この記事で紹介されている商品
お風呂用スピーカーのおすすめ商品15選!浴室でもお気に入りの音楽を楽しもう

お風呂用スピーカーのおすすめ商品15選!浴室でもお気に入りの音楽を楽しもう

お風呂で音楽を聴くときに「お風呂用スピーカー」があると便利です。といっても、小型で音質の良いものやマイク付きで通話ができるものなど、いろいろな商品があるので迷ってしまいますよね。

そこで今回は、お風呂でも使用できるスピーカーの特徴とおすすめ商品15選をご紹介します。あなたにぴったりの1台で快適なバスタイムを過ごしてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

お風呂用スピーカーの魅力

バスタイムにさらなる楽しみをプラスしてくれる、それがお風呂用スピーカーの魅力です。防水性能が高いものであれば、心配なく浴室で使うことができますよ。

お風呂にゆっくり浸かりながら音楽を楽しむもよし、マイク付きのスピーカーで友人と通話するのもよし。おしゃれなデザインのスピーカーで、気分を上げるのもよいでしょう。

いつもの浴室にお気に入りのスピーカーを置けば、きっと楽しい空間を演出できますよ。

お風呂用スピーカーの種類

お風呂用スピーカーには、置き型やネックバンド式、ストラップ式、壁につけられる吸盤式など多数あります。ここでは、置き型Bluetoothスピーカーとネックバンド型スピーカーをピックアップして、それぞれの特徴を解説します。

置き型Bluetoothスピーカー

お風呂用スピーカーの中で、スタンダードなのが置き型のBluetoothスピーカーです。入浴前にスマホなどで操作して再生を開始し、スマホは脱衣所などに置いておく、といった使い方ができます。どこでも置けるので浴室以外でも活用できます。

ただし、あまりに大きいスピーカーだと浴室の中で邪魔になってしまいます。浴室スピーカーのサイズを確認して選ぶようにしましょう。

お風呂用スピーカー選びのチェックポイント

ここでは、お風呂用スピーカーを選ぶときにチェックしたいポイントをご紹介します。防水性能はもちろん、音質や対応コーデックなどもしっかり確認しましょう。

防水性能

お風呂で使うなら、防水性能の確認は欠かせません。たいていのスピーカーは、防水性能を「IPX」の等級で表示しています。「IPX」のあとに続く数字が大きくなるほど、防水性能が高くなります。

お風呂用のスピーカーを選ぶ際は、「IPX5」以上を目安にするとよいでしょう。「IPX5」は、内径6.3mmのノズルで、約3mの距離から12.5L/分の水を最低3分間、あらゆる方向から注いでも機器が動作するレベルです。「IPX7」なら、常温の水道水の水深1mのところに機器を沈め、約30分間放置して取り出したときにも機器が動作します。

なお、IPXはあくまでも水への耐性のレベルなので、シャンプーや石鹸の泡などがつくと故障につながります。スピーカーの近くで体や髪を洗うときは気を付けましょう。

音質・音量

音質にこだわるなら「パッシブラジエーター」搭載の製品がおすすめです。パッシブラジエーターとは、スピーカー内の空気振動を利用して低音用のスピーカーユニットを動作させる仕組みのことです。低音域が補強され、音の迫力がアップします。

最大音量に関わる、出力(W)の確認もしましょう。シャワーを浴びている間もしっかり聞き取りたいなら20W以上、湯船に静かに浸かっている間に聞こえればよいなら10Wほどが目安です。お風呂だけでなくリビングなどでも使いたい場合は、20W以上のものを選ぶとよいでしょう。

対応コーデック

オーディオ機器からスピーカーには音声データを圧縮して送りますが、この圧縮方法を「コーデック」といいます。コーデックにはさまざまな種類が存在し、音質や遅延の度合いなどが異なります。

AndroidやiPhoneなどの機器は基本的なコーデックである「SBC」に対応していますが、SBCは音質が高くなく、遅延が起こることもあります。高音質・低遅延を求める方には、Androidの場合は「aptX」、iPhoneなら「AAC」コーデックに対応しているスピーカーがおすすめですよ。

連続再生時間

お風呂用スピーカーを選ぶ際は、連続再生時間もチェックしましょう。連続再生時間が短いと充電や電池の交換を行う頻度が高くなり、手間がかかってしまいます。お風呂の途中で音楽が切れてしまうのも困りますよね。

連続再生時間の長いスピーカーは、お風呂だけでなくキャンプやBBQなど、アウトドアでも活躍するでしょう。

お風呂用スピーカーのおすすめ商品15選

ここからは、お風呂用スピーカーのおすすめ商品15選をご紹介します。浴室で邪魔にならないコンパクトサイズのものや、高音質なもの、おしゃれなデザインのもの、ネックバンド型のものなど、さまざまな種類のスピーカーをピックアップしました。

上記のチェックポイントとあわせて、自分に合ったスピーカーを探してみてください。

手のひらサイズのコンパクトさが特徴のスピーカーです。小さいながらも、連続再生時間は約5時間とお風呂で使うには十分。ストラップがついているので、S字フックなどを使えば浴室のタオルかけなどに吊るせます。

オレンジ以外にもホワイトやピンクなどカラーバリエーションが豊富に揃っているので、好みのものが見つかるはず。コンパクトでデザイン性の高いものが欲しい方におすすめです。

JBL GO ESSENTIAL Bluetoothスピーカー IPX7

Amazonカスタマーレビュー

4.4

Amazonカスタマーレビュー

(1,574件)

>

商品情報

ブランド:JBL
防塵・防水性能:IPX7
接続方式:Bluetooth
連続使用可能時間:5時間
出力ワット数:3.1 W
サイズ:‎3.16×8.6×7.12 cm
重量:‎177 g

JBLのこのモデルはIPX7等級の防水性能があり、水没してしまってもある程度耐えられます。コンパクトで軽く、持ち運びしやすいのも魅力です。

また、パッシブラジエーターが搭載されており、迫力のある低音を楽しめますよ。パワフルなサウンドをお風呂で気軽に楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

連続再生時間10時間、防水・防塵性能はIP67等級と、お風呂で使うにはぴったりの製品です。ブラック・ブルー・レッド・ホワイト・オレンジ・ピンクなどのカラーバリエーションから、お気に入りのものを選べます。

長時間再生ができてデザイン性も高く、アウトドアに持っていくのにもおすすめの製品です。

JBLの置き型Bluetoothスピーカーです。500mlのペットボトルと同じくらいのコンパクトなサイズで、持ち運びしやすいでしょう。

大容量のバッテリーを搭載しており、12時間の連続再生が可能です。出力も20Wあり、十分な音量で音楽を楽しめますよ。

防水・防塵性能はIP67等級、連続再生時間は20時間にのぼります。高性能なパッシブラジエーターも搭載されており、奥行きのあるダイナミックなサウンドを楽しめるでしょう。

出力は30Wあり、お風呂だけでなく広い部屋や屋外でも十分使用できるはず。使う場所を選ばないマルチなスピーカーを検討中なら、本製品がおすすめです。

洗練された雰囲気が漂う、Boseの置き型Bluetoothスピーカーです。カスタム仕様のトランスデューサーが搭載されており、臨場感あるサウンドを楽しめます。防水・防塵性能の等級はIP67で、最大12時間再生とバッテリーの持ちも十分です。

シリコンの外装は衝撃に強く、錆びることもないのでお風呂やアウトドアでの使用にはぴったりといえます。

持ち運びやすくておしゃれなスピーカーを探しているなら、本モデルがおすすめです。ボディは丈夫なシリコン製で、ストラップもついているのでリュックサックなどに取り付けて使えます。丸みのあるデザインもかわいいですね。

専用アプリを使えば機能の追加やアップデート、設定のカスタマイズも可能。迫力あるクリアな音楽を、気軽にお風呂場で楽しめます。

独特のデザインが魅力の、丈夫な置き型スピーカーです。本体は、剥がれにくく腐食に強いアルマイト加工がされたアルミ製。防水・防塵等級はIP67です。片手に収まるコンパクトサイズで、持ち運びもしやすいでしょう。

カラーバリエーションはグリーンやブラック、ネイビーなどの彩度の低めなカラーが揃っており、インテリアやアウトドアグッズに合わせやすいですよ。

かわいらしいデザインが特徴の、ソニーのコンパクトスピーカーです。手のひらサイズでありながら口径の大きいスピーカーユニットが搭載されており、迫力ある低音を楽しめます。

本体のボタンで「再生・停止・曲送り」などができるので、スマホで操作する必要がありません。お風呂で手軽に音楽鑑賞を楽しむのにおすすめのモデルです。

最大16時間の長時間再生が特徴のスピーカーです。充電のことをあまり気にせずに使えるでしょう。ストラップでいろいろなところに吊るすことができ、水没にもある程度まで耐えるIPX7等級の防水性能を備えているので、お風呂でも使いやすいですね。

パッシブラジエーター搭載で、存在感のある低音も楽しめますよ。

ソニーの置き型ワイヤレススピーカーです。音の広がり、音圧、低音の力強さが大きな魅力。高性能でありながら500mlのペットボトルと同じくらいのサイズで、縦置き・横置きの双方に対応し、スペースを取らないのもメリットです。

2台用意して接続すれば、ステレオ再生で音楽を楽しめるのもうれしいポイントですね。

SRS-XB13は、SRS-XB100の前モデルです。XB100と同じIP67相当の防塵・防水性能があり、ストラップを含めた全体の形状はほぼ同じなので、使い勝手の面で遜色はないといえるでしょう。

XB-100のほうは、ソニー独自の偏心ユニットが搭載されていてボーカルのクリアさが向上していること、音圧アップでさらに迫力ある低音を楽しめるようになったことが主な改良ポイント。音質を求めるならXB-100がおすすめですが、やや価格が安めで十分に使いやすい、XB-13を選ぶのもよいでしょう。

低価格ながら必要十分な機能を備えた、アイリスオーヤマのスピーカーです。主にiPhoneなどのApple製品が採用しているコーデック「AAC」に対応し、連続再生時間は13時間、防水性能はIPX5等級。

電源ボタンのほか、再生、音量のアップ・ダウンのボタンが付いていて、直感的に操作できます。ハンズフリー通話にも対応しており、お風呂に浸かりながらや家事をしながら電話をすることもできますよ。

防水スマホケース・タブレットケースもおすすめ

お風呂にスマホを持ち込んでスピーカーを操作したい方や、タブレットを持ち込んで動画などを楽しみたいという方には、防水ケースがおすすめです。ここでは、デバイスを守ってくれる防水ケースを3点ご紹介します。

IPX8相当の高い防水性能を持つスマホケースです。密封性の高いロックレバーでしっかり閉じれば、大切なスマホをしっかり守ってくれますよ。

ケースに入れたままタッチパネルの操作ができ、顔認証にも対応可能です。お風呂場でスピーカーを操作するのに役立つでしょう。

「アブガルシア」という、スウェーデン発祥のフィッシングブランドが作った本製品。釣り場などでのアクティブな使い方が想定されているだけあって、防水性能は十分です。

首から下げられるストラップが付いており、スマホの出し入れはワンタッチでできるようになっているので、使い勝手も良好。公式に対応しているスマホは、iPhone7です。

角度調整が可能なスタンドや、マグネットが付いているタブレットケースです。お風呂の見やすい位置に設置し、ちょうどよい角度で動画などを楽しめます。IPX7相当の防水性能があるので、万が一浴槽のお湯の中へ落としてしまっても、すぐに引き上げれば大丈夫でしょう。

湯船にゆっくり浸かりながら映画を見たいという方などにぴったりの製品ですね。

全16商品

おすすめ商品比較表

JBL GO3 Bluetoothスピーカー JBLGO3ORG

JBL GO ESSENTIAL Bluetoothスピーカー IPX7

JBL CLIP4 Bluetoothスピーカー JBLCLIP4WHT

JBL FLIP6 Bluetoothスピーカー JBLFLIP6WHT

JBL CHARGE5 Bluetoothスピーカー JBLCHARGE5BLU

Bose SoundLink Flex Bluetooth speaker

Bose SoundLink Micro Bluetooth speaker

Bang & Olufsen Beosound Explore

ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB01

ソニー ワイヤレススピーカー SRS-XB100

ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB23

ソニー ポータブルスピーカー 2021年モデル SRS-XB13

アイリスオーヤマ スピーカー BTS-112-HGY

エレコム スマホ 防水ケース P-WPSF04ARR

Abu Garcia 防水スマートフォンケース2

RHYTHM タブレット 防水ケース

Amazonカスタマーレビュー
4.66,927
4.41,574
4.62,230
4.61,527
4.62,586
4.51,037
4.51,040
4.5828
4.22,971
4.5456
4.41,045
4.41,508
3.9185
3.512
3.725
3.8358
最安値
タイムセール
¥5,400-9%
参考価格¥5,940
タイムセール
¥6,182-25%
参考価格¥8,250
タイムセール
¥13,300-24%
参考価格¥17,600
タイムセール
¥21,000-13%
参考価格¥24,200
¥18,700
タイムセール
¥14,000-9%
参考価格¥15,400
¥29,909
タイムセール
¥10,664-12%
参考価格¥12,092
タイムセール
¥6,208-19%
参考価格¥7,700
タイムセール
¥1,265-36%
参考価格¥1,980
タイムセール
¥490-51%
参考価格¥990
タイムセール
¥3,618-9%
参考価格¥3,980
購入リンク

お風呂用スピーカーで癒しのバスタイムを

今回は、お風呂用スピーカーの選び方とおすすめ商品を紹介しました。選ぶときは防水能以外にも、音質や連続再生時間、デザインなどさまざまなポイントをチェックしてみましょう。

防水スピーカーはキッチンやアウトドアなどでも使用でき、楽しさが広がります。ぜひあなたにぴったりの1台を見つけてくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他の家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー