この記事で紹介されている商品

20畳用エアコンおすすめ7選!電気代や省エネについて徹底解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

リビングのような広い部屋で活躍する「20畳用エアコン」。省エネ性能が高いものや多機能なものなどさまざまなモデルがあり、どれを選べばよいか迷ってしまいますよね。今回は、20畳用エアコンを選ぶ際に確認すべきポイントとおすすめの製品をご紹介します。消費電力や電気代の目安についても解説しているので参考にしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

20畳用エアコンを選ぶ時のポイント

20畳用エアコンを選ぶ際は、まず設置場所の環境を確認することが大切です。そのうえで、エアコンを問題なく設置して本来の冷暖房能力を発揮させるためには、部屋の畳数や間取り、本体・室外機の設置場所、ブレーカーの容量を考慮して選ぶ必要があります。

また、本体の購入費以外に発生する工事費や古いエアコンの処分費も確認しておくと、予算面で失敗するリスクも少ないですよ。ここからは選び方のポイントについて詳しく解説していきます。

適用畳数を考慮して選ぼう

エアコンは製品ごとに適用畳数が表記されているため、数値を参考にしながら選びましょう。部屋の広さに対してエアコンのサイズが小さいと、設定温度になるまで時間がかかって電気代が高くつく場合もあります。基本は適正サイズを選び、天井が高い部屋や吹き抜けのある部屋は全体の広さも考慮して、少し大きめのサイズを検討するのがポイントです。

部屋の間取りを確認しておく

20畳用エアコンを快適に使用するために、部屋の間取りも確認しておきましょう。L字など四角以外の形になっている場合は、エアコンの風が全体に行き渡りにくくなるため対策が必要です。エアコンの送風機能やサーキュレーターを活用すれば、効率よく風を循環させられますよ。風を遠くまで送る「ロング気流」に対応しているエアコンもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

設置場所を確認する

エアコンを設置したい場所に問題なく設置できるかどうかも必ず確認しておきましょう。設置場所にはエアコン本体のサイズに加えて、左右と上部に5cm以上のスペース確保が必要です。また、設置場所の近くに専用コンセントと排気穴があるかどうかもチェックしてくださいね。専用コンセントや排気穴がない場合は工事をする必要があります。

コンセントの形状を確認する

エアコンを使用するには、コンセントの形状がエアコンのプラグ形状に対応している必要があります。設置場所の近くにあるコンセントが欲しいエアコンに合っているかどうか確認してから購入しましょう。20畳用エアコンは200Vのコンセントに適しているものが多いです。もし設置場所の近くのコンセントが100Vでも、200Vに切り替え工事できる場合があるので、一度業者に相談してみるのがおすすめですよ。

室外機の置き場所を確認する

エアコンの室外機の置き場所には、室外機のサイズに加えて左右10cm以上・手前20cm以上・背面5cm以上のスペース確保が必要となります。また、室外機の能力低下を防ぐために直射日光や雨の当たりにくい環境が理想的です。

十分なスペースを確保できない場合、屋根置きや壁面付けなどの特殊な方法で設置できる可能性もあります。ただし点検・修理が必要になった際に手間がかかり、日光や雨も当たりやすくなるので慎重に検討しましょう。

ブレーカーの容量を確認する

新しいエアコンを使ったときにブレーカーが落ちてしまわないように、ブレーカーのアンペア容量をチェックしておくことも大切です。分電盤に記載されている数値や、電力会社から届く電気使用量のお知らせを見れば契約中のアンペア容量を確認できます。エアコンに必要なアンペア容量は、製品の消費電力(W)×電圧(V)の計算式で算出可能です。

工事費を確認する

エアコンを新しく購入する際は工事費がかかります。家電量販店で購入する場合は工事費込みの価格が提示されますが、オンラインで購入する場合は工事費が含まれていないケースもあるため「本体のみの価格なのか」「工事費込みなのか」を必ず確認しましょう。なお、本体のみの購入しかできない場合は自分で業者に依頼する必要があります。

古いエアコンの処分には費用がかかる

エアコンを買い替える場合は、古いエアコンの処分費用がかかる点を留意しておきましょう。取り外し料金やリサイクル料金が発生し、使っていたエアコンのメーカーや室外機の設置場所などによっても金額が変わるので余裕を持った予算設定が大切です。

20畳用エアコンの電気代は?

広い部屋に対応できる20畳用のエアコンですが、その分電気代がどのくらいかかるのかも気になりますよね。目安としては、基本的な使用方法であれば年間5万円以上の電気代が想定されます。製品や使用方法によっても変わるので参考程度にしてくださいね。省エネモデルのエアコンを選んだりサーキュレーターを併用したりすれば電気代を抑えやすくなります。

20畳用エアコンの選び方

20畳用エアコンを選ぶ際は「定格出力」「省エネ性能」「機能」「価格」の4つのポイントに着目して選びましょう。それぞれ詳しく解説するので、参考にしながらご家庭に合った製品を探してくださいね。

1.定格出力で選ぶ

エアコンの定格出力は能力(kW)としてカタログなどに表示されており、製品の冷房能力と暖房能力をそれぞれ確認できます。数値が大きいほど能力が高くなり効率よく運転できるので、適用畳数とあわせて確認しておくべきポイントです。

また、定格出力に併記されているカッコ内の数値は、調整できる能力の幅を表しています。幅が広いほど細かい温度調整が可能なため、部屋の状況に合わせてきめ細かく調節したい方は着目してみてくださいね。

2.省エネ性能で選ぶ

エアコンは一年を通してよく使う家電なので、電気代の節約を目指すためには省エネ性能の高い製品を選ぶのがおすすめです。省エネ性能は、製品に付いている緑色の「統一省エネラベル」から確認できます。評価の星の数が多いほど省エネ性能が高いため、参考にしながら選んでみてくださいね。

また、1年間使用した場合の目安電気料金も表示されているので確認しておきましょう。実際にかかる電気代は気候や使い方などによっても変わりますが、製品を比較する際の参考になりますよ。

3.エアコンの機能で選ぶ

エアコンの標準機能である冷房・暖房以外にも、製品によってさまざまな付帯機能が搭載されています。ここでは代表的な機能をご紹介するので、使いたい機能があればエアコンを選ぶ際の条件に含めてくださいね。

自動掃除機能

エアコンのフィルターにホコリや汚れが付着すると本来の性能を発揮できなくなるため、定期的な掃除が大切です。自動掃除機能が搭載されたエアコンを選べば、掃除の頻度を減らしてきれいな状態を保ちやすくなります。具体的な掃除方法はメーカー・製品によってさまざまですが、機能を稼働させると自動でフィルターを掃除してくれるのが特徴です。お手入れが不要になるわけではないものの、負担を軽減できるのがメリットですよ。

加湿・除湿機能

エアコン使用中の室内の空気を快適に保ちたい方は、加湿・除湿機能に着目しましょう。エアコンの加湿機能は一般的な加湿器とは異なり、外気中の水分を取り込んで無給水で使えるのが特徴です。乾燥が気になりやすい冬の暖房使用時に重宝しますよ。除湿機能は室内から吸い込んだ空気の水分を外に出してくれるため、湿度が高くなりやすい梅雨の時期に便利です。

換気機能

エアコンは外気を取り込んで室内に送る仕組みのため、室内の空気を入れ替えるために定期的な換気が必要です。一般的なエアコンは自分で換気をする必要がありますが、換気機能が付いていれば冷暖房を使いながら自動で室内の空気を排出してくれるので、効率的な換気ができますよ。

空気清浄機能

空気清浄機能が搭載されたエアコンは、冷暖房を使いながら空気をきれいにできるのが特徴です。メーカーごとの清浄機能によって期待できる効果が異なるので、快適な使用感を重視したい方は比較しながら選んでみてください。ただしあくまでもエアコンの空気清浄機能は付帯機能のため、しっかりと空気清浄したいのであれば空気清浄機の使用も検討しましょう。

AI・センサー機能

AIが最適な運転を判断して自動運転してくれる、AI・センサー機能が付いたモデルも登場しています。センサーが室温・湿度などの室内環境や、人がいる場所・体温などの状況を解析し、運転をコントロールするのが特徴です。自分で細かく設定温度を調節しなくても快適な状態を保ちやすくなり、ムダな運転も抑えられるので、省エネにもつながりそうですね。

スマホ連携機能

帰宅してからエアコンをつけると、快適な温度になるまで多少時間がかかります。スマホ連携機能があれば外出先からスマホを使ってエアコンを遠隔操作できるので、帰宅時間に合わせて室内を快適な温度にしておけますよ。メーカーによっては専用アプリから現在の運転状態や電気代の確認ができるので活用してみてくださいね。

4.エアコンの価格で選ぶ

20畳用エアコンの価格は製品によって差があり、新しいモデルや付帯機能が充実しているモデルほど価格が高くなりやすい傾向にあります。なるべく購入費を抑えるには、必要な機能に絞って探すのがポイントです。多機能でなくても、最低限必要な機能が備わっているモデルや、メーカーの旧モデルを選ぶと比較的安く購入できる可能性がありますよ。

通販で購入する際は「工事費込み」がおすすめ

エアコンを通販で購入する際は、工事費込みの価格で販売されているものを選ぶのがおすすめです。工事費が含まれていない場合は自分で業者を探して依頼する必要があり、業者によって工事費が異なるため比較検討にも手間がかかります。工事費込みなら購入前に必要な費用をまとめて把握できるうえ、工事の日程調整もスムーズになりますよ。

ただし、設置環境によっては工事ができずキャンセルとなってしまう場合もあるので、設置場所が条件を満たしているか必ず注文前に確認しておきましょう。

20畳用程度のエアコンのおすすめ7選

ここからは、20畳用程度のおすすめエアコンを厳選してご紹介します。ここまで解説した選び方を踏まえて、求めている性能が備わっているものを見つけてくださいね。

PR
アイリスオーヤマ エアコン C7616858

商品情報

ブランド アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
冷却力 6.3 Kilowatts
特徴 タイマー機能, 暖房および冷房機能
商品の寸法 23D x 77W x 29H cm

冷房は17〜26畳・暖房は16〜20畳が適用畳数となっているスタンダードなエアコンです。リモコンに温湿度センサーが搭載されており、暖房運転時に手元に置くと温度を検知して最適な室温に暖めてくれます。就寝中も近くにリモコンを置けば体感に近い温度調整が行われ、快適な睡眠をサポートしてくれますよ。

PR
DAIKIN エアコン S713ATCP-W

商品情報

ブランド ダイキン
特徴 暖房および冷房機能
商品の寸法 26.7D x 79.8W x 29.5H cm
色 オフホワイト
電圧 200 ボルト

主に23畳用のモデルです。「フィルター自動掃除」「水内部クリーン」「ストリーマ内部クリーン」といったクリーン機能が充実しており、定期的なお手入れの負担を軽減できます。風を遠くまで送るロング気流やオートスイングにも対応しているため、広いリビングでもムラなく冷風・温風が行き渡りやすいですよ。

PR
富士通ゼネラル nocria Vシリーズ AS-V632M2-W

商品情報

 室内機サイズ(幅×高さ×奥行)mm:790×293×249mm
室外機サイズ(幅×高さ×奥行)mm:799(+68)×632×290(+63)mm
本体重量(室内機/室外機):10.0kg/37kg 冷房能力:6.3kW
暖房能力:7.1kW 
冷房時消費電力:2100W(130~2300W)
暖房時消費電力:1950W(130~3000W)

0.5℃刻みの温度設定ができ、快適に過ごせる室温にきめ細かく調整できるのが魅力です。専用アプリを使ったスマホ連携に対応しており、外出先から電源のオン・オフや運転設定の変更を行えます。アプリでエアコンの電気代も確認できるため節電対策に役立ちますよ。部屋干しした洗濯物をしっかり乾かせるランドリーモードも便利です。

PR
MITSUBISHI エアコン MSZ-FL6321S-K

商品情報

冷却力 7.1 Kilowatts
特徴 暖房および冷房機能
電圧 200 ボルト

家具のようなスクエアデザインとオニキスブラックカラーがスタイリッシュで、生活感を抑えておしゃれに設置できます。快適な空調に調整してくれる赤外線センサーや、部屋のすみずみまで風を届けるワイド気流・ロング気流に対応しており実用性も十分です。2つのフラップが独立しているため、センサーで人のいる場所を感知して2箇所に効率的に風を送れます。

PR
三菱電機 霧ヶ峰 LTシリーズ MSZ-LT6322S-W-SET

商品情報

電源:単相200V 20A
電源プラグ:エルバー型
畳数の目安:冷房 17~26/暖房 16~20
能力(kW):冷房 6.3/暖房 7.1
消費電力量(年間):2,383kWh

圧迫感を抑えてすっきり設置できる高さ25cmのコンパクトモデルです。冷房・除湿運転中は結露水による洗浄、停止後は内部クリーンを設定すると熱乾燥が行われ、エアコン内部をきれいに保ちやすくなっています。さらにファンにはメーカー独自のコーティングが施されており、ホコリや油が付着しにくいのが特徴です。

PR
DAIKIN うるさらX S633ATRP-W

商品情報

タイプ: 壁掛け
畳数目安: 主に20畳
電源: 単200V 20A
室内機サイズ: 高さ295×幅798×奥行370mm
室内機質量: 質量16.5kg
室外機サイズ: 高さ786×幅850(+74)×奥行320(+66)mm
室外機質量: 52kg

加湿・除湿・換気機能が搭載されており、一年を通して室内を快適に保てる多機能モデルです。AIが好みの運転を学習して最適な運転を判断する「AI快適自動運転」や控えめな運転を行う「節電自動運転」を設定でき、シーンに合わせておまかせ運転ができます。スマホで専用アプリと連携すると、エアコン操作や1週間分の運転予約などができて便利ですよ。

PR
アイリスオーヤマ エアコン IHF-6307G

商品情報

品番室内ユニット:IHF-6307G
室外ユニット:IHR-6307G
電源単相200V、50/60Hz
電源プラグ形状タンデム型

上下左右の自動ルーバーにより20畳の広い部屋でも効率的に空気を循環させられます。リモコンに温度センサーが内蔵されており、人の近くに置くと体感温度に近い温度を感知して室温調整してくれるのが特徴です。就寝時におやすみタイマーを設定すると、快適さを保てるように運転中の室温を自動調整してくれますよ。

お部屋に合った20畳用エアコンを見つけよう!

適用畳数が近しいエアコンでも、それぞれ冷暖房能力の高さや省エネ性能、便利な付帯機能の種類は異なります。ご紹介した選び方を参考に、生活スタイルに合った20畳用エアコンを見つけて、快適に過ごしてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー