この記事で紹介されている商品
ソロキャンプ用タープのおすすめ13選!張り方が簡単なアイテムなどご紹介

ソロキャンプ用タープのおすすめ13選!張り方が簡単なアイテムなどご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

屋外でキャンプやバーベキューをするときには「タープ」があると便利です。この記事では、そもそもタープは必要なのかや、タープを選ぶときのポイントを解説します。ワンタッチで簡単に設営できるものや、サイズがコンパクトで持ち運びやすいものなど、おすすめの商品もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

タープは必要?魅力を解説

タープとは、屋外で日差しや雨風を防げる布のことで、キャンプやバーベキューなどで活躍するアイテムです。テントのように完全に締め切ることはできませんが、簡易的に屋根を立てられます。

タープの下に机や椅子をセッティングすれば、日陰で涼しく過ごせるのが魅力です。タープの形状もさまざまで、設置スタイルのアレンジが効きやすい長方形タイプのものや、強い風が吹いても倒れにくい六角形タイプのものなどがありますよ。

急に雨が降ってきたときや荷物をコンパクトに抑えてデイキャンプを楽しみたいときに、タープがあると便利でしょう。

ソロキャンプ用タープの選び方

ここからは、ソロキャンプで使いやすいタープの選び方をご紹介します。タープの種類やサイズ、生地の素材など、これから屋外でタープを使用するうえでチェックしておきたいポイントを見ていきましょう。

1.タープの種類で選ぶ

タープは大きく分けて5種類あります。それぞれの形状によって使い勝手のよさや設置の手軽さ、サイズ感などが異なるため、自分がもっとも使いやすいものを選ぶのがおすすめですよ。

張り方の自由度が高い「ヘキサタープ」

ヘキサタープは六角形の形状で、タープの張り方の自由度が高い点が特徴です。実際に張ってみると曲線が際立っておしゃれなので、見た目のかっこよさにこだわって選びたい人にもおすすめですよ。

日陰の面積は小さめで、タープの中心にいないと雨に濡れやすいのがデメリットですが、視覚は広めで周りの景色を楽しみやすくなっています。4〜5人でキャンプやバーベキューに行った際に使うのにぴったりなサイズ感です。

実用性を求めるなら「レクタタープ」

レクタタープは長方形の形をしており、日陰面積を広く取れるのがメリットです。ヘキサタープと比較するとタープを張ったときの見た目はシンプルですが、大人数で使用しやすいですよ。

また、ポールの立て方次第ではタープをさまざまな形状で張れるので、アレンジが効きやすくそのときのシーンに合わせて使い方を工夫できます。しっかりと雨風を防ぎたい人に向いていますが、その代わり視野は狭くなりがちな点には注意が必要ですよ。

コンパクトな「ウイングタープ」

タープの軽量さやコンパクトさを重視して選びたい人は、ウィングタープがおすすめです。タープを張るとひし形になり、開放感があるため自然を楽しみやすいですよ。

日陰面積は狭めですが、なるべく荷物を少なくしたいソロキャンパーには向いています。タープの下に椅子を置いて、ゆっくりとキャンプの時間を過ごせるでしょう。

見た目がシンプルな分、タープのカラーで個性を出してみるのがおすすめです。

簡単に設営できる「ワンタッチタープ」

キャンプ初心者の方は設営が簡単なワンタッチタープが便利です。ポールを立てなくてもワンタッチでタープが開き、簡単にセッティングできるため、手軽にソロキャンプを楽しみたい人にぴったりですよ。

本体の重量は少し重くなる傾向にあるため、とにかく設営の手間を省きたい人やポールを別で購入したくない人はワンタッチタープの購入を検討してみてくださいね。

複数人で使いたい場合は、タープのサイズにも注目して選びましょう。

車中泊するなら「カーサイドタープ」

カーサイドタイプは自動車にくっつけて設営するタイプのタープで、車中泊をするときに外からの視線を遮ったり、朝の日差しが入ってくるのを防いだりするのに使えるアイテムです。

大掛かりにテントを立てなくても車の中で気軽に過ごせるため、身構えずにソロキャンプに挑戦しやすいでしょう。タープを一度張ってしまうと車を動かすときに少し面倒なので、停車位置を定めたうえでタープを張るのがおすすめです。

2.サイズ・重さで選ぶ

キャンプは何かと荷物が多くなりがちなので、タープを購入する際は自分がもっとも使いやすいサイズや重量をチェックしておきましょう。コンパクトに小さくまとまるタープは持ち運びに便利で、荷物がかさばりにくいですよ。

また、タープの軽量さを重視したいなら、重量が1kg以内のものを選ぶのがおすすめです。ポリエステルやナイロンの記事を使ったタープは比較的軽量なだけでなく小さく収納しやすいので、素材にも注目して選ぶようにしましょう。

3.素材をチェック

タープを選ぶ際は、素材選びにもこだわりましょう。本体の軽さや耐久性、価格の安さなどに関わるため、どの点を重視したいかに合わせてぴったりな素材をチョイスしてみてくださいね。

ポリエステル・ナイロン

ポリエステル製とナイロン製のタープは小さく丸めやすく、コンパクトにまとめて持ち運べるのが特徴です。キャンプに行くときに少しでも荷物を減らしたい人にぴったりで、リュックの中に入れて携帯できるのが便利ですよ。本体はとても軽量ですが熱には強くないため、火の近くには置かないようにしてください。

テクニカルコットン(ポリコットン)

ポリエステルとコットンを混ぜ込んだテクニカルコットンという素材は、難燃性に優れています。キャンプで焚き火をするときや、炭火でバーベキューをするときに、火の粉が飛んでもタープに穴が空きにくいのがメリットです。生地は厚めのつくりなので、車に荷物を積んでいけるときに使うのに向いていますよ。

4.耐水圧は1,000~1,500mm以上を

キャンプ地の山の中は急な天候の変化がよく起こります。急に雨が降ってきたときでも十分に雨を防ぐには、耐水圧が1,000〜1,500mm以上のタープを選ぶ必要があります。万が一土砂降りの雨が降ったとしても、耐水圧が高いものを使っていれば水が布に染み込みにくいですよ

ポリウレタンコーティングが施されているタープは、より水の染み込みを防止できるため、キャンプに行く頻度が高い方は必ずチェックしておきたいポイントです。

5.付属品やセット商品に注目

キャンプ初心者の人は、タープを設営するのに必要なアイテムがすべてセットになった商品を購入するのがおすすめです。タープだけではなく、ポールやガイロープ、ペグが一気に揃うので、一つずつ購入する手間が省けますよ。

道具を一つの袋にコンパクトにまとめやすいため、携帯性にも優れています。これからソロキャンプを始めてみたいと考えている人は、なんの付属品が付いているかを確認したうえでなるべく全部セットで販売されているものを選ぶとよいでしょう。

6.ブランドやデザインで選ぶ

タープはさまざまなアウトドアブランドから展開されています。普段からよく使っているブランドがある人や、ブランドのおしゃれなロゴにこだわりたい人は、ブランドから購入するタープを選んでみるのもおすすめですよ。

また、タープのデザインも豊富で、自然の中に馴染みやすい落ち着いた色味のものから、遠くから見ても目印になるような鮮やかなカラーのものまで揃っています。自分の好みに合わせてチョイスすると、キャンプがより楽しくなりますよ。

全13商品

おすすめ商品比較表

DOD ライダーズコンフォートタープ

テントファクトリー HiTCウィングタープ L

DOD オーマイロンリナイイッツマイライフタープ

BUNDOK スクエアタープ

MONORAL タープ スカイフィルム180SIL

UNIFLAME REVOタープ solo TAN

クイックキャンプ ワンタッチタープ

visionpeaks ヘキサタープSOLO

LOGOS ソーラーブッシュタープ

Snow Peak ライトタープ ペンタ シールド

ogawa システムタープ ペンタ3×3

Quechua ヘキサタープ FRESH

Snow Peak ソロテント&タープ ヘキサイーズ

最安値
タイムセール
¥8,313-23%
参考価格¥10,850
¥13,280
タイムセール
¥6,000-32%
参考価格¥8,800
¥19,780
タイムセール
¥7,400-42%
参考価格¥12,650
タイムセール
¥10,800-16%
参考価格¥12,800
¥12,800
タイムセール
¥14,048-36%
参考価格¥21,800
タイムセール
¥14,200-17%
参考価格¥17,160
タイムセール
¥9,980-24%
参考価格¥13,200
タイムセール
¥26,588-51%
参考価格¥54,120
Amazonカスタマーレビュー
4.2430
4.4109
4.544
4.377
5.01
4.29
4.4113
-
5.01
4.5235
4.4183
4.211
4.3102
購入リンク

ソロキャンプ用タープのおすすめ13選

ここからは、ソロキャンプにおすすめのタープを13選ご紹介します。タープの種類やデザイン、サイズは商品によってさまざまなので、自分が重視して選びたいポイントを抑えて、使いやすいものを探してみてくださいね。

PR
DOD ライダーズコンフォートタープ

商品情報

ブランド DOD(ディーオーディー)
材質 ポリエステル
色 ブラック
サイズ (約)W370×D430×H180cm
重量:3.3kg(付属品含む)

タープを中心で2つに折りたたみ、ワイドな屋根を簡易的に作れます。UVカット50+で外の強い日差しを遮る効果があるため、一日中外にいるときに日陰で涼む場所として確保しておくのがおすすめですよ。耐水圧は3000mmと機能性にも優れており、急に雨が降ってきても布に雨がしみこんできにくいのがメリットです。

PR
テントファクトリー HiTCウィングタープ L

商品情報

ブランド テントファクトリー(Tent Factory)
材質 コットン65%・ポリエステル35%
色  DBE
サイズ (約)3800×4000/2400mm
重量:2.3kg(付属品含む)

生地は手触りのよい厚手なつくりになっており、日差しや熱をしっかりカットする効果があります。素材のコットン比率を高め、さらにコーティング加工を施すことで、火の粉が飛んでも布に穴が開きにくいところもポイントです。自然の風景に馴染みやすい落ち着いたカラーが特徴なので、好みに合わせて選んでみてくださいね。

PR
DOD オーマイロンリナイイッツマイライフタープ

商品情報

ブランド DOD(ディーオーディー)
材質 ポリエステル, ポリウレタン, 合金鋼
色  グレー
サイズ (約)W445×D385cm
重量:2.3kg(付属品含む)

ソロキャンプにぴったりなコンパクトサイズのタープです。ウイングタープは開放感があり、周りの景色を遮りすぎずに適度に日差しや雨風を防いでくれます。タープは小さく丸めてコンパクトに収納できるので、なるべく荷物を減らしてソロキャンプに行きたい人におすすめですよ。軽量なポリエステル生地にはUVカット機能が施されており、キャンプ中の日焼けも防げます。

PR
BUNDOK スクエアタープ

商品情報

ブランドBUNDOK(バンドック)
材質 ポリエステル
色  カーキ
サイズ (約)900x2900x2000mm
重量:2.54kg

タープを設営したときの見た目はシンプルですが、日差しや雨風の向きに合わせてさまざまな角度にタープを調節できるのがメリットです。屋外で簡易的に屋根を作りたいときや、テントと併用して開放的な空間を作りたいときに活躍するアイテムですよ。テントの中に入ってしまうと外の景色が楽しみにくいので、タープの下に椅子を置いて、ゆったりと自然を感じてみるのもよいでしょう。

PR
MONORAL タープ スカイフィルム180SIL

商品情報

ブランド モノラル(Monoral)
材質 50Dポリエステルタフタ/シリコンコーティング
色 スカイブルー
サイズ -
重量 500g

青空を連想させるような白と水色の組み合わせがおしゃれなヘキサタープです。一般的なタープの多くはベージュやモスグリーンなど、自然に馴染みやすい落ち着いたカラーのものが多いですが、こちらの商品は遠くから見てもわかりやすい鮮やかな色味にこだわっています。人とは少し違ったデザインのおしゃれさを重視してキャンプアイテムを集めている人に向いていますよ。

PR
UNIFLAME REVOタープ solo TAN

商品情報

ブランド ユニフレーム(UNIFLAME)
材質 ポリエステルタフタ150D UV-CUTコーティング PUコート+テフロン撥水処理 耐水圧1,800mm以上
色 ブラウン
サイズ W約350cm×D約340cm×H約180cm
重量 1.1kg

ソロキャンプ用にサイズをコンパクトにしたモデルで、一人でも手軽に設営しやすいのが魅力です。テントと組み合わせて使用すれば、人目を避けられる場所と開放的に自然を感じられる場所を2つ用意することができます。アウトドアでのアクティビティをより充実させたい人におすすめで、これからソロキャンプを始めようと思っている人もぜひチェックしておきたいアイテムです。

PR
クイックキャンプ ワンタッチタープ

商品情報

ブランド クイックキャンプ
材質 ポリエステル
色 グレー
サイズ  約255cm×255cm×200cm
重量 約5.6kg

タープのフレームを広げ、付属しているロープを引っ張るだけで簡単にタープを張れるワンタッチタイプです。キャンプ初心者で難しい組み立て方が分からない人や、設営の手間を少しでも省きたい人にはぴったりですよ。1つの側面だけにフラップが付いており、強い日差しや雨風を防ぐのに役立ちます。少し風を通したいときは、半分だけまくり上げて使うのがおすすめです。

PR
visionpeaks ヘキサタープSOLO

商品情報

ブランド visionpeaks (ビジョンピークス)
材質 ポリエステルリップトップ
色 サンドC
サイズ 380×380cm
重量 1.83kg

1~2人で使うのにちょうどよいサイズのヘキサタープです。あらかじめ付属品としてペグやロープがセットになっているため、一つずつアイテムを買い揃えなくてもよいのが便利ですね。約15分という短時間で設営でき、手軽に屋外にいるときの紫外線や雨をカットできるので、キャンプやバーベキューで活躍するでしょう。

PR
LOGOS ソーラーブッシュタープ

商品情報

ブランド ロゴス(LOGOS)
材質 [シート]難燃性バルキーポリ(耐水圧2000mm、UV-CUT加工、ソーラーブロック加工)
色 ベージュ
サイズ 幅500×奥行430cm
重量 2.4kg

テントを縦方向で半分にしたような形状で組み立てられるタープです。日差しがきつい方にタープを広げてその中に入れば、日焼けや熱さを軽減させることにつなげられますよ。外側のカラーはベージュカラーで、周りの自然の雰囲気を壊さない落ち着いた雰囲気が魅力。ファミリーでも使えるサイズ感なので、複数人でキャンプに行く機会がある人も要チェックの商品です。

PR
Snow Peak ライトタープ ペンタ シールド

商品情報

ブランド Snow Peak(スノーピーク)
材質 -
色 ブラウン
サイズ 320cm×400cm
重量 771 g

遮光ピグメントPUコーティングによって、太陽の光がタープの内側に入ってくるのを軽減する効果があります。体感温度が少し低くなるため、暑い季節にキャンプやバーベキューをする際に使うのにぴったりですよ。1本のパドルを地面に挿すだけで広げたタープが自立し、簡単に設営できます。山や海でしっかりと日差しを防ぎたいときに使ってみてください。

PR
ogawa システムタープ ペンタ3×3

商品情報

ブランド ogawa(オガワ)
材質 ポリエステルリップストップ75d
色 ブラウン
サイズ 約33×15×12cm(収納時)
重量 1.02kg(総重量)

本体の重量はわずか560gという超軽量モデルで、使い勝手のよさが魅力です。携帯性に優れているだけではなく、一人でも簡単に設営しやすいので、ソロキャンプ用のアイテムとして購入しておくのがおすすめですよ。タープの下にチェアやデスクを置いて使うのはもちろん、テントと組み合わせて密閉空間と開放的な空間を両方作りたいときにも活躍するでしょう。

PR
Quechua ヘキサタープ FRESH

商品情報

ブランド Quechua
材質 ポリエステル, スチール
色 オフホワイト
サイズ 45×20×10cm(収納時)
重量 2.3kg

パッと目を引くホワイトカラーのヘキサタープです。基本的にはタープの中央で2つに折って、簡易的な屋根を設営します。ポールの活用の仕方次第では、ほかにもさまざまなタープの張り方を試せるので、そのときのシーンに合わせて調節してみてくださいね。ポリウレタンコーティングが施されたポリエステル製の素材で、水密性に優れているのもポイントです。

PR
Snow Peak ソロテント&タープ ヘキサイーズ

商品情報

ブランド Snow Peak(スノーピーク)
材質 フライ
色 ブラウン
サイズ 62×19×23(h)cm
重量 5.2kg

ソロキャンプで自分だけの空間を作ってゆったりと過ごしたい人は、ヘキサイーズ1の購入がおすすめです。長さの異なる2本のポールを組み合わせて使うことで、片方のタープが少し上に上がったような状態を作れます。タープの下にチェアやテーブルを置いて、食事をとってみるのもよいでしょう。フルパネル、古メッシュへの切り替えも可能なので、急な天候の変化にも対応しやすいですよ。

タープはキャンプやバーベキューで大活躍!

タープの選び方とおすすめの商品をご紹介しました。タープにはさまざまな形状があるので、購入後自分が使うときに活用しやすいものを選んでみてください。手軽に日差しや雨風を防げる便利なアイテムなので、一つ持っておくとキャンプがさらに充実しますよ。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のアウトドア・キャンプカテゴリー

新着記事

カテゴリー