この記事で紹介されている商品

保温機能付き電気ケトルのおすすめ5選!おしゃれでかわいい人気のアイテムをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

ひと息つきたいときのホットドリンク作りなど、一台あると便利な「電気ケトル」。搭載されている機能の種類もさまざまで、何を基準に選べばよいのか迷ってしまいますよね。今回は、そんな数ある電気ケトルの中からでも特に人気の保温機能付き電気ケトルの選び方をご紹介!容量やデザインなどポイントごとに解説しますので参考にしてみてください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

電気ケトルとは

「電気ケトル」とは、電気を使ってお湯をわかすキッチン家電のこと。 簡単なスイッチ操作でお湯をすばやく沸かせるのが特徴で、「コーヒー1杯分」など、ほんの少しのお湯でもスムーズにわかすことができます。 さらに、ガスではなく電気を使うため、火によるトラブルが起きないのもうれしいポイント!ひとり暮らしの方はもちろん、お年寄りや小さなお子様がいるご家族など、幅広いご家庭で安全に使えるのも、電気ケトルの魅力と言えるでしょう。

保温機能付きのメリットや必要性について

最近は、お湯を沸かすだけの一般的な数ある電気ケトルにの中でも、近年特に人気を集めているのが「保温機能」を搭載したものが多く販売されていま電気ケトルです。 保温機能付き電気ケトルの最大のメリットは、お湯を沸かし直す手間が省けること。 沸かしたお湯を保温しておけば、再沸騰させるその都度お湯をわかす時間がカットできるので、使いたい時にすぐ使用できるので時短にもつながります。 お茶やコーヒー、ミルク作りなど一日に数回お湯を沸かす方は、一台持っておけば重宝生活の質がぐっとアップしますよ!このあとご紹介する選び方を参考に、自分に合ったとっておきの一台を見つけてみてくださいね。

保温機能付き電気ケトルの選び方について

保温機能付き電気ケトルの特徴について確認したところで、ここからは選び方のポイントをご紹介します。 以下5つのポイントに着目して選べば、とっておきの一台が見つけやすくなりますよ。 ・保温可能時間 ・温度設定機能 ・容量 ・デザイン ・便利な機能 それではさっそく、それぞれのポイントについて順番に解説します。ぜひチェックしてみてくださいね。

保温可能時間で選ぶ

まずは、電気ケトルの保温可能時間を確認しましょう。 電気ケトルの保温時間は、15分や30分、1時間など製品によってバラつきがあ異なります。 保温時間が長すぎる、短すぎるといったトラブルを防ぐために使う頻度などを目安に、自分のライフスタイルに合った保温可能時間のものを選びましょう。

PR
象印 電気ケトル(CK-AX10-BA)

商品情報

ブランド 象印マホービン(ZOJIRUSHI)
容量 1 L
材質 ステンレス鋼
色 ブラック
電圧 100 ボルト

沸騰後、90℃程度のお湯を約1時間保温することができる電気ケトルは、お食事中やティータイム中、調理中など、必要に応じて保温したいときにぴったりです!1時間保温したら自動で電源が切れるので、安全性面も抜群です。

温度設定機能で選ぶ

保温機能と併せてチェックしておきたいのが、温度設定機能です。 温度設定ができる機能が搭載されていれば、アツアツのコーヒーを飲みたいときは90度以上、ほどよい熱さがよいなら70度前後と、好みや気分用途によってお湯の温度を調節することが可能。保温機能と併用すれば、ちょうどよい温度のお湯を保温しておくことができます。 設定できる温度は、「70℃・80℃・90℃の3段階設定」や「10℃ごとに設定」など電気ケトルの仕様によって異なるので、注意してくださいね。

温度調節 (1℃単位/40℃~100℃)可能

1℃単位に温度調節できる電気ケトルがあれば、「86℃」や「92℃」などこだわりの温度を実現することができます。 例えば、コーヒーや紅茶の場合、お湯の温度が少し違うだけで、香りや風味に大きな差が生まれてしまうことも。 1℃単位に温度調節ができる電気ケトルは、コーヒーや紅茶の仕上がりにこだわりがある方、自分好みの味わいを楽しみたい方に最適な機能だといえるでしょう。

HAGOOGIドリップ電気ケトル(GEK-06BK)

HAGOOGIドリップ電気ケトル(GEK-06BK)

おうちで本格的なコーヒーが飲みたいという方におすすめなのが、こちらのドリップ電気ケトルです。コーヒーをドリップすることに特化したスワンネックを採用することで、いつもの一杯がワンランクアップしたおいしさに。約150分保温が可能で、86度〜100度間の温度は1度単位で温度を調節できるのもうれしいポイントです。

容量で選ぶ

電気ケトルの保温可能時間と温度が決まったら、容量もチェックしましょう。 一言で「電気ケトル」と言っても、小型なものから大型のものまで、サイズや容量のバリエーションは豊富にあります。 ひとり暮らしなら1リットル前後、家族や友人など複数の人数で使う場合や、子供のミルク用に多めに沸かして保温しておきたいという方は1リットル以上など、容量は、使う人数や用途に合わせたものを選ぶようにしましょう。 また、電気ケトルの容量が大きくなると、電気ケトル本体のサイズも大きくなる傾向にあります。収納したい場所と電気ケトルの幅や奥行き、高さをあらかじめチェックして、事前に収納スペースを確保しておくといいでしょう。サイズ間違いがないように気をつけてくださいね。

デザインで選ぶ

最近の電気ケトルは、シンプルなものやスタイリッシュなもの、高級感のあるものなどデザインもさまざま。デザインだけでなく、ガラス製やステンレス製など素材の違いでも、雰囲気はガラッと異な変わります。 インテリアのテイストになじむデザインや素材の電気ケトルを選べば統一感が出て、よりおしゃれで、すっきりとした空間を作ることができます。 自分の好みなども考慮して、お気に入りのデザインを見つけてみてくださいね。

PR
アイリスオーヤマ ドリップケトル 温度調節付(IKE-C600T-B)

商品情報

ブランド アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
容量 600 ml
材質 ステンレス鋼
色 ブラック
特徴 保温機能, 空だき防止機能, 温度設定機能

ひとり暮らしの方にもぴったりな、0.6L容量とコンパクトサイズの電気ケトルです。アンティークなデザインとブラックで統一したデザインはインテリアにも馴染みやすく、ただ置くだけで空間をおしゃれに彩ります。保温機能も搭載されていて、広口でふたが取り外せるので、お手入れも簡単ですよ!

PR
デロンギ アイコナ温度設定機能付き電気カフェケトル(KBOE1230J-W)

商品情報

ブランド DeLonghi(デロンギ)
容量 1 L
材質 ステンレス鋼
色 2)ホワイト
特徴 保温機能, 空だき防止機能, 温度設定機能

使い勝手はもちろん見た目にもこだわりたいという方には、こちらの電気ケトルがおすすめです。一般的な電気ケトルとはひと味違う、独特のデコボコ加工が施されたメタルボディが、高級感あふれる雰囲気を演出します。ワンタッチで簡単に保温設定ができるのも嬉しいポイントですね!

便利な機能で選ぶ

最後に、電気ケトルに搭載されている機能を確認しましょう。 電気ケトルの機能には、予約や温度調整といった、好きなタイミングでちょうどよい温度のお湯を沸かすことができるものから、蒸気レス、転倒防止、空炊き防止など安全面を考慮したものまで、多種多様です。 これらの機能は、電気ケトルの使い勝手や価格に大きく関わる部分と言っても過言ではありません!どの機能が必要なのか、実際に電気ケトルを使うシーンを想像しながらよく考えてみてくださいね。

PR
BRUNO|ブルーノ 温度調節マルチケトル BRUNO crassy+ BOE103-WGY [1.0L]

商品情報

湯沸かしだけじゃない、3つの付属パーツでティーポット・湯煎・ゆで卵も調理可能です。

茶こしや湯せんカップ、卵ホルダーがついた、マルチケトルです。お湯を沸かすだけでなく、お茶を淹れたり、湯せん、ゆで卵の調理もできるので、さまざまなシーンで大活躍!お料理好きの方も大満足できるな一台ではないでしょうかす。

PR
シロカ 温度調節電気ケトル(SK-D171)

商品情報

ブランド Siroca(シロカ)
容量 1.2 gallons
特徴 保温機能, 空だき防止機能, 温度設定機能
パッケージ情報 ポット
商品の寸法 25.7L x 21.8W x 19.5H cm

お湯を沸かすだけのシンプルな「沸騰モード」、設定温度まで加熱してを調節保温すできる「加熱モード」、赤ちゃんのミルク作りなどに便利な前回の使用温度が記憶される「メモリー機能煮沸モード」と用途に合わせてさまざまな3つのモードを使い分けができられるのが魅力的!インテリアになじみやすいスタイリッシュなデザインが、空間をおしゎれに彩ります。

とっておきの一台でおうち時間を充実させよう!

いかがでしたか?今回は、保温機能付き電気ケトルのおすすめの選び方をご紹介しました。 種類が豊富な電気ケトルですが、保温可能時間や温度設定機能調節、容量、デザインなどに注目すれば、おうち時間がより充実する、自分にぴったりな1台がきっと見つかりますよ! 電気ケトルの購入を検討している方は、今回の選び方をぜひ参考にしてみてくださいね。

※製品画像はAmazon/楽天より

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の調理家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー