この記事で紹介されている商品
【2024年】ツインバードの電子レンジのおすすめ11選!選び方や魅力を徹底解説

【2024年】ツインバードの電子レンジのおすすめ11選!選び方や魅力を徹底解説

「ツインバードの電子レンジ」は、ラインナップの豊富さと質の高さから注目を集めています。使いやすい単機能のものや、オーブンレンジ、多彩な料理に対応しているスチームオーブンレンジなど、自分に合った商品を選べます。この記事では、ツインバードの電子レンジの魅力や選び方、おすすめの商品などをご紹介します。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ツインバードの電子レンジの魅力

ツインバードの電子レンジは、かっこいいデザインと豊富なラインナップが魅力的です。インテリアを邪魔しないスタイリッシュなデザインは、男女ともに使いやすいところがポイント。カラーもブラックとホワイトと、定番かつシンプルで、飽きにくいのも注目したいところです。

サイズのラインナップも豊富で、冷蔵庫の上に置けるコンパクトなものから、キッチンにしっかり設置して本格的に料理を楽しめるものまで、さまざまな商品が販売されています。特にキッチンに広さがない単身用マンションに住んでいる人には、コンパクトなサイズがおすすめです。

お肉を解凍した時にぎゅっと肉汁を閉じ込められる、高クオリティーな解凍機能も嬉しいですね。ツインバードの電子レンジの中には解凍やあたために対応している商品は多数あるので、コンロやフライパンを汚したくない時におすすめです。

ツインバードの電子レンジの選び方

ツインバードの電子レンジはどれも高機能かつ使いやすく、どれを選べばよいか迷ってしまうかもしれませんね。そこで、ここでは「種類から選ぶ」「扉の向きで選ぶ」「機能やデザインで選ぶ」「周波数で選ぶ」の4つの選び方について説明します。電子レンジ選びの参考にしてくださいね。

1.種類で選ぶ

ツインバードの電子レンジは、「単機能レンジ」「オーブンレンジ」「スチームオーブンレンジ」の3種類に分けられます。単機能レンジは使い方がわかりやすいのがメリット。オーブンレンジはオーソドックスなタイプです。スチームオーブンレンジは、より多くのレシピを楽したい人向けです。ここでは、それぞれの種類についてご説明します。

単機能レンジ

単機能レンジは温め機能に特化した、シンプルなタイプです。ボタン一つで、中のものに適切な温度・温め時間を判断してくれます。温めに手間をかけたくない人や、最低限の機能だけを求めている人におすすめです。

サイズが小さいものが多いのも注目ポイント。一人暮らしの人や、キッチンが狭い家に住んでいる人には、コンパクトなサイズが特徴の単機能レンジがぴったりです。スペースをとらないので、他の調理器具とぶつかりにくく、料理中にストレスを感じにくくなりますよ。

単機能ながら、700Wの高出力に対応しているモデルもあります。ミラーデザインがおしゃれなモデルもあり、機能性もデザイン性も兼ね備えています。飲み物やお弁当を温めたい時、しっかり解凍したい時など、温め機能に特化しているモデルです。

オーブンレンジ

オーブンレンジは、温め機能だけではなく焼き機能も搭載しています。オーブン調理・グリル機能がついているモデルが多く、クッキーなどの焼き菓子を作りたい人におすすめです。

また、お肉やお魚の解凍もおまかせ。温めすぎて硬くならないように自動で調節してくれるため、しっかり火が通った状態になり、安心して食べられますよ。グリルを使うのが面倒な人や、フライパンを使って焼くと汚れが気になる人におすすめのモデルです。

フラット構造のものもあり、庫内が広いのも大きなメリット。大皿がすっぽり入るので、一気に多くの料理をお皿に乗せたり、天板に乗せたりしても安心して温められます。もちろんコンパクトサイズのモデルもあるので、冷蔵庫の上に置けるのも嬉しいですね。

スチームオーブンレンジ

スチームオーブンレンジは、温め機能・焼き機能・蒸し機能を搭載した最上位モデルです。スチーム機能を搭載する事によって、蒸し野菜料理なども簡単に作れます。野菜を使ったレシピを楽しみたい人に大助かりのレンジです。

蒸し野菜だけではなく、サラダチキンのようにお肉料理を作る時にも重宝します。素材のうまみをしっかりと活かした蒸し方ができる構造になっていて、手軽に使えるのに本格的な料理が作れるという嬉しいモデルです。

もちろん焼き機能や温め機能にも優れています。焼き菓子を作りたい人にも、一度に多くの料理をムラなく温めたい人にもおすすめの、しっかりとしたサイズ感も安心の秘訣です。料理に一工夫加えたい人は、ぜひチェックしてみましょう。

2.扉の向きで選ぶ

電子レンジは、扉の向きも重要です。ツインバードの電子レンジは、横開きと縦開きの2種類に分かれます。

単機能レンジのように、シンプルな機能のモデルはほぼ横開きです。右開きか左開きかに注意しましょう。電子レンジを置く場所によって、扉の開閉がうまくいかないと満足に使えなくなってしまいます。特に冷蔵庫の上のように限られたスペースに置く場合は、壁が側にあると扉がぶつかる可能性があります。どこまで開けるか、あらかじめ測っておきましょう。

スチームオーブンレンジのように大きめのサイズのモデルは、縦開きが主なスタイルです。手前に大きく開くので、天板などを出し入れしやすいのがメリット。ある程度広いスペースがないと、扉を開ききれないというトラブルが起こるので、自分がレンジの前に立つのを想定してサイズを選びましょう。ストレスなく調理できるように、天板や大皿を水平に引き出せるかどうかもチェックするポイントです。

3.便利な機能・デザインで選ぶ

ツインバードの電子レンジは、温め機能や焼き機能、蒸し機能といった基本的な料理に対応しています。もちろん、ワンランク上の機能も兼ね備えているモデルも多く販売されているので、どのような機能があるのか知っておくと、より選びやすくなりますよ。ここでは、「赤外線センサー」「静音モード」「ミラーデザイン」の3つの機能について説明します。

赤外線センサー

赤外線センサーは、庫内の食品の表面温度を自動で測ってくれる機能です。どれくらい温めればよいのか、最適な時間を計算してくれるので、自分で調節する必要がありません。おおよその目安で温めて失敗してしまった、という経験は誰にとってもあることですが、赤外線センサーはそれを防いでくれます。

ツインバードの電子レンジには、種類の違う食品を同時に温められる「2品同時あたため」機能つきのモデルもあります。どちらの食品の温度もしっかり測定するので、非常に精度が高いのが魅力的です。

静音モード

静音モードは、温め終了をお知らせするブザー音の代わりに、庫内のバックライトが点滅する機能です。深夜でもブザー音を気にしなくてすむので、安心して使えます。

家族と一緒に住んでいるけれど、生活リズムがずれているからブザー音が気になる人や、壁があまり厚くないアパートに暮らしている人におすすめの機能です。またブザー音によって集中が途切れることを防止したい人にもぴったりです。

静音モードは、単機能モデルにも搭載されています。簡単に使えるだけでなく、環境面に配慮できるのは嬉しいところですね。

ミラーデザイン

ミラーデザインとは、使っていない時にミラーガラスが反射して庫内や操作部が見えない仕様のことです。キッチンのインテリアにこだわっている人におすすめしたい機能のひとつです。

ミラーデザインによって、使っていない時は庫内が見えないので、キッチンの生活感を消してくれます。また、操作部もミラーデザインモデルは、さらにシンプルでおしゃれな雰囲気を醸し出してくれます。

ミラーデザインタイプのモデルは、使用時のみ庫内が点灯。スタイリッシュな電子レンジを探している人にぴったりです。

4.周波数で選ぶ

モデルによっては、東日本(50Hz地域)では500W、西日本(60Hz地域)では600Wの出力に固定されていて自分で切り替えられないものもあります。

自分の住んでいる地域が50Hzに対応しているのか、60Hzに対応しているのかを確認しておきましょう。強い出力のものを購入したのに、非対応で使えないといったことがないようにしておいてくださいね。

ヘルツフリーモデルは、全国どこでも使えます。引っ越しをしても使い続けたい人は、ヘルツフリーモデルを選ぶとよいでしょう。

ツインバードの電子レンジおすすめ11選!

ツインバードの電子レンジは、高機能でおしゃれなものばかりです。ここでは、おすすめの商品を11モデルご紹介します。電子レンジを購入したい、ツインバードの商品に興味があるという人は、ぜひこの機会にチェックしてみてくださいね。

ツインバード 電子レンジ DR-E273Bは、赤外線センサーと静音モードを搭載しています。自動あたために対応しているので、自分で時間設定をしなくても適温に調節してくれる優れものです。オーブン機能もついているので、焼き料理をしたい人にもおすすめです。

ツインバード DR-D269Bは、ヘルツフリー対応のミラーデザインが嬉しいモデルです。バックライトが付いているので、液晶が見やすいのも使いやすさの秘訣ですね。さっと拭くだけでお手入れができるフラットタイプです。

ツインバード 電子レンジ DR-D278B

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(730件)

>

商品情報

ブランド TWINBIRD(ツインバード)
商品の寸法 38.5D x 46W x 27.5H cm
色 ブラック
容量 20 L
特徴 省エネ達成率:100%, 庫内容量:20L, タイマー:10分, 電源コード長(約):1.4m, 定格電圧:AC100V 50Hz/60Hz

ツインバード 電子レンジ DR-D278Bは、シンプルながら使い勝手のいい単機能レンジです。あたためは500W、600W(700W 60Hz)に対応、解凍は200Wに相当します。ダイヤル式で直感的な操作ができ、文字盤が光るので表示が見えやすいのが特徴です。

ツインバード ミラーガラスフラット電子レンジ DR-4259Bは、ミラーデザインがおしゃれな電子レンジです。ヘルツフリーモデルなので、引っ越しをしても安心して使えます。あたため・煮込み・解凍と出力を切り替えるの便利なポイントですね。

ツインバード 電子レンジ DR-LD20W

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(730件)

>

商品情報

ブランド TWINBIRD(ツインバード)
商品の寸法 38.5D x 46W x 27.5H cm
色 ホワイト
容量 20 L
特徴 解凍

ツインバード 電子レンジ DR-LD20Wは、600W、500W、解凍の3段階の出力に対応しています。シンプルにあたため・解凍機能のみを使いたい人におすすめのモデルです。ダイヤル式で時間を設定するタイプで、最大10分のタイマー機能がついています。

大きくて見やすいダイヤルで操作もカンタン
ツインバード 燕三条 電子レンジ ホワイト DR-D419W5

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(730件)

>

商品情報

ブランド TWINBIRD(ツインバード)
商品の寸法 33D x 45.5W x 26.5H cm
色 ホワイト
容量 17 L
特徴 タイマー, ターンテーブル, 解凍

ツインバード 電子レンジ ホワイト DR-D419W5は、700W・600W・500Wの他に、弱あたためレベルとして300Wの出力にも対応しています。ダイヤル式で、メモリが大きく使いやすいのが特徴です。5分ごとのメモリ幅が広いので、30秒間のあたため設定もストレスフリーにおこなえます。

ツインバード センサー付フラット電子レンジ DR-F282B

Amazonカスタマーレビュー

4.1

Amazonカスタマーレビュー

(809件)

>

商品情報

設置寸法:上面は15㎝以上、両側面10cm以上、背面は10cm以上スペースが必要
庫内有効寸法:約 315 × 330 × 195 mm
商品の重量:‎9kg
定格電圧:AC 100 V 50/60Hz
定格消費電力:1420 W
ドアの開き方 :左開き
年間消費電力量 58.2kWh/年

ツインバード センサー付フラット電子レンジ DR-F282Bは、1000Wに対応しているハイパワータイプで、赤外線センサーを搭載している高性能モデルです。100Wから1000Wまでの出力を自由に切り替えられるインバーター機能を搭載しているので、調理の手間を省けます。

ツインバード 電子レンジ DR-F281-W

ツインバード 電子レンジ DR-F281-Wは、省スペースかつシンプルなデザインが特徴の単機能レンジです。冷蔵庫の上に置くのにぴったりのサイズで、容量は18Lです。さっと拭くだけで庫内をきれいに掃除できるので、清潔に使いやすいのも嬉しいポイントですね。

ツインバード 電子レンジ DR-E857B

商品情報

本体重量:15kg
容量:18L
幅(外形):470mm
高さ(外形):295mm
奥行(外形・ハンドル除く):360mm
設置寸法(幅×高さ×奥行):670×445×460mm
庫内寸法(幅×高さ×奥行):305×180×325mm
庫内形状:フラット
加熱方式:レンジ加熱、ヒーター加熱(オーブン:・グリル)
ドアタイプ:タテ開き
レンジ出力:500W(50Hz) / 600W(60Hz)
センサー:赤外線センサー
オーブン温度:40℃(発酵)、110~200℃  

ツインバード 電子レンジ DR-E857Bは、あたため・解凍・オーブン・グリルの4つのモードを搭載しています。縦開き扉で、中はフラットタイプ。庫内を広々使えるので、大きなお皿やお弁当もらくらく温められるモデルです。赤外線センサーを搭載しているので、自分で時間を設定しなくても適温に温められます。

ツインバード スチームオーブンレンジ DR-F871W

Amazonカスタマーレビュー

3.5

Amazonカスタマーレビュー

(7件)

>

商品情報

ブランド TWINBIRD(ツインバード)
商品の寸法 40D x 47W x 34.5H cm
色 ホワイト
容量 23 L
特徴 解凍

ツインバード スチームオーブンレンジ DR-F871Wは、上下で包む本格的なWスチームで蒸し料理の出来栄えをワンランクアップさせてくれます。低温調理もできるスチーム温度を調節できるので、蒸し野菜やグリルチキンもらくらく調理可能。スチームの温度設定は8段階と細かく刻まれているので、繊細な調理にもうってつけです。

ツインバード オーブンレンジ DR-E852Wは、赤外線センサーを搭載しているフラットタイプのオーブンレンジです。タイマー設定が簡単なダイヤル式で、操作がシンプルに完結するのが嬉しいですね。バックライト付なので、液晶が見やすいのもポイントです。

全10商品

おすすめ商品比較表

ツインバード 電子レンジ DR-E273B

ツインバード DR-D269B

ツインバード 電子レンジ DR-D278B

ツインバード ミラーガラスフラット電子レンジ DR-4259B

ツインバード 電子レンジ DR-LD20W

ツインバード 燕三条 電子レンジ ホワイト DR-D419W5

ツインバード センサー付フラット電子レンジ DR-F282B

ツインバード 電子レンジ DR-E857B

ツインバード スチームオーブンレンジ DR-F871W

ツインバード オーブンレンジ

Amazonカスタマーレビュー
4.1809
4.1809
4.1730
4.1809
4.1730
4.1730
4.1809
-
3.57
3.9205
最安値
タイムセール
¥18,800-10%
参考価格¥20,800
¥14,800
¥14,448
タイムセール
¥16,800-33%
参考価格¥25,000
¥15,500
¥21,760
¥24,800
¥39,064
タイムセール
¥22,000-18%
参考価格¥26,800
購入リンク

ツインバードの電子レンジで料理を楽しもう

ツインバードの電子レンジはスタイリッシュなデザインと高い機能性が特徴です。この記事では、ツインバードの電子レンジの魅力や選び方、おすすめの商品についてご紹介してきました。お気に入りの商品を見つけて、ぜひ料理の幅を広げてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他の調理家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー