この記事で紹介されている商品

ヘアブラシのおすすめ12選!天然素材・木製の商品をご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

「ヘアブラシ」でブラッシングすれば、指通りが良くなり髪がまとまりやすくなります。天然木を使用したものから持ち運びやすいものまで豊富な種類があるので、本記事ではヘアブラシの選び方とおすすめの商品をご紹介。

ヘアブラシの効果やメリットについても解説するので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ヘアブラシの魅力

ドライヤーやヘアアイロンを使用すると、熱で髪が痛み、キューティクルが剥がれて髪がパサついているように見えてしまう場合があります。

ヘアブラシでブラッシングすると、キューティクルを守りながらも、ツヤの感じられる髪に仕上げられるのが魅力。また、髪に付いたホコリやフケなども取り除けるので、日常的にブラッシングすることで髪を清潔に保てます。

なかには、ブラシ部分のピン先が丸くなっていて、ブラッシングをしながら頭皮をやさしく刺激してマッサージできるものもありますよ。

ヘアブラシの選び方

ヘアブラシにはさまざまな種類があるので、ここからはヘアブラシの選び方を以下の4つのポイントに注目して解説します。

  • 材質
  • 形状
  • 価格
  • 携帯、お手入れのしやすさ

それぞれ詳しくチェックしていきましょう。

1.材質で選ぶ

ヘアブラシを選ぶ際は、まずブラシ部分の材質に着目しましょう。ここでは、「豚毛」「猪毛」「ナイロン製」「竹製・木製」の4種類の材質についての特徴を詳しく解説します。材質によって硬さや使い勝手などが異なるので、それぞれの特徴をチェックして自分の髪質にマッチするものを選んでみてくださいね。

豚毛

豚毛はやわらかくしなやかで、頭皮への刺激が優しいのが特徴です。強い刺激が気になる方や、細くやわらかい髪質の方にぴったりで、よりまとまりのある髪に仕上がるでしょう。ブラシの毛が密着していて濡れた髪に使うと摩擦で傷めてしまうため、乾いた髪に使うようにしてください。

猪毛

猪毛は硬くてハリがあり、太くて硬い髪や量が多くボリュームのある髪もしっかりとほぐして梳かせます。頭皮に当たった際に程よい刺激があり、ブラッシングと同時に頭皮のマッサージができるのも魅力です。

ナイロン製

ブローやスタイリング時に使いたいなら、ナイロン製のヘアブラシがおすすめです。豚毛や猪毛などの獣毛は水に弱いうえに、目が細かいので濡れた髪に使うと傷む原因になってしまいます。ナイロンブラシであれば、水に強いため濡れた髪にも使え、ダメージを抑えながら絡まりをほぐせますよ。水で丸洗いできて、お手入れが簡単なのもうれしいですね。

竹製・木製

竹製や木製のヘアブラシは温もりが感じられ、手になじみやすく握りやすいものが多いのが特徴です。見た目もおしゃれで、生活感が少なくインテリアにもマッチしやすいでしょう。静電気が起こりにくいため、髪に優しくブラッシングできます。ピンの先端が丸くなっているものなら頭皮マッサージすることも可能です。

2.ヘアブラシの形状・タイプで選ぶ

ヘアブラシにはさまざまな形状のものがあり使い方が異なるので、用途に合ったタイプを選ぶことが大切です。ここでは7つのタイプについて詳しく解説します。

デンマンブラシ

デンマンブラシは、イギリスのデンマン社が販売しているブラシに由来しており、半円の形状になっているのが特徴です。程よい重みで髪をブローしやすくなっており、長い髪をストレートにブローしたい場合や、ボリュームアップさせたい場合に向いています。いくつかのサイズ展開があるので、自分の髪の長さによってサイズを選ぶようにしましょう。

アーチブラシ

ブラシ部分がなだらかなアーチ状になっており、頭皮に沿いやすくブラッシングや頭皮マッサージがしやすいのがアーチブラシの魅力です。半分に折りたためるものも多く、ポケットやポーチなどに入れて持ち歩きやすいので、出張先や旅行先などで使いたい方にもぴったり。リーズナブルな価格のものが多く、ドラッグストアやコンビニなどでも手軽に購入できます。

スケルトンブラシ

スケルトンブラシはピン部分の間隔が広く、手ぐしのような感覚でブラッシングができます。髪がまとまりすぎないので、自然な髪型にスタイリングしたいときに適しています。濡れた髪にも使いやすく、ブロー時にも重宝します。ブラシ部分にすき間が空いていて風通しがよく、ブロー中でもスピーディに髪を乾かせるでしょう。

パドルブラシ

パドルブラシとは、ブラシのクッション部分に空気穴が空いているブラシのことを指します。クッション性が高いので頭皮を傷つけにくく、優しい刺激で頭皮ケアできるのが魅力。髪が長い方はヘッドブラシが大きいスクエア型、髪が短い方やお子様が使うなら比較的コンパクトな楕円型がおすすめです。

たまご型ブラシ

たまごのような形状で、持ち手部分がないのがたまご型ブラシです。握りやすい形状で手になじみ、力が分散されることで髪にかかる負担を軽減できます。専用のカバーやケースなどが付いているものもあり、出張先や旅行先にも持ち運びやすいでしょう。

ロールブラシ

ブラシ部分が円柱状になっており、360度にぐるりとブラシが付いています。ドライヤーと合わせて使いやすく、しっかりと髪をキャッチできるのでカールやストレートなどのスタイリングがしやすいのが特徴。髪が短い方は直径が短いもの、長い方は直径が大きいものを選ぶと使いやすいですよ。

電動ブラシ

電動ブラシとは、細かい振動を発生させて髪の絡まりをほぐすヘアブラシのことです。過度な摩擦を抑えて髪に負担をかけすぎず優しくブラッシングできるので、髪が絡まりやすい方や切れやすい方にぴったりです。静電気防止加工が施されたものやイオン機能を搭載したものもあり、ヘアケアに力を入れたい方や、予算に余裕のある方はチェックしておくといいでしょう。

3.価格で選ぶ

ヘアブラシはプチプラから高級ブランドまでさまざまな種類があり、幅広い価格帯の商品があります。髪の絡まりをほどいてサラサラにするだけならプチプラ、髪や頭皮のケアにまでこだわりたいなら高級ブランド、というふうに選んでみるといいでしょう。

ケアにこだわるなら高級ブランド

ヘアケアや頭皮ケアにこだわりたいなら高級ブランドのヘアブラシがおすすめです。ブラシ部分に猪毛や豚毛などの天然毛を使用しているものや、ヘッドに天然木を使用しているものなど素材にこだわっているものが多いのが魅力。専用の化粧箱に入っているものもあり、プレゼントにもぴったりです。

使い分けや携帯するならプチプラ

髪の絡まりをほぐして梳かしたり、携帯用に選びたいならプチプラのヘアブラシをチョイスしましょう。コンパクトに折りたためるものもあり、ポケットやポーチなどに入れて手軽に持ち歩けます。ドラッグストアやコンビニでも販売されており、リーズナブルな価格で手軽に購入できるのがうれしいですね。

4.携帯・お手入れのしやすさで選ぶ

ヘアブラシを旅行先や出張先などで使いたいなら、コンパクトなものが使いやすいでしょう。半分に折りたためるものなら携帯しやすく、どこでも手軽に使えますよ。

ヘアブラシを頻繁に使用するとブラシ部分に髪やホコリなどが溜まりやすくなり、清潔に保つために「お手入れのしやすさ」が重要なポイントになってきます。お手入れのしやすさで選ぶなら、水洗いできるナイロン製や、汚れが取り除きやすい目の粗いブラシを選ぶのがベストです。

獣毛や目が細かいブラシは汚れが絡まって取りづらいため、掃除用のクリーナーが付属しているものを選ぶと楽ですよ。

ヘアブラシのおすすめ12選

ヘアブラシの選び方について解説しましたが、実際にどのような商品があるのか気になりますよね。ここからは、おすすめのヘアブラシをご紹介します。ぜひ参考にして選んでみてくださいね。

PR
ALLNA ORGANIC ヘアブラシ

商品情報

サイズ:21.5cm×7cm×3.5cm
重さ:120g

油分のある豚毛を使用しており、キューティクルをキープしながらまとまりやすくしてくれます。静電気を防止する効果があるので、静電気が気になる冬場でも使いやすいのがうれしいですね。ナイロン毛はピン付きで、ブラッシングすると頭皮に程よく刺激を与えることもできるでしょう。化粧箱付きなのでプレゼントにもおすすめですよ。

PR
池本刷子工業 マイナスイオン スタイリングブラシL

商品情報

商品サイズ (幅×奥行×高さ) :50mm×210mm×40mm
原産国:日本
内容量:1個

ブラシ部分に練り込まれた天然鉱石から放射されるマイナスイオンによって、髪や地肌を守りながらブラッシングできます。静電気除去リングを装着して使うと、ブラッシング時の静電気を抑えてなめらかな指通りに。静電気除去リングは髪留めとして使ってもいいでしょう。リーズナブルな価格で手に取りやすいのも魅力です。

PR
Kyogoku 美髪パドルブラシ

商品情報

サイズ:‎27.3 x 12.7 x 4.5 cm
重さ:140 g

ブラシ全体にファイバー成分が配合されており、髪のキューティクルを労りながらブラッシングができます。ブラシの先端はビーズ形状になっていて頭皮に優しく刺激を与えることも可能です。ブラシに絡まった髪をほどきやすいつくりになっているのでお手入れも簡単。グリップは人間工学に基づいて設計されており、手に負担がかかりにくく使いやすいですよ。

PR
無印良品 ブナ材ヘアブラシ

商品情報

素材 : ハンドル部 : 天然木 (ブナ材) 、クッション部分 : 天然ゴム/SBR、ブラシ部ピン : ナイロン樹脂
サイズ : 外寸 : 全長20cm

弾力のあるナイロン毛で髪を整えてくれるため、ブラッシングやブローにぴったりです。ハンドル部分には天然のブナ材を使用しており、温かみが感じられるシンプルなデザインで、手になじみやすく扱いやすいでしょう。クッション部分には空気穴が開いており、クッション性が高くなっています。

PR
ReFa AILE BRUSH

商品情報

サイズ:22.6 x 6.9 x 4.6 cm
重さ:110 g

みがきピンとほぐしピンの3段構造になっており、短いみがきピンが髪の表面にアプローチしてなめらかな指通りに。長いほぐしピンによって長い髪やボリュームがある髪もしっかりとほぐせるでしょう。ワイドな形状で広範囲の髪をキャッチするので、とかしにくい内側や後ろ側の髪を一度に捉えてスタイリングもしやすいですよ。

PR
WetBrush プロ フレックスドライ ヘアブラシ ミレニアルオンブレ

商品情報

カラー:ミレニアルオンブレ
サイズ:1本
原産国:中国
内容量:1本

すき間が多く風通しのよいデザインになっており、ブローの時間を大幅にカットできます。人間工学に基づいたデザインで長時間使用しても疲れにくく、ブラシヘッドは頭の形に合わせて曲がるようになっています。ゴム製のハンドルは濡れた手でも使いやすいので、お風呂上がりの使用にも向いています。カラーバリエーションも豊富です。

PR
ベス 静電気防止ヘアブラシ

商品情報

サイズ:218×42×41mm

3つの除電システムを搭載し、ブラッシングしながら静電気を防止できるヘアブラシです。ステンレス鋼から作られた繊維であるナスロンをブラシ部分に使用しており、自己放電で髪やブラシから静電気を除去してくれます。指先で触れやすいハンドル部分にアースを設置することで、静電気を逃して髪がまとまりやすくなるでしょう。

PR
Wet Brush スピードドライ ヘアブラシ

商品情報

カラー:ブラック
サイズ:1本
原産国:中国
内容量:1本

ブラシのピンに230℃まで耐えられる耐熱性の高い素材を使用しており、適度な硬さがあるため、髪質を問わず使いやすいでしょう。風通しのよいデザインで、ブローしながらでも髪が乾きやすく、時短につながるのもうれしいですね。頭の形状に沿いやすいデザインとなっており、見えにくい後ろ側の髪もブラッシングしやすいでしょう。

PR
ReFa HEART BRUSH

商品情報

サイズ:10.1 x 10 x 9.8 cm
重さ:140 g

ハートの形がかわいらしく、プレゼントにもぴったりなヘアブラシです。手になじみやすい形状で握りやすく、力が分散して髪にかかる負担を軽減できます。専用カバー付きで、バッグに入れてもピンの折れ曲がりを防ぐので、持ち運んで使いたい場合にもおすすめです。ローズゴールドやシャインレッドなど、好みのカラーを選べるのも魅力的です。

PR
UUPAS ヘアケアブラシ L SEN-705

商品情報

サイズ:25 x 4.7 x 3.7 cm
重さ:100 g

毛先が丸くなっているのでブラッシング時に頭皮を傷つけにくく、程よい刺激で頭皮のマッサージにもなります。髪が絡まりにくく、ブラシ部分の間隔がつまっているため、短い髪でもしっかりとキャッチできるでしょう。髪質を問わず使いやすくなっており、リーズナブルな価格帯で手に入れられるのもうれしいですね。

PR
AVEDA パドルブラシ

商品情報

サイズ:251mm×86mm

ヘアケアやスタイリングアイテムを中心に展開しているブランドAVEDA(アヴェダ)のヘアブラシです。ピンの先端が丸くなっており、頭皮に程よい刺激を与えることで、ブラッシングをしながら頭皮のマッサージもできます。空気穴が施されているので、ブローやスタイリング時の髪や頭皮への負担を軽減してくれるでしょう。

PR
貝印 姫椿のパドルブラシ

商品情報

サイズ:264×88×40mm

天然素材である姫椿をピンに使用し、姫椿に含まれる天然油分によってツヤの感じられる髪に仕上げてくれます。木製のピンで静電気が発生しにくく、しなやかでまとまりのある髪に導いてくれますよ。ハンドル部分にも姫椿を使用しており、手になじみやすい形状です。ブラシ部分の面積が大きく、広範囲の髪をキャッチできるので、スピーディにブラッシングができます。

ヘアブラシでまとまりのある髪に仕上げよう

ヘアブラシの選び方とおすすめの商品をご紹介しました。ヘアブラシでブラッシングをすると、まとまりのある髪に仕上がります。ぜひこの記事を参考にして、自分好みのヘアブラシを選んでみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の生活雑貨カテゴリー

新着記事

カテゴリー