この記事で紹介されている商品
キャンプ用テントのおすすめ20選!ソロ・2人〜4人用/ファミリー向け商品をご紹介

キャンプ用テントのおすすめ20選!ソロ・2人〜4人用/ファミリー向け商品をご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

キャンプに行く際にまず準備が必要な「テント」は自然の中で安心かつ快適に過ごすための重要なアイテムです。ただしテントにはソロキャンプ用、ファミリー用などメーカーによりさまざまな種類があるため選び方がわからず迷ってしまいます。今回はキャンプ用テントを選ぶポイントと、厳選したおすすめの商品をご紹介します。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

キャンプ用テントの種類

キャンプ用テントの種類、主に4つのタイプに分けられます。構造や素材によってそれぞれ特徴が異なるので、購入前にしっかり把握しておきましょう。

テントタイプ特徴対応人数
ドーム軽量、種類が豊富、設営が簡単1人〜ファミリー向き
2ルーム寝室とリビングを分けられる、パーツが重いファミリー、大人数向き
ワンポール空間がやや狭い、設営が簡単1人〜ファミリー向き
タープ天井が高く広い、パーツが多くて重いファミリー、大人数向き

何人でキャンプに行くのか、どんな場所にテントを張りたいのかなど具体的な用途を想定しながら、選んでみてくださいね。

ドームタイプ

ドームタイプは、雨や日光などの天候に対して耐久性が高いドーム型のテントです。軽量でコンパクトに収納できるのに加えて、構造がシンプルで設営も比較的簡単なため、初心者にも扱いやすいテントと言えます。ソロキャンプ用の1人サイズからファミリー向けまでサイズや価格帯も幅広いので目的や用途にあったものが選びやすいのが特徴ですよ。

2ルームタイプ

2ルームタイプは、寝室とリビングの2つの空間を備えたテントを指します。寝室とリビングが一体化した構造で、別途タープの準備や連結の手間が掛からないのがメリットです。

2部屋あればテント内の空間を広く確保できるため、テーブルやチェアを配置したり、インナーテントを外して大人数で食事をしたりと幅広い用途に対応できます。部品が多いため設営には慣れが必要でしょう。

ワンポールタイプ

ティピーとも呼ばれるワンポールタイプは、中央を1本のポールで支える円錐型のテントのことを言います。おしゃれな外観と設営の手軽さが特徴で、色やデザインのバリエーションが豊富です。

また、円錐型の多面構造により風に強く安定感があります。ワンポールタイプは端にいくほど天井が狭くなり、居住空間が狭く感じやすいため余裕を持った定員数のテントを選ぶのがポイントですよ。

タープタイプ

タープタイプとは、支柱を立てて天幕を張る自立式のテントのことです。フレームを広げるだけで自立し、ペグを地面に打ち込むペグダウンが必要ないため簡単に設営できます。

壁がなく開放感があり大人数で使用できるため、キャンプだけでなくバーベキューやピクニックでも活躍します。風に弱い特性がありますが、サイドカーテンを使用すれば横から入ってくる雨や風を防ぐ効果が期待できますよ。

キャンプ用テントの選び方

キャンプ用テントを選ぶ際は、キャンプでの過ごし方をイメージして自分の家同様に安心して快適に過ごせるものを選ぶとよいですよ。選ぶ際は4つのポイントに着目しましょう。

  • 人数に合わせて選ぶ
  • 組み立て方で選ぶ
  • テントの構造で選ぶ
  • 耐水圧で選ぶ

それぞれについて、詳しい内容をご紹介します。

1.人数に合わせて選ぶ

テントを選ぶ際は、使用する人数に合ったものを選びましょう。テントの商品情報に表記されている定員人数は、最大収容可能人数のことです。ゆったりと過ごしたいなら、実際に使用する人数+1~2人を目安に選んでみてください。

自分だけのソロキャンプであれば、1人で設営と撤収がしやすい軽量でコンパクトなものがよいでしょう。ドーム型やワンポール型のテントがおすすめですよ。

2人で過ごすデュオキャンプには、空間を広く使えるようにテントとタープがセットになったものや、ツールームタイプを選んでみてはいかがでしょうか。2部屋あればプライバシーの保護もしやすいですね。

3人以上でのキャンプには、大人も子供も過ごしやすいファミリー用のテントがぴったりです。虫の侵入を防ぐメッシュ窓や天井を高めに設計ているものなど、快適さを重視したモデルを選びましょう。

2.組み立て方で選ぶ

テントの組み立て方法には「自立式・非自立式」や、組み立ての手間が掛からない便利な「ワンタッチ・ポップアップ」などがあります。組み立てや撤収に時間が掛かり過ぎないように、キャンプの熟練度や人数に適したテントを選ぶのがポイントです。

自立式か非自立式か

キャンプ用テントにはペグで固定しなくてもテントを立ち上げられる「自立式」と、ペグで固定してテントを立ち上げる「非自立式」があります。

テントの組み立てに慣れていない方には、ポールを差し込むだけと設営が簡単な自立式のテントがおすすめです。テントの移動がしやすく、裏返して天日干しもでき、撤収しやすい点がメリット。一方で、形が固定されているためアレンジがしにくく、ポールの本数が多くかさばるのが難点と言えます。

テントの組み立てに慣れている方や、複数人でキャンプに行くことが多い方には非自立式のテントがよいでしょう。パーツが少ないためコンパクトに収納できるのに加え、アレンジがしやすく選べるデザインの幅が広いのが特徴です。テントをペグと張り網で固定するため設営には慣れが必要で、設営場所も限定されている点には注意しましょう。

ワンタッチ・ポップアップテントだと便利

簡単に設営できるテントを探している方には、ケースから出して地面に置くだけでテントが立ち上がる、ワンタッチ式のポップアップテントがおすすめです。ポールの組み立てやペグでの固定が必要なく、軽量で手軽に持ち運べるため短時間のデイキャンプや、ハイキング、フェスなどさまざまなシーンで活躍しますよ。

3.テントの構造で選ぶ

テントの構造は、テント本体のみの「シングルウォール」と、インナーテントとフライシートを重ねる「ダブルウォール」に分けられます

シングルウォールテントは、テントに重ねるフライシートの付属がなく、本体に防水生地や防水加工を施しているのが特徴です。フライシートを被せる手間が省けるため設営や撤収がしやすく、重量が軽い傾向にあります。天候が変化しやすい環境下で素早くテントを設営したい場面などでは、わずかな時間で簡単に設営できるシングルウォールが便利です。

ダブルウォールテントは、2重構造のため雨風や結露に強く外気温の影響を受けにくいのが特徴です。またフライシートを重ねることで前室が作れるため、荷物置き場やリビングスペースを作れるのがメリット。タープがなくても、日よけや雨よけになるため気候の影響が激しいシーズンや、荷物が多くなる複数人でのキャンプにはダブルウォールがおすすめですよ。

4.耐水圧で選ぶ

自然の中で楽しむキャンプは突然の雨がつきものです。雨の被害を抑えるなら防水加工が施されたテントを選びましょう。防水加工のテントには、生地に染み込もうとする水の力を抑える性能を数値化した「耐水圧」が記載されており、数値が大きくなるほど強い雨に耐えられるとされています。

耐水圧と雨量の目安
  • 小雨 500mm
  • 中程度の雨 1,000mm
  • 強い雨 1,500mm

一時的な強い雨にも対応しやすい耐水圧1,000mm~1,500m以上のものがおすすめですよ。

キャンプ用テントのおすすめ20選

市販のキャンプ用テントの中から、おすすめの商品20点をご紹介します。それぞれの特徴を簡単にまとめているので、商品選びの参考にしてくださいね。

その名の通りバイクや自転車で持ち運べる携帯性の高いテントです。雨よけや荷物置き場に最適な前室と寝室が連なるツーリングドームタイプなので、空間を有効活用できますよ。過度な力を必要とせず一人でも設営可能なポールポケット式を採用してるため、ソロキャンプにもぴったりですよ。

キャンパーズコレクション 山善 プロモキャノピーテント5 CPR-5UV

商品情報

サイズ(インナー):幅275×奥行435×高さ165cm
耐水圧:1,000mm
重量:12.8kg
壁の構造:ダブルウォール
素材:ポリエステルタフタ
設営方式:組み立て式

頭上の空間が広い設計になっており、壁面の近くでも閉塞感を感じにくいのが特徴です。タープ用ポールが付属されているので、前室スペースを簡単に設営することも可能。荷物置き場として利用したり、椅子を置いてくつろいだりとスペースを有効活用できますよ。

ワイドスペースのリビングを備えた2ルームタイプのテントは、一人でも組み立てやすいアシストクリップを採用。虫の侵入を抑えるスカートやランタンハンガーなど、快適に過ごすための機能が充実しています。クロスフレームでテント内を広く使えるのも魅力ですね。

スノーピーク ランドネストドーム Mインナーソロテント

商品情報

ブランド:スノーピーク
【インナーテント】キャリーバッグサイズ:64×30×15(h)cm
【グランドシート】キャリーバッグサイズ:42×20×5(h)cm
重量:(インナーテント)1.4kg、(グランドシート)0.4kg
素材:ポリエステル
ボトム耐水圧:1,800mmミニマム

ランドネストドームMに取り付ければ、小型の2ルームシェルターとして使用できるインナーソロテントです。総重量が約1.8kgと軽量で持ち運びがしやすいため、荷物が多くなりがちな方にもおすすめですよ。広々とした横幅サイズは大人1人に丁度よい広さで、大きめの寝袋も設置できますよ。インナーテントを汚れから守るグランドシートが付属されているのもうれしいポイントです。

シンプルな構造で組み立てが簡単なワンポールテントは、キャンプ初心者の方にもおすすめです。頂点部の高さが170cmと高めで、大人2~3人でもゆったりとくつろげるスペースがあります。テント上部には外気を取り入れるベンチレーターがついているので、入り口を閉じていても換気が可能。スタイリッシュな見た目は、野外フェスにもぴったりですね。

両手でハブを合わせるだけでインナーテントが立ち上がるワンタッチタイプのテントです。1人専用のサイズで、設営と撤収も簡単にできるため初心者のソロキャンプにぴったりですよ。荷物置き場や雨よけとして使える前室スペースや、テント内に溜まった空気を排出するトップベンチレーションなど、テント内で快適に過ごすための機能も充実しています。

キャプテンスタッグ クレセント ドームテント M-3105

商品情報

サイズ:幅200×奥行200×高さ130cm
耐水圧:-
重量:2.5kg
壁の構造:ダブルウォール
素材:ナイロン
設営方式:組み立て式

フライシートがテント全体を覆うフルフライ仕様のドーム型テントで、雨の日でも使いやすいのが特徴です。ポール2本で設営が可能なので、軽量かつコンパクトに持ち運べます。インナーテントの出入り口は1mmのメッシュを使用しているので風通しが良く、虫の侵入も防げますよ。

大人2人、子ども2人でも荷物を置くスペースを確保できる広さがあり、家族で使うのにぴったりなサイズ感のベーシックなドーム型テントです。高さも175cmと高めなので、立ったままでも着替えやすいですよ。設営に必要なペグやハンマーも付属しているため、購入後すぐに使用できるのもうれしいポイントですね。

耐水圧が3,000mmと高く、強い雨にも対応できる多機能な1人用ドームテントです。耐水圧が高いとテント内の温度が高くなりますが、インナーテントに通気性のよいオールメッシュを採用しているため快適に過ごせます。ランタン用フックや、小物が収納できるポケット、ギアハンモックなど設備も充実しています。総重量が1.88kgと軽量でコンパクトなので楽に持ち運べますよ。

コールマン エクスカーションティピー

商品情報

サイズ:幅325×奥行230×高さ200cm
耐水圧:1,500mm
重量:6kg
壁の構造:ダブルウォール
素材:ポリエステルタフタ
設営方式:組み立て式

シーズンを問わず使えるワンポールタイプのティピーテントです。寒い日にはインナーテントをフルクローズして冷気を防ぎ、暑い日には外気を取り込んで中の空気を循環させるベンチレーションシステムで風通し良く快適に過ごせます。ほかにもメッシュポケットやランタンハンガーなども備わっていますよ。

ソロキャンプやデュオキャンプにおすすめのドーム型テントです。設営がしやすいようにパーツが色分けされているため、スムーズにセットできますよ。ドーム型の丸みを利用して風がテントの上を通る構造に加えて、テントの高さが低めに設計されているので、風によるダメージや破損を軽減する効果が期待できます。シンプルながらも耐久性と汎用性に優れたテントです。

広々とした前室空間が特徴のドーム型テントです。インナーテントの前後には大きなメッシュパネルを採用しているため、虫の侵入を防ぎながら空気の入れ替えがおこなえます。カラーはサンドベージュとカーキの2色から、好みにあわせて選べるのもうれしいですね。

ポール1本で簡単に設営できるワンポールテントです。耐水圧が高いフライシートにより強い雨にも対応できます。通気性を良くするためのベンチレーションシステムが備わっているので、テント内の空気や温度を快適に保てますよ。全面ジッパーでフルクローズにできるため、野外フェスなどプライバシーが気になるシーンにもおすすめです。

家族でも使いやすい5人用サイズのワンポールテントです。大人5人が寝られる床面積と、200cmの高さによりテント内部を広々と使えます。全面メッシュのインナーテントと、空気を入れ替えるベンチレーターにより高い換気性を備えています。収納サイズが横幅約58cmとコンパクトなので、持ち運びや保管がしやすいのもうれしいポイントですね。

軍用テントをルーツとした1人用のパップテントは、シンプルな構造でテントとしてもタープとしても使える汎用性の高さが特徴です。ポールは4分割にできるのでコンパクトになり、専用の収納ケースがついているので楽に持ち運べます。横幅が約190cmと長めに設計されているため、長身の方でもゆったりとくつろげますよ。フルクローズが可能なので着替えやプライベートスペースとしても使用可能です。

総重量が1.3kgと軽く携帯性に優れた1人用のドーム型テントです。ポール2本とシンプルな構造なので、1人でも組み立てやすくなっていますよ。フルオープン、メッシュクローズ、フルクローズとシーンに合わせて切り替えられるため、ソロキャンプだけでなく複数設営にもぴったりです。小型のテントですが、ランタンやファンを吊るせる天井フックや収納ポケットなど設備も充実していますよ。

BUNDOK ツーリングテント BDK-18

商品情報

サイズ(インナー):幅197×奥行110×高さ105cm
耐水圧:フライ、フロア1000mm インナー450mm
重量:2.3kg
壁の構造:ダブルウォール
素材:ポリエステル
設営方式:組み立て式

前後どちらからでも出入りができる使い勝手のよいツーリングテントです。インナーテントの上部は通気性に優れたメッシュ素材を採用しており、テント内の空気を快適に保ちます。雨を防ぐフライシートにはUV加工も施されているため、季節を問わず使用可能です。収納時のサイズが46cmとコンパクトなので持ち運びや保管もしやすいですよ。

コールマン カーサイドテント 3025

商品情報

サイズ(インナー):幅300×奥行250×高さ185cm
耐水圧:約1500mm(フロア:約2000mm)
重量:10kg
壁の構造:ダブルウォール
素材:ポリエステル
設営方式:組み立て式

車と連結できる大型のカーサイドテントです。4~5人で過ごせる広い空間は車中泊のキャンプにぴったりです。また臨時の荷物置き場や、災害時の自主避難にも使えますよ。日中はインナーテントを外してシェードとして、夜間はインナーテントを吊り下げて寝室としても使用できる便利な2WAY仕様です。3つの壁面はメッシュ、オープン、クローズと外気温に合わせて切り替えられます。

風に強いクロスポール構造でキャンプやピクニック、ビーチシーンにもおすすめのドーム型テントです。コールマン独自の防虫素材を採用したメッシュは虫よけにぴったり。また一般のメッシュよりも通気性性能が高いため、気温の高い日でもテント内の空気を快適に保つ効果が期待できます。床面からの水の浸み込みを軽減するPEフロアを採用しているので、水場の近くや雨の日にも設営しやすいテントですよ。

キャプテンスタッグ ソロテント UA-52

商品情報

サイズ(インナー):幅140×奥行210×高さ103cm
耐水圧:約2,000mm(フロア:約3,000mm)
重量:2.16kg
壁の構造:ダブルウォール
素材:ポリエステル
設営方式:組み立て式

組み立てパーツが色分けされているので、初心者でもスムーズに設営ができます。インナーシートとフライシートのダブルウォール構造でシーズンを問わず使えるのもうれしいポイントです。換気をするためのベンチレーションやインナーテント側面のメッシュにより外気を快適に取り入れられますよ。前室も広く使えるため荷物が多いソロキャンパーにもおすすめです。

全20商品

おすすめ商品比較表

コールマン テント ツーリングドーム ST

キャンパーズコレクション 山善 プロモキャノピーテント5 CPR-5UV

コールマン タフスクリーン2ルームハウス MDX

スノーピーク ランドネストドーム Mインナーソロテント

DOD ワンポールテントS

コールマン インスタントアップドーム

キャプテンスタッグ クレセント ドームテント M-3105

コールマン BCクロスドーム 270

BUNDOK ソロテント ドーム BDK-08

コールマン エクスカーションティピー

スノーピーク アメニティドーム

ogawa ステイシー ST-2

BUNDOK ソロティピー BDK-75

DOD ワンポールテントM

BUNDOK ソロベース BDK-79TC

グラフィス 組立式1人用ドームテント GR-H1010

BUNDOK ツーリングテント BDK-18

コールマン カーサイドテント 3025

コールマン スクリーンIGシェード

キャプテンスタッグ ソロテント UA-52

Amazonカスタマーレビュー
4.53,077
4.3796
4.5816
4.594
4.41,530
4.3483
4.21,705
4.4571
4.52,107
4.4921
4.5353
4.7501
4.4752
4.41,138
4.52,048
3.717
4.21,247
4.1120
4.41,685
4.3129
最安値
タイムセール
¥13,620-37%
参考価格¥21,780
¥12,400
タイムセール
¥53,180-35%
参考価格¥82,280
タイムセール
¥15,293-42%
参考価格¥26,400
タイムセール
¥10,982-26%
参考価格¥14,940
タイムセール
¥9,960-41%
参考価格¥16,800
タイムセール
¥20,045-32%
参考価格¥29,480
タイムセール
¥8,113-59%
参考価格¥19,800
タイムセール
¥12,767-14%
参考価格¥14,820
タイムセール
¥27,400-34%
参考価格¥41,800
¥38,346
タイムセール
¥17,060-17%
参考価格¥20,440
¥12,812
¥19,999
タイムセール
¥6,980-36%
参考価格¥10,890
購入リンク

目的に適したキャンプ用テントを選んで快適に!

キャンプ用テントの種類と特徴、選び方についてご紹介しました。キャンプでの過ごし方は人によってさまざまです。キャンプ用テントを選ぶ際は、どのような場所に何人で行き、どのように過ごしたいのかをイメージしながら選ぶことが重要です。本記事を参考にして快適なキャンプライフを楽しんでくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のアウトドア・キャンプカテゴリー

新着記事

カテゴリー