この記事で紹介されている商品

大容量の冷凍庫つき冷蔵庫おすすめ10選!スリムなタイプなど人気のアイテムをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

まとめ買いや作り置きをする方に便利な「冷凍庫が大きい冷蔵庫」。一人暮らしや3人家族にぴったりなサイズなど種類が豊富で、さまざまなメーカーから販売されています。この記事では、大容量な冷凍庫を備えたおすすめの家庭用冷蔵庫をご紹介します。選び方についても詳しく解説するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

冷蔵庫に大容量の冷凍庫があるメリット

冷凍庫が大きい冷蔵庫は、食品をたっぷり冷凍保存しておけるのが最大のメリット。週末にまとめて作り置きをしたおかずや下味を付けておいたおかずなどを冷凍保存しておけば、料理にかかる時間が減らせて忙しい日や余裕がない日に使えて便利です。

大容量の冷凍庫があると一度の買い物でまとめ買いしておけるのも便利なポイント。何度も買い物に行く場合と比較して買い物時間の短縮や節約にもつながりますね。冷凍食品も多めにストックできるのでいざというときに重宝します。

お肉や魚などの傷みやすい生鮮食品もたくさん保存しておけるので、食品を無駄にせず使えるのもうれしいですね。

大容量の冷凍庫つき冷蔵庫の選び方

大容量の冷凍庫がついた冷蔵庫は容量やサイズなどによってさまざまな種類があります。

メーカー独自の機能を備えたものもあるので、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。ここでは、大容量の冷凍庫付き冷蔵庫の選び方について詳しく解説します。

1.容量で選ぶ

冷凍庫が大容量となっている冷蔵庫を選びたいなら、冷凍庫の容量や冷蔵庫全体の容量に対する冷凍庫の割合をチェックしましょう。

冷凍庫の容量が冷蔵庫よりも大きいものは少ないですが、冷凍庫が大きいものを選びたいなら冷蔵庫と冷凍庫の容量の比率が1:1に近いものを選ぶのがおすすめ。冷蔵庫全体の容量に対して40%前後の容量があるものを選ぶと、まとめ買いや作り置きをたっぷり冷凍保存できるでしょう。

冷凍庫は食品を隙間なく入れる方が冷却区効率が上がるため、入れたい食品の量に合った冷蔵庫を選ぶことが大切です。

1人暮らしなら200L未満

冷蔵庫の容量は「家族数×70L+(常備品100〜150L)+予備70L」が目安です。

一人暮らしなら200L前後を目安に選びましょう。冷凍庫は40L前後あるものだと作り置きやまとめ買いをする方にもぴったりです。200L前後の冷蔵庫はコンパクトなサイズのものが多く、キッチンの限られたスペースにもすっきりと収まりますよ。

耐熱トップテーブルが採用されているものなら上に電子レンジなどがのせられるので省スペースにもつながります。

2人家族は250~400L前後

2人家族なら250〜400L前後の冷蔵庫が良いでしょう。

外食の頻度が高くあまり自炊をしないなら200L台、料理をして作り置きやストックもしておきたいなら300L台がおすすめ。将来家族が増える予定があるなら400L台を選んでおくと、買い換える必要がないので便利ですよ。

それらの容量の冷蔵庫の場合、冷凍庫は80〜100L前後あるものがおすすめ。引き出しやケースが付いたものが多く、冷凍食品を種類やサイズごとに整理して保存できます。

3人・4人家族には400~500L

3~4人家族なら400〜500Lの冷蔵庫を選びましょう。

まとめて作り置きをしたり、食品の買いだめやストックを多めにしておきたいなら500L前後のモデルがおすすめ。400L台の冷蔵庫と比較してサイズや消費電力などがあまり変わらず、手頃な価格で購入できるものもあります。

将来的に家族が増える予定があるなら、余裕を持って大きいサイズを選んでおくと容量不足に悩む可能性も減らせますよ。

5人家族には500L以上

5人家族なら500L以上の大型冷蔵庫を選びましょう。

冷凍庫の容量は150〜200L前後あると家族分の作り置きやストックなどもしっかりと保存できます。500L台の冷蔵庫は大容量なだけでなく、メーカーによってさまざまな便利機能を備えているのも特徴。

なかにはAIを搭載していて自動で効率的に運転してくれたり、外出先でもスマホアプリから冷蔵庫の中身を確認できたりするものもあります。

2.搬入・設置スペースをチェック!

冷蔵庫本体のサイズは、搬入や設置するスペースを考慮して選ぶのも重要です。

冷蔵庫本体の寸法+10cmの経路が確保できたら問題なく搬入できます。アパートやマンションに住んでいる方は、階段やエレベーター内などの通り道も測っておきましょう。

設置スペースには、冷蔵庫本体の寸法だけでなく放熱スペースの確保も必要です。サイズが小さくても容量が大きなものもあるため、そちらも見比べるようにしましょう。

3.ドアの開閉方式で選ぶ

冷蔵庫のドアには、主に右開き・左開き・観音開きの開閉方法があります。冷蔵庫を設置する場所に合わせて、右側に壁があるなら右開き、左側に壁があるなら左開きのものを選ぶようにしましょう。また、自分の利き手と同じ方向に開くものだと使いやすいですよ。

キッチンのスペースが狭い方や、引っ越しの予定がある方は観音開きタイプがおすすめ。部屋のレイアウトに左右されずどこにでも設置できます。なかには、ドアを左右どちらにも付け替えることができ、両開きになるタイプもありますよ。

4.棚や小物ケースの有無をチェック

使いやすさを重視して冷蔵庫を選ぶなら、棚の数や引き出しの有無などもチェックしましょう。冷凍庫に引き出しがあれば、アイスなど小さなものも整理して収納できます。サイズや種類ごとに分けて保存できるため、必要なときにサッと取り出せますよ。

深さがあると冷凍食品を縦向きに入れることができ、取り出しやすいのはもちろんパッケージがすぐに目について便利です。

5.冷凍庫の位置をチェック

冷蔵庫はモデルによって冷凍庫の位置も異なります。作り置きやまとめ買いをする方で冷凍庫をよく使うなら、冷凍庫が真ん中にあるものが便利。食品を出し入れする際にかがむ必要がなくサッと取り出せます。

しかし、冷凍庫が真ん中にあると野菜室が下段になってしまうのには注意が必要です。野菜室が下段にあると重い野菜や2Lペットボトルなどをかがんで出し入れする必要があり、腰痛持ちの方や妊婦さんには特に億劫になってしまうかもしれません。

野菜室も頻繁に使う方は、冷凍庫ではなく野菜室が真ん中にあるものがおすすめです。

6.冷凍庫や冷蔵庫自体の機能性をチェック

冷蔵庫はサイズや容量はもちろん、機能によっても使い勝手が左右されます。便利な機能が備わっていると冷蔵庫が使いやすくなるだけでなく、節電につながる場合も。ここからは、冷蔵庫にあると便利な機能について解説します。

霜取り不要か

冷蔵庫の庫内を冷やす方法には、主に直冷式とファン式があります。

お手入れを簡単にしたいならファン式がおすすめ。霜がつかないため霜取りをする必要がなく、庫内に冷却装置がないためスペースを広々と活用できます。
直冷式の冷蔵庫はファン式よりも本体価格が安価なものが多く、ファンがない分消費電力が抑えられるのがメリット。一方で、霜が発生しやすく定期的にお手入れをする必要があるため手間はかかってしまいます。

急速冷凍機能

冷蔵庫のなかには急速冷凍機能を備えたものも。通常の冷凍では食品を徐々に凍らせていくため、冷凍する過程で食品の細胞が壊れて品質が落ちてしまいます。

急速冷凍機能を使って食品を素早く冷凍すれば、細胞が壊れるのを最低限に抑えて冷凍前の品質やおいしさを保つことができます。食品をすぐに冷凍させたいときや、おいしさを損ないたくない方におすすめです。

静音性

冷蔵庫とリビングや寝室が近い場合は、静音性の高いものを選ぶのがおすすめ。稼働音が静かなものだと、夜や就寝中でも気にならず快適に過ごせます。

静かな冷蔵庫を選びたいなら、稼働音が25dB以下が目安です。時計の針の音や木の葉が触れ合う音と同じくらいの大きさで、ほとんど気にすることなく過ごせるでしょう。

省エネ性

冷蔵庫は消費電力が高い家電のひとつ。節約を心がけるなら、省エネ性能も確認して選びましょう。製品ごとに省エネ性能の目標基準値が定められており、その基準値をどれくらい達成しているかが「省エネ基準達成率」で表されています。省エネ性能の高いものを選びたいなら、省エネ達成基準率100%以上を目安にしましょう。

【人数別】大容量の冷凍庫つき冷蔵庫のおすすめ10選

大容量の冷凍庫が付いた冷蔵庫の選び方を解説しましたが、実際にどのような商品がおすすめなのか気になった方も多いのではないでしょうか。ここからは、冷蔵庫を使用する人数別におすすめ商品をご紹介します。

一人暮らし向け

一人暮らしの方には、大容量ながらもコンパクトサイズな冷蔵庫がおすすめ。電子レンジなどが上に置けると省スペースにもつながるので、トップテーブルの耐熱性もチェックしましょう。ここでは、一人暮らし向けの冷蔵庫を3つご紹介します。

PR
アイリスオーヤマ 冷蔵庫 IRSD-14A-B

商品情報

商品の寸法 50D x 54.9W x 121.5H cm
ブランド アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
容量 142 L
設定 右開き
Energy Star (国際的省エネルギー制度) 4 Star

冷蔵室がたっぷりと90Lあり、ドアポケットには1Lの牛乳パックや2Lのペットボトルも収納可能。ガラス棚やケースは可動式なので、入れたいものに合わせて庫内を自由にレイアウトできます。冷凍室は52Lあるので冷凍食品をまとめ買いする方にもぴったり。省エネ基準達成率103%なので、消費電力が気になる方にもおすすめですよ。

PR
シャープ 冷蔵庫 SJ-D18J-W

商品情報

商品の寸法 59.8D x 49.5W x 1353H cm
ブランド シャープ(SHARP)
容量 179 L
設定 LED照明
Energy Star (国際的省エネルギー制度)

冷蔵室のドアを左右どちらにも付け替えられる「つけかえどっちもドア」を採用しており、インテリアや間取りに合わせて付け替えることができ便利。耐熱100度のトップテーブルで電子レンジを上に置くこともできますよ。約23dBと静音設計のため、寝室とリビングが近い場合でも就寝中に稼働音が気にならないのもうれしいですね。

PR
ハイセンス 冷蔵庫 HR-D15FB

商品情報


商品の寸法 48.1D x 58.6W x 127.7H cm
ブランド Hisense(ハイセンス)
容量 162 L
設定 右開き
Energy Star (国際的省エネルギー制度) 2 Star

113Lと大容量の冷蔵室を備えており、3段あるドアポケットに卵や飲み物などをたっぷりと収納可能。小物ケースが付いているので調味料などの小物の整理にも便利です。冷凍室は引き出しで2段に分かれており、冷凍食品も縦向きに入れられますよ。冷蔵庫はファン式なので庫内をムラなく冷やすことができ、霜取り不要なのでお手入れも簡単です。

2人家族向け

2人家族なら、外食や自炊の頻度などライフスタイルに合わせて冷蔵庫を選びましょう。ここでは、2人家族向けの冷蔵庫を3つご紹介します。

PR
シャープ 冷蔵庫 SJ-PD28J-T

商品情報


商品の寸法 66.5D x 56W x 156.8H cm
ブランド シャープ(SHARP)
容量 280 L
設定 右開き
Energy Star (国際的省エネルギー制度) 2 Star

125Lと大容量の冷凍室で、冷凍食品や作り置きなどをたっぷり収納可能。4段の引き出し式ボックスになっているため食品を整理して収納でき、出し入れもしやすいですよ。身長の高くない方に合わせた、高さ約156cmのローウエスト設計を採用しています。上段奥の食品にまで手が届きやすく、重いペットボトルや野菜もラクに出し入れできます。

PR
アイリスオーヤマ ストックアイ IRSN-IC30A-W

商品情報


商品の寸法 60D x 59.5W x 189H cm
ブランド アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
容量 296 L
設定 大型、冷凍室下側
Energy Star (国際的省エネルギー制度) 4 Star

庫内にカメラを内蔵している冷蔵庫。スマホアプリと連携することで外出先からでも庫内の確認ができ、二重買いや買い忘れなどが防げて便利です。自動製氷機能付きなので、タンクに水を入れておくだけで自動で氷ができて便利。冷凍室は引き出しタイプになっており冷気が逃げにくくなっています。

PR
TCL 冷蔵庫 P253BFN

商品情報

商品の寸法 60D x 54.5W x 181H cm
ブランド TCL(ティーシーエル)
容量 253 L
設定 冷凍室下側
Energy Star (国際的省エネルギー制度) 2.0

182Lの冷蔵室と71Lの冷凍室を備えた冷蔵庫です。1Lの紙パックや2Lのペットボトルも入れることができ、卵ポケットもありますよ。大容量ながら幅が約54.5cmほどしかなく、スリムなのでキッチンにもすっきりと収まるでしょう。稼働音も約26dBとささやき声よりも小さいため、リビングや寝室の近くに冷蔵庫があっても気にならないですね。

3人・4人家族向け

3~4人家族なら、冷蔵庫も冷凍庫も大容量なものがおすすめ。人数分の作り置きやストックもまとめて冷凍保存できるため、いざというときにも重宝します。ここでは、3~4人家族向けの冷蔵庫を2つご紹介します。

PR
日立 冷蔵庫 クリスタルシャンパン R-S40R XN

商品情報

商品の寸法 66.4D x 60W x 179.8H cm
ブランド 日立(HITACHI)
容量 401 L
設定 右開き
Energy Star (国際的省エネルギー制度) 3.2

112Lと大容量の冷凍室があり、ケースが2つ付いていて3段に分かれています。薄物ケース・小物ケース・大物ケースと深さが異なるため、冷凍食品のサイズに合わせて収納できて便利。ドアには傷つきにくいクリスタルドアを採用しており、長期間きれいに使えるでしょう。

PR
三菱電機 冷蔵庫 MR-R46E-W

商品情報

商品の寸法 67.5D x 65W x 182.1H cm
ブランド 三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)
容量 462 L
設定 フレンチドア
色 クロスホワイト

冷凍室に、約-7度で食品を芯から均一に凍らせる「切れちゃう瞬冷凍」を採用しており、解凍せずにサクッと切ることが可能。解凍する手間が省けて料理の時短につながるのがうれしいですね。ドリップの流出や栄養素の減少も抑えられ食品のおいしさを保ちます。製氷室は製氷皿やポンプ、フィルターなどすべてが取り外せるため丸洗いできて清潔です。

5人家族向け

5人以上の家族なら500L以上の大型サイズを選びましょう。メーカーによってさまざまな便利機能を備えているので、機能に着目して選ぶのもおすすめです。ここでは5人以上の家族向けの冷蔵庫をご紹介します。

PR
日立 冷蔵庫 R-H54TG S

商品情報

商品の寸法 70.1D x 65W x 183.3H cm
ブランド 日立(HITACHI)
容量 540 L
設定 フレンチドア
Energy Star (国際的省エネルギー制度) 3.3

こちらの冷蔵庫は幅が約65cmとスリムなため、設置スペースを抑えながらお肉や作り置きなどをたっぷりと収納したい方におすすめ。冷凍室は3段式になっており、アイスや作り置きなど冷凍食品を種類ごとに整理して収納できますよ。冷蔵室は全段がチルドになっており、水分をたっぷり含んだ「うるおい冷気」でラップなしでも食品の乾燥や変色などを抑えておいしく保存できます。

東芝 冷蔵庫 GR-U550FK

上段と下段に冷凍室を備えており、食品のサイズや種類によって分けて収納可能。オートパワフル冷凍を採用しており、運転状況に合わせて適切に庫内を冷却します。チルドルームでは鮮度とおいしさを保ちながら保管でき、上段に入れておくと冷凍していた食品も約30分で切れるくらいまで急速解凍できて便利です。

Amazonで人気の大容量の冷凍庫つき冷蔵庫をチェック!

ここまでは大容量の冷凍庫つき冷蔵庫の選び方やおすすめ商品をご紹介しました。さらに冷凍庫の大きい冷蔵庫を探したい方は、Amazonで売れ筋の冷蔵庫をチェックしてみてくださいね。

冷凍庫を広くして、ストック活用を便利に!

大容量な冷凍庫を備えた冷蔵庫のおすすめ商品と選び方についてご紹介しました。冷凍庫が大きい冷蔵庫を選べばたくさんの食品が冷凍保存でき、作り置きやまとめ買いをする方にも便利です。ぜひこの記事を参考にして選んでみてください。

※製品画像はAmazonより

こちらもチェック!
冷凍庫が大きい冷蔵庫のおすすめ10選!一人暮らし用や容量ごと人気アイテムをご紹介

「冷凍庫が大きい冷蔵庫」は、食品をたくさん冷凍したいときに重宝するアイテム。「冷凍庫が大きいと場所を取るのでは?」と思いがちですが、一人暮らしからファミリー向けまで、キッチンに設置しやすいスリムなモデルも多く展開されています。この記事では、冷凍庫が大きい冷蔵庫の容量や機能など、おすすめの商品や選び方をご紹介します。

こちらもチェック!
【2023年】冷凍庫のおすすめ13選!コンパクトや大容量タイプも!大きさ別に詳しく解説

ストック食材の保存に、冷凍メインのセカンド冷凍庫を選ぶ人が増えてきています。そこで今回は、 コンパクトな少量タイプや、たっぷり入る100Lのものなど、さまざまな容量タイプの商品をご紹介します。また、目的に合わせた機能や冷凍庫を使いこなすコツもあわせてご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の調理家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー