この記事で紹介されている商品

【2024年】ホットサンドメーカーのおすすめ15選!直火派?電気派?選び方や用途、サイズ別に詳しく解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

キャンプなどのアウトドアをはじめ、おうちでの朝食やおやつにも活躍する「ホットサンドメーカー」。最近はシングルタイプやダブルタイプのほか、食パン1枚で作れるハーフサイズのものも多く販売されています。今回は、そんなホットサンドメーカーの種類や選び方に加え、おすすめの商品をご紹介!ぜひ最後までご覧くださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

【直火 or 電気】加熱方法の違いと特徴をチェック

ホットサンドメーカーは、使用する熱源によって「直火タイプ」と「電気タイプ」の2種類に分かれます。まずは2つのタイプの特徴をそれぞれ見ていきましょう!

こんがり焼けてお手入れラクラク!直火タイプ

焚き火や卓上コンロ、ガスなどの火で、直接プレートを加熱しホットサンドを作るタイプです。電源を必要としないので、キャンプなどのアウトドアシーンで活用したい人におすすめです。

直火タイプのメリットは、火があればどこでもホットサンドを作れることに加え、直火ならではの高火力で耳までこんがりと焼きあがること。丸洗いできるものが多いので、お手入れが簡単なのも魅力です。

一方デメリットは、焦げたり焼きムラができる可能性があることです。焼き加減を確認しながら焼く必要があるため、調理中は目が離せません。また、IHのコンロには対応していないものもあるので、選ぶときにチェックしておきましょう!

ほったらかし調理が叶う!電気タイプ

電気を熱源とし、簡単なボタン操作だけでホットサンドが作れるタイプ。火加減の調整が不要なので、“ほったらかし調理”が可能で、お子様と一緒に調理をしたい場合にもおすすめです

さらに、電気タイプのホットサンドメーカーは、ホットサンド以外の調理ができるものも多いのが特徴。朝ごはんのバリエーションを増やしたい方にはぴったりです!

電気タイプを選ぶ上で知っておきたいポイントは、丸洗いできないものが多いということ。直火タイプよりも重量があり使えるシーンが限られるため、おうち以外でも使いたい場合にはあまり向いていません。

ホットサンドメーカーの選び方

直火タイプか電気タイプが決まったら、各ホットサンドメーカーの機能に注目しましょう。ここでは、チェックしたい4つのポイントをご紹介します。

一度に調理できる枚数

基本的には2枚の食パンで具材を挟む「シングルタイプ」が主流ですが、中にはプレートの間に仕切りがついていて、半分サイズのホットサンドを作れる「ダブルタイプ」もあります。

シングルタイプは具材をたくさんサンドできるので、ボリューム感を重視する人におすすめ。切った時の断面もきれいなので「断面萌え」のホットサンドが作れるでしょう。一方、ダブルタイプは、仕切りを活用すれば、一度で具材の異なる2種のホットサンドを作ることが可能です。サイズも半分なので、友達や家族とシェアしたい時や、おやつにも向いていますよ。

ちなみに、直火タイプではスタンダードなシングルタイプが多いですが、電気タイプではダブルタイプの製品も豊富。そのほか、食パン1枚で1つのホットサンドが作れるハーフサイズのホットサンドメーカーもあるので、人数や使うシーンを想像して選んでみてください。

本体の重量

本体の重量もチェックしてみましょう。直火タイプの場合、電源を必要としない分シンプルな構造のものが多く、持ち運びに便利な重さ。キャンプや登山に持っていきたい人には特におすすめです。

一方、電気タイプは直火タイプに比べて、本体がずっしりとした製品が多くなっています。基本的には置いて使うので、おうちごはんやホームパーティーなら気にならない重量ですが、持ち運びの多いアウトドアには不向きかもしれません。 どんなシーンでホットサンドメーカー使うのか、想像しながら選んでみてくださいね。

ホットサンド以外の調理にも使えるか

製品の中には、ワッフルや鯛焼きプレートがセットや別売りされているものもあります。ホットサンド以外の調理も楽しめると、より料理の幅が広がるでしょう。

そのほか、プレートが取り外せる製品だと、片面だけでも使用することができます。肉や野菜のグリル調理ができるので、荷物を増やしたくないアウトドアシーンにぴったりです。

デザインもチェック

ホットサンドメーカーのデザインも気になるところ。直火タイプは、シンプルな形状のものが多いですが、ロゴやキャラクターなどの焼き目がつく製品もあります。また、直火で使用するため、使うたびに道具しての味わいが増すのもポイント。飽きのこないデザインを探してみましょう。

一方の電気タイプは、レトロなものからスタイリッシュなものまでデザインの種類が豊富です。キッチンに出したままにしていても馴染むように、あらかじめ自宅のインテリアに合わせてチョイスするのもいいですね。カラー展開も多いので、お気に入りのものを選んでみてください。

【直火式】おすすめのホットサンドメーカー8選

まずは、直火タイプでおすすめのホットサンドメーカーをご紹介します。シンプルなデザインのものが多いので、ボリューム感のある具材を挟み込めるなど、機能性重視で選ぶのも良いでしょう。

PR
コールマン ホットサンドイッチクッカー

商品情報

特徴 フッ素樹脂コーティング
色 Rose Gold,Beige
材質 アルミニウム
ブランド コールマン(Coleman)

ホットサンドにロゴのランタンマークが刻印できる、直火式のホットサンドメーカー。内部はノンスティック加工で食材がこびり付きにくく、お手入れが楽々!ハンドルは取り外しが可能なのでコンパクトに収納できます。付属の収納ケースに入れれば持ち運びしやすく、アウトドアにも活躍すること間違いなしです。

PR
ヨシカワ ホットサンドメーカー SJ2408

商品情報

・サイズ:全幅/35cm、外径/15cm、全高/3.2cm
・対応熱源:ガス火専用 (IHにはご使用いただけません)
・本体の材質:アルミ製、フッ素樹脂加工

シングルタイプのガス火専用ホットサンドメーカー。こんがりと斜めの焼き目がついて、おいしそうに仕上がります。食パンがそのまますっぽりと入るサイズで、作りやすいのもうれしいポイント!フッ素樹脂加工が施されているので、汚れがこびりつきにくくお手入れがラクラクですよ。

PR
アイリスオーヤマ 具だくさんホットサンドメーカー

商品情報

熱源:直火(ガス火)対応
商品サイズ(cm):幅約15.8×奥行約39×高さ約4.9
表面加工:[内側、外側]ふっ素樹脂塗膜加工
材質:[本体]アルミニウム合金[底部]ステンレス[取っ手]フェノール樹脂(耐熱温度150℃)

ボリュームたっぷりのホットサンドを作りたい!そんな時に活躍してくれるのがこちらの商品です。特殊形状の蝶番で上から具材をしっかり押さえるので、具だくさんでもはみ出しにくい構造。カレーやグラタンなどのこぼれやすいものも、安心してサンドできるでしょう。鉄板は深さが4cmもあるので、クロワッサンやメロンパンなどを使ったアレンジメニューも楽しめますよ。

PR
和平フレイズ “よくばりサイズ" ワイドになった ホットサンドパン

商品情報

ブランド 和平フレイズ(Wahei freiz)
材質 アルミニウム
特徴 蓋付き
色 ブラック

厚みのある食パンや具沢山のサンドイッチはもちろん、餃子やステーキなども調理できるよくばりサイズのホットサンドメーカー。ひとつでいろいろな料理が作れるのでソロキャンプにもおすすめです。両面しっかりと焼けるのでムラなく綺麗に焼き上がりますよ。

PR
CHUMS ダブル ホットサンドウィッチ CH62-1180

商品情報

表面にはブービー、裏面にはチャムスロゴの焼き目が付けられ、大人も子供もみんなが笑顔になっちゃうホットサンドが一度で2つ作れちゃいます。

チャムスのキャラクターとロゴの焼き目が付けられる、ダブルタイプのホットサンドメーカーです。プレートの内側は汚れがつきにくいフッ素樹脂加工が施されていて、各プレートは取り外し可能なのでお手入れがラクラク!焼き目を活かして、オリジナルのパンケーキや焼きおにぎりなども作れるでしょう。焼き上がったホットサンドは半分に切っても中身が出にくいので、とくにお子様がいるご家庭におすすめです!

PR
LOGOS ホットサンドパン

商品情報

ホットサンドやミニケーキが作れます。食パンのミミもそのまま調理できるワイドサイズ。着脱可能ハンドルでコンパクト収納。

こちらの商品もホットサンドにブランド名を刻印できる、直火式のホットサンドメーカー。ワイドサイズなので、耳付きの食パンもはみ出さずに挟むことが可能。ハンドルは取り外し可能でコンパクトに収納できます。

PR
ハック Montagna 1枚専用グリル&ホットパン HAC3113

商品情報

●ハーフサイズなので1枚の食パンでホットサンドが作れます!
●ソロキャンプや女性やお子様にオススメです♪
●フッ素プレートで焦げ付きにくい

食パン1枚でハーフサイズのホットサンドが作れる、直火式のホットサンドメーカーです。フッ素樹脂加工プレートで汚れがつきにくく、2枚のプレートは取り外しが可能なのでお手入れが簡単!コンパクトなサイズ感でかさばりにくいのでソロキャンプなどにもおすすめです。

PR
アイリスプラザ ホットサンドメーカー

商品情報

・ダブルタイプなので2枚同時に焼くことができて便利
・ミニフライパンとして、2品同時に作ることもできる
・フッ素樹脂加工でこびりつきにくく、お手入れも簡単

一度に2つのホットサンドを作れる、ダブルタイプのホットサンドメーカー。ミニフライパンとしても使うことができるので、ひとつあると便利なアイテムです。フッ素樹脂加工が施されておりお手入れも簡単ですよ。自宅でもキャンプでも大活躍間違いなしの商品といえるでしょう。

【電気式】人気のホットサンドメーカー7選

続いては、電気タイプのホットサンドメーカーをご紹介します。デザインやカラーのバリエーションが幅広いので、お気に入りの1台を見つけてくださいね。

PR
VWH-50-I(アイボリー) ワッフル&ホットサンドベーカー 2種類のプレート900W

商品情報

おうちで気軽に本格的なカフェメニューが愉しめるワッフル&ホットサンドベーカー。外はサクッ、中はふわっとした本格的な味がご家庭で簡単に愉しめると人気の「Vitantonioワッフル&ホットサンドベーカー」。

ホットサンドが作れる「マルチサンドプレート」に加え、「ワッフルプレート」もセットになった商品。マルチサンドプレートには仕切りがないので、山形トーストやパニーニなどもサンドしやすいうえ、グリル風の焼き目が付くので見た目も楽しめます。 付属のワッフルプレートを使えば、本格的なベルギーワッフルを自宅で作ることもできますよ。

PR
BRUNO グリルサンドメーカー シングル ホットサンドメーカーブルーノ BOE083-GRG

商品情報

朝も昼も晩も、とことん愉しめるグリルサンドメーカー。ギュッと挟んで焼くだけで、ホットサンドが手早く完成します。
プレートは取り外し式でお手入れも簡単。ヨーロッパの焼き菓子をモチーフにした焼き目が食卓を華やかに彩ります。

レトロでかわいいデザインと、遊び心ある焼き目が特徴のグリルサンドメーカーです。食パンを耳ごとのせられる大きめサイズのプレートに、1分単位で細かく設定できる便利なダイヤル式タイマー機能付き。 グリル野菜やおやきなどアレンジ料理もできるので、1台あるとマルチに使えて便利ですよ。ヨーロッパの焼き菓子風の焼き目を作りたい人におすすめです!

PR
【Toffy/トフィー】 ホットサンドメーカー 2枚焼き ミミまで焼ける 約5~6分 K-HS1-PA

商品情報

◆食パンのミミを切らずに、食材をはさむだけ! ミミまでカリッと焼ける、ファミリーにも最適な2枚焼きホットサンドメーカー。
※プレートは取り外しできません。

食材をセットし挟むだけなので、調理時間が短縮でき、忙しい朝にもぴったりな商品。本体の過熱を防ぐ「サーモスタット」機能が搭載されているなど、安全面での配慮もうれしいポイントです。 10のレシピが収録された「簡単レシピブック」が付属されるので、ホットサンドのバリエーションを増やすことができますよ。レトロ感がかわいい親しみのあるデザインは、プレゼントにもおすすめです。

PR
レコルト プレスサンドメーカー プラッド ホットサンド マットレッド RPS-2(R)

商品情報

見た目もおいしい、食欲をそそる断面がたまらない。[プラッド]は具材がたっぷりはさめるから、さらにボリューミーでカラフルなホットサンドが作れます。

熱伝導にすぐれた固定式プレートにより、約2分半でホットサンドが完成します。仕上がりは、耳までカリッと中はしっとりの焼き上がり。キルト模様の焼き目もキュートで、見た目にもおいしいホットサンドが作れます。 トーストや焼き小籠包風などアレンジメニューが豊富に楽しめる点もポイント。豪華な80ページ50レシピの「スペシャルレシピBOOK」付きです。

PR
山善 耳付きで焼ける ホットサンドメーカー YSB-S420

商品情報

●はさんで焼くだけの簡単調理で時間がない朝にもおすすめ
●具がたくさん挟める深めアーチ構造でチキンサンドやカツサンドも焼ける

アーチ状のプレートが特徴的なホットサンドメーカー。パンで具材を包み込むように焼くので、具沢山のホットサンドもきれいに作ることができます。耳までしっかり焼けてサクサクに仕上がりますよ!マットなデザインもおしゃれなので、スタイリッシュな商品を探している人にピッタリです。

PR
アイリスオーヤマ ホットサンドメーカー IMS-902-W

商品情報

●商品サイズ(cm):幅約25.6×奥行約24.5×高さ約9.7(閉じた状態・電源コード含まず)
●製品質量:約2.3kg(ホットサンドプレート取り付け時)
●電源:ac100v(50/60hz)

こちらのホットサンドメーカーは、ホットサンド用とワッフル用の2枚のプレートがセットになっています。タイマーをセットして待つだけなので、焦げる心配なくきれいに焼き上げ可能。別売りプレートを購入すればグリル野菜など、幅広い楽しみ方ができますよ。

PR
Toffy ハーフホットサンドメーカー K-HS3-PA

商品情報

ちょっぴりレトロで親しみのあるデザインが魅力。 シンプルで扱いやすいスペックと、ダスティカラーが人気のクラシックラインです。

1枚の食パンでハーフホットサンドが作れる電気式のホットサンドメーカー。2枚で作ると食べきれないという方におすすめです。コンパクトなサイズ感で、立てて収納できるのもうれしいポイント!見た目もレトロでかわいらしく、デザインにこだわる方にもピッタリですよ。

ホットサンドメーカーの活用法

ホットサンドメーカーがあれば、いろいろなシーンで活躍すること間違いなし!ここでは、主な活用シーンをご紹介します。

キャンプの朝ごはん

ホットサンドがキャンプの定番朝ごはん、というキャンパーも多いはず。直火タイプなら、焚き火やカセットコンロでささっと調理ができるため、撤収準備に忙しい朝の時間にぴったりです。また、片側をフライパンのように使うこともできるタイプは、荷物を減らしたい登山シーンでも活躍してくれますよ。

子どもと一緒にクッキング

電気タイプのホットサンドなら、火を使わないので具材をサンドするところから焼き上がりまで、子どもと一緒に楽しめます。中の具材を手でちぎれるレタスやハムなどにすると、子ども一人で作ることができ、料理をやりたがる子どもも満足してくれますよ。火加減の調整なども不要なので、見た目にもおいしそうな焼き上がりにきっと喜んでくれるでしょう。

ホットサンドでホームパーティー

具材を変えるだけで、いろいろな味が楽しめるのもホットサンドの魅力。具材とパンだけをそろえてセルフ式のホットサンドパーティーを開催するのもおすすめです。相手にぴったりなサンドをイメージして作ったり、自分だけの「推しサンド」を作ったりして、共有するのも盛り上がるでしょう。

気になるAmazonでのランキングをチェック!

ここまではホットサンドメーカーの種類や選び方、おすすめ商品をご紹介しました。さらにホットサンドメーカーを探したい方は、Amazonで売れ筋商品をチェックしてみてくださいね。

お気に入りのホットサンドメーカーを見つけよう!

1台あるだけで、キャンプ飯やおうちごはんなど、さまざまなシーンで活躍してくれるホットサンドメーカー。今回紹介した選び方を参考に、具体的な活用シーンをイメージしながら選ぶことでマルチに使える1台と出合えるはずです。ぜひ、お気に入りの1台を見つけてくださいね。

こちらもチェック!
ホットサンドメーカーのおすすめの選び方!直火・電気の機能も紹介

食パンに好きな具材を挟んで焼くだけ、という手軽さが魅力のホットサンドメーカー。アレンジレシピも多いので、朝食やキャンプでのごはん作りにも人気ですよね。この記事では、直火式や電気式、焼ける枚数などの特長を解説しながら、目的に合わせた選び方とおすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

こちらもチェック!
IH対応ホットサンドメーカーのおすすめ8選!直火と両方使えるタイプやかわいいデザインのものまで人気のアイテムをご紹介

ホットサンドメーカーがあると、お好みの具材をはさんだホットサンドが自宅で手軽に作れて便利ですよね。なかでも今回は「IH対応のホットサンドメーカー」について解説します。耳まで焼けるタイプや取っ手が取れるタイプ、かわいいデザインのものまで、さまざまな商品もピックアップしました。参考にしてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の調理家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー