この記事で紹介されている商品

IH炊飯器のおすすめ4選!一人暮らしに人気の3号サイズも紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

ふっくらおいしいごはんが炊ける「IH炊飯器」。以前は主流だったマイコン炊飯器とは、どのように違うのでしょうか。この記事では、IH炊飯器の特徴や、家庭に合わせたおすすめの選び方について解説します。一人暮らしにぴったりの3合炊きや、機能性やコスパに優れた商品もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

IH炊飯器とマイコン炊飯器の違い

以前はマイコン炊飯器が主流でしたが、現在はIH炊飯器が多くなっています。マイコン炊飯器は、内釜の下からヒーターで加熱してお米を炊きます。対してIH炊飯器は、電磁力を使って内釜全体を発熱させることでお米を炊く仕組みです。 マイコン炊飯器は、下から加熱するので熱が均一に伝わりにくく、炊きムラが出やすいのがデメリット。IH炊飯器は、お米全体に均一に熱が伝わるため、炊きムラが少なく、粒が立ったごはんが炊けるのが特徴です。また、高火力で炊き上げるため、多くの量を炊いてもお米の芯まで熱が伝わり、ふっくらとした炊きあがりになります。 マイコン炊飯器は、比較的安価な商品が多いため、初めて炊飯器を購入する場合は入門編としておすすめです。IH炊飯器はマイコン炊飯器に比べて高価格帯の商品が多いですが、炊きあがりにこだわりたいという場合はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

IH炊飯器のおすすめの選び方

IH炊飯器を選ぶ際には、チェックしておきたいポイントがいくつかあります。まず、IH炊飯器には、IH方式と圧力IH方式の2種類があります。それぞれ炊きあがりに特徴があり、価格も異なるため、違いを理解しておくことで家庭に合った炊飯器を選ぶことができますよ。また、家族の人数に合わせたサイズ選びや炊き分け、保温などの便利な機能がついているかも確認しておくのがおすすめです。 以下で詳しく見ていきましょう。

種類で選ぶ

IH炊飯器には、大きく分けて「IH方式」と「圧力IH方式」があります。一般的なのはIH方式ですが、IH方式にさらに圧力をかけて炊くのが圧力IH方式です。どちらもおいしく炊くことができますが、それぞれ炊きあがりに違いがあるので、特徴を知っておきましょう。

IH式

電磁力で釜全体を加熱して炊き上げるIH方式は、均一に熱が伝わるため炊きムラが出にくいのが特徴です。お米の粒が立ったしゃっきりとした食感に炊き上がります。マイコン炊飯器と比較して高価格の商品が多いですが、圧力IH方式に比べて安価なものもあります。おいしさと価格の安さを両立したモデルも多いので、初めてIH炊飯器を使うという方にもおすすめですよ。

PR
【節電対策】 アイリスオーヤマ 炊飯器 5.5合 IH式 40銘柄炊き分け機能 極厚火釜 玄米 一人暮らし 新生活 ブラック RC-IK50-B

商品情報

お米本来の旨みを逃がさず、
ご飯をさらに美味しく炊き上げるこだわりの炊飯器です。
おこのみ炊きでかたさと食感など、9通りの炊き分けが可能!

こちらは5.5合炊きのIH式炊飯器です。3種のごはんの固さと食感を選べ、40銘柄のお米の炊き分けができるので、好みの味わいにすることができます。厚みのある内釜と上下のWヒーターで、ふっくらとムラなく炊きあげてくれますよ。

圧力IH式

圧力IH方式は、電磁力による加熱だけでなく圧力を加えて炊く仕組みです。内釜を密閉して圧力鍋のように加圧し、100℃以上の高温で炊き上げます。高温で炊いたお米は芯までしっかり火が通るため、IH方式よりもふっくらとした炊き上がりに。モチモチとした食感が楽しめ、お米の甘みと旨みが引き出されます。ただし、高機能な分、IH方式に比べて価格は高い傾向があります。

PR
東芝 炊飯器 5.5合 圧力 IH ジャー 真空保温 白米40時間 炎匠 炊き 鍛造 かまど 備長炭 釜 ホワイト RC-10VXP(W)

商品情報

「丸底と厚み」による激しい熱対流で、一粒一粒ふっくら。
真空でお米の空気を抜いて芯まで吸水する一気ひたしと、高温でお米の芯まで熱を通す圧力炊飯で、ごはんの旨みを引き出します。

こちらはの炊飯器は真空圧力IH方式で、1420Wの強火で一気に炊き上げます。厚みのある丸底の備長炭釜で、ふっくらと粒立ちがよく、甘みのあるごはんに炊き上がります。真空保温で酸化によるごはんの黄ばみを抑え、最大40時間までおいしく保温できますよ。

サイズで選ぶ

IH炊飯器は、家族の人数や食べる量によって適切なサイズを選ぶことも大切です。お米をおいしく炊くには、最大炊飯量より少し少なめの量で炊くのがポイント。一般的には容量の2/3程度がおいしく炊けるとされています。たとえば3合炊きの炊飯器なら、2合までがおいしく炊けます。1合はお茶碗2.5杯程度のごはんになりますので、家族の人数や炊く頻度などを考慮し、家庭に合ったサイズを選びましょう。

一人暮らしや2人暮らしには3合前後

一人暮らしや2人暮らしなら、3合前後の炊飯器が適しています。2合炊いた場合はお茶碗5杯程度になるので、2人でおかわりしても十分な量を炊くことができます。一人暮らしだと大きく感じるかもしれませんが、一度にまとめて炊いて冷凍しておくという場合には適したサイズです。1.5合の小型サイズの商品もあり、少量を炊きたいという方にはおすすめですよ。

PR
[山善] IH炊飯器 3合 一人暮らし 9種類炊き分け機能 IH式 炊飯器 低温調理 玄米 雑穀米 保温 予約機能 ブラック YJK-E051(B)

商品情報

●ひとり暮らし~ふたり暮らしにオススメのIH炊飯器3合炊き。
●底面IHと蓋ヒーターでお米をふっくらムラなく炊き上げる。

こちらは3合炊きのコンパクトなIH式炊飯器です。固さを3種類から選ぶことができ、玄米や雑穀米のメニューもあります。さらに低温調理や煮込み料理ができる温度調理機能も搭載されており、幅広い用途で使うことができますよ。

3~5人家族には5.5号前後

3~5人家族なら、5合前後がぴったりです。5合炊きなら3~4合のごはんをおいしく炊けるので、7.5~9杯程度を一度に炊くことができます。5人以上なら、一升炊き(10合炊き)の大容量もおすすめ。容量が大きくなるほどサイズも大きくなるので、キッチンのスペースに合わせて検討してみてくださいね。

PR
三菱電機 IH炊飯器 5.5合 日本製 備長炭 炭炊釜 ピュアホワイト NJ-VEA10-W

商品情報

「可変超音波吸水」超音波振動で吸水を促し、研いですぐ炊いてもふっくら炊けます。お米のうまみを引き出すから、冷めてもおいしい。「ふつう・やわらか」の場合は強めの超音波で、「かため」の場合は弱めの超音波で吸水を調節します。

こちらは5.5合炊きのIH式炊飯器です。備長炭コートによる高火力で、ムラなくふっくらと炊き上がります。超音波振動で吸水を促す「可変超音波吸水」で、研いですぐに炊いてもおいしく、冷めても甘みのあるごはんが味わえますよ。

内釜で選ぶ

IH炊飯器を選ぶ際には、内釜の性能にも着目してみましょう。素材も多様な種類があり、鉄や銅、炭が配合されているものもあります。鉄は発熱性に優れた素材でスピーディーに炊け、炊きムラが少ないのが特徴です。炭は遠赤外線で米の芯まで熱が加わり、ふっくらとみずみずしく炊き上がります。土鍋釜は蓄熱性に優れていて、蒸らしがしっかりとできるためモチモチとした食感になります。 一般的に内釜は寿命が早い傾向にあるため、プラチナやダイヤモンドなどの長持ちするようなコーティングがされているものもおすすめです。内釜で洗米できるタイプなら、お米をといだ後そのまま炊くことができるので便利ですよ。

そのほか便利な機能で選ぶ

高機能なIH炊飯器には、銘柄や好みの食感に合わせて炊くことができる炊き分け機能がついているものもあります。また、煮込み料理や蒸し料理など、炊飯以外のメニューがついた商品なら、一台で何役もこなすことができますよ。さらに、保温機能や予約炊飯機能などの便利な機能がついているものもありますので、生活スタイルに合わせて選んでみましょう。

炊き分け機能

お米は、それぞれの銘柄によって特徴が異なります。最近では、銘柄別の炊き分けができる商品もあり、お米本来のおいしさを引き出すことができるんです。また、好みの固さや粘りに合わせて炊き分けられるものもあります。上位機種になるほどこのようなメニューが搭載されているモデルが多いので、ごはんのおいしさにこだわりたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

保温機能

朝にごはんを炊いて夜まで食べたり、家族のごはんを食べる時間がまちまちという場合は、保温機能がついているものを選ぶとよいでしょう。温めなおさなくても温かいごはんが食べられるので、便利です。大抵の商品には保温機能がありますが、おいしく保温するためのスチーム機能や再加熱機能がついているものもあります。ライフスタイルに合わせて選んでみてくださいね。

家庭に合ったIH炊飯器を選んで、おいしくごはんを食べよう

いかがでしたか。ごはんをおいしく炊けるIH炊飯器について解説しました。IH炊飯器には圧力をかける方式とかけない方式があり、炊きあがりに違いがあります。また、銘柄や好みの固さを選べる炊き分け機能や、おいしく保温ができる工夫がされている商品もあります。ぜひ家庭に合ったIH炊飯器を探してみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の調理家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー