この記事で紹介されている商品

【2023年】冷風扇のおすすめ5選!メリット・デメリットやメーカー別に詳しく紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

水や保冷剤などを入れ、涼しい風を出す「冷風扇」。大型のものから卓上で使える小型のものまでさまざまな種類があるので、どれを選べばいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、冷風扇の選び方について詳しく解説していきます。メーカー別におすすめ商品もご紹介しているので、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

冷風扇とは?

水が蒸発して気体になる際に周囲の熱を吸収することを利用して、冷たい風を出す冷風扇。部屋の湿度が低いときほど水が蒸発しやすいので、カラッと暑い日だとより効果的に使えるアイテムです。

冷風機やエアコンとの違い

冷風扇は水や保冷剤を利用して冷たい風を出すのに対し、冷風機は吸い込んだ空気を冷やして冷たい風を送り出します。冷風機は大型なものが多く、重量もかなり重いので持ち運んで使いたい場合にも不向きです。

エアコンは部屋全体の温度を下げることができますが、設置には工事が必須。エアコンの風で体が冷えすぎてしまう場合もあります。コストを抑えたい方や、エアコンが苦手な方にも冷風扇はおすすめです。

冷風扇のメリットとデメリット

冷風扇は扇風機とエアコンの間くらいのひんやりとした風を出すことができます。エアコンのように冷えすぎることがないので、子どもやお年寄りの体にも優しいのが魅力。また工事不要で電源に繋ぐだけで使えるので手間もかからず、電気代が安いのもうれしいポイントです。

一方でエアコンのように広範囲を冷やすことができないので、部屋全体の温度を下げたい場合には不向き。また水を蒸発させて冷たい風を出しているので、部屋の湿度が上がってしまうデメリットもあります。

冷風扇の選び方

冷風扇にはサイズや機能によってさまざまな種類があるので、どのようなポイントに着目して選べばいいのか気になりますよね。ここからは冷風扇の選び方について詳しく解説していきます。

使用場所によってサイズを選ぶ

冷風扇にはさまざまなサイズのものがあるので、設置したい場所によって適した大きさのものを選ぶようにしましょう。リビングやダイニングなどに据え置いて使うなら、冷却効果の高い大型サイズがおすすめ。縦長のスタイリッシュなデザインのものなら場所を取らず、インテリアとしてもおしゃれです。

デスクに置いて使うなら小型の卓上サイズを選びましょう。卓上サイズは価格もリーズナブルなものが多いので、冷風扇を初めて購入する方にもおすすめです。

涼しさ重視なら保冷剤が入れられるものを

冷風扇のなかには、水だけでなく氷や保冷剤を入れられるものもあります。水の温度が下がるので、より冷たい風を出すことが可能。氷よりも保冷剤のほうが溶けにくいので、タンクの中身を入れ替えなくても長時間使えて便利です。

また、冷風扇のなかには標準で保冷剤が備わっているものも。保冷剤を別に用意する手間が省けるので、冷風扇を選ぶ際は保冷剤が付属しているかもチェックしましょう。

長時間したいならタンク容量もチェック

冷風扇は、タンクに水を入れて空気を冷やします。タンクの水がなくなると冷たい風を出せなくなるので、冷風扇を選ぶときはタンク容量もチェックしましょう。タンク容量が大きいとたくさんの水を入れることができ、頻繁に給水をしなくても長時間使うことができます。

給水の手間をできるだけ省きたいなら、タンク容量が2L以上あるものがおすすめ。容量が5Lあるものなら約8時間は連続して使うことができますよ。

お手入れのしやすさも重要

冷風扇は水を使用して空気を冷やすため、お手入れをせずに放置しているとカビや雑菌が発生してしまいます。タンクが汚れたまま使うと、冷たい空気と一緒にカビや雑菌を撒き散らしてしまうことに。こまめなお手入れは必要になるので、簡単にお手入れできるものを選びましょう。

お手入れのしやすさで選ぶなら、タンクやフィルターが取り外せるものがおすすめ。さらに、丸洗いできるものだと簡単に清潔な状態を保てます。

あると便利な機能もチェック

冷風扇は、商品によってさまざまな機能が備わっています。なかには使い勝手ががらっと変わる便利な機能も。ここでは、冷風扇に備わっていると便利な機能を4つご紹介します。

静音性が高いと寝室でも使いやすい

寝室に置いて寝るときに使う場合、冷風扇の稼働音が大きいと睡眠の妨げになってしまいます。寝室でも使うなら、静音性が高く稼働音が静かなものを選びましょう。赤ちゃんや小さな子どもは物音に敏感で起きやすいので、子どもがいる家庭なら特に稼働音の小ささをチェックして選びましょう。

タイマー・モード切り替え機能をチェック

就寝時に冷風扇を使うなら、タイマーモードがついているモデルを選びましょう。寝ている間も冷たい風に当たり続けていると体が冷えすぎてしまうので、自動で電源をオフにしてくれるタイマーモードは便利です。モデルによって設定できるタイマーの時間も異なるので、何段階で設定できるかも確認しましょう。

弱風・中風・強風などで風の強さが切り替えられる機能があると、冷たさが物足りないときや適度に冷やして欲しいときに調節できて便利です。

広い部屋で使うなら首振り機能が便利

広い部屋に設置して複数人で使いたいなら、首振り機能があるものがおすすめ。扇風機のように首振りをしてくれるので、広範囲に冷たい風を届けることができます。さらに手動で上下や左右に動かせるルーバーを備えているものだと風向きを細かく調節できるので、効率的に部屋や体を冷やすことができますよ。

温風対応だと冬でも使える

冷風扇のなかには温風モードがあるものもあります。冷たい風だけでなく暖かい風も出すことができるので、冬場にも使えて一年中活躍してくれます。ヒーターには劣りますが、肌寒いときに体の表面を暖めたいときには十分。エアコンやヒーターを置くほどでもない小さな部屋での使用にも便利です。

冷風扇は水を使用して動かすため、部屋の加湿になるのも便利なポイント。冬場に使うと暖房兼加湿器として使えるので重宝します。

冷風扇のおすすめ5選

ここからは、おすすめの冷風扇をご紹介します。しっかり冷える大型タイプからコンパクトな卓上タイプ、スリムタイプなどさまざまな商品をピックアップしましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

山善 冷風扇 らくらく移動

PR
[山善] 冷風扇 (左右オートルーバー)

商品情報

ブランド 山善(YAMAZEN)
材質 アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)

こちらの冷風扇は、取っ手とキャスター付きで楽に移動ができるのが魅力です。左右オートルーバーや3段階の風量調節機能を搭載しており、1・2・4・8時間で設定できるオフタイマーもついていますよ。

山善 冷風扇 室温コントロール

PR
山善 冷風扇 FCR-BWG40(W)

商品情報

本体サイズ:幅33.5×奥行33.5×高さ103cm
電源コード:約1.8m
本体重量(kg):5.6

細長くスリムな形で、室内のちょっとしたスペースにも置けるスタイリッシュな冷風扇です。本体上部に室温が表示され、センサーコントロールにより室温によって風量を自動で調節してくれます。風量も1から5の5段階で調節できるので、利用シーンによって使い分けることができて便利です。 リモコン付きで遠隔でも操作が可能。本体の背面にリモコンを収納しておけるので、紛失する心配もありません。底にはキャスターがついているので、力を入れなくても楽に移動させることができます。 左右50度の首振り機能があるので、広範囲に冷たい風を届けることができます。タンクは取り外せるのでお手入れも簡単。二重構造になっており、結露しにくくなっているのでお手入れの手間を減らしてくれるのもうれしいポイントです。

山善 冷風扇 スリムタイプ

PR
山善 冷風扇 FCR-F452(W)

商品情報

本体サイズ:幅33×奥行33×高さ86.5cm
本体重量:5.4kg
電源コードの長さ:約1.8m

インテリアとしてもおしゃれな冷風扇を探している方におすすめの商品。スリムでスタイリッシュな形をしており、どんな部屋にもなじんでくれます。リモコンが付属しており、遠隔でも操作ができる便利な冷風扇です。 最大50度まで左右に首振りできるので、広範囲に冷たい風を届けることも可能。上下のオートルーバーで縦にも風が広がるので、室温を効率よく下げてくれます。風量も3段階で調節できるので、その日の気温や使用場所によって切り替えられて便利です。 タイマー機能も搭載しているので、就寝時に使いたい方にもおすすめ。1、2、4時間と細かくタイマー時間の設定ができるので、その日の気温や体調に合わせて快適に眠れます。取り外し可能なタンクで手軽にお手入れできるのも魅力です。

KIKAIYA 冷風扇 すごひえ

PR
【すごひえ】冷風扇 35L 大型

商品情報

ブランド KIKAIYA
材質 プラスチック

倉庫やビニールハウス、屋外などで使える大型の冷風扇。タンク容量は約35Lで、30㎡ほどの範囲を涼しくすることができます。3段階の風量調節や左右の自動首振り、1~7時間のオフタイマー機能などを搭載しており、機能性も十分です。

Qurra(クルラ) Anemo Cooler mini

PR
Qurra(Anemo Cooler mini) 卓上クーラー

商品情報

ブランド Qurra(クルラ)
材質 プラスチック

コロンとしたサイズ感がかわいい卓上タイプの冷風扇。水のみでも涼しいですが、氷や保冷剤もあわせて使うことができます。USB充電式でコードも付属しているため、どこかに持ち運んで使用できるのもうれしいポイントです。

冷風扇で暑い季節も快適に過ごそう

今回は冷風扇の選び方と、メーカー別におすすめの商品について詳しくご紹介しました。冷風扇を選ぶ際は、サイズやタンク容量などに着目して選びましょう。首振りやモード切り替えなどの便利機能があるものだと、より快適に過ごすことができますよ。ぜひこの記事を参考にして、冷風扇を選んでみてくださいね。クラシルでは持ち運びにも便利なおすすめハンディファンもご紹介しています。屋外でも手軽に涼しく過ごしたい方はぜひチェックしてみてください。

こちらもチェック!
【2023年】ハンディファンのおすすめ12選!首掛けや静音タイプなど人気のアイテムをご紹介

ハンディファンは、持ち運びに便利な人気の携帯扇風機です。最強の風量を楽しめるタイプ、長持ちするロングバッテリー、デザインに高級感があるものなど、種類が豊富で選ぶのが難しいですよね。この記事では、ハンディファンのおすすめの選び方(風量、給電方法、静音性、付加機能など)をご紹介します。ぜひご覧ください!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。 ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。 ※製品画像はAmazonより

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー