この記事で紹介されている商品

安いトースターのおすすめ9選!おしゃれなタイプから一人暮らしにぴったりのモデルまで人気のアイテムをご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

トーストやフライの温め直しに便利な「トースター」。おしゃれなものから1000円以下の安いものまで、いろいろな機種がありますよね。そこで今回は、一人暮らしの方にもおすすめの安いトースターの選び方をご紹介。たとえ安くても買ってはいけないトースターのポイントもお教えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

安いトースターの価格帯

キッチン家電の中でも、わりと低価格で購入しやすいトースター。一般的な相場は3,000~6,000円前後ですが、機能がシンプルなトースターなら1,000円台でも見つかりますよ。


安いトースターの中には、タイマー機能や焼き色調節など、便利な機能を備えているものも少なくありません。また、シルバーやモノトーンなど、色・デザインにこだわったスタイリッシュなトースターも数多く展開されていますよ。


トースターは安いものでも種類が豊富なのが魅力。使い勝手の良さやキッチンのインテリアに合わせて選んでくださいね!

安いトースターを買っても大丈夫?性能は?

安いトースターは高いトースターよりも機能や安全性に劣っているようなイメージを持ってしまいますが、決してそうではありません。


実は、価格が高いトースターほど消費電力が高いという特徴があり、市販のトースターの消費電力は500~1,450Wと幅がありますが、4,000円以下の安いトースターは大体1,000W以下のものが主流です。


また、高いトースターは消費電力が高いため、電気代も高くなりがち。ランニングコストが気になる方は、消費電力の低いトースターを選びましょう。


安いトースターは価格も電気代もあまりかからず、きちんとしたメーカーのものなら安全性も保証されています。トーストが作れればいいという方には安いトースターをおすすめします。

トースターを買うときのポイント

安いトースターを購入する際には、価格も重要ですが、それ以外にも「買ってはいけないトースターの特徴」がいくつかあります。


・お手入れがしにくい
・温度調整ができない
・庫内が狭い


買ってはいけない理由を詳しく解説していきますね!

お手入れのしやすさを確認

あると便利なトースターですが、網や扉、庫内に汚れが溜まりやすいのが難点。網が取り外せないものだとお手入れがしにくくなってしまいがちです。


また、パンくずが溜まったまま加熱すると、食材のカスがヒーターに接触し、出火してしまうことがあり、火災につながるリスクもあります。


購入する際には、トースターの扉や網、パンくずを受けるトレーなどを外して丸洗いできるかどうかもチェックしておきましょう。

温度調整ができるかを確認

温度調節ができないトースターだと、パンが焦げてしまうなどうまく調理できない場合があります。

トースターでグラタンやローストチキンなどを調理したい方は、多彩なメニューに合わせて庫内の温度を調節できる機能を搭載したモデルを選ぶことをおすすめします。

庫内の広さがあるかを確認

トースターでいろいろな料理を作りたいという場合は、庫内サイズが広めの機種を選ぶとよいですよ!庫内が狭いと、たとえばピザが半分しか入らない、大きなキャセロールが入らないという事態になってしまいます。また、庫内の高さがないと、取り出す際にヒーターで火傷してしまう恐れもありますよ。


家族が多い場合は、トーストを一度に何枚焼けるかという点もチェックしてくださいね。

選ぶ前に!トースターの種類を確認しよう

いろいろな機種が販売されているトースターですが、大きく分けると2種類あります。


・幅広い調理に使えるオーブントースター




・トースト専用のポップアップトースター




各タイプについて、メリット・デメリットを解説していきますので、購入の際の参考にしてみてくださいね。

幅広い調理に使えるオーブントースター

オーブントースターは、庫内にヒーターを搭載したタイプ。庫内にパンを平らに置けるので、チーズなどの具材をのせたトーストを作れます。

また、パンのほかピザやグラタン、餅、簡単な焼き菓子など、いろいろな料理を楽しめるのも魅力です。もちろん、パンやフライの温め直しにも使えますよ!


ファミリーにおすすめの多機能タイプのほか、一人暮らしにぴったりなシンプルでコンパクトサイズのものなど、オーブントースターの種類はさまざま。ライフスタイルに合わせて選びやすい点もいいですね。


オーブントースターは幅広い調理に使える一方、いろいろな食材のカスや油分で庫内が汚れやすいのがデメリット。お手入れしにくい機種の場合、汚れが溜まったまま使わねばなりません。なるべく掃除しやすいモデルを選びましょう。

トースト専用のポップアップトースター

ポップアップトースターは、トースト専用のトースターです。使い方は簡単、パンを垂直に入れてスイッチを入れるだけ。焼き上がるとポンとトーストが跳ね上がるのも楽しいですね。


パンのすぐ近くにヒーターが設置されているので、焼き上がりが早いのが特徴。忙しい朝など、手早くトーストを食べたいときに重宝しますよ。


ただし、ポップアップトースターは、パンの上にハムやチーズなど具材をのせて焼くことはできません。トーストにバターやジャムを塗る食べ方が好きな方におすすめします。

おしゃれなデザインで選ぶ

オーブントースターは、キッチンの中でわりと目立つ位置に置かれることが多い家電ですよね。だからこそ、キッチンの雰囲気に合わせてデザインを選ぶのもおすすめです。


レトロ感がおしゃれなトースターなら「アラジン」や「Toffy」のものが有名。また、洗練された印象の「バルミューダ」や、マットな質感がスタイリッシュな「パナソニック」のオーブントースターは、シンプルなキッチンにぴったりです。スリムな縦型デザインなら「レコルト」のものがデザインも素敵ですよ。


とはいえ、デザイン性に優れたトースターは価格も高い傾向が。予算に合うかどうか、よく検討してから購入しましょう!

安いオーブントースターのおすすめ4選

ここからは、お手頃価格のトースターの中からおすすめのアイテムを4つご紹介します。サイズも機能性も必要十分な商品ばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

PR
アイリスオーヤマ オーブントースター

商品情報

ブランド アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
色 4)ミラー調II
商品の寸法 27D x 33.2W x 22.1H cm
容量 4.13 L
特徴 火力調節機能付き

スタイリッシュなミラー調のデザインが高級感あふれるオーブントースター。焼き網は食材を出し入れしやすいスライドタイプで、奥のものも取り出しやすいのが魅力です。

調理に使える受け皿のほか、お掃除しやすいパンくずトレー付き。4段階の火力調節機能や最大15分のタイマーを搭載しています。

PR
東芝 オーブントースター 2枚焼き

商品情報

ブランド 東芝(TOSHIBA)
色 ブラック
商品の寸法 26.2D x 30W x 22.3H cm
ワット数 1000 W
付属コンポーネント 受皿 1枚

限られたスペースに置きやすい幅30㎝のコンパクトなトースター。本体は小さめですが庫内は広く、トーストなら同時に2枚、直径20㎝のピザも入れることができます。

約80℃・160℃・230℃と温度調節ができるので、パンや揚げ物の温め直し、グラタンなど、幅広いメニューに対応できますよ。パンくずトレイは引き出せるタイプなのでお手入れが簡単です。

PR
タイガー魔法瓶(TIGER) うまパントースター

商品情報

ブランド タイガー魔法瓶(TIGER)
色 ブラック

合計1300Wのトリプルヒーターでトーストをおいしく焼き上げるオーブントースター。庫内にガルバリウム鋼板を採用したことで、サクサクでふわっとした食感を実現します。

1度にパンを3枚焼けるほど庫内は広く(幅30㎝・高さ10㎝)、付属の深皿調理トレイを使えばフレンチトーストやクッキー、直径25㎝のピザなどを簡単に作れます。

PR
象印 オーブントースター こんがり倶楽部

商品情報

ブランド 象印マホービン(ZOJIRUSHI)
色 ブラック

最大30分のロングタイマーを搭載した、いろいろな調理に対応できるオーブントースター。5段階の火力調節が可能で、ピザやグラタン、スイーツなど多彩なメニューを作れます。

餅を上手に焼ける専用ネットのほか、丸洗いできるスライド式くず受け皿を採用。庫内奥行きは約22cmで、山型パン2枚や直径20cmのピザも入る大きさです。

安いポップアップトースターのおすすめ4選

「トーストしか焼かない」という方には、低価格なポップアップトースターがおすすめ!食パンを1~2枚焼くだけのシンプルさが魅力です。見た目もかわいいので、キッチンに置くとインテリアとしても楽しめますね!


安い機種でもタイマーや焼き色調節などの機能が付いているものもありますよ。

PR
デロンギ(DeLonghi) アクティブ シリーズ ポップアップトースター

商品情報

ブランド DeLonghi(デロンギ)
色 トゥルーホワイト

どんなキッチンにも合わせやすい、光沢のあるホワイトボディがおしゃれな印象のポップアップトースター。外はこんがり、中はふわっとしたおいしいトーストを作れます。

スロット部分がワイドなので、薄い10枚切り食パンはもちろん、分厚い5枚切り食パンまで美味しく焼くことが可能です。冷凍パンの解凍や温め直し、キャンセル機能なども搭載しています。

PR
HOME SWAN ポップアップトースター

商品情報

ブランド HOME SWAN
色 ベージュ
商品の寸法 15.5D x 25W x 16H cm
商品用途・使用方法 パン
ワット数 650 W

2,000円台で買えるリーズナブルなポップアップトースター。5~8枚切り食パンを2枚同時に焼くことができます。食パンの厚みに合わせて、焼き時間を調節できるダイヤル付きで、ストップボタンも搭載しているので、焼き過ぎを防ぐこともできますよ。

PR
ツインバード 燕三条 トースター ポップアップトースター

商品情報

ブランド ツインバード(TWINBIRD)
色 ホワイト
材質 PP、ABS、鋼板
商品の寸法 37D x 11W x 21H cm
ワット数 950 W

食パンのほか、ベーグルや高さのある山型パンも焼ける、ワイドなポップアップトースター。厚みのある4枚切り食パン(30㎜)まで対応しています。

幅110㎜のスリム設計なので、壁と家電のすき間などに置きやすいですよ。使わないときはフタをして、ホコリの侵入を防げるのもうれしいポイントですね。

ソリス トースタースチール(Solis Toaster Steel)シルバー

ステンレス製のボディがスタイリッシュなポップアップトースター。投入口が広いので、厚みのあるベーグルやマフィンも焼くことができます。パンの厚みやサイズに合わせて焼き加減を6段階で調節可能。

冷凍したパンの解凍や、パンの温め機能も搭載しています。お手入れしやすい取り外せるパンくずトレイ付きです。

使い勝手抜群!一人暮らしに最適なトースター2選

一人暮らしの方におすすめのトースターを4機種ご紹介します!狭いキッチンにも置けるコンパクトサイズなのに、使い勝手がよく、価格も安い。そんなトースターをピックアップしています。

PR
コイズミ オーブントースター

商品情報

ブランド コイズミ(Koizumi)
色 ブラック
商品の寸法 24.3D x 17.6W x 27.8H cm
特徴 タイマー
ワット数 580 W

一人暮らしの狭いキッチンにも置きやすい、幅17.6㎝のコンパクトなオーブントースター。食パン1枚焼きのトースターですが、専用トレーを使えば同時に目玉焼きを作れるので、食事の支度が手早くできますよ。約70~120℃までの温度調節が可能で、最大15分のタイマー付きです。

PR
アイリスオーヤマ オーブントースター ミラー調

商品情報

ブランド アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
色 3)ミラー調I

おしゃれなキッチンになじむ、ミラーガラス調のオーブントースター。幅約24.2㎝のスリムタイプで、限られたスペースにも置きやすいですよ。上下2段式なので、別々の調理を同時にできるのも魅力。具材をたっぷりのせたピザなどの調理に便利な受け皿を2枚付属しています。

安いトースターの失敗しない選び方

安くて使いやすいトースターを選ぶ際は、下記の4つのポイントに留意して選ぶといいですよ。


・サイズや、1度に焼けるパンの枚数
・必要な機能
・洗いやすさ
・おしゃれなデザイン


各ポイントについて詳しく解説していきます!

設置場所に合ったサイズを選ぶ

トースターを選ぶ際は、設置場所に合ったサイズかどうかを確認するのをお忘れなく!安いトースターはコンパクトなサイズが多いので、キッチンカウンターやダイニングテーブルの上にも置きやすいですよ。


本体が小さいトースターは、庫内も小さいケースが多い傾向にあります。食パンを同時に2枚焼きたい場合は、横幅の狭い場所にも設置しやすい縦型トースターを検討してみてはいかがでしょう。

必要な機能で選ぶ

トースターの購入価格を抑えたい場合は、シンプルな機能性のものを選びましょう。最近は、安いトースターであっても、タイマー機能や焼き加減を調節できる機能を備えている機種がほとんど。トーストや揚げ物の温め、簡単なグリル調理なら十分こなせますよ。

利用シーンが広がる温度調節機能

料理やお菓子作りが好き方なら、火力調節や温度調節機能を備えたオーブントースターがおすすめ!グリルチキンやグラタン、ドリア、ピザ、焼きプリンなどがトースターで作れるので、料理がますます楽しくなりますよ。

パンの食感にこだわるならスチーム機能

パンをしっとりふっくら焼き上げたいという方には、スチーム機能付きのオーブントースターをおすすめします。パンだけでなく肉や魚のグリル料理も、水蒸気で潤いを与えながら焼き上げるので、ジューシーに仕上がります。

焼きすぎを防げるタイマー機能

タイマー機能を搭載しているトースターなら、パンや料理の焼き過ぎを防ぐことが可能です。焼き加減をじっと見張っておかなくてもいいので、忙しいときなどに重宝します。

洗いやすさで選ぶ

トースターの庫内は、パンくずや食材のカス、飛び散った油分などで汚れやすい場所。汚れたまま使い続けると不衛生な上、出火の恐れもあります。


扉や焼き網が取り外せる機種や、パンくずを受けるトレーなどが付いている機種は、お手入れがしやすいため清潔に保ちやすいですよ。

使いやすくて、安いトースターを見つけよう!

安いトースターでも必要最低限の機能を備えた使いやすいモデルがたくさんあります。パン専用の機種や、料理やお菓子作りも楽しめる機種など種類も豊富!設置場所やライフスタイルに合わせて自分にぴったりの1台を見つけましょう!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の調理家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー