この記事で紹介されている商品

お取り寄せできるうなぎのおすすめ15選!有名産地の美味しいうなぎなど紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

土曜の丑の日によく食べられる「うなぎ」。お取り寄せなら、鹿児島や浜松などうなぎで有名な地域のものや、専門店の高級うなぎもお店と同じ味が自宅で手軽に楽しめます。この記事ではうなぎの基礎知識から、おすすめのお取り寄せ商品までご紹介しているので、美味しいうなぎを食べたい方はぜひ参考にしてくださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

通販でも美味しいうなぎはお取り寄せできる

うなぎはスーパーでも購入できますが、本当においしいものは専門店で購入するにつきますよね。しかしわざわざ専門店に食べに行ったり、買いに行ったりするのは大変です。

そんな時には、通販で専門店のうなぎをお取り寄せしてみてください。お取り寄せならうなぎ専門店と同等の品質・味・サイズのものが、自宅で好きなタイミングで食べられますよ。

温泉や電子レンジで温めるだけで食べられるものがほとんどなので、料理が苦手な方も気軽に試してみてくださいね。

うなぎの基礎知識

日本で流通しているうなぎは、実は9割以上が養殖です。養殖といっても、海から天然のうなぎの稚魚を捕ってきて育てられています。天然と養殖の最も分かりやすい違いは、天然のうなぎは余分な脂が少なくあっさりめの味わいで、養殖のうなぎは脂がのっていてジューシーということです。

またうなぎは雑食なので、天然のうなぎは一定の味わいや品質を維持するのが難しいのに対し、養殖のうなぎは餌や環境の管理が徹底しやすいため臭みが少なく食べやすいとされていますよ。

ただしうなぎは現在、絶滅危惧種に指定されているという点は、念のため知っておいた方がよいかもしれません。

うなぎは密漁や違法なルートでの流通が、全体の流通量の7割以上とされています。そのためうなぎの消費をゆるやかにしようと思っても、消費ペースが正確には把握できないというのが現状です。

このような点を考慮すると、うなぎ料理は土用の丑の日やお祝い用のギフトなど、特別な日にちょっと贅沢な食事として楽しむことをおすすめしますよ。

土用の丑の日にうなぎを食べる理由

土用自体は年に4回ありますが、特に有名なのが夏の終わり頃にある土用の丑の日です。夏は暑さで食欲が落ちやすいため、しっかり栄養をとって元気に過ごす目的で、「う」のつくものを食べようといった風習から始まっています。

本来はうなぎ以外にも、梅干しや瓜などが食べられてきました。その中でもうなぎは古くから夏バテを防ぐ食材として知られており、たんぱく質やビタミンA、DHAやEPAなどの良質な脂質が豊富です。そのため夏バテで食欲がない方は、ぜひ土用の丑の日にうなぎを食べてみてくださいね。

関東と関西でのうなぎの調理方法の違い

うなぎの調理方法は、関東風と関西風とで捌き方や使用している串、焼き方までほとんどの工程で異なります。

まず関西風ではうなぎをお腹から開きますが、関東では武士が多かったことから腹開きは切腹を連想させるため、背中から開く背開きが一般的です。串は関西風では金串、関東風では竹串が使われます。

仕上げは、関東風では一度焼いたうなぎを蒸して脂を落とし、あまり煮詰めずサラッとしたタレに漬けます。それに対し関西風はタレを煮詰めてとろみをつけ、蒸さずに焼いて仕上げるため、パリッとした見た目になるのが特徴です。

うなぎの有名な産地

うなぎが有名な地域といえば、鹿児島県や愛知県、宮崎県、静岡県などがあります。産地によってうなぎの生育環境が異なり、食感や味わいにも差が出てくるため、まずは産地ごとの特徴をチェックしてみましょう。

鹿児島県

うなぎは温暖な気候かつミネラルが豊富な水がある環境で育ったものほど、希少性が高く身がしまっていておいしいとされています。そして鹿児島県はまさにうなぎにとって理想の生育環境が整っており、質の高いうなぎがたくさん生産されている地域です。

特に鹿児島県の大隅半島では、うなぎの稚魚である天然のシラスウナギがたくさん漁れるため多くのうなぎを養殖しやすく、鹿児島県は全国のうなぎの流通量の約4割を占めるとされていますよ。

愛知県

愛知県のうなぎといえば、限りなく天然に近い生育環境で養殖されるブランドうなぎ「一色産うなぎ」と「豊橋うなぎ」が特に有名です。なおうなぎ生産量は鹿児島県と並ぶ全国TOP3に入ります。

また愛知県では「新仔(しんこ)」といって、養殖されてから約半年で出荷される若いうなぎも出荷されており、小骨が細く身も皮もやわらかいことが特徴です。

焼くだけで外側はカリッと、中はふわっとした食感が楽しめるため、特に関西風の調理方法でよく使用されます。

静岡県

静岡県の「浜名湖うなぎ」は静岡県内で捕れたシラスウナギを、最新技術を用いて養殖していることが特徴です。浜名湖うなぎは江戸時代から地元の名産品として有名でしたが、昭和40年代に静岡でうなぎの養殖方法が確立され、そこから養殖うなぎが日本各地に広まったとされています。

そのため養殖うなぎの発祥の地ともいえる地域です。浜名湖は気候が温暖でミネラル豊富な地下水も流れており、うなぎの生育地としては理想的なので、新鮮で美味しいうなぎが食べられますよ。

お取り寄せうなぎの選び方

うなぎを選ぶ際には、産地だけでなくサイズや料理にも注目しましょう。ギフト用なら包装にもこだわってみてください。またうなぎはサイズの表記が特に分かりにくいため、通販でうなぎを購入するのが初めての方は特に気をつけて選んでくださいね。

1.うなぎのサイズや肉厚で選ぶ

うなぎのサイズは「尾」で表記されますが、これはうなぎを10kg購入した場合に何尾入っているか、というものです。たとえば100尾なら1尾あたり100gの計算になりますが、50尾なら1尾あたり200gと大ぶりなことがわかります。

主に地域によって流通しているうなぎのサイズが異なり、関東は小さめの70〜100尾、関西はそれよりも大きめで肉厚なうなぎが主流です。

ただし「尾」ではなくグラム表記の場合、関西風のうなぎは頭まで使うことが多く頭の重さを含んでいるため、関西風うなぎを購入する際は注意してくださいね。

2.うなぎの産地で選ぶ

記事冒頭でご紹介した産地以外にも、うなぎが有名な産地はいくつかあります。産地によってうなぎの飼育環境が異なり、味わいにも差が出るため、好みに合いそうな産地のうなぎを選んでみてください。

たとえば宮崎県は気候が鹿児島県に似ており、生産量はトップを争う程で、臭みの少ないうなぎが多いという特徴があります。また高知県もうなぎの生産量が多いですが、大量生産をしない生産者が多く人それぞれの生育環境があるため、さまざまな味わいのうなぎが楽しめるでしょう。

3.蒲焼・白焼き・ひつまぶしなどで選ぶ

うなぎの食べ方には、蒲焼・白焼き・ひつまぶし・うな重やうな丼などさまざまなものがありますよね。まず白焼きはタレをつけずに素焼きしたもので、うなぎそのものの味を堪能できることが特徴です。

そして白焼きにタレを漬けて焼くと蒲焼になります。タレを少し焦がすことで香ばしさと食感がよくなり、甘辛いタレが白いごはんとよく合い、美味しいですよ。そのためごはんと一緒にいただくうな重やうな丼、ひつまぶしにも蒲焼が使われています。

うな重やうな丼はシンプルな丼ですが、ひつまぶしには薬味やだし汁がセットになっているため、途中で味変できるという点も楽しみの一つですよ。

4.贈り物なら化粧箱など包装もチェック

ギフト用に購入するなら、高級感のある木箱や化粧箱に入ったものを選ぶのがおすすめです。特別な日のお祝い用なら、のしに対応しているお店で購入しましょう。中にはギフト用に、お店やブランドのロゴが金色で入ったものもあります。

有名な産地やブランドのロゴなら高品質なものとわかりやすいため喜ばれやすいですよ。うなぎにあまり詳しくない方でも、包装から高級感が伝わるように、ある程度見た目にこだわって選ぶのも大切なポイントといえます。

お取り寄せうなぎのおすすめ15選

ここからはうなぎの蒲焼を中心とした商品を、15個厳選してご紹介します。老舗うなぎ専門店や有名回転寿司チェーンのもの、中には1本で2人前と特大サイズの蒲焼も!気になる商品があればぜひチェックしてみてくださいね。

PR
港ダイニングしおそう 鰻蒲焼き

商品情報

【産地】鹿児島・宮崎県
【内容量】約200g×2尾

モンドセレクション2023で金賞を受賞した、鹿児島県と宮崎県産のうなぎの蒲焼です。頭なし1尾約100gの特大サイズで、2尾がセットになっており約4人前のうな丼ができます。化学調味料や合成着色料、合成保存料などを使用していない秘伝のタレを使用し、4回にわたってタレ漬けしながら丹念に焼き上げられている職人こだわりの逸品です。

PR
鰻楽 国産 うなぎの蒲焼き

商品情報

【産地】国産
【内容量】140g × 2尾

頭なしで140gと、お店で食べられるものと同じサイズで食べ応えのある、国産の蒲焼です。2本セットでギフト用のお店特製化粧箱に入っており、のしにも対応してもらえます。しっかりと密閉されていて冷凍保存可能なので、食べたい時にいつでも食べられるのもうれしいポイント。うなぎ専門店が販売している商品なので、自宅でお店と同じ味を楽しみたい方におすすめです。

PR
うなぎ屋かわすい 国産うなぎ

商品情報

【産地】国産
【内容量】500g(8枚ー14枚入り)

西日本のさまざまな産地から良質なうなぎを厳選し、自家製のタレを複数種類使い分け、丁寧に焼き上げたごはんによく合う味わいの蒲焼です。こちらのお店は蒲焼のタレに定評があり、和食や居酒屋などの飲食店にも卸しています。1本のうなぎを2〜3つにカットしものが個包装されていますが、1カットあたりの重量が重い場合は頭と尾がついた2つ、軽い場合は頭と尾に腹部が加わった3つのセットです。

PR
くら寿司 うなぎの蒲焼

商品情報

【産地】ー
【内容量】65g/食(6食セット)

回転寿司の大手チェーン店でお馴染みの、くら寿司のうなぎの蒲焼です。湯煎またはレンジ調理で簡単に食べられ、おいしさにこだわる方はさらにオーブントースターで軽く焦げ目をつけるとよりいっそう美味しく食べられますよ。使用しているタレは、蒲焼のタレとしては珍しい無添加製法なので、自然なおいしさを求める方にもおすすめです。

PR
うなぎのたなか 国産うなぎ

商品情報

【産地】中部地方
【内容量】85g~95g 3枚

1枚あたり85か〜95gの、カットされたうなぎの蒲焼が3枚セットになっています。うなぎのたなかは70年以上の歴史がある老舗うなぎ専門店で、関東風の調理方法です。皮はお箸を入れるとすっと切れるほどやわらかいので、魚の皮が苦手な方も食べやすいでしょう。真空パックされているため新鮮なおいしさが楽しめますよ。

PR
うなぎの兼光 国産 愛知県産 うなぎ蒲焼

商品情報

【産地】愛知県
【内容量】3尾 (1尾あたり156g〜185g)

愛知県産の、頭なしで1尾156〜185gの蒲焼です。とても大きいうなぎが3尾セットになっています。1尾ずつ真空パックの個包装になっており、食べる際は電子レンジや湯煎で簡単に食べられて便利です。関東風の調理方法で作られており、蒸しの工程が入っていることでふっくらとした仕上がりになっていますよ。

PR
うなぎの夏目商店 贈り物 国産 豊橋うなぎ

商品情報

【産地】中部地方
【内容量】155-167g×3尾

愛知県産の豊橋うなぎです。豊橋うなぎは愛知県のブランドうなぎで、1尾155〜167gの大ぶりの蒲焼きが3尾セットになっています。外側が木目で内側が赤い高級感のある化粧箱に入っており、ブランドロゴ入りののしにも対応。二重梱包で丁寧に配送してもらえるので、ギフト用としてもおすすめです。

PR
鮮度の鬼 国産 うなぎ 蒲焼き

商品情報

【産地】鹿児島県
【内容量】200g ×2尾

1匹200グラムの特大うなぎの蒲焼が2セットになっています。使用しているのは鹿児島県産の頭なしのうなぎです。うなぎを美味しくいただくためのお店オリジナル小冊子もセットになっているため、あまりうなぎに詳しくない方でも失敗なく食べられますよ。商品は高級感のある専用化粧箱に入っており、さまざまなのしにも対応しています。

PR
海の幸なのにYAMATO 訳あり うなぎ蒲焼

商品情報

【産地】中国
【内容量】500g (5杯分)

商品用にうなぎを定量カットする際、重量を合わせるために小さくカットした部分だけを集めた、訳ありうなぎの蒲焼です。品質や味わいは通常販売と同じで、違いは1切れあたりのサイズのみ。レンジで温めるだけで食べられ、ごはんの上にたっぷり乗せて気軽に食べられます。ひつまぶしにもピッタリですよ。おいしいうなぎをお得に食べたい方はぜひお試しください。

PR
松屋 ふわぁとろ 鰻10枚

商品情報

【産地】中国
【内容量】カット(80g)10枚

牛丼チェーンで有名な松屋系列の回転寿司店、すし松のうなぎ蒲焼です。関東風の調理方法で作られており、ふわふわとろとろの食感に仕上がっています。うなぎは専門店でも使用される高品質なものを使用しており、湯煎で簡単に食べられるので、忙しい日のために常備しておくのもおすすめです。うなぎの個体差を見ながら焼き加減を調整されています。

PR
プラタ 国産うなぎ蒲焼

商品情報

【産地】鹿児島
【内容量】鹿児島

鹿児島県産のうなぎ蒲焼を80グラムずつの小分けパックにした、食べやすい4パックセットです。1パックでうな丼1杯分なので、全部で4杯分食べられます。丁寧に焼き上げた出来立てのうなぎ蒲焼を急速冷凍しているため、自宅でも出来立てのような味わいが楽しめるのが魅力。うな丼だけでなく、ひつまぶしや釜飯などにも使いやすいでしょう。

PR
うな富士 簡単きざみうなぎのひつまぶし

商品情報

【産地】中国
【内容量】(うなぎ70g たれ10g)×10パック

中国産の日本ウナギを国内で加工して小さく刻んだ、うなぎ蒲焼の10袋セットです。1カットあたりが小ぶりなので、うな丼だけでなく玉子丼や卵かけごはん、お弁当などにも気軽に使えますよ。1パックにうなぎの蒲焼70グラムとタレが10グラム入っており、湯煎で3分温めるだけで食べられるので急ぎの時にも便利ですね。

PR
せんざん 炭火焼 うなぎ蒲焼

商品情報

【産地】中国
【内容量】300g

1パックあたり60gのうなぎの蒲焼が入った、個包装の5パックセットです。ごはん1杯分にちょうどいい食べきりサイズなので、自宅でも手軽に食べられます。湯煎やレンジ調理だけでも美味しく食べられますが、さらに蒸したりフライパンで焼いたりするのもおすすめです。4パックすべてをまとめてごはんに乗せれば、食べ応えのある立派なうな重にもなりますよ。

PR
うなぎや源内 国産 うなぎ ひつまぶし

商品情報

【産地】国産
【内容量】60g×2

100%国産のうなぎを使用したひつまぶしの2人前セットです。1人前にうなぎの蒲焼が60gと、無添加のタレや出汁、薬味も付属しています。うなぎの産地は季節に応じて九州や愛知など変更しており、地下水にさらすことで臭みをとっているのでうなぎのよさだけがしっかり味わえるでしょう。炭火焼きの遠赤外線効果で中はふっくら、外はカリッと仕上がっていますよ。

PR
シーフードマックス うなぎ蒲焼 ふっくら炭火焼き

商品情報

【産地】中国
【内容量】2本(1枚約250g)

1本で約2人前とボリューミーな、250gの特大サイズです。遠赤外線でじっくりと火を通し、食材の水分や旨みを逃さず、臭みもなく美味しく焼き上げられています。1尾ずつ真空パックされていますが、大きいので半分にして2杯分のうな丼を作ることも可能です。まるっと太った大きいうなぎを使用しているので、うなぎをお腹いっぱい味わいたい方におすすめです。

自宅で美味しいうなぎを堪能しよう!

最近は急速冷凍や真空パックなどの技術が進んでいることで、自宅でも新鮮なうなぎが食べられるようになっています。ぜひこの記事でご紹介した選び方や商品を参考にして、お気に入りのうなぎを見つけてみてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の食料品カテゴリー

新着記事

カテゴリー