この記事で紹介されている商品

スピーカースタンドのおすすめ10選!自作はできる?選び方など細かく解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

スピーカーは床や机の上に直接置くよりも「スピーカースタンド」を使用した方が本来の音質を発揮できます。スタンドの素材が木製や金属製かによっても音の聞こえ方に違いがあるので、それぞれの特徴をチェックしましょう。スピーカースタンドは別のもので代用できるのかや、自作できるのかについても解説するので参考にしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

スピーカースタンドとは?魅力を解説

スピーカースタンドとは、スピーカーを高い位置に設置することで本来の音質を発揮するために設計されたもののことです。スピーカースタンドを使用すれば、スピーカーに加わる余計な振動やノイズを吸収して音質の劣化や音のこもりを抑制してくれます。

スピーカーを耳の高さに近づけることで音の広がりを感じやすくなり、自宅でもライブ会場で聞く音質のようなクリアさと臨場感を体験できるのが魅力。音楽をよく聞く方や、せっかくスピーカーを買ったからには音質にこだわりたいという方におすすめのアイテムですよ。

スピーカースタンドの選び方

スピーカースタンドは、設置タイプや素材の特徴などによって音の聞こえ方にも大きく影響します。スピーカーを設置する場所を検討しながら、好みに合った音質を楽しめるスピーカースタンドを選んでみてくださいね。お持ちのスピーカーを最大限活かして最高の音質で音楽を聴くために、ここで解説するポイントをよく確認しておきましょう。

1.スピーカーと耳の高さを合わせよう

スピーカースタンドには、音の広がりや奥行きを感じやすくなる「定位感」があります。この定位を安定させるためには、スピーカーの位置を耳の高さに合わせることが重要です。定位が安定することで音源がどこから鳴っているのかが分かるようになり、まるでライブ会場にいるかのような音質で音楽を聞くことができますよ。

床や机の上に直置きするよりもフラットな音が楽しめるのもポイントなので、スピーカースタンドを選ぶときは、スタンドの位置が耳の高さと同じ位置に設置できるものを選ぶのがおすすめです。

2.設置場所に合わせてタイプを選ぶ

スピーカースタンドのタイプは、机の上に設置して使う「卓上タイプ」と、床に置いてスピーカーをセットする「フロアタイプ」の2種類があります。スピーカースタンドを使ってスピーカーを設置すると音質がよくなるだけではなく、インテリアとしてもおしゃれな印象を持たせられますよ。スピーカーを置きたい場所に合わせて適切なタイプを選びましょう。

デスクに設置するなら「卓上タイプ」

スピーカーを机の上に置いて椅子に座ったまま音楽を聞きたいなら「卓上タイプ」のスピーカースタンドがおすすめです。スピーカーを机にそのまま置いてしまうと、耳よりも低い位置になってしまい定位が安定しないだけではなく、スピーカーと机が共振することで低音が強調されてしまいます。

卓上タイプのスピーカースタンドにスピーカーを設置することにより、共振によるノイズを低減できるのも魅力のひとつ。椅子に座ったときに耳の高さまでスピーカーを近づけやすく定位を安定させながら、音楽を楽しめますよ。

床に直接置くなら「フロアタイプ」

机の上に直接置いたときと同様、床にスピーカーを直置きすると低音が床に響き、音がこもる原因になります。部屋のソファに座ってゆっくり音楽を聞きたい方は「フロアタイプ」のスピーカースタンドを使用することで、スピーカーから出る透明感のある音質を楽しめるようになりますよ。

床に置くよりも耳に近い高さまでスピーカーの位置を上げられるため、定位も安定し音の広がりを感じられるのも魅力です。

3.スピーカースタンドの種類は3つ

スピーカースタンドには「ブックシェルフ型」「クランプ型」「ブロック型」の3種類があり、それぞれ特徴や使用するメリットが異なります。お持ちのスピーカーの形状や、設置したい場所に合わせて適切な種類を選ぶようにしてくださいね。

ラインナップ豊富な「ブックシェルフ型」

ブックシェルフ型は、天板と床板を支柱で支えて設置するタイプのスピーカースタンドです。3種類の中で最もバリエーションが豊富で、さまざまな種類から好みのデザインや素材を選べるのが魅力。スピーカースタンド本体がスリムで、インテリアとしてもおしゃれに設置できるものも多いので、音質だけではなくデザイン性にもこだわって選びたい方におすすめですよ。スタンドの耐荷重を確認し、お持ちのスピーカーが設置できるか確認したうえで購入しましょう。

デスクに固定できる「クランプ式」

机の上や床にスタンドを置きたくないという方におすすめなのが「クランプ式」のスピーカースタンドです。机や本棚に挟み込んで固定することで、すっきりと設置できるのがメリット。クランプをしっかり固定して、スピーカーを置いてもスタンドが不安定にならないように注意する必要はありますが、設置スペースを最小限に抑えられ、コンパクトに置くことができますよ。机の上や床に直接置くよりも振動を抑制し、クリアな音質を感じられる点もメリットです。

スピーカーのサイズを問わない「ブロック型」

「ブロック型」のスピーカースタンドは、正方形か長方形の4つのブロックでスピーカーを支えて使用するタイプ。スピーカーのサイズを問わず小型から大型までのスピーカーに対応可能な点が魅力で、使い勝手のよさを重視してスピーカースタンドを選びたい方におすすめです。ブラックカラーのシンプルなデザインのスタンドが多いのもブロック型の特徴です。インテリアの雰囲気を邪魔せずどんな場所でも設置できますよ。

4.素材の特徴をチェック

スピーカースタンドの素材によって、音質の響き方や強調される音の高さなどが変わります。人によって音質の好みはそれぞれなので、スピーカースタンドの素材選びはとても重要です。ここでは、「木製」と「金属製」とでどのように音質が変わるのかについて解説するので、どちらを選ぶべきか検討してみてくださいね。

聞きやすい柔らかい音になる「木製」

木製のスピーカースタンドにスピーカーを設置すると、やわらかい響きを感じられるのが特徴です。長時間音楽を聞いても疲れにくいナチュラルな音の広がりが魅力なので、自宅でゆっくりと音楽を聞きながら作業したいときにもおすすめですよ。使われている木が重いと響きにくく、軽いと響きやすいという違いもあるので、好みに合わせて木の重みにも注目するとよいでしょう。聞き心地がよい点はメリットですが、金属製と比べると低音がこもりやすくなるので注意してくださいね。

引き締まったサウンドになる「金属製」

金属製のスピーカースタンドは、素材が硬いため音の振動を吸収しやすく、木製よりもクリアな音質を楽しめるのが魅力です。金属製の中にもスチール製やアルミ製などの種類があり、それぞれに特徴があります。スチール製は丈夫で設置時の安定性に優れているのがメリットで、アルミ製は軽量なモデルが多く高音の響きに優れていますよ。透明感のある引き締まった音質が好みの人は、金属製のスピーカースタンドを選んでみてはいかがでしょうか。

5.スピーカーの形状と重さをチェック

スピーカーに対して大きすぎる、または小さすぎるスピーカースタンドを使用すると、音のバランスが崩れてスピーカー本来の音質を発揮できなくなるケースがあります。せっかくスピーカースタンドを購入するなら、スピーカーに合ったサイズであるかどうかと、スピーカーをしっかり支えられる耐荷重があるかどうかの2点をチェックしたうえで選んでみてくださいね。

スピーカースタンドのおすすめ10選

ここからは、おすすめのスピーカースタンドを10選ご紹介します。スピーカースタンドの素材やサイズ、設置できる場所などを比較したうえで、自分の好みの音質で聞けるものを選んでみましょう。スタンドのスリムさやデザインにも注目して、おしゃれに設置できるかどうかも要チェックですよ。

PR
ハヤミ工産 スピーカースタンド 60cm

商品情報

型番:SB-67
ブランド ハヤミ
材質 木材
商品の寸法 29.5L x 23W x 60H cm
色 ブラック
商品の重量 3.5 キログラム

設置したい場所に合わせて4種類の高さに調整できる小型のスピーカースタンドです。床に設置して部屋で音楽を聞く場合はもちろん、机の上に置いて椅子に座りながら音楽を聞くのにも使えますよ。落ち着きのあるマットなブラックカラーがおしゃれで、部屋にシックな印象を持たせられます。スタンドの本体がスリムなので場所を取りにくく、すっきりと設置できますよ。

PR
サンワダイレクト スピーカースタンド

商品情報

型番:100-SPSTN01
ブランド: ‎サンワダイレクト
梱包サイズ ‎29.5 x 27.2 x 10.2 cm; 4.47 kg

クランプで机に固定して使用するタイプのスピーカースタンドです。29~40cmの間で無段階の高さ調整ができ、耳の位置に合わせて設置できるのが魅力。天板の角度と向きの調整も可能なので、音質の聞こえ具合にこだわって細かく位置を調整したい方にもおすすめです。クランプ式は省スペースで机の上を広く使えるのもメリットで、机の上をすっきりさせながらスピーカーをおしゃれに設置できますよ。

PR
キクタニ スピーカースタンド インシュレーター付

商品情報

ブランド キクタニ
商品の寸法 25L x 25W x 104.5H cm
色 ブラック
商品の重量 5.48 キログラム

オーディオサラウンドシステムの多くのスピーカーに対応するスピーカースタンドです。2本セットになっているので、お持ちのスピーカーをそれぞれ設置して使用することで、映画館にいるかのような臨場感のある音質を楽しむことができます。耐荷重7.5kgの丈夫なつくりで、ネジ穴のあるスピーカーをネジでしっかり固定できるため、安定性にも優れていますよ。

PR
ハヤミ工産 スピーカースタンド 70㎝

商品情報

ブランド ハヤミ
材質 木材
商品の寸法 32L x 28W x 70H cm
色 ブラック
商品の重量 4.7 キログラム

1本の支柱で支えるスリムでスタイリッシュな見た目がおしゃれです。本体がスリムながら、振動を抑制することに優れたソリッド構造で質の良い音楽を楽しめます。スピーカーの大きさに合わせて天板の向きを変えられるので、さまざまな種類のスピーカーに対応できるのもポイントですよ。部屋の雰囲気に合わせて支柱の太さもワイドかスリムかで選択可能となっています。

PR
キクタニ モニタースピーカースタンド インシュレーター付

商品情報

ブランド キクタニ
材質 鉄
商品の寸法 24L x 21W x 20.6H cm
色 ブラック
商品の重量 4.4 キログラム

耐重荷は12kgと、丈夫な金属製を採用しているのが特徴です。モニタースピーカー用スタンドなので、音楽制作やレコーディングの際に役立ちます。シンプルなブラックカラーとスクエアの形状が特徴で、デスクの雰囲気をシックに演出できますよ。

PR
ハヤミ工産 スピーカースタンド 高さ調整可能 60-100cm

商品情報

ブランド ハヤミ
材質 金属
商品の寸法 25L x 25W x 100H cm
商品の重量 3 キログラム

60〜100cmの間で無段階の高さ調節が可能となっており、耳に近い適切な高さにセットできます。支柱内にスピーカーのケーブルを通すことで、すっきりとスピーカーを設置できるのがメリットです。2台セットなので、テレビの左右に置いて部屋に統一感を持たせながら高音質を楽しめますよ。

PR
サンワダイレクト スピーカースタンド VESA取付け 24~37型程度対応

商品情報

型番:100-VESA008

スタンドをモニターの後ろに固定させることで、スピーカーをモニター横に浮かせて設置できます。スピーカーを机の上に置くと、机のスペースが狭くなってしまいますが、こちらのスタンドを使用すれば机の上をすっきりと広く使えますよ。スピーカーを安定して設置できる滑り止め付きなので、安定感がアップするのもうれしいポイントですね。

PR
ハヤミ工産 スピーカースタンド 角度調節可能

商品情報

ブランド ハヤミ
材質 木材
商品の寸法 42L x 29.5W x 13.5H cm
色 ブラック
商品の重量 2.3 キログラム

大型のスピーカーやセンタースピーカーなど様々な種類のスピーカーに対応しています。振動を軽減するソリッド構造でできており、スピーカー本来の音質を楽しめるだけではなく、落ち着きのあるマットなブラックカラーがシックでおしゃれです。スタンドの角度調整もできるので、音の聞こえ具合を調節して適切な向きで使用するとよいでしょう。

PR
イーサプライ スピーカースタンド 2本セット

商品情報

型番:EEX-SPST02X2

大型スピーカーの設置にも適切な耐荷重20kgの頑丈な設計になっています。大きく広がる三脚と補強ステイでしっかりと安定させるので、スピーカーが倒れるリスクを軽減できます。6段階の高さ調整が可能で、音楽が聴きやすい位置に調整することでノイズの少ないクリアな音質を楽しめるのもうれしいポイントですね。

PR
アイシン高丘 TAOCスピーカースタンド

商品情報

メーカー型番 : BST-60L
サイズ : 幅 16× 奥行 23× 高さ 60cm (スパイク含む)
天板 : 幅 19× 奥行 27cm
本体質量 : 約10kg
材質 : スチール/鋳鉄

天板の四隅にスピーカーとスタンドを密着させるポロンシートを採用しています。これによってスピーカーを安定させられるだけではなく、エンクロージャーから伝わる振動をほどよく吸収してくれるのがメリットです。スピーカーのポテンシャルを最大限に引き出せる「制振」「整振」技術で、リアルな音質を聞くことができますよ。

スピーカースタンドは自作できる?

スピーカースタンドは、ホームセンターで木材や塗装グッズを購入することで自作することも可能です。スピーカーの土台となる板と、スピーカーを支える支柱、そして接着剤などの材料をそろえ、好みのサイズ・高さでお持ちのスピーカーに合わせたスピーカースタンドを自作できますよ。スピーカースタンドを購入するよりも価格を抑えられる場合もあるので、DIYが好きな人はチャレンジしてみるとよいでしょう。

代用におすすめなのは?

スピーカースタンドは、耳の位置に合わせてスピーカーを設置するのがポイントです。なるべく安くスピーカー本来の音質を楽しみたいなら、卓上ラックや角材、レンガなどをスピーカースタンドとして代用するのもひとつの方法ですよ。角材なら自分好みのサイズにカットして使用でき便利です。ただし、代用する素材が軽すぎると安定性に欠けるので、レンガや角材など重さのあるものを使うのがよいでしょう。

気になるAmazonでのランキングをチェック!

ここまではスピーカースタンドの種類や選び方、おすすめ商品をご紹介しました。さらにスピーカースタンドを探したい方は、Amazonで売れ筋商品をチェックしてみてくださいね。

スピーカースタンドで最高のサウンドを楽しもう

スピーカーのクリアな音質を発揮させるスピーカースタンドの選び方とおすすめの商品をご紹介しました。設置する場所や音の聞こえ方の好みなどに合わせて選び、高音質なサウンドを楽しんでみてくださいね。

こちらもチェック!
スピーカーおすすめ8選!Bluetoothやフロア型や、高音質の商品の選び方も併せて紹介

音楽や映画の楽しみを広げてくれる「スピーカー」。しかし、その種類は大変豊富で、選び方が分からないという方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、スピーカーの種類をはじめ、高音質な商品の選び方や、音質以外の確認すべきポイントについて詳しく解説します。おすすめの商品もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

こちらもチェック!
高音質スピーカーのおすすめ10選!Bluetooth対応やおしゃれなモデルなど

臨場感のある音楽を楽しめる「高音質スピーカー」。Bluetooth対応や有線タイプなど、さまざまなメーカーから多くの製品が販売されているためどれを選ぶか迷いますよね。そこで今回は、高音質スピーカーの選び方とおすすめの製品をご紹介します。小型タイプやおしゃれなデザインのものもあるので、ぜひ参考にしてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー