この記事で紹介されている商品

引っ越し時の冷蔵庫の水抜き方法を解説!便利なアイテムや人気の冷蔵庫をご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

引っ越し前に「冷蔵庫の水抜き」が必要なのをご存じですか?水抜きを忘れた場合、運搬中に水が漏れてしまう恐れもあるため、必ず水抜きしておくことが大切です。この記事では、引っ越し時の冷蔵庫の水抜き方法やかかる時間について詳しく解説します。水抜きにおすすめのアイテムもご紹介するので、ぜひ最後までご覧くださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

そもそも冷蔵庫の水抜きとは?

冷蔵庫の水抜きとは、その名の通り冷蔵庫内に溜まった水を捨てることです。近年の冷蔵庫は、自動霜取り機能がついており、庫内の温度を一時的に上昇させて霜を溶かしています。溶けた水はドレスホースを通って水受け皿や蒸発皿に溜まり、冷蔵庫の熱で蒸発する仕組みです。
引っ越し前には電源を抜くことになるので、水受け皿に溜まった水を捨てて空にしなければなりません。水受け皿があるものは外して捨てるだけですが、排水栓から直接水が出るものもあります。冷蔵庫のメーカーや機種によって水抜きの方法が異なるので、事前に確認しておくようにしてくださいね。
水抜きを忘れた場合は、運搬中に水が漏れてほかの家具が濡れたり、引っ越し先の部屋を水浸しにしたりする恐れもあるため、引っ越し前に忘れず行いましょう。

引っ越し時の冷蔵庫の水抜き方法

正しい手順で水抜きをしなければ、家電が故障する原因になります。水抜き方法はメーカーや機種によって異なりますが、基本的な水抜き方法は事前に把握しておくことが大切です。手順を詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

製氷機能を止める

自動製氷機能がある機種の場合は、まず製氷機能を止めておきましょう。製氷皿や製氷室内の氷を捨て、給水タンクの水も捨てておきます。


水抜きしないまま残っていると、庫内が濡れてしまうため、きちんと捨てるようにしてくださいね。製氷皿や給水タンクの水を捨てても、庫内に水や氷が残っている場合もあるため、引っ越しの2~3日前に行うのがおすすめですよ。
また、製氷皿が取り外せる場合は、給水タンクと一緒に洗ってきれいにし、しっかり乾かしておくと、引っ越し先ですぐに使えて便利です。ただし、スポンジや洗剤などは使えない場合も多いため、取扱説明書を確認してみてください。一方、製氷皿が取り外せないタイプは、強制的に製氷皿の氷を離氷する機能が付いている場合があるため、製氷室内に氷が溜まったら捨てるようにします。自動製氷機能がない機種は、製氷皿や貯氷箱に溜まった氷を捨て、きれいにしておきましょう。

電源プラグを抜いて霜を溶かす

引っ越しの前日までには、電源プラグを抜き、電源を切るようにしてください。冷却器の霜が溶けるまでは、10~15時間かかるとされています。ただし、メーカーや機種、容量などによっても時間が異なり、場合よって24時間かかるものもあるため、事前の確認が必要です。

冷蔵庫の中を空にする

引っ越しまでのスケジュールを確認し、冷蔵庫内に残っている食材は全て使い切るようにしましょう。引っ越し前日には冷蔵庫の電源を切るため、なるべく残さないようにすることが大切です。食べ切れず残った食材がある場合は、冷蔵庫から取り出して空っぽにしておきます。その際に、クーラーボックスや保冷バッグなどがあれば便利ですね。

庫内の掃除をする

引っ越し前に冷蔵庫が空っぽになったら、庫内の掃除をするチャンスです。外せる部品をすべて外して、キッチン洗剤で洗ったり、除菌シートを使用して庫内を拭いたりしておくと、引っ越し後にもきれいな状態ですぐに使えますよ。ただし、掃除の際に使う洗剤や除菌剤についは、取扱説明書で使えるかどうか確認しておくことをおすすめします。もし、使えない場合には、水洗いや乾拭きをするだけでも、汚れが取れてニオイの発生を防ぐ効果が期待できますよ。

受け皿や蒸発皿の水を捨てる

霜が溶けたら、水受け皿に溜まった水を捨てます。水受け皿の位置は機種によって異なるため、事前に確認しておきましょう。また、排水栓から直接水を抜くタイプは、冷蔵庫を傾けるなどの作業が必要になります。やり方はメーカーによって異なるため、公式ホームページや取扱説明書などできちんと確認してくださいね。ただし、どのメーカーも2人以上での作業を推奨しているため、1人で無理して行わないよう注意が必要です。

冷蔵庫の霜取りに便利なアイテムをご紹介

ここからは、霜取りの際に便利なアイテムをご紹介します。霜取りが楽になるアイテムの「はがしヘラ」や吸水力に優れたグッズの「スポンジ」と「吸水クロス」など、霜取りに役立つ商品ばかり!ただし、メーカーによっては、冷蔵庫への使用を推奨していない洗剤やアイテムもあるため、注意書きを確認してみてくださいね。

大きめの霜は「ヘラ」で除去

最近の冷蔵庫には自動霜取り機能がついているものが増えていますが、小型の冷蔵庫は機能が搭載されていない場合も多いです。冷凍室に溜まった大きな霜が取れにくい場合は、ヘラを利用して削り取るのがおすすめです。
ただし、霜がカチカチのままでヘラを使うと、冷蔵庫が破損してしまう恐れがあるため、電源を切り、霜が溶けはじめてから使うようにしてくださいね。また、金属製は庫内にキズがつく可能性があるため、プラスチック製や樹脂製のヘラがおすすめですよ。

イノウエ|はがしヘラ

PR
イノウエ はがしヘラ R65ミリ

商品情報

ヘラの先端が細くなっているので、対象物の隙間に入れやすく、キレイに剥がすことができます。

プラスチック製のはがしヘラは、金属製と比較してやわらかい素材のため、庫内にキズがつきにくいです。ヘラの先端は細くなっており、冷凍室と溶けかかった霜の隙間に入れやすいので、手で行うより楽にはがせますよ。引っ越しが終わった後も、DIYや掃除などさまざまな用途に使えるアイテムです。

溶けた水を吸収してくれる「スポンジ」

冷凍室の霜が多いと、溶けだす水の量も多くなり、庫内が水浸しになる可能性があります。そんなときに吸水性の高いスポンジがあれば、一度に多くの水を吸い取れますよ。布巾やタオルなどで拭き取るよりも、手早く簡単に吸水できるため、掃除の時短にもつながります。吸水スポンジが乾燥して硬くなった場合は、濡らすことですぐに吸水力が復活してくれます。

アイオン|超吸水スポンジ

PR
アイオン|超吸水スポンジ

商品情報

ブランド アイオン(Aion)
材質 PVAスポンジ
サイズ 縦18×横13cm×厚さ3.5cm
商品の推奨用途 結露対策
推奨表面 ガラス

吸水力が優れており、溜まった水も素早く吸い取れるスポンジです。吸水した後は、絞ればすぐに吸水力が回復するため、冷凍室の霜が多いときは、水浸しにならないように準備しておくのがおすすめです。スポンジ自体は簡単にカットできるため、細かい部分に溜まった水も吸収できますよ。

「吸水クロス」でふき取り可能

給水クロスがあれば、冷凍室内に残った水分を、素早く吸収して表面を乾かすことが可能です。やわらかな素材のため、隅々まで拭き取りやすく。しっかりと水分を除去できます。また、冷蔵庫内の調味料やドレッシングなどの水分も吸収することが可能。汚れも一緒に拭き取れるため、庫内を清潔に保てるのもうれしいですね。

レック|すっと吸水!万能クロス

PR
レック|すっと吸水!万能クロス

商品情報

ブランド レック(LEC)
サイズ: 40×40cm
内容量:2枚入
吸水力抜群の万能クロス
洗濯機で洗えて繰り返し使える

洗って繰り返し使える吸水クロスです。クロスを絞れば、吸水力がすぐに復活するので、長く愛用できますよ。冷蔵庫内の霜取りだけでなく、窓の結露や風呂掃除、水切りマットなど、幅広い用途に使えるのも魅力です。大きさは自由にカットでき、洗濯機で洗浄すれば繰り返し使えるので、コスパも抜群ですよ。

冷蔵庫の掃除に役立つグッズをご紹介

冷蔵庫が空になったら、引っ越し前に掃除しておくのがおすすめです。冷蔵庫は生活に欠かせないアイテムなので、きれいな状態にしておけば、引っ越し後にもすぐに使えますよ。ここからは、冷蔵庫の掃除に役立つグッズの「ウェットシート」「アルカリ電解水」「自動製氷機用洗浄剤」をご紹介します。

「ウェットシート」で簡単に拭き取り可能

冷蔵庫内の掃除には、ウェットシートがおすすめです。メーカーによっては、庫内の掃除に洗剤を使うことを推奨していない場合もあります。ウェットシートなら、洗剤を使わなくても、拭くだけで汚れがきれいに取れますよ。また、雑巾は汚れた後に洗って繰り返し使用すると、雑菌が繁殖する可能性がありますが、使い捨てのウエットティッシュならきれいに保ちやすいのもうれしいポイントです。

レック|激落ちウェットシート

極細の繊維が汚れを絡め取って、調味料や料理のシミ汚れをしっかり除去します。洗剤を使用しないため、冷蔵庫内の掃除にも安心して使えますね。二度拭きが必要ない仕様で、手早く掃除できるのも便利なポイントです。エタノールや除菌剤が配合されており、掃除した後も庫内をきれいに保ちやすいですよ。

「アルカリ電解水」ニオイも気にならない

アルカリ電解水とは、主成分が水のアルカリ性の水溶液のことをいいます。界面活性剤を使用していないことから、掃除した後に洗剤の成分が残らないため、すすぎや水拭きの必要がありません。通常、洗剤は落とせる汚れの種類が細かく分類されていますが、アルカリ電解水は水垢や尿石以外ならさまざまな汚れに対応しています。冷蔵庫内には食材を多く保管するため、洗剤成分をなるべく使用したくない方でも、使いやすい掃除グッズですよ。

レック|セスキの激落ちくん

PR
レック|セスキの激落ちくん

商品情報

ブランド レック
希釈・計量不要の液体タイプ
商品サイズ (幅×奥行×高さ) :8.5×6×21.5cm
原産国:日本
内容量:400ml

アルカリの力で、さまざまな汚れに対応するアルカリ電解水です。界面活性剤が入っていないため、洗剤成分が残らず、二度拭きも不要で掃除が楽になりますよ。セスキ入りでアルカリ性の汚れを落とす効果がアップしており、冷蔵庫にこびりついた料理のシミ汚れもきれいに落としてくれます。さらに、キッチンの油汚れや手あかの気になる電源スイッチ、洗剤を使いたくないベビー用品などにも使えるため、1本あると便利なアイテムですよ。

「自動製氷機用洗浄剤」で見えない汚れも落とす

自動製氷機能がある場合、取り外して掃除することは難しいため、専用の洗浄剤を使用するのがよいでしょう。自動製氷機は、常に水に接触しているため、雑菌やカビが繁殖するリスクがあります。自動製氷機用洗剤を使用すれば、通常の氷を作るようにして掃除できるため、手間をかけずにきれいにできますよ。ただし、製氷時間が必要になるので、水抜きの前に行うようにしてくださいね。

CRAFTSMANSHIP |自動製氷機の洗浄剤

PR
CRAFTSMANSHIP |自動製氷機の洗浄剤

商品情報

ブランド CRAFTSMANSHIP(クラフトマンシップ)
商品の形状 液体
容量 200 ミリリットル
香り 無香料
商品用途・使用方法 冷蔵庫

自動製氷機に入れるだけで、掃除ができる洗剤です。クエン酸と梅果汁抽出物のみのため、製氷機にも使いやすいですよ。水と洗剤を給水タンクに入れて製氷を待つだけなので、面倒な手間はかかりません。給水タンクが空になったらよくすすいで水で製氷し、透明な氷ができたら掃除が完了!。掃除しにくい場所も簡単にきれいにできるため、定期的に使用するのもよいでしょう。

霜がつきにくいタイプの冷蔵庫をご紹介

引っ越し時の霜取りをなくしたい方には、霜がつきにくい冷蔵庫に買い替える方法もおすすめです。小型の冷蔵庫は霜がつきやすいタイプが多いですが、自動霜取り機能がついていれば、霜取りの作業が必要なくなります。引っ越しで冷蔵庫の買い替えを考えている方に、「~200L」「~300L」「300L~」のおすすめ商品をご紹介します。

一人暮らしにおすすめの「~200L」

一人暮らしの方には、200L以下の冷蔵庫がおすすめです。限られたスペースにも設置しやすく、ほかの家具や収納棚との調整もしやすいですよ。比較的安価なものが多いため、新生活を始める方にもぴったりと言えるでしょう。また、小型の冷蔵庫のほうが、一般的に電力消費が少ない傾向にあります。容量が少ない冷蔵庫は、冷却の効率がよく、省エネにつながるというメリットもありますよ。

ハイセンス|冷蔵庫HR-D15F

PR
ハイセンス|冷蔵庫HR-D15F

商品情報

ブランド Hisense(ハイセンス)
容量 162 L
設定 右開き 自動霜取り
商品の寸法 48.1D x 58.6W x 127.7H cm
原産国:中国

162Lの2ドアの冷蔵庫です。ファン式で庫内をムラなく冷やすため、面倒な霜取り作業は必要ありません。冷蔵室は3段ドアポケットで、中身を整理しやすく、収納力にも優れています。冷凍室の製氷皿には、カバーがついており、ホコリやゴミが入りにくいように配慮されているのもポイントです。横幅が狭めのスリムタイプなので、限られたスペースにもコンパクトに収まりますよ。

二人暮らしなら「~300L」

二人暮らしなら、300L以下の冷蔵庫が適しています。二人分の食材が十分入る大きさで、作り置きをしたいときにも便利ですよ。300L以下なら比較的コンパクトなタイプが多く、省スペースでの設置も可能です。ただし、料理の回数や食べる量については個人差があるため、ライフスタイルに合わせて選ぶのがよいでしょう。

アイリスオーヤマ|冷蔵庫 IRSN-30A-B

PR
アイリスオーヤマ|冷蔵庫 IRSN-30A-B

商品情報

ブランド アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
総容量:299L:冷蔵室208L、冷凍庫:91L
商品サイズ(cm):幅約59.5×奥行約60×高さ約185  質量:約57kg
ドア開閉方向:右

299Lの2ドアの冷蔵庫です。ファン式で庫内に冷気を循環させるため、ムラなく冷却できて霜ができにくくなっています。冷凍室は91Lと大容量で、一般的な買い物カゴの1.7個分が収納可能です。作り置きやまとめ買いにも対応でき、買い物の手間や時間が省けますよ。シンプルでスタイリッシュなデザインなので、キッチンの雰囲気を損なわなずに設置できるのがうれしいですね。

料理好きなら「300L~」

料理好きの方や3人以上のファミリーには、300L以上の大きな冷蔵庫がおすすめです。設置スペースはそれなりに必要ですが、その分保管できる食材や飲み物の量も多くなります。また、大型の冷蔵庫は、機能性に優れたモデルが多いのが特徴です。自動霜取り機能はもちろん、必要な機能を考慮して、家庭に合ったタイプを選ぶようにしてくださいね。

東芝|冷蔵庫 GR-U33SC(WU)

326Lの3ドアの冷蔵庫です。冷却器についた霜は、ファンやヒーターの風によって自動的に霜取りされます。3段の冷凍室やチューブ式のスタンド付きで、整理しやすいうえに、たくさんの食材が収納可能です。野菜室は乾燥を防いで、うるおいをキープする機能がついており、食材の鮮度を守ってくれますよ。

引っ越し前は冷蔵庫の水抜きをしよう

引っ越し前には、冷蔵庫の水抜きをすることが大切です。水抜きしないままの移動は、冷蔵庫の故障や水漏れによる被害が発生するリスクが高まるため注意しましょう。水抜きを簡単に済ませたい方は、今回ご紹介した便利アイテムもぜひチェックしてみてくださいね。

※製品画像はAmazon/楽天より

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の調理家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー