この記事で紹介されている商品
ヒートポンプ式のドラム式洗濯機のおすすめ9選!デメリットや選び方を徹底解説

ヒートポンプ式のドラム式洗濯機のおすすめ9選!デメリットや選び方を徹底解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

節電効果があるといわれる「ヒートポンプ式のドラム式洗濯機」。近年はコンパクトな小型タイプや便利機能が搭載されたモデルが多く販売されており、どれがいいのか悩んでしまいますよね。この記事では、ヒートポンプ式のドラム式洗濯機の選び方やヒーター式との違いについて解説します。おすすめ商品もご紹介するので、ぜひご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ヒートポンプ式とヒーター式の違い

ヒートポンプとは、空気中などから熱を集めて発生させた熱エネルギーを使い乾燥を行う技術のことです。100℃に近い熱風で衣類を乾燥させるヒーター式と比べ、ヒートポンプ式では65~70度の温風を利用するため、比較的少ない電力で乾かせますよ。

省エネで電気代を抑えられるため、洗濯から乾燥まで頻繁に洗濯をする人におすすめ。また、ヒーター式は高温で乾燥するため衣類がカラッと仕上がるのに対し、ヒートポンプ式はふんわりと仕上がるのが特徴です。高温乾燥と比べて衣類が傷んだり縮んだりしにくいのも大きなメリットといえるでしょう。

ヒートポンプ式のドラム式洗濯機のデメリット

シンプルなしくみのヒーター式に対し、ヒートポンプ式は比較的複雑な構造をしておりなかなか小型化がしづらいのが特徴です。また、ヒートポンプ式は多くのメーカーで上位モデルに採用されていることの多い乾燥方式のためまた、洗濯機を購入する際の初期費用がかかってしまう点がデメリットといえるでしょう。

ヒートポンプ式のドラム式洗濯機の選び方

ヒートポンプ式のドラム式洗濯機を選ぶときにチェックしたい「4つのポイント」についてご紹介します。

1.洗濯・乾燥容量で選ぶ

ヒートポンプ式のドラム式洗濯機を選ぶ際は、まず洗濯、乾燥したい量がどれくらいなのかを確認しましょう。家族の人数や洗濯物の量に合わせた容量を選んでくださいね。

洗濯から乾燥まで行える洗濯乾燥機ですが、「洗濯容量」と「乾燥容量」は異なるので注意が必要です。洗濯容量に対し乾燥容量は60%程度のため、毎日の洗濯物を乾燥まで仕上げたい場合は乾燥容量が足りるかどうかを確認するといいでしょう。

一人暮らしなら小型の10kg

一人暮らしでこまめに洗濯をする人なら洗濯機の容量は6〜7kgでも十分ですが、ヒートポンプ式のドラム式洗濯機はどうしてもサイズが大きくなってしまうため、小型なモデルでも10kg以上になってしまうことを覚えておきましょう。

10kgは大きいと感じる人もいるかもしれませんが、乾燥容量は6kg程度なので、洗濯から乾燥まで行う場合は10kgくらいのサイズが適しています。まとめて洗濯をする場合や毛布など、大型のものも洗濯から乾燥までできるので便利ですよ。2人暮らしでもこまめに洗濯をする家庭なら洗濯容量が10kgあれば安心して使えるでしょう。

家族がいるなら大型の11kg

子どもがいる家庭や家族が多い家庭は、大型の11kgの洗濯容量がある洗濯機を選ぶと便利です。大型のヒートポンプ式の洗濯機なら家族みんなの洗濯物を一度に洗濯・乾燥できて家事の時短にも役立ちますよ。

ただし、11kgのヒートポンプ式洗濯機の乾燥容量は6kg程度と小型のものとあまり変わりません。家族の数日分の洗濯物をまとめて洗濯から乾燥まで終わらせたい人は、さらに容量が大きいタイプを選ぶのがおすすめです。

まとめ洗いをするなら12kg

洗濯容量12kgはヒートポンプ式のドラム式洗濯機の最大容量です。乾燥容量は7kgほどになり、まとめ洗いをするのに向いています。一度に数日分の洗濯乾燥をしたい方、家族の人数が多い家庭、子どもの保育園や部活などで洗濯物が多くなりがちな家庭におすすめ。

ヒートポンプ式のドラム式洗濯機で洗濯乾燥をする際に洗濯物を無理につめ込みすぎると故障の原因になります。洗濯物の量や頻度に合わせて必要な洗濯・乾燥容量を備えた製品を選びましょう。

2.設置場所・搬入経路で選ぶ

ドラム式洗濯機は大型のため購入する前に自宅の洗濯機置き場にきちんと設置できるか、防水パンがある場合は内側に置けるかをしっかり確認することが必要です。水栓までの高さや形もチェックし、適さない場合は別売りのパーツが必要になる場合もあります。

ドラム式洗濯機を搬入する際の経路のチェックも必須です。2階以上でエレベーターを使用する場合は広さを確認し、自宅の玄関や洗面所の入り口を通れるサイズかどうかも重要なポイントです。

また、ドラム式洗濯機は縦型洗濯機と比べると重く、平均80kgほどあります。一人で運ぶことは難しいため、搬入作業は必ず二人以上で行うか業者に設置を依頼するのもおすすめです。

3.右開きか左開きかで選ぶ

ドラム式洗濯機は扉が前面についていて横に開くため、「右から左に開く右開き」か「左から右に開く左開き」かを選べます。

選ぶポイントは「壁」です。ドラム式洗濯機は壁に寄せて置くことが多いため、設置場所の左右どちらに壁があるかによって使いやすい開き方が変わります。

一般的に洗濯機の右側に壁がある場合は右開き、左側にある場合は左開きを選ぶと使いやすいと言われています。自宅の洗濯機置き場や洗面所のつくりによっても変わるため、購入前に必ずどちら側にするのかを決めておきましょう。

4.便利な機能で選ぶ

ヒートポンプ式のドラム式洗濯機はメーカーによってさまざまな便利機能がついているモデルがあります。もともとの本体価格が高いうえに便利な機能がたくさんついているほどさらに高額になるため、自分に必要な機能を調べておきましょう。

洗剤・柔軟剤自動投入機能

洗濯物の量に合わせて適切な量の洗剤・柔軟剤を自動投入してくれる機能は洗剤・柔軟剤の使いすぎを防ぐのに役立ちます。自分で洗剤を入れている人は本当に必要な量よりも入れすぎているケースがあるともいわれています。自動投入機能があることで衣類の洗剤残りも無くなるでしょう。

毎回計量して入れる手間が省けるだけでなく、ボトルや詰め替え用のパウチを置く必要がなく洗濯機まわりをスッキリと整理できますよ。

温水洗浄機能

ドラム式洗濯機の温水洗浄機能は通常の洗濯ではなかなか落ちないガンコな汚れを落とすのに向いています。たとえば外遊びで汚れた子どもの衣類や部活動のユニフォーム、飲食店の制服など落ちにくい汚れがついた衣類を頻繁に洗濯する人におすすめ。

ただし、温水洗浄機能は電気代が高くなるデメリットもあり、衣類によっては温水洗浄が不可のものもあるため、必ず洗濯前に洗濯絵表示をチェックすることが必要です。

タイマー機能

洗濯・乾燥の終了時刻を設定できるタイマー機能は家事の時短をしたい人におすすめ。起床時や仕事終わりなど洗濯物を終わらせたいタイミングに合わせて自動で洗濯を始めてくれる便利な機能です。乾燥させた衣服を乾燥後に洗濯機に入れたままにしておくのに抵抗がある人も、タイマー機能を使えば帰宅時間に合わせて乾燥が終わるため、すぐに洗濯物を取り出せますよ。

スマホ連携機能

ミドルエンドからハイエンドモデルに搭載されていることの多いスマホ連携機能。専用のアプリをダウンロードし、外出先から洗濯のスタートや予約が可能です。洗剤・柔軟剤の自動投入機能と併用すれば洗濯機に触れることなく洗濯から乾燥まで好きなタイミングでできますよ。

洗濯機の運転操作だけでなく洗濯の終了通知やお手入れのタイミングを通知してくれる機能を搭載したモデルもあります。効率良く家事ができるとても便利な機能です。

静音性

「夜間帯に電力が安くなる契約をしている」などの理由で夜中に洗濯機を回したい人におすすめなのが静音性の高いモデル。静音モデルの洗濯機なら夜に洗濯・乾燥をして起床時に洗濯を終わらせるという使い方も十分可能です。

特にアパートやマンションなど、隣との距離が近い集合住宅では洗濯機の音は響きがちなので、ご近所トラブルを避けるためにも静音性に優れた洗濯機を検討するといいでしょう。

自動掃除機能

特にヒートポンプ式のドラム式洗濯機は手の届きにくいヒートポンプユニットまわりにホコリやゴミが溜まりがちなため、自動で洗濯機内を清潔に保ってくれる機能があると安心です。

ドラム式洗濯機の寿命は7〜10年と言われていますが、定期的にお手入れをすることで故障を防ぎ長持ちさせることができますよ。洗濯槽内の掃除や乾燥フィルターのお手入れなど、掃除をする時間がなかなかとれない人には自動掃除機能が搭載されたモデルがおすすめです。

チャイルドロック機能

小さな子どもがいる家庭やこれから家族が増える予定のある家庭はチャイルドロック機能搭載のモデルを選ぶと安心です。

ドラム式洗濯機の扉はちょうど子どもの目線の高さに扉がついていることが多く、子どもが扉を開けて遊んでしまうことも。実際にドラム式洗濯機に子どもが閉じ込められてしまう事故も発生しているため、子どもの安全を守るためにも必要な機能といえるでしょう。

ヒートポンプ式のドラム式洗濯機のおすすめ9選

ここからはヒートポンプ式のドラム式洗濯機の中からおすすめ商品をご紹介します。シャープやパナソニックなど有名家電メーカーからさまざまな商品が販売されているので、それぞれの特徴を見てライフスタイルに合った洗濯機を選びましょう。

PR
シャープ ドラム式洗濯乾燥機 ES-V11A-NR
3.0

Amazonカスタマーレビュー(1件)

商品情報

容量:11 キログラム
色:ゴールド/ヒートポンプ乾燥
ブランド:シャープ(SHARP)
商品の寸法:0.74D x 6.4W x 1.12H m
特徴:ドラムクリーン, 湿度センサー, インバータ, 糸くずフィルターの目詰まり表示, 自動投入

たっぷり11kgの容量があるこちらの商品は、洗濯物の量が多い人や家族の人数が多い家庭でも安心して使えます。業界初のマイクロ高圧洗浄でガンコな泥汚れもスッキリと落とせるのが魅力。投入口が37cmと大きく、51cmの高い位置にあるためかがまずに洗濯物を投入でき使いやすいモデルです。洗剤・柔軟剤の自動投入、洗濯槽の自動洗浄など便利な機能も搭載されていますよ。

PR
東芝 ドラム式洗濯乾燥機 TW-127XM3L
3.9

Amazonカスタマーレビュー(20件)

商品情報

・標準洗濯容量:12kg
・標準使用水量:-
・サイズ:645×722×1060mm
・重量:97 kg

爽やかでスタイリッシュなデザインが人気の東芝のモデル。大きな洗濯槽と大風量のヒートポンプ除湿乾燥で数日分のまとめ洗いも一度にできて便利です。ウルトラファインバブル洗浄で繊維のすきままで洗浄成分を届け、洗い上がりもスッキリ。低振動・低騒音設計機能を搭載しているため、深夜や早朝のお洗濯も気兼ねなくできますよ。

PR
Panasonic ななめドラム洗濯乾燥機

商品情報

容量:洗濯11.0kg、乾燥6kg
商品の寸法:幅(排水ホース含む)639×奥行722×高さ1060mm
特徴:取り忘れアラーム、はやふわ乾燥ヒートポンプ、スゴ落ち泡洗浄、 抗菌ハンドル

洗濯槽が傾斜している「ななめドラム」を採用し、衣類が取り出しやすく節水効果も高いのが魅力。よく触れるハンドル部分とお手入れしにくいパッキング部分が抗菌加工されているのもうれしいですね。運転終了後、10分おきに2回、音で洗濯終了をお知らせしてくれる取り忘れアラーム機能搭載で、ついつい洗濯物を取り忘れてしまうという人におすすめです。

PR
パナソニック ドラム式洗濯乾燥機 NA-LX113CL-W
4.3

Amazonカスタマーレビュー(18件)

商品情報

・標準洗濯容量:11kg
・標準使用水量:-
・サイズ: 72.2D x 60.4W x 101.1H cm
・重量:77kg

パナソニック独自の技術であるトップユニットのヒートポンプ式乾燥を採用し、乾燥効率が良く節電効果の高いモデルです。濃密泡と高浸透バブルシャワーにより落ちにくい皮脂汚れもさっぱりと落としやすい仕組みに。ヒートポンプ乾燥の熱により、低下した衣類のはっ水効果を回復させる「はっ水回復コース」は他のモデルにはない便利機能です。約65℃の低温風で衣類を乾燥させるため、ふんわりと仕上がりますよ。

PR
HITACHI ドラム式洗濯機

商品情報

容量:洗濯12.0kg /乾燥6.0kg
商品の寸法:630×1065×720mm
特徴:ヒートポンプ乾燥 /左開き

高濃度と大流量で隠れ汚れまでスッキリ落としてくれる「ナイアガラ洗浄」、さらにひどい汚れには温水洗浄も選べます。乾燥フィルターのない構造になっており、めんどうなフィルター掃除をする手間が不要なのがうれしいポイントです。高速で風量の強い風を当てることでシワを伸ばす「らくはや風アイロン」機能により、シワを伸ばしてふんわりと乾燥できるのも魅力。スマホと連携して洗濯コースの提案やリモート操作が可能な「洗濯コンシェルジュ」で毎日の洗濯のサポートもしてくれますよ。

PR
パナソニック ドラム式洗濯乾燥機 NA-LX127CR-W
4.3

Amazonカスタマーレビュー(18件)

商品情報

容量:洗濯12kg/乾燥6kg
商品の寸法:72.2D x 60.4W x 101.1H cm
特徴:自動投入、自動そう洗浄、シワとり・消臭コース

液体洗剤・柔軟剤・おしゃれ着洗剤と3つのタンクが選べる「トリプル自動投入」が特徴のモデル。めんどうな洗剤の軽量作業が不要になり、洗剤・柔軟剤の入れすぎも防げて経済的なのが魅力です。はやふわ乾燥ヒートポンプ機能により大風量でスピーディーに乾燥が仕上がります。洗濯終了後は自動で洗濯槽を乾かし、水分を蒸発させてくれるので黒カビの発生を防いでくれますよ。

PR
シャープ ドラム式洗濯乾燥機 ES-X11A-SL
4.4

Amazonカスタマーレビュー(190件)

商品情報

容量:洗濯11kg/乾燥6kg
商品の寸法:0.74D x 6.4W x 1.12H m
特徴:ドラムクリーン, 湿度センサー, インバータ, 糸くずフィルターの目詰まり表示, 自動投入

シャープ独自の湿度センサーなど7つのセンサーが最適な運転パターンを選択し、省エネ、低騒音、節水において業界最高水準を誇るモデルです。ジーンズや厚手のパーカーなど乾燥ムラになりがちな衣類もAIがセンサーを制御することで、しっかりと乾かしてくれます。乾燥フィルターや乾燥ダクト、洗濯槽の自動お掃除機能を搭載しているため、日々のお手入れの手間を減らしたい人におすすめです。

PR
東芝 ドラム式洗濯乾燥機 TW-127XP2L(T)
4.5

Amazonカスタマーレビュー(94件)

商品情報

・【運転音】洗い 約32dB / 脱水 約37dB / 乾燥 約48dB(乾燥省エネ 約42dB)
・【目安時間】洗濯時 約35分 / 洗濯~乾燥時 約96分 / 洗濯~乾燥時(乾燥省エネ) 約205分
・【容量】洗濯・脱水容量:12kg / 洗濯~乾燥・乾燥容量:7kg

操作画面が大型タッチパネルになっており、シンプルなデザインが特徴のモデルです。抗菌ウルトラファインバブルEX洗浄によりしっかりと汚れを落とすだけでなく、黄ばみの予防もしてくれるのがうれしいですね。約60℃の温水を使用する温水洗浄では除菌しながら衣類を洗えるため、汚れが気になる子どもの衣類の洗濯におすすめ。インテリアに馴染むボルドーブラウンのオシャレなカラーも人気の理由のひとつです。

PR
パナソニック ドラム式洗濯乾燥機 NA-LX125CR-W
4.3

Amazonカスタマーレビュー(18件)

商品情報

容量:洗濯12kg/乾燥6kg
商品の寸法:72.2D x 60.4W x 101.1H cm
特徴:自動投入、選べるタンク、はっ水回復コース、スゴ落ち泡洗浄

トリプル自動投入機能では3つのタンクで洗剤・柔軟剤と「おしゃれ着洗剤」か「酸素系液体系漂白剤」のどちらかを選べます。子供がいるうちは漂白剤、夫婦だけになったらおしゃれ着洗剤など用途に合わせて使い分けが可能。省エネながらもすばやくふんわりと仕上げてくれる「はやふわ乾燥ヒートポンプ」はお気に入りの衣類が縮んだり傷んでしまったりすることを防いでくれますよ。

ヒートポンプ式のドラム式洗濯機は家庭に合った製品を選ぼう

ヒートポンプ式のドラム式洗濯機の選び方とおすすめ商品についてご紹介しました。ハイエンドモデルの多いヒートポンプ式のドラム式洗濯機は高価なため、どの機能が必要なのかを見極めることが大切です。さまざまなメーカーからもどんどん便利な機能が開発されているので、スペックと価格を見て総合的に判断してみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー