この記事で紹介されている商品

【2023年】ロボット掃除機おすすめ13選!水拭き・兼用・一人暮らし・安い価格のタイプなども!人気アイテムをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

自動で部屋中を掃除してくれる「ロボット掃除機」。近年では、単に吸引機能でゴミを吸うだけでなく、最新のAI技術でとても便利な家電へと進化しています。そこでこの記事では、ロボット掃除機の機能や特徴を踏まえ、おすすめの選び方をご紹介します。使う目的や充電方法などを比較し、ご自宅にぴったりな1台を見つけてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ロボット掃除機を使うメリット・デメリット

ロボット掃除機にはメリットがたくさんあり、家事の時間短縮をしたい人はぜひ検討したい家電です。

ロボット掃除機の主なメリットを見てみましょう。

メリット
  • 自律型掃除機なので人の手を使う必要がない
  • 吸引で掃き掃除の役割をしてくれる
  • 電気代が安くなる
  • 水拭き掃除をしてくれる(※)
  • 掃除の場所や時間を予約できる(※)
  • 自動ごみ収集機能があるものはゴミ捨てを毎回しなくて済む(※)
  • 見守りカメラで部屋の中の状況がわかる(※)

    (※)機種による機能です


一方、他の掃除機と比べた時のデメリットは、掃除自体の時間がかかること。機種や掃除床面積によりますが、1〜3時間ほどかかります。長時間動いているので、出かけている間に掃除をしてもらうのがおすすめ。在宅中に使うならできるだけ音の気にならない静音の機種が良いでしょう。

掃除機の種類

「掃除機」と一言にいっても、形状で分けると4種類の掃除機があります。主なタイプは以下の通りです。

種類特徴
キャニスター型電源コードがあり本体と吸引部分がホースで繋がっている
スティック型本体と吸引部分が一直線に繋がっており、キャニスター型より軽量
ハンディ型軽くてコンパクト。片手で操作が可能
ロボット掃除機人が掃除機をかける必要がない、自立走行型の掃除機

これら4種類のうちロボット掃除機のみが自律型で、ほかの3種類は人が使用してゴミを吸い取る掃除機です。ご自宅で利用するのであれば、メインの掃除にロボット掃除機を使用し、ソファや布団などのゴミの吸い取りには、コンパクトなハンディタイプを持っておくと重宝しますよ。

ロボット掃除機の特徴と機能

それでは、ここからはロボット掃除機の特徴と機能を細かく見ていきましょう!
ロボット掃除機の特徴は、直径35cm前後のコンパクトなサイズでコードレスだということです。家中を動き回れる設計になっているため、起動するだけで簡単に掃除を叶えてくれます。

ただしコードレスのため、使うときにはその都度充電をする必要があります。掃除機本体だけでなく、充電台となるステーションも購入しなければなりません。また、ステーションには充電のみのタイプと自動ごみ収集機能がついたタイプがあり、ゴミ捨てが面倒な方には自動ごみ収集機能ステーションが人気です。
ロボット掃除機を導入する場合は、家の中でステーションを置く場所を決め、そこからロボットが出発・到着するようにしておくとよいでしょう。

そんなロボット掃除機には機能がたくさんあり、スマートフォンでのアプリ連携操作や見守りカメラ、音声対応など便利な性能を備えたタイプが数多く登場しています。

ロボット掃除機の機能は2つ!「吸引」と「拭き掃除」

ロボット掃除機のメインの機能は、ほかの掃除機同様に家の中の埃やゴミを吸い取る「吸引」機能です。また、雑巾がけのような「拭き掃除」機能もメイン機能だと言えます。基本的には吸引機能が中心となるので、吸引力や静音性、ダストボックスの容量に着目して選ぶのがおすすめです。

拭き掃除機能には、タンクに貯めた水を出しながらモップで水拭きするタイプと乾拭きタイプがあります。アタッチメントによって使えるものが異なるため、各メーカーの製品仕様を確認しておくとよいでしょう。

ロボット掃除機の形による掃除力の違いはある?

ロボット掃除機には、丸形や三角などさまざまな形状がありますが、掃除力に差はあるのでしょうか?代表的な形状と特徴は下記のとおりです。

形状特徴
丸デザイン  一般的なデザインで角がないためぶつかりにくい。隅の掃除はブラシを使って掻き出すのがおすすめ  
三角デザイン角が尖っているため、壁ぎわとコーナーの掃除が丁寧
小さいサイズ小回りが効くため、狭い部屋や机と椅子の下などに入り込んで掃除が可能

基本的に、形状だけで掃除力に大きな違いはありません。近年では、家具を傷めずに掃除できる工夫が施されたロボット掃除機もあります。家具やスリッパなどを床に置いたまま掃除できるタイプも多いため、性能に着目して選ぶことが重要です。

ロボット掃除機のナビゲーション機能

ロボット掃除機のナビゲーション機能は、カメラやレーザー、超音波などを利用して部屋の間取りを認識し、部屋の隅々まで効率的に掃除できる機能です。カメラだけでは暗い部屋で作動しにくいですが、レーザーや超音波などを使うことで部屋の明るさに関係なく認識できるようになっています。掃除してほしくないエリアを避けて掃除してもらったり、掃除したい部屋を決めて掃除してもらったりと、指示に応じて自動で動いてくれるのが魅力です。

ロボット掃除機の障害物回避機能・段差感知機能

以前までのロボット掃除機は、家具にぶつかったり毛足の長いラグを巻き込んで止まってしまったりと、多くの課題を残していました。しかし最近では、それらの課題を克服し、床に置いてある家具やおもちゃなどの障害物を避けて通れるようになったモデルが数多く登場しています。

なかには、毛足のある敷物も絡まずに掃除できるものや、床からラグの段差が高くても乗り越えられるものも。人の手がなくても十分掃除できるロボット掃除機が多いため「ロボット掃除機だけできちんと掃除できるか不安…」という方でも安心して使用できますよ。

自動ごみ収集機能

近年では、ごみ捨ての必要がない、自動ごみ収集機がセットになったモデルもあります。ごみ収集機がロボットのゴミを自動で吸い上げて溜めてくれるので、溜まったゴミを数ヶ月〜1年に1度捨てるだけで問題ありません。

どんどん増える便利な機能

ロボット掃除機には、下記のような便利機能が付いているモデルもあります。

機能内容
チャイルド/ペットロックお子様やペットがロボット掃除機にいたずらをしないようにする機能
見守りカメラ部屋の中を外出先から見れる機能
音声指示で集中清掃音声で、集中的に掃除してほしいエリアを指示できる機能
リアルタイムマップスマホからリアルタイムで掃除場所を確認できる機能

どのような機能が備わっているかは、メーカーはもちろんモデルによって異なるため、事前に商品概要を確認しておくのがおすすめです。

ロボット掃除機の選び方

基本的に、ロボット掃除機は高性能であればあるほど価格も高めです。便利な機能を求めるなら予算も多めに考えておきましょう。

また、求める機能と部屋の間取りには相性もあるため、選ぶポイントを3つに絞ってみました。

1.部屋の広さ、掃除したい箇所と家具や物の多さ

まず最初に重視したいのは、ロボット掃除機を使用する部屋についてです。掃除してもらいたい部屋があるか、あるいは掃除してほしくない部屋があるかで、適した機能を選ぶ必要があります。

また、部屋の広さも重要な要素です。あまりにも広すぎる部屋の場合は途中でエネルギー切れが起きる可能性もあるため、自動充電で戻れるロボットがおすすめですよ。

ほかにも、部屋に置いている物に応じてぴったりのロボット掃除機を選ぶとよいでしょう。たとえば、高級家具がある場合は、感知レーダーで物を避けてくれる性能を持ったタイプを選びたいところです。

2.床のタイプ

ロボット掃除機は、部屋の床に使用することになるため、使用する床のタイプを確認しておくことも大切です。フローリングや和室、光沢感のある床など、複数のタイプの床に使用したい場合は、それぞれに対応しているモデルを選ぶ必要があります。

また、カーペットやラグ、ジョイントマットなどの敷物をしている場合には注意が必要です。段差を乗り越えられる機能が付いたタイプであれば、自動で止まってしまう可能性も少なく便利に使用できますよ。なかには、床の掃除には吸引と拭き掃除、敷物の掃除には吸引のみと分けて掃除してくれるタイプもあります。

3.価格帯

とっても便利なロボット掃除機ですが、いざ購入するとなると価格帯も気になりますよね。ロボット掃除機の費用相場は非常に幅広く、最低で約2〜4万円で購入できます。ただし、低価格の商品の機能はシンプルになり、自動ごみ収集機は付いていないモデルが一般的です。自動ごみ収集機をつけたい場合は、約5〜6万円代以上で探すのがおすすめです。

約10万円前後になると、最新性能のロボット掃除機が多く揃ってきます。これほどの予算があれば、自分のニーズにぴったりな機種を見つけやすくなりますよ。

また、吸引と拭き掃除のダブル機能を持つロボット掃除機の場合は、約15万円ほどの予算が必要です。使用する目的や利用シーンをイメージし、長期的な目線で購入するようにしてくださいね。

ここからは選び方のポイントを押さえたうえで、一人暮らし向けとファミリー向けのロボット掃除機をご紹介します。

【一人暮らし向け】おすすめのロボット掃除機5選

初めてロボット掃除機を購入する場合は、最低限の機能を備えたモデルで十分な可能性があります。特に掃除したい部屋が20~35平米程度の住宅であれば、間取りもシンプルなことが多いですよね。掃除する範囲も限られるため、そこまで高機能な機種を求めなくてもよいでしょう。ここでは、コストも抑えめで、初めてでも手を出しやすいロボット掃除機をご紹介します。

PR
ルンバ i2 ロボット掃除機 アイロボット i215860

商品情報

商品の寸法:40L x 30W x 13H mm
コントローラタイプ:ボタンコントロール

自動で充電・運転再開する、言わずと知れた有名掃除機です。ゴミが多い場所を自動的に感知し、集中的に掃除してくれます。また、リアクティブセンサーテクノロジーで通れない場所を感知し、家具への引っ掛かりが減るのもポイントです。吸引やナビゲーション機能など、必要最低限の機能はすべてそろっているため、最初の1台として購入するのにおすすめですよ。

PR
パナソニック ロボット掃除機 ルーロミニ MC-RSC10-W

商品情報

本体サイズ:幅249mm×奥行249mm×高さ92mm
付属品:充電台(1個),ダストボックス お手入れブラシ(1個)

従来のルーロより40%ほど面積が小さくなった、コンパクトなロボット掃除機です。小回りが利くため、狭いすき間やソファの下などもきれいに掃除してくれます。また、三角形状となっているため、部屋の隅までブラシが入り込み、細かなゴミもしっかりかき出してくれるのがうれしいですね。

Anker Eufy RoboVac 15C

こちらのロボット掃除機は、静音性が魅力のひとつ。約55dbと電子レンジの稼働音と同程度の静かさを実現しているため、早朝や深夜など時間を気にせずに使用することができます。また、本体の厚さは約7cmと非常に薄いため、手の届きにくい場所もすっきり掃除してくれますよ。仕事や家事で忙しい方に、おすすめの1台です。

PR
アイリスオーヤマ ロボット掃除機 IC-R01-W

商品情報

商品サイズ(cm)(掃除機):幅約33.0×奥行約33.0×高さ約7.8
製品質量/掃除機:約2.8kg

毎日設定した時間に自動で掃除してくれる、予約モードを搭載したロボット掃除機です。最大の魅力は、ただ吸引掃除をするだけでなく水拭き機能を備えていること。モップをタンクに取り付け、タンクに水を入れるだけで簡単に水拭き掃除をしてくれます。キッチンなどの頑固な汚れが発生しやすい場所に使うのがおすすめです。

PR
ECOVACS(エコバックス)DEEBOT N8+ ロボット掃除機

商品情報

商品の寸法:35.3L x 35.3W x 9.3H cm

自動ゴミ収集機能を備えており、掃除からゴミ捨てまでの手間が省けるのが特徴です。フローリングや畳、カーペットに対応しているため、複数の部屋を掃除したいという方にもおすすめですよ。スマホを介して、清掃ルートの設定や進入禁止エリアの設定ができるので、利便性にも優れています。

【ファミリー向け】おすすめのロボット掃除機8選

ロボット掃除機に「全自動で任せたい」「広範囲の部屋の掃除を任せたい」というファミリー世帯には、多機能モデルの商品がおすすめです。また、お子様やペットがいるご家庭であれば「誤操作防止機能」があると便利ですよ。

毎日使うなら自動ごみ収集とマッピング機能搭載がおすすめ

自動ごみ収集や障害物回避、マッピングなどの機能が搭載されているロボット掃除機は、全体的に値段が高いですが、その分性能に優れています。1台あるだけで掃除の悩みを解決できることもあるため、予算に余裕がある方はぜひ検討してみてくださいね。

PR
ECOVACS(エコバックス) DEEBOT T10 OMNI ロボット掃除機

商品情報

商品の寸法:44L x 43W x 58H cm
同梱物:充電スタンド

最新のAI技術で全自動掃除を実現!完全に全自動で掃除してくれるため、とにかく手間を省きたいという方におすすめの1台です。基本的な機能に加えて、見守りカメラや音声アシストなどの便利な機能も盛り込まれています。また、自動ごみ収集に加えてモップ自動洗浄の機能があるのもうれしいポイントです。

PR
ルンバ j7+ ロボット掃除機

商品情報

商品の寸法:40L x 34W x 34H cm
同梱物:充電ドック

こちらのロボット掃除機は、基本的な機能に加えてチャイルド・ペットロックなどの機能を備えているのが特徴です。コードやペットの排せつ物などの障害物も認識し、自動で避けながら掃除してくれます。床拭き専用のロボット掃除機、ブラーバとの連携も可能です。

ゴミ吸引&床拭きをまとめてお願いできるロボット掃除機

通常の吸引掃除だけではなく、床の拭き掃除もお願いしたい場合は、どちらの機能も持っているタイプを選びましょう。気になる床のベタつき汚れもきれいに拭いて掃除してくれますよ。

PR
ロボロック(Roborock) S7 MaxV Ultra 全自動ロボット掃除機 S7MU52-04

商品情報

梱包サイズ:‎51 x 44 x 40 cm
同梱物:3way全自動ドック(EWFD01LRR)

自動給水と自動ごみ収集機能を備えた、お手入れが楽なロボット掃除機です。静音性もありながら、強力な水拭きに対応しています。また、水拭き中や終了時に、自動でモップの汚れを洗浄してくれるのが特徴。いつでも衛生的なモップで、床のベタベタ汚れをきれいに掃除してくれます。

PR
AIRROBO ロボット掃除機 T10+

商品情報

サイズ:‎40.9×39.7×42.6cm

250mlの電気御水拭きタンクを搭載し、吸引掃除と水拭き掃除を同時に叶えてくれます。掃除したい部屋に合わせて、水拭きレベルや吸引力を調節できるため、傷つけたくない家具がある場合にも便利ですね。また、アプリを使えば、ロボットが既定のエリアに侵入することを制限できます。境界線テープを引く必要がないため、手軽に掃除できるのが魅力です。

Roomba Combo

掃除機がけと拭き掃除が1台で完了する、ハイスペックモデルです。水拭き機能はありますが、モップパッドを本体天面まで持ち上げるため、カーペットを濡らす心配はありません。チャイルド・ペットロック機能も搭載しているため、小さなお子様やペットがいるご家庭でも安心して使用できますよ。

片付いている部屋ならリーズナブルなロボット掃除機を活用

普段から部屋の片づけに気を配っており、3〜4部屋の掃除をする場合は、リーズナブルなモデルでも対応できます。

PR
パナソニック ロボット掃除機 RULO(ルーロ) MC-RS310

商品情報

商品の寸法:33L x 31W x 9.2H cm

部屋の隅もきれいに掃除できるルーローの三角形状で、ゴミの多い隙間や壁ぎわを重点的に掃除してくれます。また、目に見えないハウスダストまで検知するクリーンセンサーを搭載しており、ゴミの量に応じて動作を制御するのがポイントです。きれいになるまで同じ場所を往復し、しっかり掃除してくれるため、コスパのよさと機能性に優れた1台と言えるでしょう。

床拭きのみのロボット掃除機を使いたい

床拭き掃除を中心にしたいときは、その機能に特化したモデルが重宝します。自動給水やモップ洗浄機能を備えていれば、さらに手軽に使用できますよ。

PR
パナソニック ローラン Rollan 床拭きロボット掃除機 MC-RM1

商品情報

商品の寸法:24.3L x 24W x 8H cm
同梱物:充電アダプター(1個),モップ(1個),シート専用パッド(1個)

走行中に約5分半おきに面を替える「回転式ローラー」を採用し、いつでもきれいな面で拭き掃除をしてくれるのが魅力。飲みこぼしなどの液体汚れや床のべたつき汚れを落とす効果が期待できます。特に汚れが気になる箇所は、スポットモード機能で決まった場所を複数回拭き掃除できるため、自動でピカピカの部屋に生まれ変わりますよ。

PR
ブラーバジェット m6 床拭きロボット m613860

商品情報

サイズ:奥行き25.2 x 幅27.0 x 高さ9.0(cm)

フローリングだけでなく、タイルや石材など、 さまざまなタイプの床に使用できるロボット掃除機です。部屋の環境を学習し、より効率的に掃除ルートを決めていきます。2つの清掃モードを搭載しており、ウェットモードではキッチンの油汚れを浮かせてきれいに落とせますよ。話しかけるだけでピンポイントで拭き掃除できるため、手を汚すことなく簡単に掃除することが可能です。

ロボット掃除機でお部屋を快適空間に!

日頃の掃除を怠ってしまうと、ついつい汚れが溜まってしまうもの。そんなときにロボット掃除機があれば、自動で部屋中をきれいに掃除してくれますよ。ぜひご紹介した内容を参考にしていただき、ロボット掃除機を上手に生活に取り入れ、快適な空間をキープしてみてくださいね。

※製品画像はAmazon/楽天より

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー