目次

今話題の低温調理とは?基本的な使い方やおすすめの低温調理器を紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

じっくり低温で加熱して調理する「低温調理器」。チャーシューやローストビーフなど凝った肉料理も、放っておくだけでしっとり柔らかく仕上がります。今回は、低温調理の基本と注意点や、自分に合った調理器の選び方などを詳しく解説。おすすめ商品も紹介しているので、ぜひ最後までご覧くださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

低温調理とは?基本的な使い方も

低温調理とは、56~95℃程度に水温やオーブンの温度を設定し、ゆっくりと加熱をする調理法のことを指します。 低温調理器は使い方も簡単で、食材をジッパーやポリ袋に入れて湯煎し、低温調理器で加熱するだけ。機械が温度調節もしてくれるので、ほったらかしたままの調理を叶えてくれます。

低温調理に最適な食材・レシピ

低温調理を活用した料理といえば、魚や肉料理が定番です。高温で調理すると固くなってしまう食材も低温で調理することで、柔らかくジューシーに仕上げられます。

たとえば、ローストビーフや豚の角煮、サーモンのコンフィなどのレシピと相性がいいですよ!初めての人でも簡単に本格的な料理が作れるので、ぜひ試してみてくださいね!

低温調理のメリット

ここからは、低温調理のメリットをお伝えします。温度と時間を設定するだけで簡単に調理できるため、手軽においしい料理が作れるのはうれしいですよ。

簡単に凝った料理がつくれる

最大のメリットは、簡単に凝った料理を作れることです。一般的なフライパンや鍋で調理をすると、加熱の仕方により旨味が流れ出てしまうことがありますが、低温調理の場合は食材の旨味や水分をそのままキープしてくれます。 そのため、肉や魚をしっとりと柔らかくすることができ、プロさながらの本格的な料理を楽しめるんですよ!

ほったからし調理ができる

低温調理は基本的に、真空パックに食材を入れ、湯煎するだけで調理できます。火を使わないため、常に火加減を見ておく必要がないのがうれしいポイントです! 温度と時間を設定するだけで料理できるので、低温調理の合間に他の調理を進めたり、家事をしたりと時間を有効的に使うことができますよ!

低温調理のデメリット

低温調理を使うときには、デメリットも把握しておきましょう。間違った使い方をすると食中毒を引き起こす可能性もあるので、注意してくださいね。

調理に時間がかかる

じっくりと低温で加熱する低温調理は、一般的な方法よりも時間がかかる場合がほとんどです。とくに鶏肉や豚肉、牛肉、魚などのよく火を通す必要のある食材は調理時間が長い傾向にあります。 そんなときは、低温調理の合間にほかの料理を作ったり、家事をしたりして時間を有効的に使いましょう!

食中毒や腐敗を引き起こす可能性がある

低温調理はゆっくりと加熱する分、低温調理器には肉や魚などの食材に応じて適切な加熱時間が設定されています。 これは、生の食材に熱を行き渡らせる時間ではなく、しっかりと殺菌するために必要な時間。きちんと守らなければ食中毒を引き起こす可能性もあるので注意してくださいね。

低温調理器の選び方

ここからは、低温調理器の選び方を解説していきます。出力パワーや鍋の大きさ、取り付け方法をチェックしたうえで、ご自宅に使いやすい商品を選んでくださいね!

出力パワーをチェック!短時間調理なら1000wがおすすめ

低温調理器はモデルに応じて出力パワーが異なるのが特徴です。850Wと1000Wのモデルが一般的ですが、塊肉などの大きな食材を調理したい場合は、1000Wのハイパワーモデルがおすすめです。出力パワーが高いので、素早く加熱することができ、時短調理にもつながりますよ!また、鍋全体にもしっかり熱が行き渡るので、たくさんの食材を入れてもムラなく調理できるのがうれしいですね。

ただし、1000Wは調理スピードが速い分、電気代が高くなってしまうので注意が必要です。使用頻度や調理内容に応じて出力パワーを選ぶようにしましょう。

使用できる鍋のサイズや対応水量で選ぶ

使用したい鍋のサイズや対応している水量もチェックしておくのがおすすめです。ほとんどの低温調理器には上限水位と下限水位が設定されており、その水位を満たさなければ作動しないようになっています。大量の食材を調理したいときは、20Lまで対応できる商品を選んでおくと安心ですよ!

また、多くの低温調理器のモデルでは深さ20cmほどの鍋が推奨されています。深さがある鍋であればゆとりをもって調理できるので、所持していない方は購入しておいてもよいかもしれませんね。

ねじ式とクリップ式などの取り付け方法を確認

鍋に低温調理器を取り付ける方法は、主にクリップ式とねじ式の2つに分けられます。鍋のふちを挟むだけでセットできるクリップ式は、取り外しが簡単にできるので、頻繁に利用する方にぴったりです!また、クリップ式は長さや形もさまざまなので、使用する鍋と相性のよいタイプを選ぶことがポイント。凸凹や厚みのある鍋には設置しづらい場合もあるので、きちんとチェックしておいてくださいね!

一方、ねじを締めることで鍋のふちに固定するねじ式タイプは、クリップ式に比べて安定性に優れています。取り外しに時間はかかりますが、途中で外れる心配がないので調理中でも安心です。さらに、幅広い鍋の形状に対応できるため、厚めの鍋しか持っていない方にもおすすめですよ!

おすすめの低温調理器を紹介

ここからは、ネットで買えるおすすめの低温調理器をご紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね。

BONIQ 2.0

PR
低温調理器 BONIQ

商品情報

ワット数 1000 W
電圧 100 ボルト
ブランド BONIQ

こちらの商品は、日本の低温調理専門ブランドが作る低温調理機です。コンパクトなサイズ感とミニマムなデザインも魅力のひとつ!これ1台で肉や魚、野菜などさまざまな食材をグッとおいしく仕上げることができます。放っておくだけで調理ができるので、忙しい日にも活躍しますよ。

アイリスオーヤマ 電気圧力鍋

PR
アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 2.2L 1~2人用 低温調理可能 卓上鍋 予約機能付き 自動メニュー69種類 ガラス蓋付き レシピブック付き ブラック PMPC-MA2-B

商品情報

<ネット販売限定モデル>
自動メニュー69種類搭載。バラエティー豊かな食事がボタン一つでかんたんに。
なべモード時に使用するガラスふたを付属。煮込む際に火の通りを早めたり、保温したりと便利。

こちらの商品は、低温調理機能を搭載している電気圧力鍋です。69種類もの自動メニューがあり、カレーや角煮をはじめ、アクアパッツァ、すき焼き、プリンなどバラエティ豊かな料理をボタン1つで簡単に調理が可能。作る料理を選択して材料を入れ、ボタンを押すだけと操作も簡単なので、料理初心者の方や一人暮らしを始めたばかりの方にもおすすめですよ。

低温調理器を活用して絶品料理を味わおう

今回は、低温調理器のメリットやデメリットを中心に、通販で販売されているおすすめの低温調理器をご紹介しました。低温調理器は、ローストビーフやチャーシューなどの難しい料理を手軽に作りたいときにおすすめ! 本記事で解説した選び方も参考にしていただき、ぜひご自身のキッチンに合った低温調理器を購入してくださいね!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の調理家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー