この記事で紹介されている商品
パワーグリップのおすすめ6選!リストストラップやグローブとの違いも解説

パワーグリップのおすすめ6選!リストストラップやグローブとの違いも解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

ベンチプレスや懸垂の筋トレにぴったりな「パワーグリップ」。しかし、トレーニンググローブやリストストラップといった種類もあり、初めて購入する場合、何を基準に選んでよいか迷いますよね。そこで今回は、パワーグリップの魅力や選び方をご紹介します。おすすめ商品も厳選したので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

パワーグリップとは

パワーグリップとは、筋力トレーニングの際、ダンベルや懸垂などの種目にぴったりなトレーニングギアです。パワーグリップは、バーベルやダンベルにベロの部分をくくりつけることで、握力の補助に特化しています。

パワーグリップのほかにもリストストラップやトレーニンググローブがあります。リストアップは、素手の感覚を残した感覚で握力の補助を行い、ベントオーバーローやデッドリフトといった種目におすすめです。

トレーニンググローブは、手のひらや手首を保護し、手汗でバーベルやダンベルを滑りにくくします。また、手の大部分を覆うタイプなので、手指の保護も可能です。

パワーグリップを使うメリットとは

パワーグリップを使うメリットとしては、握力を補助しながらダンベルやバーベルを安定して持ち上げられる点が挙げられます。また、手の大部分が覆われているため、手のひらを保護し痛みの防止やマメができるのを防ぐことも期待できます。

さらに、パワーグリップを使用することで、握力を維持しながらレップ数を伸ばすことができ、余計なエネルギーを消費する必要がありません。前腕筋の疲労を抑えられるため、筋肉に負荷を掛け易くなり効率の良い筋力トレーニングが可能になります。トレーニング中に握力がもたないような事態は避けられるでしょう。

パワーグリップの使い方

パワーグリップの使い方は、背中などのプル(引く動作)系種目で使用する場合と、胸などのプッシュ(押す動作)系種目で使用する場合の2パターンがあります。

プル系の種目での使い方は、ベロと手のひらの間にバーを挟むようにセットし、器具に巻きつけて使用します。プッシュ系の種目では、手のひらとバーの間にベロを挟むようにセットし、手のひらを保護しながら使用しましょう。

パワーグリップが役立つトレーニングは、チンニング、ラットプルダウン、デッドリフト、ベンチプレス、チェストプレス、ショルダープレスなど幅広く利用できます。

パワーグリップの選び方

パワーグリップを選ぶ際には、チェックしておきたい「サイズ」「ベロの素材」「ベロの長さ」の3つのポイントがあります。

ここからはパワーグリップの選び方をご紹介します。重視したいポイントをチェックして、自分にぴったりなパワーグリップを選びましょう。

1.サイズで選ぶ

パワーグリップは、手首に巻きつけて使用するため、手首に合ったサイズを選ぶことが重要となります。手首のサイズに合わせて選ばないと握力が落ちたときに安定しないので注意が必要です。

パワーグリップを選ぶ際には、手首のサイズに+0〜5mmのものを選ぶことをおすすめします。また、手のひらのサイズに合わせて購入してしまうと、手首とベルトに隙間が空いてしまうため、トレーニング中に滑りやすくなり事故になることもあります。そのため、パワーグリップが自分の手首のサイズをチェックしてから購入してください。

2.ベロの素材で選ぶ

パワーグリップを選ぶ際には、チェックしておきたい3つのポイントでもある「ベロの素材」の特徴を理解して選ぶとよいでしょう。

ここからはパワーグリップのベロの素材での選び方をご紹介します。重視したいポイントをチェックして、自分にぴったりなベロの素材のパワーグリップを選びましょう。

ラバー

パワーグリップのラバー素材の特徴は、滑りにくく、ダンベルやバーベルをしっかり握り込めます。さらに厚みもあるため手のひらが痛くなりにくいです。パワーグリップのなかでも最も種類が多く、耐久性も高いのもポイントです。また、ダンベルやバーベル、さまざまなトレーニングマシンとの相性もよいので、筋力アップも効率的に実現します。

価格も比較的安価なタイプが多いので、初めてパワーグリップを購入する方におすすめです。

レザー

パワーグリップのレザー素材は、牛革で作られているため、材料の粘り強さや外力によって破壊されにくい性質の靭性があり、負荷のかかるウェイトトレーニングに適しています

また、レザー素材は手に馴染みやすいのが魅力で、装着感にも優れており、高級感を漂わせる見た目の良さもポイントです。

一方、デメリットとして、レザー素材は汗や皮脂を吸収してしまうため、メンテナンスが難しい点が挙げられます。革製品なので、購入時は硬さが目立ちますが、使い込むほどに柔らかくなり、手に馴染んでくるでしょう。

ネオプレン

ネオプレン素材の特徴は、柔らかい素材なので握り心地やトレーニング器具とのフィット感が優れている点が挙げられます。ネオプレン素材は、ウェットスーツなどにも使用されているため、メンテナンスが簡単で丸洗いでき、清潔に使えるのもポイントです。

また、耐久性にも優れており、女性でも使用できるおしゃれでかわいい製品もラインナップしているので、さまざまな角度から選ぶことができます。

3.ベロの長さで選ぶ

パワーグリップのベロが長すぎてしまうとトレーニング器具が握りにくくなる場合があるので、中指の第二関節ほどの長さが最適です。ベロが長いとプシュ種目での手のひらを保護できるため、まめの防止の効果にもつながります。一方、短いタイプはプル種目のバーなどに巻きつけやすいといえます。

メーカーによってもベロの長さや形状は異なるため、手首の太さを考慮したサイズ選びが重要です。さらに、マジックテープの品質も重要なポイントとなるので、チェックすることをおすすめします。

パワーグリップのおすすめ6選

プル系種目やプッシュ系種目で握力を補助しながら筋力トレーニングに対応できるパワーグリップ。サイズや素材、ベロの長さで選ぶのもポイントです。

ここからは、おすすめのパワーグリップを紹介していきます。それぞれの特徴をご紹介しますので、自分に合ったパワーグリップを選んでみてくださいね。

ゴールドジム パワーグリッププロ G3710
4.5

Amazonカスタマーレビュー(1672件)

商品情報

メーカー:ゴールドジム
サイズ:S(約16cm)/M(約18cm)/L(約21cm)
素材:―
装着:テープ式
重量:240g

ストレスを感じさせないトレーニングを実現できるよう開発されたゴールドジムのパワーグリップです。人間工学に基づいたデザインにより、手首に負担がかからないようトレーニングによるケガを防ぐように工夫されています。プル系のトレーニングで握力をあまり使わないよう作られているため、鍛えたい部位を集中してトレーニング可能です。

ALLOUT パワーグリップ プロ

商品情報

ブランド ALL OUT POWER GRIP PRO
色 オレンジ
材質 ゴム
スタイル design
テンションレベル 318kg
サイズ Sサイズ(手首の太さ16cm以下)MLサイズ(手首の太さ16~20cm)XLサイズ(手首の太さ20~23cm)※Sサイズはレディースサイズです。

ハードなウェイトトレーニングでも集中できるパワーグリップです。プル系種目では鍛えたい身体の部位に負荷をかけられ、プッシュ系種目では滑らないようにしっかり役目を果たします。左右同時にセット可能で、トレーニング中の時間を無駄にしません。これから筋トレを始めたい方や上級者にもぴったりで幅広く愛用されるアイテムです。

アディダス パッドリフティンググリップ
3.4

Amazonカスタマーレビュー(10件)

商品情報

メーカー:アディダス
サイズ
S/M:手首周り約16cm・手のひら(横)約8~11cm、L/XL:手首周り約20cm・手のひら(横)約11~13cm
素材:PP/ポリエステル/ナイロン/ポリウレタン/ラバー
装着:ベロクロ式
重量:S/M(160g):L/XL(180g)

ワンタッチで脱着できるベルクロ方式のパワーグリップ。ベロクロ方式で手首をしっかり固定できるため、握力を落とさずにトレーニングに集中できます。ベロの素材はラバーを採用しており、滑りにくく、厚みもあるため手のひらが痛くなりにくいです。耐久性も高いので、ハードなトレーニングにもぴったり。懸垂やデッドリフトなどの種目に最適です。

SPALTAX パワーグリップ

商品情報

ブランド:SPALTAX
サイズ:X-Small,S,M,L
色:ブラック
留め具タイプ:面ファスナー

筋トレに馴染みやすい優れたノンスリップラバー素材を使用したパワーグリップです。筋トレ中の握力を補助することで、握力が落ちることなく筋トレに集中できます。耐久性や耐摩耗性にも優れており、手のひらもしっかり保護でき着脱も簡単です。手首が細めの男性や女性にはSサイズがおすすめです。

パワーグリップ ゴリラグリップス Ver.2.6
4.1

Amazonカスタマーレビュー(203件)

商品情報

メーカー:ゴリラグリップス
サイズ
S:手首周り約14.5~16cm 
M:手首周り約16~19cm 
L:手首周り約19~22cm
素材:ラバー
装着:―
重量:140g~

高いグリップ力を発揮し、より筋肉に負荷を与えることが可能になったパワーグリップです。滑り止め加工を施した高強度特殊ラバーにより、シャフトにしっかりと巻きつきます。ラバーの厚みもしっかりしているので、手のひらを保護しまめができにくいのもポイント。これから筋トレを始めようとする初心者から中級者の方におすすめです。

ゴリラスクワッド パワーグリップ
4.0

Amazonカスタマーレビュー(19件)

商品情報

メーカー:ゴリラグリップス
サイズ:フリー 手首周り約13~23cm 
素材:ラバー
装着:―
重量:490g

プル系種目に威力を発揮するパワーグリップです。ラバーによる滑り止めを施したスチールフックにより、片方のフックの耐加重は約150~250kgまで対応できます。オリンピックバーに対応したプル系種目用なのもポイントです。チンニングやデッドリフト、ラットプルダウンなどでプル系種目で使用することで背中のトレーニングもできます。

トレーニンググローブもチェック!

手のひらや手首を保護し、手汗でバーベルやダンベルを滑りにくくするトレーニンググローブ。懸垂を行う際にも利用できるので便利です。手の大部分を覆うタイプなので、手指を保護しケガの防止に役立ちます。

それぞれの特徴をご紹介しますので、自分に合ったトレーニンググローブを選んでみてくださいね。

ナイキ トレーニンググローブ
3.7

Amazonカスタマーレビュー(5件)

商品情報

メーカー:ナイキ
サイズ:M/L 
素材:手掌/ポリエステル・ポリウレタン・ナイロン、手甲/ポリエステル、その他/ナイロン・ポリエステル・ポリウレタン

ウェイトリフティングに必要な機能を備えているトレーニンググローブです。手の甲部分はメッシュ素材を採用することで、発汗を抑え通気性にすぐれたデザイン。軽量で柔軟性が高いのも魅力です。手や指、手首をしっかり保護し、サポートする効果があるので、炎症や腱炎の原因になるケガを防止します。さらに、手首のサポートや不快感や痛みが生じるタコやマメの予防にも役立ちますよ。

アンダーアーマー トレーニンググローブ
4.3

Amazonカスタマーレビュー(415件)

商品情報

メーカー:アンダーアーマー
サイズ:
S:全長13.5cm/手首周り12cm
M:全長14cm/手首周り14cm
L:全長14.5cm/手首周り15cm
XL:XL 全長15cm/手首周り16cm 
素材:合成皮革/ポリエステル/ポリウレタン

ひんやりとした肌触りを実現したトレーニンググローブです。特殊構造の糸により、トレーニングでの熱や発汗を吸収し、快適にトレーニングに集中できます。手の甲は耐久性が高く、手のひらにはグリップ感を充実させるため、合皮を使用しているのもポイントです。リストクロージャーにより、調整可能なのでフィット感も向上。さらにプルタブで容易に着脱可能なのも効率的なトレーニングを実現します。

ゴリラスクワッド プロテクションウエイトトレーニンググローブ
4.3

Amazonカスタマーレビュー(37件)

商品情報

メーカー:ゴリラグローブ
サイズ:
S:手のひら15~17cm
M:手のひら18~20cm
L:手のひら21~23cm
XL:手のひら24~25cm 
素材:スエード素材/PUレザー

登山やサイクリンググローブにもぴったりなトレーニンググローブです。手のひらにはスエード素材を使用していることで、トレーニング中の怪我やまめから保護します。手の甲部分はマイクロファイバー素材を採用。通気性が良いのが特徴で、夏場のトレーニングでも蒸れを防止します。ベルクロ方式で手首は固定できるので、しっかりフィットするのもポイントです。グローブを外すときは、フィンガータブを引くことで、簡単に外せます。

ゴールドジム EXレザーグローブ
4.3

Amazonカスタマーレビュー(125件)

商品情報

メーカー:ゴールドジム
サイズ:M/手首回り22cm、L/手首回り23cm
素材:レザー

筋トレの際に手のひらを保護してくれるトレーニンググローブです。手の甲には、メッシュになっており、通気性がよく蒸れにくいので、清潔に保てるのもポイントです。手のひら部分にはレザーを使用しているため、使い込めば使い込むほど、馴染んでいきます。筋トレ初心者から上級者まで幅広く使用できるため、筋トレ愛好家におすすめです。

アディダス トレーニンググローブ
3.8

Amazonカスタマーレビュー(178件)

商品情報

メーカー:アディダス
サイズ:M手首回り20~21.5cm
素材:ポリエステル

通気性の優れたクライマクールを採用により、肌と生地素材の間の熱や蒸れを取り除くことを実現したトレーニンググローブです。手首部分には、伸縮性のある工夫がされており快適で安全なフィット感が得られます。親指に使われている素材は、汗を拭きやすくしているため、トレーニングでも便利です。人間工学的に配置されたグリップにより、手のひらを補強する役目やまめ・ケガ防止にもつながるでしょう。

リストストラップもチェック!

手首とダンベルなどのバー部分に巻いて使用することで握力を補助し、ホールド力を高めるリストストラップ。ベントオーバーローやデッドリフトの種目では、腕や手の負担を減らす効果があります。

それぞれの特徴をご紹介しますので、自分に合ったリストストラップを選んでみてくださいね。

ゴールドジム リストストラップ
4.4

Amazonカスタマーレビュー(1763件)

商品情報

メーカー:ゴールドジム
素材:綿/ロゴ部分はナイロン
スタイル:綿タイプ
サイズ:長さ51x幅4cm

ウエイトトレーニングをする際の握力を補助し、ホールド力を高めるリストストラップ。プル系種目のトレーニングのほかにも背中の広がりよりも厚みや立体感をつけることに重点を置いたローイング系の種目にぴったりです。ストラップをバーに巻きつけて握ってトレーニングすることで、腕や手の負担を減らす効果があります。汗で滑らないようにするのにも効果的です。

ゴールドジム ループ付きリストラップ
4.4

Amazonカスタマーレビュー(590件)

商品情報

メーカー:ゴールドジム
素材:コットン
スタイル:コンパクト
サイズ:ワンサイズ

着用するだけで理想的なトレーニングフォームを維持し、最大限の力を発揮できるリストストラップです。重量の重いトレーニング器具を使うほど、怪我や故障の可能性が高くなるため、予防対策としても重要なアイテムといえます。親指にかけるリングつきなので、手首にしっかり巻けます。 マジックテープで簡単に調整できるのもポイントです。

ハービンジャー リストストラップ
4.1

Amazonカスタマーレビュー(20119件)

商品情報

ブランド:ハービンジャー(Harbinger)
材質:ポリエステル、コットン、ネオプレン
色:ブラック

伸縮性のある男女兼用で使用できるリストストラップです。手首を固定することで、しっかりフィットし、安定感も向上するためケガを予防できます。サムループを備えているので、親指にループをひっかけることで、手首に簡単に巻きつけることが可能です。手首への締め具合も調整しやすいので、自分に合った調整ができます。

全14商品

おすすめ商品比較表

ゴールドジム パワーグリッププロ G3710

ALLOUT パワーグリップ プロ

アディダス パッドリフティンググリップ

SPALTAX パワーグリップ

パワーグリップ ゴリラグリップス Ver.2.6

ゴリラスクワッド パワーグリップ

ナイキ トレーニンググローブ

アンダーアーマー トレーニンググローブ

ゴリラスクワッド プロテクションウエイトトレーニンググローブ

ゴールドジム EXレザーグローブ

アディダス トレーニンググローブ

ゴールドジム リストストラップ

ゴールドジム ループ付きリストラップ

ハービンジャー リストストラップ

Amazonカスタマーレビュー
4.51,672
4.58,948
3.410
3.770
4.1203
4.019
3.75
4.3415
4.337
4.3125
3.8178
4.41,763
4.4590
4.120,119
最安値
¥13,990
タイムセール
¥3,680-8%
参考価格¥3,980
タイムセール
¥2,307-23%
参考価格¥3,000
タイムセール
¥2,373-14%
参考価格¥2,750
タイムセール
¥3,265-15%
参考価格¥3,850
購入リンク

パワーグリップで快適なトレーニングを!

パワーグリップをプル系・プッシュ系種目で手首や握力を補助し、ケガを予防するパワーグリップ。トレーニンググローブやリストストラップもあるので、用途に合わせて使用するのがポイントです。ぜひ本記事の選び方やおすすめ商品を参考に、自分にぴったりなパワーグリップを選んでみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のスポーツ用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー