使用可能なおしゃぶりもあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

おしゃぶりを使うメリット

おしゃぶりを使うことは、赤ちゃんにとってもパパやママにとってもメリットが多数ありますよ。主に以下のようなメリットがあげられます。

  • 赤ちゃんの気持ちが安定する
  • 泣き止むことがある
  • スムーズに眠れるようになる
  • パパやママのストレス軽減につながる
  • 歯並びの形成をサポートしてくれるものがある

メリットが豊富なおしゃぶりですが、常に使用するわけではなく時間を決めて使うことが重要ですよ。赤ちゃんにとってはおしゃぶり以外のものを口へ持っていき、学習することも大切です。また赤ちゃんが泣いているときに毎回おしゃぶりを与えて泣き止ませると、体調の変化や赤ちゃんが泣く理由に気づけない恐れもあります。おしゃぶりのメリットを活かせるように状況に合わせてできるだけ短い時間で使用しましょう。

おしゃぶりはいつまで使う?

おしゃぶりは、2歳になる頃には使用をやめるのが理想です。特に言葉を発しはじめるようになる1歳を過ぎてからは、発語の妨げにならないように長時間の使用は避けましょう。

有名メーカーから販売されているおしゃぶりも、1歳半頃までを対象年齢にしたものが主流です。あまり長く使っていると、歯並びや噛み合わせに影響が出てしまう恐れもありますよ。

長期間使い続けることで、おしゃぶりがないと泣き止まなくなってしまう子どももいます。そのため新生児の頃から、むやみに使い過ぎないことが重要です。4歳を過ぎてもおしゃぶりを手放せない場合は、パパやママだけで抱え込まずに一度医師に相談してみることをおすすめします。

おしゃぶりの選び方

おしゃぶりを選ぼうと思っても、商品がたくさんあり選び方に迷ってしまいますよね。ここからは、おしゃぶりを選ぶときに役立つポイントを以下の6項目に分けてご説明します。

  • 対象月齢
  • 素材
  • ニップルの形状
  • 消毒方法
  • 歯並び対策などサポート機能
  • 哺乳瓶とメーカーを合わせる

ぜひしっかりとポイントをおさえて、赤ちゃんが心地よく使えるおしゃぶりを選びましょう。

1.対象月齢で選ぶ

おしゃぶりは、赤ちゃんの月齢に合わせて選ぶことが重要です。赤ちゃんの口は短期間でどんどん成長していくので、その都度口に合うおしゃぶりを用意しましょう。おしゃぶりは商品ごとに対象年齢が設定されているため、購入する際の目安にしてみてくださいね。

月齢が上がると赤ちゃんの口のサイズが大きくなり、適応するおしゃぶりのサイズも徐々にアップしていきますよ。赤ちゃんが口にくわえるニップルも、生後6か月頃からの商品を目安に強度が高くなっています。

あらかじめサイズ展開の多い商品を選び、赤ちゃんの成長とともにサイズアップしていく方法もおすすめです。おしゃぶりを買いかえたときも、同じ商品ならスムーズに馴染んでくれるでしょう。

2.素材で選ぶ

おしゃぶりの素材として、主に使われるのは「シリコン」または「天然ゴム」です。耐久性、価格、赤ちゃんにとってのくわえやすさ、お手入れのしやすさなど、比較するとそれぞれにメリットとデメリットが存在します。おしゃぶりは月齢が変わると買いかえが必要なことも多いので、その点もふまえて用意しやすい商品を選んでみるとよいでしょう。

シリコン製

耐久性の高さを重視したい場合は、シリコン製のおしゃぶりに注目しましょう。耐久性があるうえに天然ゴム製のものよりも価格が安く、商品の種類が豊富というメリットもあります。赤ちゃんがおしゃぶりを気に入ってくれるかどうか、まずはお手頃なもので試してみるとよいかもしれません。天然ゴムを使用したおしゃぶりよりも丈夫なことから、気軽に洗浄や消毒をできるものが多いのもうれしいポイントです。

天然ゴム製

赤ちゃんがしゃぶりやすいものを用意したいなら、天然ゴム製のおしゃぶりに注目してください。やわらかい素材のため赤ちゃんが口に入れやすく、新生児の小さな口にもやさしくフィットするものを選べるでしょう。顔におしゃぶりの跡がつきにくいといったメリットもありますよ。

ただしシリコン製のおしゃぶりよりも価格がやや高く、耐久性がいまひとつな点が弱点と言えます。購入する際に気に留めておきましょう。また天然ゴムの香りが苦手で使いたがらない赤ちゃんもいるので、装着しているときの様子をしっかりと観察してくださいね。

3.ニップルの形状で選ぶ

おしゃぶりの赤ちゃんがくわえる部分を「ニップル」と呼びます。おしゃぶりに使われることが多いのは、おもに「丸型」と「平型」のニップルです。それぞれの特徴を解説するので、赤ちゃんの月齢や状況に合わせて選んでみてくださいね。

丸型

丸型のニップルを使用したおしゃぶりは、哺乳瓶の口と似た丸みのある形状をしています。そのため、普段哺乳瓶でミルクを飲む赤ちゃんには、こちらのタイプがおすすめです。くわえる方向を気にせずに使える商品を選べるのも魅力ですね。ただし、まだ吸う力の弱い赤ちゃんにとってはくわえにくい商品もあるので、できるだけやわらかい素材を使用した口にフィットするものを選んであげましょう。

平型

ニップルが平たい形状のおしゃぶりは、まだ力の少ない赤ちゃんでもくわえやすいのが特徴です。丸型のおしゃぶりよりも、口から外れにくいものを選べますよ。さらに歯並びや噛み合わせのサポート、鼻呼吸の促進に配慮した商品が多く販売されているのも魅力的。そのため歯が生えはじめた時期の赤ちゃんへの使用もおすすめです。

4.可能な消毒方法で選ぶ

おしゃぶりは赤ちゃんの口に入れて使うものなので、消毒して清潔を保つ必要があります。おしゃぶりのおもな消毒方法は「煮沸」「電子レンジ」「薬液」の3種類。なかでも手軽でおすすめなのは、電子レンジを利用して消毒する方法です。

専用のおしゃぶりケースに水とおしゃぶりを入れて、電子レンジで加熱消毒可能なおしゃぶりが販売されていますよ。煮沸のためにお湯を沸かしたり、消毒用の薬液を用意したりする必要がないので、忙しいときにも取り入れやすい消毒方法といえるでしょう。

5.歯並び対策などサポート機能で選ぶ

おしゃぶりには、出っ歯の防止や鼻呼吸の促進といった、赤ちゃんの成長をサポートする機能が備わったタイプもありますよ。例えば薄い形状のニップルを採用して、歯や上顎にかかる負荷を軽減している商品があげられます。ほかにも噛み合わせを妨げにくい構造のものや舌の入る空間を確保したものなど、歯並びが悪くならないように対策されたおしゃぶりも要チェック。歯並び対策と同時に鼻呼吸へと促してくれる商品も販売されています。

6.哺乳瓶と同じメーカーで選ぶ

赤ちゃんがスムーズにおしゃぶりを使ってくれるように、哺乳瓶と同じメーカーのおしゃぶりをチョイスするのもおすすめの方法です。ニップルの形状はメーカーごとに違う場合があります。哺乳瓶と違うメーカーやブランドのおしゃぶりにすると、赤ちゃんが違和感を感じて使ってくれないことがあるので気をつけましょう。はじめておしゃぶりを購入する際にどのようなものがよいか迷ってしまう場合は、まずは哺乳瓶のメーカーと揃えてみてくださいね。

新生児から使えるおしゃぶり6選

ここからは新生児の赤ちゃんから使えるおしゃぶりをご紹介します。おもに月齢3か月頃までの赤ちゃんを対象にしたおしゃぶりをピックアップしました。赤ちゃんの成長は早いので、月齢ごとの商品が展開されているタイプかどうかもあわせて確認してみましょう。

PR
ピジョン おしゃぶり Fun Friends

商品情報

ブランド ピジョン
材質 乳首:シリコーンゴム、座板など:ポリプロピレン
対象年齢 [対象] 0ヶ月 ~
商品の個数 1

哺乳瓶や赤ちゃん用マグを販売するピジョンのおしゃぶりです。小児歯科医が赤ちゃんのお口にあわせて監修した商品なので工夫された形になっていますよ。ニップルは月齢に適したサイズに設計されており、顎に負担がかからない適度なやわらかさになっています。生後18か月までの赤ちゃんにあわせた月齢ごとのおしゃぶりが販売されているので、成長して買いかえる際に悩まずに選べるのもうれしいポイントです。

PR
コンビ テテオ おしゃぶり 入眠ナビ

商品情報

ブランド コンビ
パッケージ重量: 0.02 kg
種類: 花柄
素材: ポリプロピレン シリコーン ゴム

「薄型」「軽量」「コンパクト」にこだわった赤ちゃんのお口にフィットしやすい設計です。ニップルと赤ちゃんの頬に接する部分をカバーできるキャップが付いているのも魅力的。持ち歩く際や保管する際の衛生面に配慮されているのがうれしいですね。スモーキーカラーにお花のイラストが載ったおしゃれなデザインも特徴で、赤ちゃんがおしゃぶりをつけているかわいい姿に癒されますよ。

PR
BIBS 天然ゴムおしゃぶり

商品情報

ブランド BIBS(ビブス)
色 Vanilla
材質 【プレート・リング】ポリプロピレン, 【乳首】天然ゴム
素材タイプフリー PVCフリー BPAフリー フタル酸フリー
パターン 無地
対象年齢 乳児

やわらかい天然ゴムを100%使用した新生児がくわえやすいおしゃぶりです。本体は肌への摩擦が起きにくいアーチ状になっており、唾液がたまりにくいのもメリット。デンマークで長く愛されているおしゃぶりで、やさしい印象の北欧風デザインも素敵です。6~18か月の赤ちゃんに使えるサイズもあるので、気に入ってくれた場合は成長後にサイズアップして使えますよ。

PR
ヌーク おしゃぶり

商品情報

ブランド NUK
材質 シリコーン, ポリプロピレン
パターン カートゥーン
対象年齢 ベビー
商品の個数 2

NUK(ヌーク)は、おしゃぶりや哺乳瓶を中心に販売するドイツの有名ブランドです。小児科医や歯科医も推奨するおしゃぶりで、赤ちゃんの気持ちを落ち着かせる効果や、美しい歯並びの形成が期待できるとされています。煮沸消毒・薬液消毒・電子レンジ消毒の3通りから、取り入れやすい消毒方法を選べますよ。電子レンジ消毒用の専用ケースもセットになっています。

PR
ヌーク おしゃぶり くまのプーさん

商品情報

ブランド NUK
色 白
パターン カートゥーン
対象年齢 乳児
商品の個数 1

こちらもNUK(ヌーク)から販売されているおしゃぶりで、生後0~6か月の新生児向けです。キャラクターのデザインがかわいいですね。同じ商品の月齢6~18か月用もあるため、赤ちゃんが気に入ってくれたらそのままサイズアップして使うのもおすすめです。おしゃぶりケースに水とおしゃぶりを入れて電子レンジで加熱すれば、お手軽に消毒ができますね。

PR
チュチュ おしゃぶり デンティスター

商品情報

ブランド チュチュ
色 ブルー
材質 シリコーン, ゴム
対象年齢 乳児
商品の個数 1

ドイツの歯科矯正医考案の「出っ歯になりにくい」とされているおしゃぶり。こちらの商品は薄い平型のニップルを採用しているのが特徴です。出っ歯の原因となる前歯や上顎への圧力を減らしてくれる構造です。外出時に役立つ保護キャップが付いている点や、煮沸・薬液・電子レンジといった3通りの消毒方法が選べる点も便利ですね。

3ヶ月頃から使えるおしゃぶり2選

続いて生後3か月頃から使えるおしゃぶりを2点ご紹介します。かわいい動物やキャラクターデザインのおしゃぶりもあるので、赤ちゃん自身が気に入ってくれるものを探してあげるのもいいですね。

PR
リッチェル 吸せつラボ おしゃぶり

商品情報

ブランド リッチェル
色 クマ
パターン カートゥーン
対象年齢 ベビー
商品の個数 1

リッチェルの「吸せつラボ おしゃぶり」は、赤ちゃんが母乳を飲むときに近い口の動きで吸えるように設計されています。「指スポット」が付いており、パパやママがおしゃぶりの外側から指をはめて赤ちゃんとのコミュニケーションをとれますよ。ニップルは丸洗い可能で、電子レンジ消毒用のケースも付属しています。手軽にお手入れできるおしゃぶりを探している方にもぴったりの商品です。

PR
レック AN おしゃぶり

商品情報

ブランド レック(LEC)
材質 シリコーン樹脂、ポリプロピレン
パターン 単品
対象年齢 ベビー
商品の個数 1

月齢約3~6か月の赤ちゃんに適したおしゃぶりです。ニップルは平型タイプで、やわらかく動きのある素材を使用しています。おしゃぶりを取り外す際につまみやすいリングが付いているのもうれしいポイントです。ニップルを上に向けて自立させられるので、一時的に外してちょい置きしたいときにも便利ですね。消毒ケースもほしい方にはセットタイプがおすすめです。

6ヶ月頃から使えるおしゃぶり2選

次にご紹介するのは、月齢6か月頃から使えるタイプのおしゃぶりです。1歳半ごろまで長く使える商品もありますよ。歯並び形成や噛み合わせなどのサポート機能にも注目してみましょう。

PR
ヌーク おしゃぶりスペース

商品情報

ブランド NUK
色 ペンギン
パターン ハート柄, アニマルプリント, カートゥーン
対象年齢 幼児
商品の個数 1

NUK(ヌーク)のおしゃぶりは、赤ちゃんが快適に過ごせるような構造にこだわっている点が魅力です。こちらのおしゃぶりはくわえやすさだけでなく、よだれかぶれ対策もできる「スペースシリーズ」のひとつ。肌に接する面積が少なく、敏感肌の赤ちゃんにも向いています。月齢6~18か月まで長く使えるので、おしゃぶりを定期的に買いかえなくて済むのもメリットですよ。

PR
チュチュ おしゃぶり 蓄光 デンティスター

商品情報

ブランド チュチュ
色 ピンク
材質 シリコーン, ゴム
パターン 星柄
対象年齢 赤ちゃん
商品の個数 1

チュチュの「出っ歯になりにくい」おしゃぶりシリーズからは、暗いところで光る蓄光タイプも登場しています。暗い場所やバッグの中で見失ったときに探しやすく便利ですよ。ドイツの歯科医師が考案した歯並び形成サポートタイプの商品なので、おしゃぶりが歯並びに影響するリスクを軽減したい方におすすめです。月齢6~12か月頃の赤ちゃんを対象としています。

8ヶ月頃から使えるおしゃぶり2選

最後にご紹介するのは、月齢8か月頃からの赤ちゃんが使えるおしゃぶりです。月齢18か月頃まで使える商品が主流なので、おしゃぶりを卒業する時期も視野に入れながら探してみてくださいね。

PR
コンビ テテオ おしゃぶり スマイルナビ

商品情報

ブランド コンビ
色 マリンイエロー
材質 乳首:シリコーンゴム<br>プレート・リング・フタ・キャップ:ポリプロピレン
パターン カートゥーン
対象年齢 [対象] 8ヶ月 ~ 18ヶ月
商品の個数 1

「コンビ」オリジナルのフタが開く構造を取り入れたおしゃぶりです。ニップルの中まで洗浄できるので、より清潔に使えるものがほしい方にぴったりですよ。小児歯科専門医の監修により、日本の赤ちゃんの口にあわせた構造に設計されているのもポイント。頬を圧迫しにくいプレートで肌にやさしい点も魅力的です。月齢8~18か月の赤ちゃんを対象に作られています。

PR
コンビ テテオおしゃぶり 入眠ナビ

商品情報

ブランド コンビ
色 スウィートブルー
パターン 星柄
対象年齢 ベビー
商品の個数 1

月齢8~18か月の赤ちゃん向けに作られた寝かしつけにおすすめのモデルです。欧米人よりも横に広い形状をした日本人の赤ちゃんの口内を研究して設計されました。赤ちゃんの噛み合わせや舌の動きを妨げない構造のニップルのほか、おしゃぶり本体が頬にくい込みにくい形状なのもうれしいポイントです。本体の重さは約8.9gと軽量なので、赤ちゃんの負担を軽減できるのも素敵ですね。

おしゃぶりを正しく使って赤ちゃんの生活をサポート!

おしゃぶりの選び方とおすすめの商品をご紹介しました。何気なく目にしていたおしゃぶりですが、適切に使うことで赤ちゃんにとって多数のメリットがありますよ。ぜひ本記事を参考に赤ちゃんが気に入ってくれるおしゃぶりを探してみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のベビー・マタニティカテゴリー

新着記事

カテゴリー