この記事で紹介されている商品
【2024年】シャープの冷蔵庫のおすすめ10選!特徴や選び方も解説

【2024年】シャープの冷蔵庫のおすすめ10選!特徴や選び方も解説

デザインや使い勝手にこだわり、独自機能も多い「シャープの冷蔵庫」。よくある片開きや観音開きに加え、左右どちらでも開けられる両開きの「どっちでもドア」もシャープだけの機能です。本記事ではシリーズごとの特徴やサイズの選び方、一人暮らしからファミリー向けまでおすすめの商品もご紹介していますよ。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

シャープの冷蔵庫にはどんな特徴がある?

シャープの冷蔵庫といえば、空気清浄機でも有名な「プラズマクラスター」や、左右どちらにでも開く「どっちでもドア」などが特徴的です。どちらもシャープ独自の技術で、食品の衛生管理や使いやすさの向上が期待できます。

また、まとめ買いや作り置きが多いご家庭にぴったりの大容量冷凍室「メガフリーザー」もシャープならではの機能です。他にもシャープのキッチン家電と接続できるスマートホーム機能がついたものや、AIが食事の用意をアシストしてくれるものもありますよ。

シャープの冷蔵庫の選び方

シャープの冷蔵庫を選ぶ際には、容量やサイズといった基本的なポイント以外にも、ライフスタイルに合った機能がついているかどうかもチェックしてみてください。シリーズごとに容量もある程度決まってくるので、まずはシリーズの解説から読んでみるのをおすすめしますよ。

1.シリーズの特徴から合ったものを選ぶ

シャープの冷蔵庫の型番は「SJ-〇〇50K」というような形式で、〇〇の部分がシリーズ名となっています。シリーズごとに搭載されている機能や容量、デザインなどが異なるので、それぞれの特徴をチェックしてご家庭に合うものを選びましょう。

AK・PD・D・GD・Hシリーズ

これらのシリーズは容量が300L以下で2ドアタイプの小型なので、一人暮らしの方にぴったりです。冷蔵庫の容量は「(70L×人数)+120〜170L(常備食材)+予備100L」が目安とされており、一人暮らしだと290〜340Lになります。

これらのシリーズには、小型ながらも125Lの大容量冷凍室「メガフリーザー」が搭載されているので、普段あまり料理しないけれどまとめて冷凍保存する方が多いという場合にもおすすめです。

X・G・GWシリーズ

X・G・GWシリーズは350〜500L程度のスタンダードサイズで、AIが搭載されていないため、スマートホーム機能が不要で従来通り冷蔵庫として使えればよいというご家庭に向いています。

またドアのタイプについて、GとGWは「どっちもドア」ですが、Xシリーズの502Lモデルはフレンチドアとなっており、半ドア状態になるとドアが自動で閉まるオートクローズ機能が搭載されていることも特徴です。

AF・AW・MF・MWシリーズ

AF・AW・MF・MWシリーズは、シャープのスマート家電とスマートフォンを接続してスマートホーム化できるアプリ「COCORO HOME」に対応しているハイスペックモデルです。COCORO HOMEではよく行くお店やいつも買う食品を登録すると特売情報をお知らせしてくれます。

また作り置きや時短など食生活にあわせたレシピを提案してくれる「COCORO KITCHEN」とも連携可能です。大容量モデルでもあるため、まとめ買いをよくするご家庭や料理好きな方にも向いていますよ。

なおGK・MK・MWシリーズはデザインにもこだわっており、GKは高級感のあるガラスドア、MKとMWは上質な雰囲気が漂うメタルドアを採用。また比較的新しいモデルでは食材の使い忘れを教えてくれる「使い切りレコメンド」機能にも対応していますよ。

2.置く場所に合ったドアの開き方で選ぶ

シャープの冷蔵庫のドアの開き方には、片開き・観音開き(フレンチドア)・両開き(どっちもドア)の3種類があります。冷蔵庫の置き場所やキッチンのレイアウトにあわせて選ぶのがおすすめですよ。

片開き(右開き・左開き)

片開きはドア1枚が大きく、開ける際に広めのスペースが必要ですが、その分ドアポケットにたっぷり収納できるというメリットがあります。また横幅がスリムな冷蔵庫も多いので、コンパクトなものを探している方にもおすすめです。大きめの鍋や食材を取り出す際も片手で開け閉めできますよ。

なお右開きの冷蔵庫が主流ではありますが、キッチン周りのレイアウトや利き手にあわせて、使いやすいほうを選んでくださいね。

観音開き(フレンチドア)

観音開きタイプはフレンチドアとも呼ばれ、真ん中から左右に開けられるようになっています。1枚のドアの幅が狭いので、冷蔵庫前にあまりスペースが取れないご家庭におすすめです。

ただし観音開きタイプは大型の冷蔵庫に採用されていることが多いため、そもそも冷蔵庫の設置スペースを広く取れない場所にはあまり向いていないといえます。

ドアを片方しか開けない場合は冷気を逃しにくく、省エネになることが観音開きタイプのメリットといえます。ただし、大きめの鍋や食材を取り出すときには両方のドアを開けなければならないので、収納するもののサイズも考慮して選ぶ必要があります。

両開き(どっちもドア)

両開きのドアは、シャープの冷蔵庫では「どっちもドア」と呼ばれ、大きな1枚のドアが左右どちらからでも開けられるタイプです。ドアポケットにたっぷり収納できるうえ、キッチンのレイアウトを気にせず好きな場所に設置できます。

引越しなどで部屋のレイアウトが変わり、ドアを開ける向きが変わっても使い続けられるので、転勤や引越しが多い方にもおすすめですよ。ただしどっちもドアはシャープ独自の技術であり、一般的に両開きというと観音開きを指す場合が少なくありません。店頭で商品を見たい場合、店員さんには「シャープのどっちもドア」と伝えると勘違いされにくいでしょう。

3.使用人数に合う容量で選ぶ

冷蔵庫の容量の目安は、一般社団法人日本電機工業会が公表している次の計算式を参考にしてみてください。

(70L×人数)+120〜170L(常備食材)+予備100L

ただし自炊をするかどうかや、何を保存するかによっても必要容量は異なるため、以下の容量も参考にしながら選んでみてくださいね。

一人暮らし:100~200Lクラス

一人暮らしなら300L以下の小型タイプがおすすめです。自炊するかしないかによっても適した容量は異なり、普段外食や、お弁当を買って食べることが多い方なら100L前後でも足りるでしょう。週末だけ自炊をする方など、時々食料を買い込むことがあるなら120L以上、自炊がメインの方なら200L前後が使いやすいですよ。

2~3人:300~400Lクラス

2人なら360〜410L、3人なら430〜480Lが目安と計算できるので、300〜400L台が目安といえます。300L以上のモデルは3ドアで、野菜室や開閉センサーなどが搭載されたものが多かったり、400L以上だと製氷室つきなどさらに収納スペースや機能がついたりするので、料理好きの方にもうってつけですよ。

ファミリー:500Lクラス以上

4人以上のご家庭には、500L以上の大容量モデルがおすすめです。なお3人家族でも、設置スペースや予算に余裕がある場合は500L前後を選んでみてください。冷蔵庫は大きいほど機能が充実しており、収納する食品が少ない場合も冷却効率がよくなるため省エネです。

500L以上のモデルには湿度センサーなどがついていて食材をより新鮮な状態で保管できたり、観音開きのドアが増えたりといった特徴がありますよ。

4.設置スペースに合う大きさで選ぶ

必要な冷蔵庫の容量がわかったら、設置したいスペースに合うサイズを選びましょう。容量ごとにおおまかなサイズの目安はあるものの、背が低いタイプやスリムタイプなど商品によって差があるため、必ずカタログでサイズを確認してください。

なお冷蔵庫の場合は本体のサイズだけでなく、周囲に放熱スペースを設けることも必要です。必要な放熱スペースもカタログに記載されているのでしっかりチェックしておきましょう。またドアを開けたときのサイズ感も考慮して選んでくださいね。

5.省エネ性能をチェック

冷蔵庫は24時間ずっと電力を消費するものなので、できる限り消費電力量が少ないものを選びましょう。冷蔵庫の省エネ性能は新しいモデルであるほどよくなっているので、できる限り最新モデルから選ぶのもおすすめです。

シャープの冷蔵庫には「節電25」というモードが搭載されているものがあり、冷蔵庫の使用状況を自動で分析して、生活パターンにあわせた省エネ運転をしてくれますよ。通常運転と比べると最大で約25%節電できるので、節電したい方は省エネ25に対応しているかどうかチェックしてみてください。

6.「3ドア」以上は真ん中が何室かで選ぶ

しゃがまなくても開けやすい真ん中のドアには、よく使う収納室があると便利です。例えばキャベツや大根など重くて大きい野菜をよく出し入れするなら真ん中に野菜室があるもの、冷凍食品や作り置きの出し入れをよくするなら冷凍室が真ん中にあるものを選びましょう。

一般的に冷凍食品よりも野菜のほうが重いものが多いので、自炊をすることが多いなど野菜をよく購入する方には、真ん中に野菜室があるモデルがおすすめですよ。

7.シャープ独自の機能をチェック

シャープの冷蔵庫特有の機能といえば、代表的なのが「プラズマクラスター」と「メガフリーザー」です。食品を衛生的に保管したい方はプラズマクラスター、冷凍食品をたっぷり収納したい方はメガフリーザー搭載のモデルを選んでみてください。

プラズマクラスター

プラズマクラスターは空気中のカビ菌や細菌などのはたらきを抑制するシャープ独自の技術で、空気清浄機の機能として有名ですが、冷蔵庫にも搭載されています。食品を衛生的に保管でき、長期間鮮度をキープすることが可能です。

さらにプラズマクラスターを活用した「プラズマクラスター雪下シャキット野菜室」が搭載されたモデルもあり、野菜を乾燥させる風を極力抑えて、低温かつ衛生的な空気の中で野菜を保存することで、長期間みずみずしい状態をキープできます。

メガフリーザー

「メガフリーザー」搭載の冷蔵庫は冷凍室が大きいため、まとめ買いや作り置きが多いご家庭にぴったりです。メガフリーザーがどれほど大きいかというと、買い物かご2.5個分の容量があります。

庫内が広いだけでは食品がごちゃつきがちですが、段ごとに収納する食品のカテゴリを分けたり、仕切りやフレキシブルトレーがついていて整理整頓しやすかったりと使いやすいのも魅力です。仕切りやトレーなどの付属品はシリーズによって異なるのでチェックしてみてくださいね。

シャープの冷蔵庫のおすすめ10選

ここからはシャープの冷蔵庫のおすすめモデルをご紹介します。一人暮らし向けからファミリー向けまでさまざまなサイズをピックアップしており、機能もシンプルなものから多機能なものまでご紹介するので、気になる商品があればぜひチェックしてみてください。

シャープ 冷蔵庫 152L SJ-D15J-H

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(172件)

>

商品情報

【サイズ】幅495×奥行598×高さ1203mm
【容量】152L(冷蔵室94L・冷凍室58L)
【重量】41kg
【ドアタイプ】つけかえどっちもドア

ドアが左右どちらからでも開閉できる、つけかえどっちもドアを採用しています。58Lの大容量冷凍室を搭載しており、霜取りも必要ありません。冷蔵庫のトップは耐熱性があるので、電子レンジやオーブンレンジを乗せて使えます。静音化設計でワンルームにもぴったりですよ。

背が低めの設計になっており、上部に収納した食材もラクに出し入れできます。プラズマクラスターやシャキット野菜室、メガフリーザーなどを搭載した、使い勝手のよいモデルです。低温新鮮モードなら野菜や魚などを長期間おいしい状態で保存できますよ。

シャープ 冷蔵庫 SJ-G417J-W

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(101件)

>

商品情報

【サイズ】幅60×奥行698×高さ1820mm
【容量】412L(冷蔵室215L・冷凍室合計121L・冷凍室(下)79L・冷凍室(上)22L・製氷室20L・野菜室 76L)
【重量】92kg
【ドアタイプ】どっちもドア

左右どちらからでもドアが開けられる、どっちもドアタイプです。冷蔵庫の開閉状況を学習し、生活リズムにあわせたタイミングでプラズマクラスターの集中シャワーモードに切り替えてくれます。素早く冷凍できるおいそぎ冷凍やシャキット野菜室も搭載しており、料理が好きな方やおいしさ重視の方におすすめです。

専用アプリで暮らしをサポート
シャープ 冷蔵庫 SJ-GK50J-T

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(69件)

>

商品情報

【サイズ】幅650×奥行684×高さ1838mm
【容量】504L(冷蔵室・265L・冷凍室合計150L・冷凍室(下)98L・野菜室89L)
【重量】105kg
【ドアタイプ】フレンチドア

真ん中が雪下シャキット野菜室になっており、野菜くずをまとめて捨てやすいお手入れトレーがついています。さらにメガフリーザーも搭載しているので、自炊メインのご家族にぴったりです。専用スマホアプリ「COCORO HOME」と連携でき、特売情報のお知らせを得ることもできますし、献立の相談もできますよ。

シャープ 冷蔵庫 SJ-W359K-N

商品情報

【サイズ】幅600×高さ1690×奥行665mm
【容量】350L(冷蔵室183L・冷凍室99L・野菜室68L)
【重量】68kg
【ドアタイプ】どっちもドア

節電モードを搭載しており、電気代を最大約57%カットできます。背が低めの設計になっているため重い食材も取り出しやすいですよ。野菜も冷凍食品もたっぷり収納できて、ナノ低温脱臭触媒が冷蔵庫内の雑菌やカビ、気になるニオイも予防してくれます。

シャープ 冷蔵庫 SJ-MF50K-H

商品情報

【サイズ】幅650mm×奥行684mm×高さ1838mm
【容量】504L(冷蔵室265L・野菜室89L・冷凍室(上)30L・冷凍室(下)98L・アイスルーム22L)
【重量】95kg
【ドアタイプ】ピラーレスフレンチドア

奥行きが薄くてインテリアになじみやすい、スタイリッシュな大容量モデルです。節電25に対応しており、生活パターンにあわせて賢く省エネ運転してくれます。真ん中ドアは野菜室で、チルド室が温度別2段になっており、生鮮食品を保存しやすいため自炊をよくする方におすすめです。

シャープ 冷蔵庫 SJ-D18K-W

商品情報

【サイズ】幅495×高さ1353×奥行598mm
【容量】179L(冷蔵室121L・冷凍室58L・野菜室容量17L)
【重量】45kg
【ドアタイプ】つけかえどっちもドア

ドアの開閉の向きが自由につけかえられる、どっちもドアモデルです。霜取りの必要がない58Lのメガフリーザーを搭載しており、冷凍食品のまとめ買いや作り置きが多い方にぴったり。冷蔵庫内を衛生的に保つ、パッキンの汚れガードやナノ低温脱臭触媒なども採用されています。

シャープ 冷蔵庫 SJ-BD23M-W

商品情報

【サイズ】幅544×高さ1665×奥行627mm
【容量】230L(冷蔵室143L・冷凍室87L・野菜室18L)
【重量】51kg
【ドアタイプ】右開き

プラズマクラスター搭載の右開きタイプです。87Lのメガフリーザーを搭載しており、引き出し式の3段クリアボックスで整理収納できるので、まとめ買いが多い方も使いやすいでしょう。フレッシュ野菜ケースにはたっぷりと野菜や果物が収納できますよ。

シャープ 冷蔵庫 SJ-GD15K-B

商品情報

【サイズ】幅495×高さ1203×奥行598mm
【容量】152L(冷蔵室94L・冷凍室58L)
【重量】44kg
【ドアタイプ】つけかえどっちもドア

傷がつきにくい強化ガラスを使用した、高品質なドアを採用しており、スタイリッシュなデザインが魅力的です。58Lの大容量冷凍室を搭載しています。野菜室はありませんが、冷蔵室のフリーケースには野菜やお惣菜などが収納できるので、食生活にあわせて使いやすいですよ。

シャープ 冷蔵庫 SJ-PW37K-W

商品情報

【サイズ】幅600×高さ1750×奥行650mm
【容量】374L(冷蔵室207L・冷凍室97L・野菜室70L)
【重量】73kg
【ドアタイプ】

真ん中にあるシャキット野菜室や低温新鮮モード、おいそぎ冷凍などが搭載されているので、食材の新鮮さやおいしさにこだわりたい方におすすめです。97Lのメガフリーザーには3段とケースが採用されており、食材別に整理整頓しやすいでしょう。お手入れの際は棚がすべて取り外し可能ですよ。

ライフスタイルに合ったシャープの冷蔵庫を選ぼう

シャープの冷蔵庫はおしゃれで使い勝手がよく、食品をおいしく保存するための工夫がたくさん詰まっています。ぜひ本記事でご紹介した選び方やおすすめモデルを参考にして、ライフスタイルに合った冷蔵庫を選んでみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他の調理家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー