この記事で紹介されている商品
市販の黒ビールのおすすめ10選と選び方!日本・海外メーカ―商品別に紹介

市販の黒ビールのおすすめ10選と選び方!日本・海外メーカ―商品別に紹介

ローストされた麦芽の風味が特徴の「黒ビール」。缶入りや瓶入りなどさまざまな商品がスーパーやコンビニで手軽に購入できるので、どれを選ぶか迷ってしまいますよね。そこでこの記事では、日本と海外のメーカー別に黒ビールのおすすめ商品をご紹介します。選び方についても解説するので、ぜひ最後までご覧くださいね。

※20歳未満者の飲酒は、「未成年者飲酒禁止法」により禁止されています。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

黒ビールとは?その特徴や味わい

黒ビールは、普通のビールと比べて黒い色をしているのが特徴です。製造の過程でビールの原料のひとつである麦芽をローストすることで、焙煎したコーヒーのような色になります。

黒ビールの味わいを決めるのは、ローストした麦芽の香ばしさと深いコク。ローストする時間や温度によって、茶色に近い「カラメル麦芽」や褐色をしている「クリスタル麦芽」、「チョコレート麦芽」や真っ黒な「黒麦芽」などがあり、これらの組み合わせでビールの味や色が異なります。

黒ビールの選び方

ここからは、黒ビールの製法やスタイル、アルコール度数の違いなどについて解説していきます。黒ビールは飲みやすいものからクセの強いものまでさまざまなので、それぞれの違いを知ることで自分に合ったものが選びやすくなるでしょう。

1.製法で選ぶ

黒ビールの製法は、以下の2種類に大きく分けられます。製法が異なると味わいや風味に違いが出るほか、それぞれの製法の中に個性的な多くの銘柄が存在します。

ラガー系

南ドイツ発祥とされ、5~10℃の低温でじっくり発酵させるビールの製法です。下面発酵という、酵母がタンクの底に沈む方式で作られます。爽やかで端麗な味わいに仕上がるので、クリアな飲み口が好きな方にぴったりですよ。

大量生産にも向いているので世界で飲まれているビールの多くはラガー系といわれています。アサヒスーパードライやバドワイザー、サッポロエビスプレミアムブラックなどもラガー系です。

エール系

古くからのビールの製造方法で、ラガー系の下面発酵と異なり酵母がタンクの上に浮いてくる上面発酵で作られます。ラガー系より高い10~20℃の温度で発酵させるため製造期間は短くなりますが、発酵しすぎないようタンクの温度管理が大変といった面もあります。

濃厚な香りと深いコクが特徴で、飲みごたえのあるビールをじっくり楽しみたい方におすすめですよ。エール系の代表的なビールには、スタウトやギネス、ポーターなどがあります。

2.スタイルで選ぶ

ビールにはラガー系とエール系という製造方法の違いがあることをお伝えしましたが、さらにそのほかに「スタイル」と呼ばれるビールの種類があります。ここでは4つのスタイルについて解説します。

ポーター

エール系のビールのスタイルのひとつで、ほどよく焦がした麦芽の香りと苦みが特徴です。アルコール度数も強めなので、ワインのようにゆっくり味わうのに向いていますよ。しっかりしたボディは食中酒としてもぴったりです。

香りや風味を楽しむために、常温で飲むことで真価が発揮されるビールです。次にご紹介する「スタウト」よりもやや軽めなので、黒ビールの味を知りたい方やはじめてエール系の黒ビールを飲む方におすすめですよ。

スタウト

イギリスのロンドンで生まれた「ポーター」の進化版の黒ビールです。アイルランドの有名な醸造会社であるギネス社が製造したとされており、ポーターよりも強い苦みとコクを持っているので、黒ビールの苦みが好きな方に特におすすめです。

クリーミーな泡立ちで、コーヒーやナッツのような芳醇な香りが楽しめますよ。ギネスビールの中でもよく知られる「ドラフトギネス」は、スタウトビールの中のひとつです。

シュバルツ

ドイツ語で「黒」を表すシュバルツは、ドイツ生まれの黒ビールです。低温発酵で作られるラガー系のため、見ための黒さよりもさわやかな喉越しでゴクゴク飲めるという特徴がありますよ。

フルーティーでほのかな甘みとチョコレートのような香ばしい香りが同時に楽しめるので、濃厚な黒ビールの味わいを堪能しつつ、スッキリとした後味を求める人に向いています。

デュンケル

シュバルツよりも苦さが控えめで口当たりが軽いため、黒ビール初心者の方も飲みやすいのがデュンケルです。

ドイツ南部のバイエルン地方で生まれたこのビールは、美しい褐色とフルーティーな香りが特徴です。喉越しのよいラガー系で、アルコール度数は5%前後と平均的なビールと変わらないので、強いお酒が苦手な方や自宅で気軽にビールを楽しみたい方にもぴったりですよ。

3.アルコール度数で選ぶ

ここまで黒ビールの製法やスタイルについて解説してきましたが、黒ビールを選ぶ際にはアルコール度数にも注目してみましょう。

黒ビールは5~10%と度数が幅広いので、じっくり飲みたいときにはアルコール度数がやや高めのエール系、スッキリと飲みたいときにはラガー系と、シーンに合わせて選ぶこともできますよ。銘柄によっても異なるので、購入する際にチェックしてみてくださいね。

また、アルコール度数が高めのものを選んだときには、飲みすぎには注意しましょう。

4.日本or海外?メーカーで選ぶ

黒ビールは海外のメーカーや日本のメーカーからさまざまな商品が販売されているので、メーカーによる味の違いを楽しむのもひとつの方法です。

黒ビールの発祥の地であるイギリスやドイツの酒造メーカーなら、ギネスをはじめとした個性的な銘柄がたくさん販売されていますよ。

日本でも、アサヒビールの「アサヒ黒生」やエビスビールの「エビスプレミアムブラック」など、飲みやすいものやコクのあるものがたくさん販売されています。

色々試して、ぜひ好みの銘柄を見つけてくださいね。

日本メーカーの黒ビールのおすすめ6選

ここからは、日本のメーカーのおすすめ黒ビール6選をご紹介します。スーパーやコンビニなどで手に入りやすい商品も多いので、ぜひ試してみてくださいね。地域限定で作られたビールや日本酒の酒造メーカーのものもありますよ。

キリン 一番搾り 黒生

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(350件)

>

商品情報

メーカー:キリンビール
種類:一番搾り
アルコール度数:5%
内容量:350ml
カロリー(100ml当たり):45kcal
糖質(100ml当たり):4g
プリン体(100ml当たり):約8.5mg

原材料:麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ

「麦のおいしいところだけを絞った黒ビール」を目指し、焙煎した麦芽の芳醇な苦みと爽やかな甘みのバランスが取れた黒ビールです。下面発酵酵母を採用したラガー系で、喉越しのよいスッキリした飲み口が特徴です。

THE軽井沢ビール ブラック

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(7件)

>

商品情報

メーカー:軽井沢ブルワリー
種類:THE軽井沢ビール
アルコール度数:5%
内容量:350ml
原材料:麦芽・ホップ・米・コーン・スターチ
原産国:日本(長野県)

ひとつひとつ手作業で軽井沢より出荷される、シュバルツスタイルのこだわりの黒ビールです。チョコレート麦芽のコーヒーのようなほろ苦い甘みが特徴で、男女問わず飲みやすい風味になっています。しっかりした飲みごたえと爽やかな後味は、家で食事と一緒に楽しむのにぴったりですよ。

アサヒ 生ビール 黒生

Amazonカスタマーレビュー

4.5

Amazonカスタマーレビュー

(525件)

>

商品情報

メーカー:アサヒビール
種類:アサヒ生ビール
アルコール度数:5%
内容量:350ml
カロリー(100ml当たり):47kcal
糖質(100ml当たり):0g
原材料:麦芽・ホップ・米・コーン・スターチ
原産国:日本

黒ビールがはじめての方も飲みやすい、まろやかな口当たりが特徴です。ドイツのミュンヘン地方の流れをくむ味わいは、ほのかな甘みがありますよ。そのまま飲むほか、普通のビールで割るハーフ&ハーフといった飲み方も楽しめます。

サッポロ ヱビス プレミアムブラック

Amazonカスタマーレビュー

4.5

Amazonカスタマーレビュー

(471件)

>

商品情報

メーカー:サッポロビール
種類:
アルコール度数:5%
内容量:350ml
カロリー(100ml当たり):46kcal
糖質(100ml当たり):3.9g
プリン体(100ml当たり):約11mg ※サッポロビール調べによる総プリン体の数値
原材料:麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ
原産国:日本

炭焼きの特別な製法でローストした「プレミアムロースト麦芽」のおいしさを、3回煮沸法でじっくり引き出した深い味わいの黒ビールです。じっくり飲んでもおいしさが長く続くので、一日の終わりに自宅でゆっくり飲むのにおすすめですよ。

サントリー ザ・プレミアム・モルツ 黒

Amazonカスタマーレビュー

4.2

Amazonカスタマーレビュー

(8件)

>

商品情報

メーカー:サントリー
種類:ザ・プレミアム・モルツ(黒)
アルコール度数:5.5%
内容量:350ml
カロリー(100ml当たり):52kcal
糖質(100ml当たり):4.6g
プリン体:11.7mg
原材料:麦芽(外国製造)、ホップ
原産国:日本

厳選された黒麦芽と欧州産のアロマホップを使用した、香り高さが特徴です。ザ・プレミアム・モルツの独自製法を応用した深い味わいが魅力ですよ。スッキリ爽やかな飲み口のため、お仕事の後の一杯や、食事と一緒に楽しむのに向いています。

黄桜 悪魔のビール アメリカンブラックエール

Amazonカスタマーレビュー

3.0

Amazonカスタマーレビュー

(1件)

>

商品情報

メーカー:黄桜
種類:アメリカンブラックエール
アルコール度数:5%
内容量:350ml
原材料:麦芽、ホップ
原産国:日本 

京都の清酒メーカーである黄桜酒造が製造している「舌で味わう」黒ビールです。日本酒にも使われる京の名水で仕込んであり、まろやかな口当たりが特徴です。悪魔の顔をモチーフにした缶のデザインも楽しいですね。

海外メーカーの黒ビールのおすすめ4選

ここからは、海外メーカーのおすすめの黒ビール4選をご紹介します。エール系発祥の地であるイギリスのものやアルコール度数5%以下のドイツビールもありますので、飲みやすいタイプを選んでくださいね。

Guinness 黒ビール ドラフトギネス

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(336件)

>

商品情報

ブランド:Guinness
アルコール度数:4.5%
カロリー(100ml当たり):35kcal
糖質(100ml当たり):0g
内容量:330ml
原材料:麦芽、ホップ、大麦
原産国:アイルランド

1759年にアイルランドで誕生したブランドであるギネスの黒ビール。独自の特許技術のクリーミーな泡となめらかな喉ごしは、世界中で飲まれています。大麦を使用した上面発酵のスタウトビールで、黒ビールのほろ苦さをしっかり堪能できるでしょう。

Guinness 黒ビール オリジナルエクストラスタウト 330ml×24本

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(76件)

>

商品情報

・容量:330ml
・原材料:麦芽、ホップ、大麦
・メーカー:キリンビール
・アルコール度数:5%

黒ビールが生まれた初期の味を彷彿とさせる、本格的な味わいが特徴です。キリッとよく冷やすことで、苦みとコクが引き立ちますよ。瓶から直接飲むのも楽しいですが、コップに注ぐと黒ビールの香ばしさがさらに引き立ちます。

エルディンガー デュンケル

商品情報

ブランド:エルディンガー
アルコール度数:5.3%
内容量:330ml
原材料:‎小麦・大麦・ホップ・酵母
原産国:ドイツ

ドイツのビールメーカーである「エルディンガー」の黒ビールです。ドイツのパブで黒ビールを嗜むような、本格的な味わいを自宅で楽しめますよ。深いコクとクリーミーな味わいで、ソーセージ等の肉料理と相性がぴったりです。

旧東ドイツで1543年に創業された、歴史のある黒ビール醸造会社の商品です。下面発酵の伝統的な製法で、ドイツビール初期の味わいを楽しめますよ。詩人ゲーテが好んだと言われる歴史に想いを馳せながら、シュバルツスタイルを楽しんでみませんか。

全10商品

おすすめ商品比較表

キリン 一番搾り 黒生

THE軽井沢ビール ブラック

アサヒ 生ビール 黒生

サッポロ ヱビス プレミアムブラック

サントリー ザ・プレミアム・モルツ 黒

黄桜 悪魔のビール アメリカンブラックエール

Guinness 黒ビール ドラフトギネス

Guinness 黒ビール オリジナルエクストラスタウト 330ml×24本

エルディンガー デュンケル

ケストリッツァー 黒ビール シュヴァルツビア

Amazonカスタマーレビュー
4.4350
4.37
4.5525
4.5471
4.28
3.01
4.4336
4.376
-
4.315
最安値

-

-

タイムセール
¥3,310-6%
参考価格¥3,529
購入リンク

おいしい黒ビールでビールの世界を広げよう!

今回の記事では、黒ビールの製造方法やスタイルのほか、日本や海外のメーカーのおすすめ商品をご紹介しました。黒ビールならではの苦みや香ばしさを楽しみながら、好みに合った銘柄を見つけてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のドリンク・お酒カテゴリー

新着記事

カテゴリー