この記事で紹介されている商品
缶コーヒーのおすすめ14選!ブラック・微糖・カフェオレを網羅!

缶コーヒーのおすすめ14選!ブラック・微糖・カフェオレを網羅!

眠気覚ましにもなる「缶コーヒー」。コンビニや自動販売機でも手軽に購入でき、カフェ気分を楽しめます。しかし、微糖やカフェオレなどの種類があり、初めて飲む場合は何を基準に選んでよいか迷いますよね。そこで今回は、缶コーヒーの魅力や選び方をご紹介します。おすすめ商品も厳選したので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

缶コーヒーならではの魅力とは?

缶コーヒーは、日本人にとってなじみ深い飲み物であり、製造してから賞味期限まで美味しく飲めるようにレシピの開発や製造の工夫がされています。

缶コーヒーの魅力は、いつでもどこでも美味しく飲めて、自動販売機やコンビニで手軽に入手できることが最大の魅力。1本当たり200ml前後の商品も多いため、飲み切るのにちょうどよい量で、缶ならではの濃厚な味わいが楽しめることもポイントです。

缶コーヒーを飲みたくなるのは、休憩中や昼食後、車の運転をするときなど。休憩中にゴクッと飲んで気分転換をするのもよいですよね。缶コーヒーは、日常の一部として、忙しいサラリーマンや現代人にとっておすすめな飲み物です。

缶コーヒー選びのポイント

缶コーヒーを選ぶ際に抑えておきたい「4つのポイント」をご紹介します。重視したいポイントをチェックして、さまざまなシーンや自分にぴったりな缶コーヒーを選びましょう。

糖分の量(無糖・微糖)

缶コーヒーの種類は、「無糖」「微糖」「カフェオレ・カフェラテ」など糖分の量で分けられます。

無糖とは、糖類0.5g未満の缶コーヒーのことで、コーヒー本来の香りや苦味、酸味などを味わいたい方におすすめです。一方で微糖とは、飲料100mlあたりの糖類が2.5g以下の缶コーヒーのことで、ほどよい甘さのコーヒーを飲みたい方におすすめ。「カフェオレ・カフェラテ」は、無糖・微糖以外の飲料となり、苦味が抑えられ甘くブラックコーヒーが苦手な方にも好適です。

はじめて缶コーヒーを飲む方で、苦味が苦手な方は微糖やカフェオレの缶コーヒーから飲むとよいでしょう。

ミルクの量

内容量100gのなかに生豆が含まれる量により、「コーヒー」「コーヒー飲料」「コーヒー入り清涼飲料」に分けられます。このなかに、ミルクなどの乳固形分が3%以上含まれてしまうと「乳飲料」の表示になるのです。

ミルクの量によっては、カフェオレ・カフェラテも乳飲料となります。ミルク好きの方は、カフェオレ・カフェラテを選ぶとよいでしょう。

カフェインの量

飲み物や食べ物によって、カフェインの含有量は異なります。缶コーヒーに含まれるカフェインの量は、100gあたり約65mg含まれているのが多いです。

成人した大人が摂取して良い量は、1日あたり400mgまでとなっているため、過剰摂取には注意しましょう。たとえば、缶コーヒー以外では、紅茶100gあたり約30mgで、玉露100gあたり約160mg。適量を守りつつ楽しんでくださいね。

缶の形状

缶コーヒーの形状は、長さや太さ、飲み口の形状など、さまざまな種類が存在します。

最も一般的な形状として、容量190g前後のショート缶、主にコーヒー飲料に使われている容量250g前後のロング缶、容量170g前後のデミタス缶です。

そのほかにも、容量300g前後のボトル缶や容量280g前後の樽型缶、容量190g前後のウエストウェーブ缶があります。

いろいろな缶コーヒーを飲み比べてお気に入りの缶を見つけながら、楽しむのもよいでしょう。

缶コーヒーのおすすめブランド

缶コーヒーを販売しているブランドの特徴や代表的な商品などについてご紹介します。重視したいポイントをチェックして、自分にぴったりな缶コーヒーを選びましょう。

BOSS(ボス)

サントリーボスは、1992年に誕生した缶コーヒーの代表的なブランドで、発売32周年を迎えました。その強力なブランドは、コンビニやカフェで提供されるコーヒーが増えるなかで、新しい市場を創り出すことにも成功しています。

ボスのコンセプトは「働く人の相棒」であり、その理念が商品開発に息づいています。

また、ボスの「PREMIUM BOSS」シリーズは、最高峰のコクを実現するために独自製法を用いて開発され、今も定番シリーズとして展開されています。

GEORGIA(ジョージア)

コカ・コーラのジョージアは、1975年に誕生したコーヒーブランドで、幅広い世代に愛されています。コンセプトは「五感を刺激する」コーヒー体験で、個性豊かな味わいを提供。豆や製法にこだわった味わいのあるコーヒーを販売しています。

代表的な製品には「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」「ジョージア キャラメルアフォガート ラテ」など。ブランドロゴの刷新に伴い2023年3月には、ショート缶やボトル缶などの新製品が発売されました。

FIRE(ファイア)

代表的な製品は「キリン ファイア エクストリームブレンド」「キリン ファイア 挽きたて微糖」「キリン ファイア ブラック」などが挙げられます。

キリンビバレッジが製造する缶コーヒーブランドのファイアは、1999年から発売をスタート。直火焙煎が特徴で、パッケージには炎のマーク。炎のマークは、頑張っている人の心を温め、前向きにしたいブランドとして位置づけています。

代表的な製品は「ファイア エクストリームブレンド」「ファイア 挽きたて微糖」「ファイア ブラック」などが挙げられます。

WONDA(ワンダ)

アサヒ飲料の缶コーヒーブランドのワンダは、英語の「WONDERFUL」に由来する造語で、「WONDERFULな缶コーヒー」という意味で1997年に誕生。「楽しく生きたい」というターゲット層の意識を踏まえ、一瞬一瞬を大切に積み重ねることを応援することをコンセプトに掲げています。

代表的な製品には「モーニングショット」「金の微糖」、ボトル缶の「極」シリーズがあります。

缶コーヒーのQ&A

缶コーヒーに関するよくある3つの質問についてお答えしていきます。それぞれしっかりお答えしていきますので、缶コーヒーで悩んだら参考にしてくださいね。

初心者にはどんなコーヒーがおすすめ?

缶コーヒー初心者におすすめなコーヒーは、苦味が気になる場合、糖分の多い甘いものや、ミルクたっぷりのカフェオレなどがおすすめです。コクと甘さが絶妙な微糖タイプも飲みやすいでしょう。

ブラックコーヒーの挑戦したいなら、深みやコクをアピールしているのもはさけて、スッキリした後味やマイルドさをアピールしているものがおすすめです。

「コーヒー」と「コーヒー飲料」の違いは?

「コーヒー」と「コーヒー飲料」の違いは、使用するコーヒー生豆(焙煎前)の量によって異なります。

・コーヒー:コーヒー生豆を5g以上使用している製品(内容量100g中)

・コーヒー飲料:コーヒー生豆が2.5g以上~5g未満の製品(内容量100g中)

コーヒーは、コーヒーの深みやコクのある強めな味の製品で。コーヒー飲料は、マイルドな味の製品が該当します。

温めたいときはどうする?

冷めた缶コーヒーを温めるには、缶ごと温める場合とほかの容器に移し替えて温める場合の2通りあります。

お湯をはった鍋などで90℃のお湯にし、缶ごと入れて10分前後温めるのが目安です。缶は火を止めてから入れるようにしてください。

ほかの容器に移し替える場合、耐熱容器などに移し替えてから電子レンジで温めましょう。温め過ぎてしまうと、容器から中身がこぼれ出る可能性があるので、注意する必要があります。

おすすめの無糖(ブラック)の缶コーヒー5選

無糖ブラックの缶コーヒーを取り扱うメーカーから販売されているおすすめ缶コーヒー5選をご紹介します。それぞれの特徴をご紹介しますので、自分の好みに合ったベストな缶コーヒーを選んでみてくださいね。

ボス 無糖ブラック

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(722件)

>

商品情報

ブランド:ボス
形状:缶コーヒー
原材料:コーヒー豆(ブラジル、エチオピア、その他)
内容量:185g
カロリー:0kcal/100g

ボス「無糖ブラック」の特徴は、スッキリとしたクセのない後味の缶コーヒーです。コーヒーのコクと香りを保ちながら味わえるのもポイント。豆本来の香りにこだわっておりスッキリとした無糖ブラックを味わいながら、香りも楽しめる缶コーヒーです。眠気をスッキリしたいときにおすすめします。

UCCの「BLACK無糖」は、砂糖を一切使用せず、コーヒー本来の香りと苦みを楽しめる缶コーヒーです。UCC独自の特許製法を活かした「1ST抽出」「3温度ナチュラルドリップ製法」により、低温で最初に作られるコーヒーを贅沢に使用。ファンから愛され続けた王道のキレとコクをさらに引き出します。香料無添加のブラックコーヒーは、ダイエット中の方にもおすすめです。

キリン ファイア ブラック

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(770件)

>

商品情報

ブランド:キリン
形状:ボトル缶
原材料:コーヒー豆(エチオピア、ブラジル、ベトナム)、香料、シリコーン
内容量:275g
カロリー:0kcal/100g

キリンの「ファイア ブラック」は、直火仕上げが特徴で、深煎りコーヒーの香ばしさと深みのあるコクを引き出します。朝、起きたときに飲みたくなるようなブラックコーヒー。ボトル缶なのでボリュームたっぷりなのもポイントです。朝忙しく時間のない方におすすめの一杯ですので、ぜひチェックしてみて下さい。

アサヒ飲料 ワンダ 極 ブラック

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(2,239件)

>

商品情報

ブランド:アサヒ飲料
形状:ボトル缶
原材料:コーヒー豆(ブラジル産、エチオピア産、その他)、香料、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:285g/400g
カロリー:0kcal/100g

アサヒ飲料のワンダ 極 ブラックは、選別した豆ごとに深煎り焙煎法を使い分け、飲みごたえのある一杯を楽しめるのが特徴。コーヒー好きなあなたにピッタリな1本で、老舗珈琲店が監修した、淹れたてのようなコーヒー。この1本で豊かな時間をゆっくり過ごせますよ。

タリーズコーヒー ブラック キリマンジャロ

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(126件)

>

商品情報

ブランド:伊藤園
形状:ボトル缶
原材料:コーヒー豆(タンザニア、コロンビア、その他)
内容量:285g
カロリー:0kcal/100g

伊藤園の「タリーズコーヒー ブラック キリマンジャロ」は、バリスタ監修のもと、希少価値の高い、タンザニア産キリマンジャロのコーヒー豆を51%使用。果実のような酸味と甘みのあるキリマンジャロ特有の華やかな香りが特徴です。厳選した豆を自社焙煎工場で丁寧に焙煎するこだわりぶり。後味が心地よいブラックコーヒーがお好みの方は要チェックです。

おすすめの微糖の缶コーヒー5選

微糖の缶コーヒーを取り扱うメーカーから販売されているおすすめ缶コーヒー5選をご紹介します。それぞれの特徴をご紹介しますので、自分の好みに合ったベストな缶コーヒーを選んでみてくださいね。

ボス 贅沢微糖

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(764件)

>

商品情報

ブランド:ボス
形状:缶
原材料:牛乳(国内製造)、コーヒー、砂糖、乳製品、デキストリン/カゼインNa、乳化剤、香料、塩化K、甘味料(アセスルファムK)、塩化Mg
内容量:185g
カロリー:21kcal/100g

ボスの「贅沢微糖」は、特別に焙煎し厳選された高級豆を中心にブレンド。雑味のないコーヒーの旨みを凝縮したバランスのよい味わいの微糖タイプです。豊醇なコクと飲みごたえをさらに進化させた1本です。贅沢な微糖を堪能されたい方はチェックしてみてくださいね。

ダイドーブレンド デミタス微糖

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(225件)

>

商品情報

ブランド:ダイドー
形状:缶
原材料:牛乳(国内製造)、コーヒー、砂糖、クリーム、バター、コーヒーオイル/乳化剤、カゼインNa、安定剤(カラギナン)、甘味料(アセスルファムK)
内容量:150g
カロリー:34kcal/100g

ダイドーの「ブレンド デミタス微糖」は、厳選したプレミアム豆をブレンドし、通常の1.5倍の豆量を使用することでコーヒーの旨さを表現します。パッケージもタンブラーをイメージした輝くスタイルへ進化。香料を一切使用せず、豆本来の豊かなコクを楽しめる缶コーヒーです。雑味のない上質なコクを味わいたい方におすすめですよ。

ジョージア エメラルドマウンテンブレンド 至福の微糖

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(237件)

>

商品情報

ブランド:ジョージア
形状:缶
原材料:牛乳(国内製造)、コーヒー、砂糖/香料、乳化剤、カゼインNa、 甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:185g
カロリー:21kcal/100g

ジョージア「エメラルドマウンテンブレンド 至福の微糖」の特徴は、希少な高級豆「エメラルドマウンテン」を使用。厳選されたエメラルドマウンテンをじっくりと丁寧に焙煎することで程よい甘さと後味の良さを実現しているのもポイントです。良質で厚みのあるミルク感を表現するために、100%牛乳を使用。豆本来の深いコクと微糖と甘味料のベストバランスを味わいたい方は、チェックしてみてください。

UCC ブレンドコーヒー 微糖

Amazonカスタマーレビュー

3.9

Amazonカスタマーレビュー

(1,549件)

>

商品情報

ブランド:UCC
形状:缶
原材料:コーヒー(国内製造)、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン/乳化剤、甘味料(アセスルファムK)
内容量:185g
カロリー:13kcal/100g

UCC「ブレンドコーヒー 微糖」は、コーヒー本来の香りとスッキリとした甘さとキレを楽しめる本格ブレンド微糖缶コーヒーです。100gから摂取されるカロリーも13kcalと低く、ファンから愛され続けた王道のキレとコクの「BLACK無糖」と同じようにファンから愛された1本。ちょっと一息つきたいときにおすすめの缶コーヒーです。

キリン ファイア 挽きたて微糖

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(770件)

>

商品情報

ブランド:キリン
形状:缶
原材料:牛乳(生乳(国産))、コーヒー、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、デキストリン/香料、乳化剤、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)
内容量:185g
カロリー:15kcal/100g

キリンの「ファイア 挽きたて微糖」は、直火で仕上げることで香ばしい香りを追求した飲みごたえのある1本です。甘さ控えめの後味すっきりの微糖コーヒーは、冷たくても常温でも「酸味」「苦味」の変化なくおいしさをいじするのもポイントです。コーヒーの香ばしさを楽しみたい方におすすめします。

無糖・微糖以外のおすすめの缶コーヒー4選

無糖・微糖以外の缶コーヒーを取り扱うメーカーから販売されているおすすめ缶コーヒー4選をご紹介します。それぞれの特徴をご紹介しますので、自分の好みに合ったベストな缶コーヒーを選んでみてくださいね。

ボス レインボーマウンテンブレンド

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(572件)

>

商品情報

ブランド:ボス
形状:缶
原材料:牛乳(国内製造)、砂糖、コーヒー、乳製品、デキストリン/カゼインNa、乳化剤、香料
内容量:185g
カロリー:35kcal/100g

ボス「レインボーマウンテンブレンド」は、高級豆「レインボーマウンテン豆」を使用した微糖の缶コーヒーです。グアテマラ全国コーヒー協会より認証を与えられた厳選された豆を使用しているのが特徴。さらに、「レインボーマウンテン豆」の増量により、飲みごたえのあるコーヒーに仕上げられています。飲みごたえのある缶コーヒーをお探しの方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ジョージア マックスコーヒー

Amazonカスタマーレビュー

4.5

Amazonカスタマーレビュー

(833件)

>

商品情報

ブランド:ジョージア
形状:缶
原材料:加糖練乳(国内製造)、砂糖、コーヒー/香料、カラメル色素、乳化剤、カゼインNa、安定剤(カラギナン)内容量:250g
カロリー:48kcal/100

ジョージア「マックスコーヒー」は、黄色い缶に大きく黒字で書かれた「MAX COFFEE」の特徴的なビジュアルが目印の缶コーヒーです。千葉県発祥の缶コーヒーで、40年以上も愛され続けているミルキーな美味しさが特徴。千葉県民のソウルドリンクとしても知られており、マックスコーヒーとコラボしたお菓子も販売されており、旅行のお土産にもおすすめです。

キリンの「ファイア 贅沢カフェオレ」は、直火で仕上げたコーヒーの香ばし香りを感じられ飲みごたえのある1本です。まろやかなミルク味とコク旨さが味わえる贅沢なカフェオレ。疲れたときに一息つくのにピッタリなのもポイントです。そんなときに味わってみてください。

アサヒ飲料 ワンダ 極 特濃 カフェオレ

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(388件)

>

商品情報

ブランド:アサヒ飲料
形状:ボトル缶
原材料:牛乳(国内製造)、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、全粉乳、デキストリン、クリーム、食塩/香料、乳化剤、カゼインNa、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量:370g
カロリー:27kcal/100g

アサヒ飲料「ワンダ 極 特濃 カフェオレ」は、老舗珈琲店が監修する珈琲店マスターこだわりの一杯を提供する缶コーヒー。こだわりの深煎り焙煎法を使い分け、飲みごたえのある一杯を楽しめるのが特徴。缶なのに作りたてのようなカフェオレを味わえます。豊かな時間をゆっくり過ごしたいときにおすすめの1本です。

全14商品

おすすめ商品比較表

ボス 無糖ブラック

UCC ブラック無糖 コーヒー

キリン ファイア ブラック

アサヒ飲料 ワンダ 極 ブラック

タリーズコーヒー ブラック キリマンジャロ

ボス 贅沢微糖

ダイドーブレンド デミタス微糖

ジョージア エメラルドマウンテンブレンド 至福の微糖

UCC ブレンドコーヒー 微糖

キリン ファイア 挽きたて微糖

ボス レインボーマウンテンブレンド

ジョージア マックスコーヒー

キリン ファイア 贅沢カフェオレ

アサヒ飲料 ワンダ 極 特濃 カフェオレ

Amazonカスタマーレビュー
4.4722
4.42,352
4.2770
4.22,239
4.3126
4.3764
4.3225
4.3237
3.91,549
4.2770
4.3572
4.5833
4.3175
4.3388
最安値
タイムセール
¥2,536-26%
参考価格¥3,446
タイムセール
¥2,502-27%
参考価格¥3,429
タイムセール
¥2,278-25%
参考価格¥3,020
タイムセール
¥2,750-33%
参考価格¥4,080
購入リンク

缶コーヒーを飲んで気分転換しよう!

缶コーヒーは、コンビニや自動販売機などでいつでもどこでも簡単に手に入ります。缶コーヒーといえども、無糖ブラックや微糖、カフェラテなどの種類もあるので、これから缶コーヒーを飲んでみようとしたい方は要チェックですよ。ぜひ本記事の選び方やおすすめ商品を参考に、自分にぴったりな缶コーヒーを選んでみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他の食料品カテゴリー

新着記事

カテゴリー