この記事で紹介されている商品
【2024年】シャープのドラム式洗濯機のおすすめ4選!特徴や選び方を解説

【2024年】シャープのドラム式洗濯機のおすすめ4選!特徴や選び方を解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

ドラム式洗濯機のメーカーとしても人気のシャープ。掃除のしやすさや除菌消臭効果、乾燥機能にこだわった製品は特に人気です。人気メーカーだけあって種類も豊富で、「コンパクトサイズ」や「右開き」など、こだわり条件を設定しやすいのもポイントだと言えるでしょう。そんなシャープ製のドラム式洗濯機の特徴・選び方を解説するとともに、おすすめモデルを厳選して紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

シャープのドラム式洗濯機の特徴

シャープのドラム式洗濯機が消費者から支持される理由は、使い勝手の良さにあります。乾燥やお掃除など、ドラム式洗濯機でこだわりたいポイントを、しっかりと押さえてくれているのがおすすめだと言えるでしょう。シャープ製品の特徴として、「ハイブリッド乾燥」「静音設計」「プラズマクラスター」「クラウドサービス連携」の4つの項目をくわしく解説します。

ハイブリッド乾燥

シャープのドラム式乾燥機には、乾燥力に注力した商品が少なくありません。中でも注目されているのは、シャープ史上最高の乾燥力を誇る「ハイブリッド乾燥NEXT」です。ヒートポンプとサポートヒーターのハイブリッドで、洗濯物を素早く乾燥可能。

業界唯一の湿度センサーとAI制御により、省エネかつスピーディーな乾燥を実現しています。乾きやすい布地にも乾きにくい布地にも自動で対応してくれるため、難しいことを考える必要はありません。

シャープの乾燥機能では、天日干しよりも心地いい仕上がりにこだわっていて、ふんわりあたたかな状態に近付けてくれます。シワ抑え乾燥コースを使えば、乾燥後のアイロン作業も楽になるでしょう。

静音設計

シャープのドラム式洗濯機は、運転中への騒音にも対応。夜間や早朝でも、周囲を気にせず洗濯機を使えるよう配慮されています。運転音を抑えるDDインバーターを搭載したモデルも多く、高速回転時も音が気になりにくいでしょう。

乾燥までを自動で行えるドラム式洗濯機は、電気代削減のためにも「家族全員分の洗濯物をまとめて夜間に回るようセットしておく」という使い方をするご家庭も多く見られます。特に集合住宅においては、深夜の洗濯機使用が騒音トラブルの原因になってしまう可能性も。静音性に優れた洗濯機を多く取りそろえているシャープなら、安心して使えるものも見つかるのではないでしょうか。

プラズマクラスター機能

シャープと言えば、プラズマクラスターが有名です。洗濯機以外にも、冷蔵庫や空気清浄機、ドライヤーなど、さまざまなアイテムに活用されている除菌消臭機能です。

プラズマクラスターが搭載されたドラム式洗濯機では、乾燥中の除菌・消臭が可能です。シャープが行った試験によると、洗濯から乾燥までの流れの中で、菌を99%以上抑制することに成功。特別な洗剤を使わなくても、常に清潔な状態をキープしやすいでしょう。普段あまり水洗いできない制服やブーツなどもすっきりケア。花粉を除去する効果も期待できます。

またプラズマクラスターは桶洗浄にも効果的です。通常の水洗いにプラズマクラスターイオンをプラスすることで内部のカビ菌の増殖を防いでくれます。

クラウドサービス連携機能

シャープのドラム式洗濯機の中でも、一部のハイエンドモデルにはアプリを活用したクラウドサービスとの連携機能が搭載されています。「COCORO WASH」アプリを手元の端末に入れれば、シャープ独自のAIoT技術により、おすすめ洗濯方法をアドバイスしてくれます。スマホを見るだけで洗濯完了予測時刻を確認できたり、予約時間の変更ができたりするのも魅力の一つです。

また洗いたい衣類に合った洗濯コースを、クラウドを通じて自宅の洗濯機にダウンロード可能。お手入れしたいアイテムに最適な洗濯方法を、迷うことなく選べるでしょう。エラー解決アシスタント機能もあり、万が一のときも安心です。

ドラム式洗濯機を選ぶポイント

初めてドラム式洗濯機を購入する際には、どこに注目するべきかわからず、戸惑う人も少なくありません。購入してから「もっと○○だったら…」と後悔しないためには、事前の比較検討が必須。必ず確認しておきたいポイントは「容量」「乾燥方式」「本体サイズ」「ドアの開閉方向」「機能性」の5つです。それぞれについて、どこをどう見るべきなのか詳細をお伝えします。

容量

ドラム式洗濯機選びでまず注目したいのが、「容量」です。洗濯容量と乾燥容量の2つの情報に注目してみてください。

洗濯容量とは、一度に洗濯できる上限です。小型のものであれば7kg、大型になると13kgというモデルもあります。家族の人数や洗濯スタイルに応じて決定しましょう。容量を見極める際の基本は、「家族の人数×1.5kg」です。これにプラスして1kg程度の余裕があれば、タオルやシーツといった洗濯物が増えたときでも安心できるでしょう。

乾燥機能を頻繁に使用する予定なら、乾燥容量も重要なポイントです。こちらも、何をどの程度乾燥させたいのかによって、ベストな容量を選んでください。

乾燥方式

ドラム式洗濯機に搭載されている乾燥機能には、主に以下の2パターンがあります。

ヒーター式

ヒートポンプ式

ヒーター式は、ヒーターで温めた空気をドラムの中に送り込み、乾燥させる方式です。ドライヤーで風を拭き付ける様子をイメージすると良いでしょう。乾燥時間は短くなりますが、消費電力は多め。毎日乾燥機を使用する場合、経済的な負担が重くなってしまいます。

一方でヒートポンプ式は、ヒートポンプが熱交換した熱を使って衣類を乾燥させます。ヒーターや水を使わない仕組みなので、ランニングコストは低め。またヒーター式よりも低温で衣類を乾燥させるので、ダメージを与えにくいというメリットもあります。

本体サイズ

ドラム式洗濯機は、縦型よりもサイズが大きめ。設置予定場所に問題なく収まるかどうか、確認が必須です。洗濯機の本体サイズだけを確認して「大丈夫」と判断するのではなく、周囲の壁面との隙間や、洗濯機上面から水道蛇口までの距離、扉を開くためのスペースについても入念にチェックしてください。

設置に必要なスペースは、洗濯機のモデルによっても異なるもの。サイズ的に問題があると発覚したら、容量が小さいものやスリムタイプを検討するのもおすすめです。

また、設置場所までの経路の確認も必須です。洗濯機のサイズ+10cm以上の幅を確保できるかも、チェックしておきましょう。

ドアの開閉方向

ドラム式洗濯機には、左開きと右開きの2種類があります。左開きとは、向かって右側に開閉のための取っ手があり、左に向かって引くタイプ。反対に、左側から右に引くのが右開きです。左開きは右利きの人に使いやすく、右開きは左利きの人におすすめです。

ただし洗濯機の周辺環境によっては、あえて逆タイプを選んだほうがよいケースもあります。たとえば洗濯機の右に壁がある場合、右開きを選ぶほうが安心です。洗濯物を出し入れしやすいでしょう。

利き手の関係から、右開きのドラム式洗濯機は左開きのものよりも種類が少ないという特徴があります。選定時には、必ずどちらなのか確認しておいてください。

機能性

ドラム式洗濯機には、基本性能以外に、毎日の洗濯を楽にしてくれるような便利機能を搭載したものも少なくありません。特にハイエンドモデルの購入を検討する場合、どのような機能を利用できるのかチェックしてみてください。

特に人気が高いのは、洗剤自動投入機能です。洗濯機に設置されたタンクにあらかじめ洗剤を入れておけば、洗濯時に必要量を自動で計測・投入してくれます。いちいち洗剤を手に取る必要がなくなるでしょう。また洗濯槽をきれいに保てる槽洗浄機能も必要性の高い機能です。ドラム式洗濯機の乾燥機能を使う際に欠かせないお手入れを自動化した製品もあり、手間を減らしたい人にとっては非常に魅力的な商品と言えるでしょう。

シャープのドラム式洗濯機のおすすめ4選

シャープのドラム式洗濯機にはさまざまなモデルがあります。どれを選べばいいのか悩んだときには、ぜひそれぞれの魅力に注目してみてください。おすすめ商品4つについて、それぞれの特長を紹介します。

真下排水にも対応したコンパクト設計
SHARP ドラム式洗濯乾燥機 ES-S7H-WL

商品情報

サイズ:幅64×奥行60×高さ103.9cm
洗濯容量:7kg
乾燥容量:3.5kg

洗濯容量7kgと、ドラム式洗濯機としてはコンパクトなモデルです。幅640mm×奥行600mmと小さめなので、賃貸住宅でも設置しやすいタイプだと言えます。DDインバーター搭載で作動音にも配慮。脱水中や乾燥中も静かなので、主に夜間利用を考えている人でも安心して導入できるでしょう。洗濯のたびに洗濯槽の裏側を自動で洗浄してくれるのも嬉しいポイントです。

シャープ ドラム式洗濯機 ES-H10F-WL

商品情報

容量 10 キログラム
色 4)ホワイト/ヒーター乾燥
ブランド シャープ(SHARP)
商品の寸法 72.9奥行き x 64幅 x 111.4高さ cm
特徴 チャイルドロック, ヒーター付, インバータ, 自動投入

洗濯容量10kgとたっぷり洗濯できるにもかかわらず、10万円以内で購入できるリーズナブルなドラム式洗濯機です。マイクロ高圧洗浄で、汚れをしっかり落としてくれます。ヒーター式の乾燥機能は、独自センサー技術により効率をアップしています。プラズマクラスターを使った除菌・消臭も可能で、洗濯槽のカビを抑制する槽クリーンコースも利用できますよ。

シャープ ドラム式洗濯機 ES-W114-SR

商品情報

容量 11 キログラム
色 1)シルバー/ハイブリッド乾燥
ブランド シャープ(SHARP)
商品の寸法 72.7奥行き x 64幅 x 111.5高さ cm
特徴 チャイルドロック, インバータ, ヒーター付, 自動投入

DDインバーターによる静音仕様に、洗剤の自動投入機能も付いた右開きタイプのドラム式洗濯機です。「ハイブリッド乾燥NEXT」による省エネ&ふんわり仕上がりを実現。洗浄力だけではなく、乾燥力にも満足できるモデルです。乾燥フィルターは自動でお掃除してくれるため、日々のメンテナンスの手間も減らせるでしょう。クラウドサービス「COCORO WASH」も利用できます。

シャープ ドラム式 洗濯乾燥機 ES-G11B-SL

商品情報

容量 11 キログラム
色 シルバー
ブランド シャープ(SHARP)
商品の寸法 72.8奥行き x 64幅 x 110.4高さ cm
特徴 ラクラク設計, プラズマクラスター, センサー(温度・湿度・水位・重量・振動)

洗濯容量11kg、乾燥容量6kgとファミリーにもおすすめのドラム式洗濯機です。シルバーのスタイリッシュな見た目に、4つの自動お掃除機能が魅力。乾燥フィルターに乾燥ダクト、ドアパッキンに洗濯槽と、ついお手入れを忘れてしまいがちな場所を自動できれいにしてくれます。乾燥機能はヒートポンプ式で、衣類に優しい仕上がりを実現。5つのセンサーで賢く省エネできるでしょう。

全4商品

おすすめ商品比較表

SHARP ドラム式洗濯乾燥機 ES-S7H-WL

シャープ ドラム式洗濯機 ES-H10F-WL

シャープ ドラム式洗濯機 ES-W114-SR

シャープ ドラム式 洗濯乾燥機 ES-G11B-SL

Amazonカスタマーレビュー
4.3104
4.1102
4.5138
4.3104
最安値
¥134,747
¥136,000
¥195,000
¥190,409
購入リンク

シャープのドラム式洗濯機で日々の家事を楽にしよう

プラズマクラスターにハイブリッド式乾燥など、独自のこだわりを持つシャープのドラム式洗濯機。手軽に購入できるリーズナブルな商品から、機能充実のハイエンドタイプまで種類も豊富です。今回紹介した情報も参考にして、好みの洗濯機を見つけてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー