この記事で紹介されている商品
ソロキャンプ用テントのおすすめ10選!初心者も使いやすい軽量タイプも

ソロキャンプ用テントのおすすめ10選!初心者も使いやすい軽量タイプも

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

ソロキャンプをエンジョイしたいときにおすすめの「ソロキャンプ用テント」をご紹介します!初心者でも1人で簡単に組み立てられるものや、バイクの荷台にも積める軽量でコンパクトなものなど、幅広くピックアップしました。あわせてソロキャンプ用テントの選び方も詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

自分に合うソロキャンプ用テントを選ぼう

自然のなかで、自分だけの時間を過ごせるソロキャンプ。周りに気を使う必要がなく、自由にゆったりとくつろげるのが魅力ですよね。ソロキャンプのためのテントは、自分の希望や条件に合うものを選ぶのがベストです。

  • キャンプ初心者
  • バイクでキャンプに行く
  • 電車でキャンプに行く
  • 焚き火をしたい
  • おしゃれにソロキャンプを楽しみたい

ソロキャンプでは、テントの設営や片付けもすべて自分で行います。設営のしやすさや持ち運びやすさなどにも注目して、あなたのキャンプスタイルに合う特徴のテントを選びましょう。

ソロキャンプ用テントの選び方

ここからは、ソロキャンプ用テントを選ぶときのポイントを8つご紹介します。「たくさんあるソロキャンプ用テントがあって、どれを選べばいいかわからない!」という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

1.テントのタイプで選ぶ

ソロキャンプにぴったりの比較的コンパクトなサイズのテントは、主に3種類あります。「ワンポールテント」「ドームテント」「パップテント」の3つです。それぞれのソロキャンプ用テントの特徴を解説します。

ワンポールテント

ワンポールテントは、1本のポールを中心にして設営するテントで、三角錐の形が特徴です。使用するポールの数が少なく、設営や撤収が簡単にできるため、1人で設営するソロキャンプに適しています。また、すっきりと高さがあり存在感があるのも魅力のひとつです。おしゃれにキャンプを楽しみたい人にもぴったりのモデルといえるでしょう。

ただしポールが1本ということで、風への耐性が弱い点には注意が必要です。ペグをしっかり地面に打ち込んで強度をアップさせて風対策しましょう。

ドームテント

ドームテントは、丸みのあるドーム型が特徴です。2本のメインポールをクロスさせる構造が一般的で、組み立ては難しくありません。カーブを描くシルエットで風を受け流してくれるので、耐風性に優れている点が魅力です。

テントの内側は空間が広いため圧迫感が少なく、居住性は高めです。また、なかにはひさし(キャノピー)があるタイプもあり、ゆったりとソロキャンプを満喫したい人におすすめです。

パップテント

パップテントは、シェルターハーフや軍幕とも呼ばれるテントで、多くのメーカーやブランドから登場しています。分厚い生地を使ったものが多いですが、現在は軽いポリエステル素材のパップテントも登場しています。側面と背面が布覆われているため、周りの目を気にせずにキャンプを楽しめますよ。

野営用のテントから誕生したパップテントは、シンプルなデザインやミリタリーっぽさのある色合いが特徴的なテントです。その無骨さのあるおしゃれな雰囲気で、多くのキャンパーを魅了しています。

2.サイズで選ぶ

テントには使用可能人数が記載されています。ソロキャンプ用テントを選ぶ際は、この人数を参考にしましょう。

荷物を置いてもゆとりがあり、快適に過ごせるようなテントを選ぶなら2人用のテントがおすすめです。使用する人数プラス1人分のサイズのテントであれば、夜に寝るときも窮屈にならず楽に寝られます。

しかし、サイズが大きくなると収納したときのサイズも大きくなります。気軽に持ち運べる、コンパクトなテントを選びたい場合は1人用がよいでしょう。

3.組み立ては簡単?設営方法で選ぶ

ソロキャンプは、テントの設営や撤収を自分1人で行うことになります。キャンプを今から始める人や、テントの設営をあまりしたことがない人は、扱いやすいテントを選びたいですね。

ソロキャンプ用テントには「自立式」と「非自立式」があります。それぞれの特徴をチェックして、どちらが自分に合っているか検討してみてください。

自立式

自立式は、テントに通したポールとフレームで立ち上がるタイプのテントです。手軽に設営できるため、初心者でも挑戦しやすいでしょう。しっかりとしたフレームで支えているため悪天候に強く、場所を選ばず設営できます。

フレームがある分、荷物が多くなる点がデメリットですが、使い勝手がよく手軽な点は大きな魅力といえます。

非自立式

非自立式は、ペグでテントを固定してテントを立たせます。フレームの数が自立式と比べて少ないため、荷物を軽量化できます。自由度が高く、テントを好みの形にアレンジできるモデルがあるのも非自立式ならではの魅力です。

ただし、設営には多少時間がかかるため、慣れるまでは1人でテントを張るのに苦戦してしまうかもしれません。また、ペグが刺さりにくい場所だと設営が難しい場合があるのも注意すべきポイントです。

開くだけのワンタッチタイプも注目

手軽に設営できるテントを選びたい!という場合には、ワンタッチテントも選択肢のひとつとなります。まるで傘を開くように、フレームを広げるだけでテントが完成するので、1人でも簡単に設営できますよ。

最近は、デイキャンプなど日帰りレジャーに使えるものから、耐久性や耐水性に優れた実用的なタイプまで、さまざまなワンタッチテントが登場しています。設営や撤去の簡単さをもっとも重視したいときには、チェックしてみてくださいね。

4.持ち運びは軽い?重量をチェック

テントの安定性を重視すると、重い方がよい気がしてしまいますが、ソロキャンプではテントを持ち運ぶのも自分ですので、重すぎるテントは避けたほうがいいでしょう。

テントの重量は、大きさだけでなく素材や付属品によっても変わりますので、購入する際は総重量をしっかり確認しましょう。ソロキャンプ用テントの場合は、一般的に重量2〜3kgほどが目安であり、重くても5kgまでのものを選ぶのがおすすめです。

バイクや電車移動なら軽量タイプがおすすめ

電車や徒歩でキャンプに出かけるときや、登山をするのであれば、テントは軽量タイプを選びましょう。ソロキャンプの持ち物は、テントだけではありません。そのほかのキャンプギアも加わると、持ち運ぶのに苦労してしまいますので、テントは2kg以下が目安です。

また、バイクでキャンプツーリングに出かける場合は積載制限を守る必要があります。

  • 積載装置の長さ+30cm以下
  • 積載装置の幅+左右15cm以下
  • 地面からの高さは2m以下
  • 大型自動二輪、普通自動二輪は重量60kgまで、原動機付自転車の場合は重量30kgまで

電車や徒歩に比べると、バイクは荷物を持ち運ぶのが楽ではありますが、安全にルールを守ってツーリングを楽しむために、テントは大きすぎない軽量タイプを選ぶとよいですね。

5.構造で選ぶ

テント生地が1枚のシングルウォールと、2枚使っているダブルウォール。使っている生地の枚数によって、どのような違いがあるのでしょうか。それぞれの構造の特徴を解説します。

シングルウォール

シングルウォールは、テント生地が1枚であるため軽く持ち運びしやすいのがメリットです。また、設営や撤収が簡単にできるため、気軽に使えるテントといえます。フライシートがないシンプルな作りですので、場所を取らず狭いスペースでも設置できる点も特徴のひとつです。そんな手軽なシングルウォールのテントは、登山用のテントとして使われています。

キャンプで使用する場合は、テント生地が1枚で結露しやすい点がデメリットです。そのため、デイキャンプやちょっとしたアウトドアレジャーでソロキャンプ気分を味わいたいときに活用するとよいでしょう。

ダブルウォール

湿度が高い日本で快適にキャンプを楽しむためには、布が二重で結露しにくいダブルウォールを選ぶのがおすすめです。そのため、キャンプやレジャー向けのテントの多くはダブルウォールを採用しており、選択肢が広いのも魅力ですね。フライシートを使ったテントは、前室があるタイプも多く、のんびりとソロキャンプを楽しみたい人にぴったりです。

布が2枚ある分、かさばって荷物が多くなったり重くなったりする点はデメリットではあります。しかし最近は軽量化を意識したモデルも登場していますので、好みに合うテントが見つかるでしょう。

6.居住性は?前室があるかどうかで選ぶ

充実したキャンプ時間を楽しむためには、居住性は重要ですよね。そのためにチェックしたいのが、前室があるかどうかです。

前室は、テントの前の部分の屋根のような部分のことで、靴や荷物を置いたり、リビングとして使ったりできます。前室があれば、テントと別にタープを用意する必要がないため、荷物を減らせる点もうれしいですね。日差しやちょっとした雨風も防げますので、野外で過ごす時間が長いキャンプをより快適にしてくれるでしょう。

また、全室は周りからの視線をさえぎる役割も果たしてくれます。人から見られるのが気になる、という人も前室のあるテントならのびのびと過ごせそうですね。

7.耐水性をチェック

自然のなかで過ごすキャンプでは、突然の雨への備えが欠かせません。そのためにチェックしておきたいのが耐水圧です。

耐水圧と防げる雨の目安
  • 耐水圧300〜500mm:小雨程度
  • 耐水圧1,000〜1,500mm:通常の雨
  • 耐水圧1,500mm〜:大雨

耐水圧が高いテントであれば、少しの雨で室内に水が入るようなことはないでしょう。

また、耐水圧が高いと通気性が低くなるため、寒い時期の防寒にも役立ちます。反対に、暑い時期は蒸し暑くなりがちですので、夏は換気できる仕様のテントを選ぶとよいでしょう。

8.品質に対して安い?コスパの良さで選ぶ

ソロキャンプ用テントは、安さだけでなく品質や機能性に納得できる「コスパの良さ」を考えて選びましょう。激安テントだと品質に不安を感じてしまいますが、有名アウトドアブランド以外のメーカーの商品であれば、5,000〜10,000円前後でソロキャンプに使えるコスパのよいテントはたくさんありますよ。

室内の広さや、運びやすさ、設営のしやすさ、そのほか耐水圧などをチェックして、コスパのよいテントを見つけてくださいね。

初心者のソロキャンプなら軽量・設営簡単なものを

ソロキャンプ初心者におすすめなのは、軽量で設営が簡単なテントです。

ソロキャンプでは、テント以外にもさまざまなアウトドアギアを自分で持っていく必要があります。オートキャンプだったとしても、荷物が増えすぎると運ぶのが大変ですよね。そのため、なるべく軽量で、楽に持ち運べるテントがおすすめです。

また設営で苦戦してしまうと、せっかくのソロキャンプを楽しむ余裕がなくなってしまいます。サッと設営してパッと撤去できる、扱いが簡単なテントを選んでソロキャンプを満喫しましょう。

全10商品

おすすめ商品比較表

BUNDOK ソロ ドーム 1

キャプテンスタッグ トレッカー ソロテントUV

DOD ソロテント ムシャテント

BUNDOK ソロベース

BUNDOK ソロティピー 1

キャプテンスタッグ エクスギア ソロテント

ロゴス ROSY ツーリングドーム

コールマン テント ツーリングドーム ST

DOD ショウネンテント

WINGEAR ソロテント

最安値
タイムセール
¥8,112-59%
参考価格¥19,800
¥19,700
¥11,000
タイムセール
¥7,790-20%
参考価格¥9,790
タイムセール
¥14,267-34%
参考価格¥21,780
タイムセール
¥27,404-24%
参考価格¥36,150
¥10,380
Amazonカスタマーレビュー
4.52,089
4.3118
4.770
4.52,042
4.4747
4.228
4.3123
4.53,051
4.3144
4.74
購入リンク

ソロキャンプ用テントのおすすめ10選

実際にどのようなソロキャンプ用テントがあるのか、ここからは編集部がおすすめするテントをご紹介します。自分だけのリラックスした時間を過ごせる、とっておきのキャンプの相棒が見つかるかもしれません。

PR
BUNDOK ソロ ドーム 1

商品情報

サイズ(フライ):200×150×110cm
サイズ(インナー):200×90×100cm
耐水圧:約3,000mm
重量:1.88kg
壁の構造:ダブルウォール
フライシート素材:ポリエステル
インナーテント素材:ポリエステルメッシュ
設営方式:組み立て式

急な雨に備えたい人にうれしい、高い耐水圧を備えたソロドームテントです。インナーテントはメッシュ素材を使用しており、通気性抜群です。ランタン用フックや収納ポケット、ギアハンモックなど居住性を高める工夫がたくさん詰まっています。また、折りたたんだテントは専用収納ケースに入れるとコンパクトにまとまるので、テントの持ち運びもラクラクですよ。

PR
キャプテンスタッグ トレッカー ソロテントUV

商品情報

サイズ(フライ):210×140×110cm
サイズ(インナー):210×100×103cm
耐水圧(フライ):2,000mm
耐水圧(フロア):3,000mm
重量: 2.46kg
壁の構造:ダブルウォール
フライシート素材:ポリエステル
インナーテント素材:ポリエステル
設営方式:組み立て式

紫外線カット素材を使った、野外での活動を快適にする装備が揃ったソロテントです。インナーテントは吊り下げ式で、設営と撤収が簡単にできます。また、ベンチレーションやメッシュ素材を使用するなど、換気に気を配った作りとなっています。キャノピーをトレッキングステッキやガイドロープで張れば、日中の日差しを避けてゆったりと過ごせますよ。

PR
DOD ソロテント ムシャテント

商品情報

サイズ(組み立て):290×290×183cm
サイズ(インナー):255×133×173cm
耐水圧(フライシート):350mm
耐水圧(フロア):3,000mm
重量:5.7kg(付属品含む)
壁の構造:ダブルウォール
素材:ポリコットン
設営方式:組み立て式

火の粉に強いポリコットン素材を使用したこちらのテントは、ソロキャンプで焚き火を楽しみたい人におすすめです。スカートが搭載されており、室内に冷気が入ってくるのを防げるため、ひんやりする季節のキャンプにもぴったり。アレンジ自在のキャノピーを活用して、前室でソロキャンプならではのくつろぎの時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

PR
BUNDOK ソロベース

商品情報

サイズ(フライ):360×190×110cm
サイズ(インナー):190×85×100cm
耐水圧:ー
重量:4.4kg
壁の構造:ダブルウォール
フライシート素材:ポリエステル65%、コットン35%
インナーテント素材:ポリエステルメッシュ
設営方式:組み立て式

おしゃれにソロキャンプを楽しみたい人におすすめのパップテントです。インナーテントを外せば、開放的な気分を満喫できますよ。インナーテントはメッシュ素材ですので、暑さや虫が気になる季節の宿泊にも適しています。また、ポールを使って前室を作ることも可能。自由度が高いテントがあれば、自分らしいソロキャンプをエンジョイできそうですね。

PR
BUNDOK ソロティピー 1

商品情報

サイズ(フライ):240×240×150cm
サイズ(インナー):220×100×135cm
耐水圧(フライ):3,000mm
耐水圧(ボトム):5,000mm
重量:2.2kg
壁の構造:ダブルウォール
フライシート素材:ポリエステル
インナーテント素材:ポリエステル
設営方式:組み立て式

コスパがよくおしゃれなキャンプギアが揃う「BUNDOK (バンドック)」のワンポールテントです。コンパクトなサイズ感とシンプルなデザインで、男性女性問わずおすすめなアイテムです。重量が軽いので、持ち運びが楽なのがポイント。防水性を高めるためのシーム加工や換気のためのベンチレーションが施されており機能性もばっちりです。

PR
キャプテンスタッグ エクスギア ソロテント

商品情報

サイズ(フライ):210×190×130cm
サイズ(インナー):210×70×108cm
耐水圧:ー
重量:2.18kg
壁の構造:ダブルウォール
フライシート素材:ポリエステル
インナーテント素材:ポリエステル
設営方式:組み立て式

高さと広さがある前室には、ワイドな作りの出入り口が装備されています。さらに後面にも出入り口があるので、テントの入り口に荷物があっても後ろから出入りできるのが便利です。開閉可能なベンチレーションで、いつでも室内の空気は新鮮!色分けされたポールカラーで迷わず設営できる、初心者にも使いやすいソロテントです。

PR
ロゴス ROSY ツーリングドーム

商品情報

サイズ(組み立て):210×100×110cm
サイズ(インナー):210×100×110cm
耐水圧:1,000mm
重量:2.4kg
壁の構造:ダブルウォール
フライシート素材:ポリエステルタフタ
インナーテント素材:ポリエステルタフタ
設営方式:組み立て式

世界中のキャンパーに支持される「LOGOS(ロゴス)」の1人用テントです。UVカット効果を持つ生地を使用しており、降り注ぐ紫外線から守ってくれますよ。さらに断熱効果も期待できますので、暑い時期のキャンプにもおすすめです。屋根の高さが低めになっているので、風に強い点もポイントです。

PR
コールマン テント ツーリングドーム ST

商品情報

サイズ(インナー):210×120×100cm
耐水圧:ー
重量:4kg
壁の構造:ダブルウォール
素材:ポリエステル
設営方式:組み立て式

1〜2人用でゆったりとソロキャンプが楽しめる「Coleman(コールマン)」のドームテントです。ブランドロゴがアクセントになった、シンプルでおしゃれなデザインも魅力的です。前室は広めのスペースとなっているため、日差しが強い日中や小雨が降っても大丈夫!結露を防ぐために換気用のベンチレーション機能が搭載されていますよ。

PR
DOD ショウネンテント

商品情報

サイズ(組み立て):220×220×180cm
サイズ(インナー):205×95×160cm
耐水圧(アウターテント):1,500mm
耐水圧(フロア):3,000mm
重量:3.2kg(付属品含む)
壁の構造:ダブルウォール
アウターテント素材:リップストップ30Dナイロン
設営方式:組み立て式

気軽に持ち運べて、サッと設置できるワンポールテントです。サイドに垂直の壁があるため、室内は圧迫感がなくゆとりがあります。前室はゆったりとした広さがあるため、テーブルやチェアを置いて食事やティータイムを楽しめますよ。収納するとコンパクトにまとまるので、ツーリングキャンプにも適したテントです。

PR
WINGEAR ソロテント

商品情報

サイズ(フライ):245×120×114cm
サイズ(インナー):210×120×110cm
耐水圧(フライ):2,000mm
耐水圧(フロア):3,000mm
重量:2.3kg
壁の構造:ダブルウォール
素材:ポリエステル
設営方式:自立式クロスポール型

ソロキャンプ初心者でも5〜10分ほどで設営できる、自立式のクロスポール型テントです。天井を高めにしているので、室内で快適に過ごせます。耐水圧に優れ、さらに撥水加工が施されたフライシートを使用していますので、雨が降ってもへっちゃらです。収納すると幅44cmとコンパクトになるので、バイクや電車、徒歩でのキャンプにもおすすめですよ。

ソロキャンプ用テントを持って出かけよう!

自然のなかで、自分のペースで自由に過ごせるソロキャンプ。お気に入りのソロキャンプ用テントがあれば、快適にキャンプが楽しめますよ。ご紹介した選び方やおすすめアイテムを参考に、ぜひ自分にマッチしたソロキャンプ用テントを見つけてくださいね!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のアウトドア・キャンプカテゴリー

新着記事

カテゴリー