この記事で紹介されている商品
石鹸シャンプーのおすすめ4選!選び方やメリット・デメリットも解説

石鹸シャンプーのおすすめ4選!選び方やメリット・デメリットも解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

天然の油脂から作られているため、心配なく使えそうだと感じ、石鹸シャンプーを使いたいと考えている方も多いかもしれません。ドラッグストアに行くとリンスの成分が配合されたものや液体、固形などさまざまなタイプが売られていて何を買うか迷うかもしれません。こちらの記事では、おすすめな石鹸シャンプーや選び方についてご紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

石鹸シャンプーとは

石鹸シャンプーとは、天然の油脂から作られた界面活性剤の石鹸素地を利用したシャンプーを言います。界面活性剤と聞くと肌に強い刺激があり、あまり良くない成分のイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

特に石油系のものに対して、良いイメージがないかもしれません。少しでも肌に良いものをと考え、天然成分を探し石鹸シャンプーを使いたいと考える方もいるでしょう。石油系の界面活性剤だと肌がかぶれてしまう方や頭皮にかゆみを感じやすい方に石鹸シャンプーはおすすめです。

石鹸シャンプーを使うメリット

石鹸シャンプーを使うメリットは多く、特に皮膚に負担がすくない成分を好んでいる方に利用されています。合成界面活性剤に比べて天然の素材な分、実際に使うと肌荒れの仕方が変わってきます。

シャンプーではしっかりと髪の毛や皮脂の汚れを落とすのが目的ですが、肌に必要な成分まで根こそぎ落としてしまうような成分は負担です。特に肌が弱い方は、ガサガサし潤いがなくなりかゆみが出てきます。

石鹸シャンプーは、しっかりとした洗浄力があるものの天然の界面活性剤なため、優しく使いやすいです。肌への浸透力が弱い点もメリットです。浸透力が強い洗浄剤を使ってしまうと、肌荒れしやすくなります。よっぽど肌が強い方であれば耐えられるかもしれませんが、肌に湿疹ができてしまって困る方は多いです。

中でも、ラウリル硫酸ナトリウムは、洗浄力が優れているものの浸透力も強いことで知られています。それに比べると、石鹸シャンプーは浸透しにくいので荒れにくいです。

浸透力が弱いからといって、ほとんど汚れを落とさないわけではありません。石鹸シャンプーは、しっかりと頭皮の皮脂汚れや髪の毛に付いた汚れを落としてくれます。頭皮や髪の毛に負担になる汚れをしっかりと落としてくれるため、脂漏性皮膚炎の方にもおすすめです。

頭皮に必要な皮脂や油分は適度に残してくれますし、髪の毛にもコシやハリを与えてくれるメリットもあります。髪の毛に元気がなく、もう少しコシが欲しいと思った時にもおすすめなシャンプーです。

中には、余計な成分が入ったシャンプーは苦手だと感じる方もいるかもしれませんが、石鹸シャンプーはおすすめです。シンプルな成分構成になっているため、不必要なものが入っていない商品が多くあります。ほかの種類のシャンプーだと、パッケージ裏にさまざまな成分が入っています。髪の毛の負担になる成分がいくつも入っていることも多いです。

石鹸シャンプーを使うデメリット

石鹸シャンプーにはメリットも多いのですが、残念ながらいくつかのデメリットもあります。購入してからガッカリしないためにも、前もって知っておくと良いでしょう。

ほかのシャンプーに比べると、洗った後がきしんでしまい手触りが悪くなります。髪の毛は触り心地も良くツヤツヤ、サラサラを望んでしまうかもしれませんが、石鹸シャンプーでも特にシンブルな成分のみだとごわつきも感じやすくなります。まるで、急に傷んでしまったかのような錯覚さえ感じてしまうかもしれません。

髪の毛のきしみを感じてしまった時には、石鹸シャンプー用のリンスを使いましょう。そのまま石鹸シャンプーだけで仕上げてしまうと、乾いた後も扱いにくくて困ってしまいます。リンスは弱酸性でできているため、通常のリンスやトリートメントのようにさまざまな成分が入っていないため使いやすいです。

思ったように泡立たない点もデメリットかもしれません。市販のシャンプーであればそこまで頑張らなくても泡立ちますが、石鹸シャンプーは少し出した程度では泡が立ちません。もったいないと感じるかもしれませんが、ある程度の量は出して洗いましょう。

石鹸シャンプーはしっかりと洗浄してくれるため、乾燥肌の方が使うと市販のシャンプーよりもカサカサしてしまう原因になるかもしれません。皮脂の汚れを落とす時に多少の潤いも一緒に流してしまうため、乾燥を感じやすくなります。市販のシャンプーでは軽く洗い流すだけで泡切れが良い商品も出ていますが、石鹸シャンプーはしっかりと洗い流さないと肌や髪の毛に残ってしまいます。そのまま乾かしてしまうと、ベタつきや普段よりもごわつく原因になるため注意が必要です。

普段から美容室や自宅で、パーマやカラーリングを楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。髪の毛が傷んでいる状態で石鹸シャンプーを使ってしまうと、きしみやごわつきが強く出てしまいます。健康でダメージが弱い髪の毛に比べて、キューティクルの傷んでいる箇所に石鹸カスが付いてしまうのが原因です。しっかりと洗い流して、石鹸シャンプー用のリンスを使いましょう。

石鹸シャンプーの選び方

数ある石鹸シャンプーの中から、どれを選んだら良いのか迷っている方も多いでしょう。

ここからは、石鹸シャンプーの選び方についてご紹介します。

配合成分で選ぶ

同じ石鹸シャンプーでも、石鹸の成分のみが入っているものと、リンスの手間を省けるように少しさまざまな成分を混ぜたものがあります。

あまりきしみを感じたくない時には、リンスの成分も一緒に入った商品を選んでも良いでしょう。市販のシャンプーに比べて余計な成分は入っていないため、添加物が気になる方にもおすすめです。石鹸素地のほかに、ジラウロイルグルタミン酸リシンNaや、グリセリンなどの表示があればリンス成分が入っています。乾燥から守り保湿してくれるので手触りも変わってきます。

ほかにも、天然の成分であるツバキ油やスクワランなどが配合されている商品も、石鹸素地だけのシャンプーに比べて、ごわつきやきしみが感じにくいです。

あまり肌が強くない場合、香料にも注目しましょう。少し髪の毛から良い匂いがすると嬉しくなりますが、これが原因で肌がかぶれているかもしれません。中には精油でも荒れてしまう方もいます。香料の記載がない泡シャンプーを選べば、肌荒れを防げるでしょう。

使いやすさで選ぶ

石鹸シャンプーを選ぶ時、使いやすさで選ぶのもおすすめです。お風呂で比較的泡立てやすく使いやすいのは液体です。ほかにも、そのまま泡で出てくるタイプもあり、こちらも使いやすいでしょう。しかし、中には肌が弱く少しでも優しい石鹸シャンプーを使いたいと考えている方いるかもしれません。

使いやすさでは泡立てる手間があり大変かもしれませんが、固形石鹸がおすすめです。中でも保存料も入っていない、純粋な石鹸シャンプーが良いでしょう。慣れてしまえば、泡立てネットを使い髪の毛も洗いやすく感じます。

ほかにも、パウダータイプもあります。液体タイプと同じように少し水を加えて泡立てればOKです。あまりパウダーを使ったことがない方も多いかもしれませんが、使い方は難しくありません。

石鹸シャンプーのおすすめ4選

さまざまな石鹸シャンプーがありますが、中でも使いやすくおすすめな商品をご紹介します。

これから購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

シャボン玉石けん 無添加せっけんシャンプー

商品情報

ブランド:シャボン玉石けん
容量:520mL
洗浄成分:水、カリ石ケン素地
香り:無香
特徴:無添加、ツバキオイル使用、泡タイプ、皮ふアレルギーテスト済み・皮ふ刺激テスト済み(すべての方にアレルギーや刺激が起こらないということではありません)

できるだけ余計な成分が入っていない石鹸シャンプーで、泡タイプを狙っているならおすすめです。 無添加の石鹸シャンプーなため、肌が弱い方でも使いやすいのが特徴です。これまできしみやすい商品ばかりを使ってしまい、髪の毛の触り心地が気になっていた方もぜひ使ってみてください。きしみにくい処方になっています。成分も水と石鹸の成分のみで、合成ポリマーや香料、合成界面活性剤なども一切入っていません。昔ながらの釜炊き製法で製造しています。

無添加せっけん シャンプー
3.9

Amazonカスタマーレビュー(329件)

商品情報

ブランド MIYOSHI
商品の形状 液体
ヘアタイプ 全髪質
香り 無香料
対象年齢 全年齢

普段から敏感肌で優しい石鹸シャンプーを探している方におすすめです。髪や地肌を優しくいたわりながら洗いますが、気になる汚れはしっかりと落としてくれます。浸透力のおだやかな成分が配合されていますので、必要な皮脂を取りすぎることもありません。合成界面活性剤、香料、防腐剤もすべて不使用です。石鹸の成分だけで構成されています。これ1本だけではごわつきやきしみを感じるかもしれないので、一緒に弱酸性向けの専用リンスを使うと良いでしょう。

エティーク シャンプー ピンカリシャス
4.0

Amazonカスタマーレビュー(423件)

商品情報

ブランド ethique
商品の形状 バー
ヘアタイプ 全髪質
香り フレッシュ
対象年齢 大人

液体ではなく固形のオーガニックタイプの石鹸シャンプーを探している方におすすめです。環境のことも考えている石鹸シャンプーで、プラスチックの容器を使っていません。余計な成分が入っていないノンシリコンタイプです。製法は水を使っていないため、成分がギュっと濃縮しています。髪の毛や頭皮に潤いやハリを与えてくれます。香りは天然のアロマの匂いです。ピンクグレープにバニラがプラスされている少し甘めの香りです。

カウブランド 無添加 シャンプー
4.1

Amazonカスタマーレビュー(155件)

商品情報

ブランド バンダイ(BANDAI)
商品の形状 液体
ヘアタイプ 全髪質
特徴 低刺激
商品特長 クレンジング

デリケートな肌の方でも使える石鹸シャンプーです。すべての方にアレルギーが起こらないわけではありませんが、皮膚アレルギーテストをクリアしています。頭皮の汚れはスッキリと落とし、さらさらな仕上げにしてくれます。使っている素材も厳選しているため、できる限り添加物が入っているシャンプーは避けたい方におすすめです。不純物の少ないハイグレードな原料を使用しています。原料の臭いも気にならないものを使うなどこだわっています。

全4商品

おすすめ商品比較表

シャボン玉石けん 無添加せっけんシャンプー

無添加せっけん シャンプー

エティーク シャンプー ピンカリシャス

カウブランド 無添加 シャンプー

Amazonカスタマーレビュー
4.3677
3.9329
4.0423
4.1155
最安値
タイムセール
¥1,953-10%
参考価格¥2,178
購入リンク

石鹸シャンプーをチェック!

あまり石油系の界面活性剤は使いたくないと考えている方には石鹸シャンプーがおすすめです。天然の油脂から作られているため優しく、敏感肌の方でも使いやすいでしょう。洗浄力があるものの浸透力は少ない点もメリットです。ただし、市販のシャンプーに比べてごわつきを感じやすいでしょう。石鹸シャンプーを選ぶ時には、配合成分や使いやすさを比べてみてください。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

ビューティーのカテゴリー

その他の美容・コスメカテゴリー

新着記事

カテゴリー