この記事で紹介されている商品
コードレスヘアアイロンのおすすめ7選!飛行機への持ち込みは可能?など解説

コードレスヘアアイロンのおすすめ7選!飛行機への持ち込みは可能?など解説

気軽にヘアアレンジを楽しめる「コードレスヘアアイロン」。ミニサイズで安いモデルが多く、外出先で前髪などを整えたいときにも便利なアイテムですよね。そこで本記事では、コードレスヘアアイロンの選び方とおすすめ製品をご紹介します。飛行機への持ち込みはできるのか?といった疑問にもお答えするので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

コードレスヘアアイロンの魅力

コードレスヘアアイロンはミニサイズで軽量なタイプが多く、持ち運びやすいのが魅力です。旅行や出張先などでも使いやすく、カバンの中にもすっぽりと収まります。本体はコンパクトなので、自宅でも省スペースに収納できるのがうれしいですね。

また、コードレスヘアアイロンはコンセント不要なので、場所を選ばずに使用できるのも特徴です。コードが引っかかる恐れがないため、いつでもどこでも気兼ねなくヘアアレンジを楽しめますよ。

コードレスヘアアイロンの選び方

コードレスヘアアイロンを選ぶときは、「タイプ」「プレートの素材」「プレートのサイズ」「充電方法」「機能」の5つに着目してみてください。使い勝手や仕様などを把握しておくことで、自分に合ったモデルを選びやすくなりますよ。

ここからは、コードレスヘアアイロンの選び方について詳しく解説します。お気に入りのコードレスヘアアイロンを見つけて、スタイリングを楽しんでくださいね。

1.タイプで選ぶ

コードレスヘアアイロンは主に「ストレート」「カール」「2WAY」の3つのタイプがあります。それぞれ髪の仕上がり方が異なるので、好みのヘアスタイルに合わせて選ぶことがポイントです。ストレートタイプは使い方が簡単ですが、カールや2WAYタイプはテクニックが必要なため慣れるまでには少し時間がかかるでしょう。

コードレスヘアアイロンのタイプについて詳しく解説するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

まっすぐ整えるなら「ストレートアイロン」

ストレートアイロンは、髪をまっすぐ整えたい方におすすめです。2つのプレートで髪の根元を挟み、ゆっくり下側に滑らせていくときれいに仕上がります。

ストレートヘアを楽しむのはもちろん、寝ぐせ直しや髪のツヤ出しにも役立つのがポイント。また、前髪や毛先などの部分スタイリングにもおすすめです。ただし、プレートを挟んだときに強く引っ張ったり、長時間挟みすぎたりすると髪が傷む恐れもあるので注意しましょう。

巻き髪スタイルに!「カールアイロン」

筒状のヘッドが付いたカールアイロンは、巻き髪スタイルを作りたい方にぴったりなタイプです。筒状のヘッドに髪を巻きつけながらスタイリングしていくと、ふんわりとした印象を演出できます。巻き方によって外巻きや内巻きにできるので、日によって雰囲気を変えられるのも魅力ですね。

ヘッドの種類が豊富で、直径が太いものなら緩いカール、細いものならしっかりとしたカールを作れるのが特徴です。ただし、ストレートアイロンに比べると使い方は複雑なため、慣れるまでには少し時間がかかることも覚えておきましょう。

様々なスタイルに!「2WAYアイロン」

2WAYアイロンはストレートとカール両方の機能を備えており、さまざまなヘアスタイルに仕上げられます。1台のヘアアイロンで幅広いヘアアレンジを楽しみたい方にもおすすめ。髪の根元はボリュームを抑えつつ毛先には少しカールをつけるなど、質感を混ぜ合わせたスタイリングも楽しめますよ。

2WAYアイロンは加熱したプレートが剥き出しになっているモデルが多いので、使用する際は誤って触れないように気をつけましょう。

2.プレートの素材をチェック

コードレスヘアアイロンは、プレートの素材をチェックするのもポイントです。

「セラミック」はプレートの熱伝導性が高く適温を保つので、髪のダメージを抑えながら仕上げられます。軽くて持ち運びやすいものなら、「アルミニウム」や「ステンレス」がおすすめ。耐久性を重視するなら「チタン」、滑りのよさなら「テフロン」など、ニーズに応じて選び分けてみてくださいね。

3.プレートのサイズで選ぶ

コードレスヘアアイロンは、髪の量に合わせてプレートのサイズを選ぶことも重要です。ロングヘアの方なら大きいプレート、ショートヘアや前髪を整えたい方なら小さいプレートを選ぶと使いやすいですよ。

ここでは、各プレートのサイズについて詳しく解説するので確認してみてくださいね。

ロングヘアには大きめがおすすめ

ロングヘアの方はプレートのサイズが大きめのものがおすすめです。一度に多くの髪を挟みやすく、スタイリングの時間を短縮しやすいでしょう。カールアイロンでゆるくて大きいカールを作りたい場合は、パイプ径が太いタイプを選んでくださいね。

小さめサイズは前髪用にも

プレートのサイズが小さいタイプは髪を挟む箇所が短いため、前髪を整えるときに便利です。ショートヘアの方にも適しており、トップにウェーブをかけたりボリューム出したりしたいときに重宝しますよ。プレートが小さいモデルは本体もコンパクトになる傾向にあるので、持ち運びする際にもぴったりですね。

4.充電式なら充電方法をチェック

購入するコードレスヘアアイロンが充電式の場合は、充電方法もチェックしておきましょう。充電方法は、「ACアダプター」と「USBケーブル」の2種類が主流です。

自宅のようなコンセントの確保がしやすい場所ならACアダプター、外出先でモバイルバッテリーやパソコンから充電したい場合はUSBケーブルがおすすめですよ。自宅か外出先、どちらでコードレスヘアアイロンを使用する頻度が高いのか考慮して選んでみてくださいね。

5.機能をチェックしよう

使いやすいコードレスヘアアイロンを選ぶためには、機能面もチェックしておきたいところ。携帯性や安全性など、自分が優先したい機能をチェックしておくことで、さらに使い勝手がよくなります。

ここでは「連続使用時間」「温度調節」「立ち上がりまでの時間」「安全性」の、4つの機能について解説するので参考にしてみてくださいね。

連続使用時間

ロングヘアの方やスタイリングにこだわりたい方は、連続使用時間を確認しておきましょう。最低でも連続使用時間が30分以上ある製品なら使い勝手がよいですよ。毛先や前髪などにサッと使いたい場合でも、連続使用時間が長いタイプを選んでおけば、充電する頻度を抑えられるのでおすすめです。

最高温度・温度調節機能

コードレスヘアアイロンは製品によって最高温度が異なります。200℃以上の高温が出るタイプもありますが、髪が傷みやすくなる可能性もあるため注意が必要です。

スタイリングのしやすい温度は160℃前後で、カールを作りたいなら140℃、前髪を整えるなら120~140℃を目安に選ぶとよいでしょう。製品によっては細かく温度調節ができるモデルもあり、さまざまなヘアアレンジに挑戦したい方に適していますよ。

立ち上がりまでの時間

忙しい朝やすぐにヘアアイロンを使いたい場合は、立ち上がりまでの時間をチェックしておきましょう。コードレスヘアアイロンはコンセントを使用するモデルに比べると、設定した温度に到達するまでに時間がかかる場合もあります。立ち上がり時間が1分以内のモデルなら使い勝手がよく、身支度もスムーズに行いやすいですね。

安全機能があると安心

コードレスヘアアイロンは高温になる家電のため、安全機能があると安心して使用できます。コードレスタイプはコンセントに挿す手順がない分、電源の切り忘れが増えがちです。自動オフ電源機能付きなら一定時間を過ぎると電源がオフになるため、切り忘れ防止に役立ちます。

また、開閉ロック機能付きならプレート部分が誤って開かないようになっているので、カバンの中に入れて持ち歩く際にも安心ですよ。

コードレスヘアアイロンのおすすめ7選

コードレスヘアアイロンの選び方を確認したところで、ここからは通販で買えるおすすめ商品を確認していきましょう。ストレートアイロンとカールアイロンの2タイプに分けてご紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ストレートアイロン

まずは、ストレートタイプのコードレスヘアアイロンをご紹介します。コンパクトで持ち運びやすいタイプやおしゃれなデザイン、温度調整が細かくできるタイプなどをピックアップしました。どれも使い勝手のよい商品ばかりなので、購入時の参考にしてくださいね。

コイズミ コードレス ストレートアイロン

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(100件)

>

商品情報

型番:KHS-8640
サイズ:幅18.3×奥行3.1×高さ3.5cm
重量:165g
温度調節:2段階(約160℃/約200℃)
連続使用時間:約25分
充電時間:約4時間
電源:AC100-240V 50/60Hz(専用ACアダプター使用)  

コンパクトボディで持ち運びに便利なヘアアイロンです。充電池を取り外すことが可能で、飛行機に持ち込みができるのもうれしいですね。付属の収納ポーチに入れるとコンパクトに収まりますよ。海外でも使用できますが、市販のプラグアダプターが必要になります。

ヒーローグリーン LUXTYLE コードレスヘアアイロン

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(49件)

>

商品情報

型番:HS-410W
サイズ:幅30×奥行210×高さ40mm
重量:約150g
温度調節:2段階(180℃/200℃)
連続使用時間:180℃約40分、200℃約30分
充電時間:約4時間
電源:DC5V/1A(USB給電microUSB端子)  

セラミックプレートでなめらかな滑りを実現しているヘアアイロンです。プレートの側面には細かなクシが付いており、毛流れを整えながら髪をきれいにとかせます。右上に赤いランプが点灯している場合は200℃、左下に点灯している場合は180℃に温度が到達していることを知らせてくれます。

MARUTAKA コードレスストレートアイロン LAVIEL

Amazonカスタマーレビュー

3.0

Amazonカスタマーレビュー

(20件)

>

商品情報

型番:LV-CL-SI
サイズ:約幅206×奥行33×高さ33mm
重量:203g
温度調節:3段階(120℃/150℃/180℃)
連続使用時間:約20分
充電時間:約2時間
電源:DC5V 2A(USB充電)

3段階に温度調節ができ、ダメージヘアの方なら120℃、普通の髪質なら150℃、クセ毛を整えたいなら180℃がおすすめです。充電するときはモバイルバッテリーに対応しているので好きな場所でスタイリングできますよ。誤作動防止に役立つ電源ロック機能が付いているのもポイントです。

Coolean コードレス ミニヘアアイロン

Amazonカスタマーレビュー

2.9

Amazonカスタマーレビュー

(2件)

>

商品情報

型番:MS-CL22384YL
サイズ:長さ20cm
重量:約160g
温度調節:3段階(1段/160±10℃、2段/180±10℃、3段/200±10℃)
連続使用時間:約45分(1段/160℃で利用時)
充電時間:約1時間(5V/2Aアダプタ利用の場合)
電源:USB-Cケーブル、5V/2AのACアダプタやモバイルバッテリー

安全面に配慮したシリコンキャップ付きで、デザインがかわいいのも魅力です。重さ160g程度のコンパクトサイズなのでカバンにもすっぽりと収まりやすいですよ。バッテリー残量は4段階のランプでお知らせしてくれるため、充電の目安が一目で確認できます。

ヴィダルサスーン コードレス ストレートアイロン

Amazonカスタマーレビュー

3.6

Amazonカスタマーレビュー

(11件)

>

商品情報

型番:VSI-1031/PJ
サイズ:約幅210×奥行31×高さ36mm
重量:約195g
温度調節:2段階(約160℃/約200℃)
連続使用時間:約20分(200℃設定時)
充電時間:約3時間
電源:充電式

前髪やおくれ毛を整えるのにぴったりなサイズで、ちょっとしたカールも作れます。プレートの素材はセラミックのため滑りがよく、髪に優しいのもおすすめポイント。ピンクゴールドが映えるおしゃれなデザインで、毎日使うのも楽しくなりそうですね。

カールアイロン

つづいて、コードレスタイプのカールアイロンをご紹介します。安全性の優れた商品や連続使用時間の長い商品をピックアップしました。華やかな巻き髪にしたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

パイプカバー付きで、安全に持ち運びできる商品です。本体にカバーが付いているとスイッチが固定され、電源が誤作動しないように設計されています。USB充電式なので、モバイルバッテリーがあると好きな場所で使えますよ。自宅はもちろん、外出先や旅行先で手軽に利用したい方にもおすすめですよ。

ADORIC BEAUTY USB充電式カールアイロン

商品情報

サイズ:約28×3.8×4.9cm
重量:約220g
温度調節:3段階(170℃/190℃/210℃)
連続使用時間:約40分
充電時間:約4~6時間
電源:USB充電コード(TypeA-TypeC)

1回の充電で約40分使用できるカールアイロンは、こだわってスタイリングをしたいときにも重宝します。立ち上がりは170℃で約1分と、スムーズに使いやすく、3段階の温度調節も可能です。パイプの太さは24mmなので、ショートからロングヘアまで幅広いヘアスタイルに対応できますよ。

飛行機に持ち込みは可能?

旅行で飛行機を利用する際、コードレスヘアアイロンの持ち込みは基本的にはできません。

しかし、電池(内蔵バッテリー)を取り外せる場合は、機内への持ち込みや預け入れが可能です。コードレスヘアアイロンは万が一勝手に電源が入ってしまうと熱が発生して危険なため、電池を取り出しておく必要があります。

電池を持ち込むときは、容量の大きさをチェックするのもポイント。航空会社によって基準は変わりますが、容量が大きいものは持ち込みできないので注意しましょう。容量は取扱説明書やヘアアイロン本体などを見て確認してみてくださいね。

また電池は、機内に持ち込むことが決められており、ショート(短絡)しないように対策を取る必要があります。具体的な対策としては、専用ケースやビニール袋に電池を個別に入れる、電池の露出した電極にガムテープやセロハンテープを貼って絶縁する方法などがあります。

全7商品

おすすめ商品比較表

コイズミ コードレス ストレートアイロン

ヒーローグリーン LUXTYLE コードレスヘアアイロン

MARUTAKA コードレスストレートアイロン LAVIEL

Coolean コードレス ミニヘアアイロン

ヴィダルサスーン コードレス ストレートアイロン

コイズミ カールアイロン

ADORIC BEAUTY USB充電式カールアイロン

Amazonカスタマーレビュー
4.2100
4.149
3.020
2.92
3.611
4.2100
-
最安値
タイムセール
¥5,437-18%
参考価格¥6,600
タイムセール
¥3,484-12%
参考価格¥3,980
タイムセール
¥7,200-18%
参考価格¥8,778
購入リンク

コードレスヘアアイロンでヘアアレンジを楽しもう!

コードレスヘアアイロンはコンセントが必要ないため、好きな場所で使えるのが魅力です。ストレートやカールなどさまざまなタイプがあるので、使い勝手を考慮して好みのものを選びましょう。コードレスヘアアイロンを活用して、ぜひヘアアレンジを楽しんでくださいね。

こちらもチェック!
【2024年】ヘアアイロンのおすすめ15選! ストレート/カール(コテ)の選び方を美容師が解説

髪を巻いたり伸ばしたりできる「ヘアアイロン」はヘアアレンジの必須アイテム。ですが、高いものと安いものでなにが違うのか、どんなポイントで選べばいいのかは意外とわからないですよね。そこでヘアアイロンの人気ランキング上位機種を価格帯別に紹介! 現役美容師の使用レビューや選び方もぜひ参考にしてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

美容器具・家電のカテゴリー

その他のビューティーカテゴリー

新着記事

カテゴリー