この記事で紹介されている商品

幅40cm以下の電子レンジはある?小型オーブンレンジや省スペース設置のアイデアも

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

一人暮らしの部屋でも省スペースで置ける、幅40cm以下のコンパクトな電子レンジ。温め機能だけでなく、さまざまな調理を楽しめる小型のオーブンレンジも販売されています。今回は小型の電子レンジの選び方やおすすめの商品をご紹介。外寸サイズや庫内容量の確認、便利な機能などチェックポイントを詳しく解説するので、参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

幅40cm以下の電子レンジはある?

幅40cm以下の電子レンジは、数は少なめですが販売されています。ただし使いやすさや機能性にもこだわるなら、外寸幅の条件を45cm前後まで広げると、商品の選択肢が増えるでしょう。

省スペースで設置できるうえに高機能な小型の電子レンジは、案外多く販売されています。キッチンが狭くて置けないとあきらめていた方も、ぜひ小型の電子レンジの中から使いやすそうなものを探してみましょう。

ポータブルの電子レンジという選択肢も

外寸幅40cm以下の電子レンジにこだわるなら、ポータブル電子レンジを活用するのもひとつの手です。携帯用の電子レンジで、キャンプや車中泊など、アウトドアシーンで食べ物を温めたいときにも重宝します。

キャンピングカーの電源やポータブル電源と繋いで使用できるため、災害時に備えて用意しておくのもおすすめ。ただしコンパクトな分、庫内サイズも小さいので、日常的に使うにはストレスを感じる可能性があります。なかには価格の高い商品もあるので要注意です。

省スペースに設置できる電子レンジを探す時の注意点

省スペースで使える小型の電子レンジならではの、選ぶ際に気をつけたいポイントをご紹介します。注意点を確認したうえで、毎日快適に使えるアイテムをゲットしてくださいね。

設置スペースのサイズを確認!

幅40cm以下の小型の電子レンジを購入する場合も、設置場所の確保は欠かせません。商品を選ぶ前に設置予定のスペースを採寸し、置ける電子レンジの外寸サイズを把握しておきましょう。

ただし、設置場所に置けるギリギリのサイズを選ぶのはおすすめできません。電子レンジは熱を発する家電製品のため、次に説明する放熱スペースも考慮してくださいね。

電子レンジは放熱スペースも必要!

電子レンジを選ぶ際は、サイド・背面・上部に放熱スペースを確保することも重要です。放熱スペースは機種・メーカーなどによってさまざま。

一般的には数cm~10cm以上を目安に、電子レンジの両サイド・背面・上部に放熱スペースの確保が必要になります。気になる商品はどの程度の放熱スペースが必要になるかを購入前に確認しましょう。

なかには、放熱スペースをあまり確保しなくても設置できる商品もありますよ。設置スペースの確保が厳しい場合は注目してみてくださいね。

機能が少なければ小さいわけではない

温める以外の機能がないシンプルな仕様の電子レンジだとしても、必ずしもサイズが小型なわけではありません。機能性だけで小型と判断せずに、しっかりと外寸サイズを確認しましょう。一方で、小型の電子レンジでも自動調理機能や発酵機能付き、揚げ物調理ができるモデルなど多機能な製品もありますよ。調理スペースが小さい一人暮らし用のキッチンでも、料理を楽しみたい方は要チェックです。

庫内サイズもしっかり確認!

小型の電子レンジ選びは外寸サイズに気を取られがちですが、庫内サイズも忘れずに確認してください。庫内が狭すぎると、せっかく電子レンジがあっても不便さを感じることも。

外寸サイズがコンパクトでも、できるだけ庫内サイズは大きいものがベター。この条件を満たす電子レンジの容量は、大体14〜20Lほど。庫内の形状もあわせて確認し、外寸も庫内サイズも理想に近いものを探しましょう。

押さえていきたい!電子レンジの種類

小型の電子レンジを探す前に、電子レンジの種類も押さえておきましょう。単機能電子レンジ・オーブンレンジ・スチームオーブンレンジの3種類について特徴を説明するので、用途に合うものを選択してくださいね。

単機能電子レンジ

料理を温める機能さえあれば十分という方には、単機能電子レンジがぴったりです。機能が少ない分、コンパクトなサイズを選びやすく、購入費用を抑えられるのがメリット。使用する際も複雑な操作が少ないため、直感的に使えるでしょう。

単機能電子レンジで気をつけたいのが周波数です。地域別に周波数が異なっていることが多いため、お住まいの地域で使えるかどうかを確認しましょう。「ヘルツフリー」の商品なら、周波数を気にすることなく引越し先でも安心して使えますよ。

オーブンレンジ

オーブン・グリル機能が必要な料理を作りたい方は、小型のオーブンレンジを検討しましょう。料理の温めや電子レンジ調理だけでなく、グラタンやピザ、お菓子など凝ったレシピにもチャレンジできます。グリル機能によりパンもこんがりと美味しく焼けるため、朝はトーストを焼いて食べたい方にもおすすめです。

単機能電子レンジは1万円以内で購入できる製品もありますが、小型のオーブンレンジは安価なモデルでも2〜3万円が主流です。スチームオーブンレンジよりは種類が豊富で、おしゃれなデザインの製品も選びやすいでしょう。

スチームオーブンレンジ

煮る、焼く、蒸すの幅広い料理を作りたい方には、小型のスチームオーブンレンジがおすすめです。オーブンレンジが持つ機能にスチーム機能がプラスされており、茶碗蒸しやシュウマイなどの蒸し料理にも挑戦できますよ。

ただし小型のものを探そうとすると、商品数が限られるのが悩みどころ。幅が小さい商品でも46cmほどはあるため、一人暮らしの方などキッチンにスペースが取れない場合は、設置場所に困る可能性があります。必ずサイズをチェックしてから購入を検討してくださいね。

小型の電子レンジの選び方

ここからは小型の電子レンジを選ぶときのポイントを以下の5つに分けてご紹介します。

1.サイズ・容量

2.扉の開閉方向

3.庫内の形状

4.用途に合った機能

5.周波数幅

40cm以下の商品をはじめ、小さいサイズの電子レンジを探すときの参考にしてくださいね。

1.サイズ・容量で選ぶ

小型の電子レンジを選ぶときにまず気になるのが、サイズや容量ですね。外寸の幅が40cm以下の電子レンジはかなり小さい部類で、商品はそれほど多くありません。45cm以内であれば商品数は増えるので、キッチンなどの設置したい場所に置けるか採寸しておきましょう。

目安として、外寸幅約45cmの電子レンジは、容量17Lほどにあたります。コンビニなどで購入したお弁当を温めやすいサイズです。普段よく使用する食器や容器に合わせて庫内のサイズも確認しておくと、使いやすさはグンと上がりますよ。

ポータブル電子レンジであれば、外寸幅40cm以内で持ち運び可能な商品を選べます。車中泊などに携帯できる電子レンジがほしい方におすすめです。

2.扉の開閉方向をチェック!

使いやすい小型の電子レンジを選ぶために、扉の開閉方向にも注目しましょう。電子レンジの扉の開閉方法は、縦開きか横開きの2パターンです。

縦開きは扉を手前に引いて下ろすタイプで、利き手に関係なくスムーズに開閉できるのがメリット。しかし、棚や冷蔵庫の上など高い場所に置くと、中身を出し入れする際に扉が邪魔になってしまいます。

横開きは高い場所に設置しても庫内に手が届きやすく、食品の出し入れをしやすいのが嬉しいポイント。ただし、左に向かって開くタイプが多く、左側から中身を取り出す配置になった場合は使いにくさを感じることも。電子レンジの設置場所や家具の配置などによって、ストレスなく使えそうな方を選択しましょう。

3.庫内の形状で選ぶ

小型の電子レンジは、庫内の形状によっても使いやすさに差が出ます。特に重要なのが、温めるものを乗せるテーブルの形状です。

フラットタイプは回転する皿がなく、平らな庫内を広々と使えます。コンビニ弁当など角ばった容器もセットしやすいのがメリット。サッと拭いて掃除できるためお手入れもしやすいでしょう。

ターンテーブルタイプは、庫内のテーブルが回転することで全体をムラなく温められます。フラットタイプよりも手頃な価格で手に入るのが魅力的。ただし、大きな食器や弁当の容器が引っかかると上手く回転できず、加熱ムラが出やすくなります。ターンテーブルの下にも汚れが溜まるため、お手入れが面倒なことも把握しておきましょう。

4.用途に合った機能をチェック!

小型の電子レンジを選ぶ際は、便利な機能が搭載された製品がベターです。シンプルな単機能電子レンジでも、「ごはん」「飲み物」「解凍」など、自動調理ボタンが付いたものがありますよ。加熱温度や時間に悩むことなく、手軽に温められるのが嬉しいですね。

また、小型のオーブンレンジのなかには、「発酵」モードが搭載された製品もあり、パンを焼いて楽しみたい方におすすめの機能です。ほかにもユニークな機能を持つ電子レンジが多数販売されているので、ぜひプラスアルファの機能にも注目してみてくださいね。

5.周波数をチェック!東日本or西日本

電子レンジを購入する際に、見落としがちなのが周波数です。小型の電子レンジを選ぶ際は、この周波数にも注目しましょう。実は周波数は東日本が50Hz、西日本が60Hzと、地域により異なっています。

一般的な電子レンジは、西日本・東日本両方の周波数に対応している「ヘルツフリー」の製品が主流です。しかし、小型の単機能電子レンジなどは、どちらかの周波数に合わせることで低価格を実現しています。そのため、お住まいの地域に合う周波数かどうかをチェックしてくださいね。

小型の電子レンジのなかにも「ヘルツフリー」の製品は販売されています。転勤の多い方や引っ越す予定のある方は、「ヘルツフリー」の商品に絞って探すと良いでしょう。

スペースがないなら冷蔵庫上の設置も一案!

キッチン内に電子レンジ用のスペースを確保できない場合は、冷蔵庫の上に設置するのもよいでしょう。冷蔵庫上のデッドスペースを利用できるため、キッチンスペースをより有効活用したい場合にもおすすめです。

ただし、冷蔵庫の上に電子レンジを直で置く場合は、冷蔵庫の上が耐熱素材でなければなりません。また、電子レンジのサイズや重さによっては、ご自宅の冷蔵庫に乗せられないケースもあります。

まずは冷蔵庫・電子レンジの取り扱い説明書を見て、冷蔵庫の上に乗せても問題のないことを確認してから検討してくださいね。

冷蔵庫上に設置するためのアイテムも便利!

電子レンジの設置場所に困ったときは、冷蔵庫上のスペースを有効に使える収納ラックを使う方法もあります。冷蔵庫に乗せた専用ラックの上に電子レンジを設置するタイプや、2〜4段ほどのラックで冷蔵庫を囲える棚型タイプなどが販売されています。

なかでも棚型タイプは、冷蔵庫の上に直接ラックを置かずに済むので使い勝手もよいですよ。棚板が複数あるラックに電子レンジを置く場合は、放熱スペースを忘れずに確保しましょう。

幅40cm以下・40cm程度の電子レンジ

幅40cm以下、または40cm程度の電子レンジを2点ご紹介します。持ち運び用に重宝するポータブルタイプや、電子レンジ調理が可能な一人暮らし向けなど、小型でも優秀なアイテムですよ。

PR
コイズミ ポータブル電子レンジ WAVEBOX AC wb-ac

商品情報

外形寸法:縦290mm 横380mm 奥行260mm、庫内寸法:縦147mm 横260mm 奥行183mm、本体質量6.35kg

アウトドアや災害時用に便利なポータブル電子レンジ。外寸の幅が38cmの非常にコンパクトな設計です。運びやすいように持ち手がついているのも嬉しいポイント。キャンプや車中泊にも電子レンジがあると便利なので、アウトドア好きな方もぜひチェックしてみてくださいね。

PR
コイズミ 土鍋付き電子レンジ KRD-182D/K

商品情報

本体サイズ(約):幅41.6×奥行35×高さ32cm、庫内サイズ(約):幅33×奥行30×高さ17cm

外寸幅約41.6cmのコンパクトな電子レンジ。解凍専用容器と土鍋が付属しています。土鍋専用ボタンでは6つの料理モードを選択可能。2号までの白米を電子レンジで炊けるため、炊飯器不要で手軽にごはんを用意できるのが嬉しいですね。公式サイトの商品ページからは、土鍋レシピをチェックできます。

幅45cm以下の電子・オーブンレンジ

幅45cm以下の電子レンジ、オーブンレンジからおすすめの商品5点をご紹介します。電子レンジは容量約17Lのシンプルな操作で使えるものが中心です。おしゃれな小型のオーブンレンジもピックアップしましたので、料理を楽しみたい方はぜひ注目してくださいね。

PR
ニトリ マイコン電子レンジ 17L BN20M

商品情報

●見やすい液晶画面●ターンテーブルタイプ●自動調理もマニュアル調理もボタンを押すだけ●らくらく簡単自動調理メニュー●全国で使えるヘルツフリー

外寸幅約44cm、容量17Lの一人暮らし向けの電子レンジです。ボタンを押して操作するシンプルな構造。ヘルツフリーのため引っ越しや転勤の際も引き続き使用できるのがメリット。「ごはん」「飲み物」「お弁当」はボタンを押すだけで加熱してくれますよ。

PR
COMFEE'(コンフィー) 単機能電子レンジ 17L CFM-BM172

商品情報

商品の寸法: 32.5D x 44W x 25.5H cm、色: 多色、容量: 17L、特徴: ターンテーブル, タイマー, 単機能レンジ, 解凍

温め専用の電子レンジがほしい方にぴったりの単機能タイプ。サイズは外寸幅が約44cm、容量が17Lです。ヘルツフリーなので、地域の制限なく使用できます。手軽に1分間加熱できるボタンや、飲み物、解凍モードも用意されていますよ。

PR
山善 電子レンジ 17L YRM-HF171(W)

商品情報

本体サイズ:幅44×奥行32.5×高さ25.5cm 、庫内サイズ:幅30.6×奥行30.7×高さ19cm 、本体重量:10.7kg 、ターンテーブル直径:25.5cm、電源:AC100V(50/60Hz) 、消費電力:900/1200W(50/60Hz) 

外寸幅約44cm、容量17Lの単機能電子レンジ。温めメインで使いたい方におすすめの商品です。操作もデザインもシンプル、かつお手頃価格で購入できるのが魅力的。引越した先の地域でも使えるヘルツフリータイプ。広々とした庫内でコンビニ弁当の温めにも便利です。

PR
バルミューダ BALMUDA The Range K04A-BK

商品情報

■本体寸法:幅 450mm × 奥行き 362mm × 高さ 330mm■庫内寸法:幅 353mm × 奥行き 293mm × 高さ 168mm■総庫内容量・庫内形状:18L フラット庫内■本体重量:約12kg

外寸幅約45cmの小型でかわいいオーブンレンジです。温めはもちろんのこと、オーブンならではの料理も楽しめます。庫内は広々としたフラット構造のため、ラクにお手入れができますよ。発酵もできるので、パンを作りたい方にもぴったりです。

PR
アイリスオーヤマ 電子レンジ 17L ターンテーブル IMB-T178-W

商品情報

商品の寸法:32.5D x 44W x 25.5H cm、色:ホワイト、容量:17 L、特徴:ターンテーブル, タイマー, 単機能レンジ

外寸幅約44cm、容量17Lの小型電子レンジです。出力を200・500・650Wの3段階で調節可能。自動調理メニューには、チャーハン、パスタ、肉じゃが、鶏ハム、スープごはんの5種類が用意されており、悩まずに温められるのが嬉しいですね。置く場所を選ばないシンプルなデザインとカラーも魅力的です。

冷蔵庫上を有効活用!便利なレンジラック

冷蔵庫上のスペースを有効活用できる、おすすめのレンジラックをご紹介します。電子レンジ以外にもトースターやキッチン雑貨を収納できるアイテムもありますよ。キッチンの広さや家電の数に応じて使いやすいものを選んでみてくださいね。

PR
アイリスオーヤマ 冷蔵庫上ラック RUR-480

商品情報

商品サイズ(cm):幅約47.4×奥行約43.4~67.5×高さ約46.9、耐荷重【上段棚板】約4kg【下段棚板】約12kg【スライド棚板】約2kg(下段に電子レンジ収納時)【全体】約18kg

冷蔵庫上専用の収納ラック。電子レンジだけでなく、最上段にトースターを置くことも可能です。デッドスペースを有効に使えるので、狭いキッチンでお悩みの方にもうってつけ。スライド式の棚板は、温めた料理を置くスペースなどに活用できます。木目調のおしゃれなデザインも素敵ですね。

PR
アイリスプラザ 三段冷蔵庫ラック

商品情報

商品サイズ(cm)/全体:幅約59.5×奥行約41×高さ約180.5、棚板サイズ:幅約54.0×奥行約39.7×厚さ約1.5、組立式(約30分)、内寸:幅約54.9cm×奥行約36cm×高さ約180.5cm

冷蔵庫の上にたっぷりと収納スペースを作れる棚型のラックです。棚板は可動式で、14段階に調節できますよ。電子レンジと冷蔵庫の間にスペースを十分に取れるのもメリット。側面の格子やS字フックを利用すれば、小物などを引っ掛けて収納することも可能です。

PR
山善 冷蔵庫上ラック MES-17113(OAK/SBK)

商品情報

【仕様】●本体サイズ:幅106×奥行41×高さ169㎝●全体耐荷重:105㎏●各棚板耐荷重:(大)25㎏、(小)10㎏●材質[フレーム]金属(スチール)、[棚板]合成樹脂化粧繊維板(塩化ビニル樹脂)

1つで2列分の収納スペースを作れるレンジラック。キッチン家電や食器類をまとめて収納したい方にぴったりです。コンセントが2か所用意されているのも嬉しいポイント。アイアンフレームのスタイリッシュなデザインなので、クールなインテリアにも馴染みますよ。

幅40cmほどの小型電子レンジがあれば狭いキッチンでの調理も快適!

今回は幅40cm以下などの小型電子レンジを選ぶ際のポイントや、おすすめの商品、設置法をご紹介しました。小さいサイズの電子レンジでも、食事をワンタッチで温められるものや、オーブンレンジタイプなどバリエーション豊かな商品が販売されています。ぜひ一人暮らしの方やキッチンが狭い方も、小型の電子レンジを利用して料理や食事を楽しんでくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

※製品画像はAmazon/楽天より

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

新着記事

カテゴリー