この記事で紹介されている商品
使い捨て哺乳瓶のおすすめ5選!袋をつけるだけのインナーバッグタイプも

使い捨て哺乳瓶のおすすめ5選!袋をつけるだけのインナーバッグタイプも

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

あれこれと気遣う部分も多い赤ちゃんとのおでかけを楽にしてくれるベビーグッズのひとつが「使い捨ての哺乳瓶」です。使用後に消毒する手間がかからず衛生的で災害時にも役立つため、近年注目を集めています。今回は、使い捨て哺乳瓶の選び方について解説します。袋状になったものなど、おすすめの商品もご紹介するので、ぜひご覧くださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

使い捨て哺乳瓶とは?

一般的に、哺乳瓶は使用するたびにきれいに洗い、消毒する必要があります。自宅にいて時間の余裕が十分にある状況ならいいですが、外出先や忙しいとき、夜遅く眠いのを堪えながら準備するときなど、都度お手入れするのは本当に大変なことです。

そんな哺乳瓶のお手入れの手間を省くために使えるのが、1回使ったらそのまま処分できる「使い捨て哺乳瓶」です。使い捨て哺乳瓶は製造の段階で消毒・密封されていて清潔なので、使用前の洗浄や消毒が必要ありません。開封してミルクを入れ、使い終わったら捨てるだけのとても便利なアイテムといえます。

どんな時に使う?

使い捨て哺乳瓶が役立つシーンはさまざまです。おでかけ中は特に、哺乳瓶を洗ったり消毒したりするスペースや時間を確保できないことも多いので、使い捨て哺乳瓶を持っておくと安心です。

旅行など長時間外で過ごすことがわかっているときはぜひ活用しましょう。乗り物に乗って移動している最中でも、使い捨て哺乳瓶があればいつでもミルクを飲ませてあげられます。外出先でなくとも、忙しいときは使い捨て哺乳瓶をうまく活用すれば時短になりますよ。

災害用の備えとしても、日頃から用意しておくと安心です。

使い捨て哺乳瓶は3種類!

使い捨て哺乳瓶は大きく分けて3つのタイプがあります。ここからはそれぞれのタイプの特徴を解説するとともに、選び方についても一緒にみていきましょう。

本体全て使い捨てタイプ

開封後すぐに使えるのが、本体がすべて使い捨てになっているタイプです。開封後の消毒なども不要で、すぐにミルクを入れて使うことができます。単品で使用できるため別売りの付属品等を用意する必要がなく、おでかけのときや被災した場合などの非常時にも適しているタイプです。

ただ商品によっては中を一度すすぐようにと記載されていることもあるので、開封しそのまま使えるかどうかは事前にしっかり確認しておきましょう。

乳首やボトル部分が別売りのタイプ

使い捨て哺乳瓶の中には、乳首部分が別売りで用意されているものも。赤ちゃんの月齢によって適している乳首の穴の大きさや硬さは違うため、あえて別売りのものを選ぶのもおすすすめです。

乳首が別売りになっているものは、赤ちゃんの月齢に合わせた乳首をそれぞれ個別に用意していれば離乳するまでずっと使えるので、長期間ストックしておくときにも便利ですよ。

インナーバッグタイプ

使い捨て哺乳瓶といっても哺乳瓶部分は使い捨てにはせず、手持ちの哺乳瓶に取り付けて使うインナーバッグタイプのものもあります。哺乳瓶のなかにミルクが入っている専用のインナーバッグを取り付けることで、哺乳瓶を洗ったり消毒したりする手間を省けるというものです。

哺乳瓶本体のみが販売されていてインナーバッグは別売りになっている商品もあるため、事前に付属品の内容を確認しておくようにしましょう。

使い捨て哺乳瓶の選び方

実際に使い捨て哺乳瓶を購入する際、チェックしておきたいポイントをご紹介します。同じ使い捨て哺乳瓶でも、用途や使い方などさまざまな部分に違いがあるため、使い捨て哺乳瓶の購入を検討している方はぜひ確認しておいてください。

1.月齢にあわせて選ぶ

赤ちゃんの月齢によって、適している乳首のサイズは違います。少し進んだ月齢の子向けの乳首でミルクを飲もうとすると、ミルクの出がよすぎて上手に飲めないことも。気管支に入ってしまい、命に関わるような事態になってしまう可能性もゼロではありません。

使い捨て哺乳瓶は、災害時の備えとしてストックしておくことも多いため、乳首の使用可能月齢には十分注意して購入・使用するようにしましょう。

2.開封後すぐ使えるかチェック

同じ使い捨て哺乳瓶であっても、メーカーごとに仕様が少しずつ異なり、実際の使用感はまったく違うものもあります。多くの使い捨て哺乳瓶は開封後消毒等の手間がなくすぐに使えますが、なかには一度すすいでから使用することを推奨している商品も。

開封後すぐに使えるかどうか、すすぎが必要なのかは事前に確認しておくようにしましょう。

特におでかけ中や被災時は、すすぎに使う清潔な水が確保できないこともあります。外出先で使う場合は開封後すぐ使えるものがおすすめです。

3.サイズ・容量で選ぶ

使い捨て哺乳瓶は、一般的な哺乳瓶と比べてサイズが若干大きいものが多いです。赤ちゃんが自分で持って飲めるサイズかどうか、そしてミルクの容量はどのくらいか、購入する前に確かめておきましょう

使い捨て哺乳瓶のなかでも、ジャバラタイプのものは縮めたり伸ばしたりしてサイズを調整できて便利です。自分で哺乳瓶を持って飲みたがる赤ちゃんには、大きさを調節できるものや小さめのサイズの使い捨て哺乳瓶が適しているでしょう。

4.素材をチェック

基本的には、使い捨て哺乳瓶も一般的な哺乳瓶と似た素材でつくられています。ボトル部分はポリプロピレン、乳首部分はシリコンのものが多いようです。ほとんどの商品は哺乳瓶として使用し、赤ちゃんが触れても問題ない素材からつくられています。

ですが赤ちゃんによっては、ラテックスアレルギー等を持っていることもあるでしょう。使い捨てのもので触れるのはほんの一瞬のこととはいえ、どのような素材が使われているか確認しておくことが大切です。

付属のパックを取り付けて使うタイプの使い捨て哺乳瓶であれば、パックに使われている素材についても念のため確かめておくことをおすすめします。

5.耐熱性・耐冷性をチェック

使い捨て哺乳瓶であっても、耐熱性・耐冷性があるかどうかは重要なポイントです。最初から人肌程度の温度のミルクを入れるだけならそこまで耐熱性・耐冷性に優れていなくても大丈夫ですが、冷凍しておいた母乳を入れ、温め直して赤ちゃんに飲ませるという哺乳瓶の使い方もあります。

その場合は耐冷性のない哺乳瓶は避けなければいけません。逆に熱い状態のミルクを入れてゆっくりと冷ます場合には耐熱性が必要になります。哺乳瓶としての用途に応じて、適切な耐冷性・耐熱性を備えた商品を選びましょう

使い捨て哺乳瓶のおすすめ5選

ここからは、おすすめの使い捨て哺乳瓶をご紹介します。使い方や用途、使用の頻度などに合わせて最適なものを選ぶ参考にしてみてください。

チューボ おでかけ用ほ乳ボトル 使いきりタイプ
3.9

Amazonカスタマーレビュー(408件)

商品情報

梱包サイズ:13.6 x 13.3 x 8.2 cm
梱包重量:200g

ジャバラタイプになっていて、大きさを調節し使える使い捨て哺乳瓶です。開封してすぐに使えるタイプですが、乳首の穴が楕円形になっており、向きによってミルクの出る量をコントロールできるため幅広い月齢の赤ちゃんに使える仕様になっているのが最大の特徴。調整の幅は3段階で、生まれたての赤ちゃんから月齢に合わせて使い分けられます。

Clovis Baby 使い捨て哺乳瓶 ステリボトル
3.8

Amazonカスタマーレビュー(6件)

商品情報

素材:シリコン, ポリプロピレン
色:なし
商品サイズ:‎7 x 7 x 17.8 cm
商品重量:53g

開封後すぐに使えるタイプの使い捨て哺乳瓶です。本体に取り付けて使う乳首もセットになっていて、この商品さえあれば哺乳瓶としてすぐに使えるのが大きなメリット。さらに乳首の穴は赤ちゃんの「吸う力」に合わせてミルクの出てくる量が変わるクロスカットという形になっており、生まれたばかりの赤ちゃんから卒乳時期の子まで、幅広い月齢の赤ちゃんが使えます。

カネソン 哺乳びん用インナーバッグ
3.8

Amazonカスタマーレビュー(853件)

商品情報

サイズ:210 x 100 mm
20枚入り

哺乳瓶のなかにセットして使う、インナーバッグタイプの使い捨て哺乳瓶です。普段使っている哺乳瓶と乳首をそのまま使うことができるため、使い慣れていない哺乳瓶を嫌がる赤ちゃんでも問題なく使えます。哺乳瓶のボトルのなかにインナーバッグを入れて使うためボトル部分の洗浄・消毒は不要ですが、赤ちゃんが直接触れる乳首部分などの洗浄・消毒は必要なことに留意しましょう。

drama 使い捨て 哺乳瓶
3.2

Amazonカスタマーレビュー(30件)

商品情報

商品内容:哺乳瓶本体(ケース),Y型乳首,パック10枚
素材:PP/LSR/PE
哺乳瓶のサイズ:70x70x205mm
乳首:Y Type

哺乳瓶本体と哺乳瓶に入れて使う使い捨てパックがセットになっている商品です。使い捨てで衛生的、軽くておでかけにもぴったりなだけでなく、母乳量を一目で確認できる目盛りがついている点など細かい部分まで配慮が行き届いています。母乳の冷凍・冷蔵保存にも対応。乳首も付属していますが、ほかの乳首にも交換が可能です。乳首部分だけ慣れているものに交換して使うこともできますよ。

マザーK 哺乳びん用 インナーバッグ
3.5

Amazonカスタマーレビュー(45件)

商品情報

商品サイズ:7.3 ×7.3 × 18.1
素材:本体 PCTトライタン
   キャップ(上)、スクリュー、キャップ(下) PPポロプロピレン 

哺乳瓶の中に入れて使うインナーバッグタイプの使い捨て哺乳瓶です。インナーバッグには内容量が一目でわかる目盛りがついているだけでなく、温度によって3段階に色が変わる温度表示もついており、ミルクが適温かどうかを簡単にチェックできます。幅5cmの哺乳瓶にまで対応しているので、さまざまなサイズの哺乳瓶に取り付けが可能です。

全5商品

おすすめ商品比較表

チューボ おでかけ用ほ乳ボトル 使いきりタイプ

Clovis Baby 使い捨て哺乳瓶 ステリボトル

カネソン 哺乳びん用インナーバッグ

drama 使い捨て 哺乳瓶

マザーK 哺乳びん用 インナーバッグ

Amazonカスタマーレビュー
3.9408
3.86
3.8853
3.230
3.545
最安値
タイムセール
¥918-30%
参考価格¥1,320
購入リンク

用途に合わせて適切な使い捨て哺乳瓶を選ぼう

使い捨て哺乳瓶は、さまざまなシーンで便利に使える育児には欠かせないアイテムのひとつです。種類や形状、使い方に違いがあるため、用途や使用するシーン、赤ちゃんの月齢などに合わせて適切な使い捨て哺乳瓶を選ぶようにしてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のベビー・マタニティカテゴリー

新着記事

カテゴリー