この記事で紹介されている商品

大きさ4.5kgの洗濯機おすすめ4選!サイズはどれくらい?大きさや選び方を解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

毎日の家事に欠かせない「洗濯機」。さまざまなサイズの商品があり、どのくらいの大きさがよいのか迷ってしまいますよね。この記事では、コンパクトな大きさで使いやすい「4.5kgの洗濯機」について解説します。どんな方に適しているかや選び方のポイントに加え、おすすめ商品もご紹介するので、ぜひご覧くださいね。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

洗濯容量は洗濯する頻度・人数で選ぼう

洗濯機の容量の目安として、一日の洗濯物の量は一人あたり1.5kgくらいと言われていますが、少し洗濯物が増えることを想定して約2.5kgとすれば充分な容量でしょう。それをもとに考えると、ふたり暮らしなら5kg、3〜4人なら10kg、5人以上であれば12kgくらいが一般的なサイズの目安になります。

しかし、洗濯機をまとめて回す場合は、人数×2.5kgの目安よりもう少し大きめの容量がおすすめ。また、自宅で寝具をこまめに洗濯したい方も、大きめの洗濯機であれば効率よく洗濯できますよね。このように、人数とライフスタイルを合わせて考えることで、ぴったりの大きさの洗濯機をチョイスできますよ。

4.5kgの洗濯機は一人暮らしにおすすめ

先程もお伝えしたように、一日あたりひとり分の洗濯物の量は約1.5kgです。これにシーツやパジャマなどが増えることを考慮して、もう1kgほど容量があると余裕をもって使うことができます。2〜3日分の洗濯物をまとめて回しても充分なサイズといえるでしょう。薄手の毛布であれば洗濯は可能ですが厚手の寝具を洗うには向いていないので、自宅で寝具を洗いたい方は注意が必要です。

また、4.5kgサイズの縦型洗濯機であれば、2〜4万ほどの低価格で購入できるのもメリットのひとつです。引っ越しや結婚といった暮らしの変化に合わせて洗濯機を買い換える場合もあるので、今後のことを考えて価格を抑えて洗濯機を購入したい方にもおすすめです。

4.5kg洗濯機の選び方

洗濯機の容量に加えて、ご自身の生活に合ったモデルを選ぶことで毎日の洗濯がより快適になります。ここからはコンパクトな4.5kgの洗濯機を選ぶときのポイントをいくつかご紹介します!購入の参考になさってくださいね。

サイズで選ぶ

洗濯機を選ぶとき「自宅に搬入できるサイズ」と「設置可能なサイズ」の2点はとても重要です。同じ容量の洗濯機でも大きさはメーカーによって異なるので、購入前に搬入と設置に必要なサイズは必ずチェックしてくださいね。

搬入可能なサイズかどうか

4.5kgの洗濯機はほかの容量の洗濯機と比較すると比較的コンパクトなものが多いため、搬入できないのは珍しいケースですが、事前に搬入の際のポイントとなる場所を確認しておくと安心でしょう。ひとつはマンション等の共用部の入り口や玄関、エレベーターのように扉がある場所。もうひとつは、階段や廊下の手すりや曲がり角といった場所です。どちらも通路が狭くなる箇所なので確認しておきましょう。

洗濯機の本体よりさらに10cmほど余裕をもって搬入経路を確保すれば、スムーズに運べますよ。

設置場所の大きさ

一般的に洗濯機は防水パンと呼ばれる受け皿の上に設置します。洗濯機の仕様書に防水パンの推奨サイズが記載されているので、購入したい洗濯機のサイズとご自宅の防水パンのサイズが合っているか事前に確認しましょう。また、水栓の位置や扉が全開するスペースが確保されているかチェックすることも大切です。特にドラム式の場合は、機種によって扉の開閉方向が変わるので、どんな開き方が適しているか見ておきましょう。

洗濯槽の深さで選ぶ

洗濯槽の深さもチェックしておきたいポイントです。深すぎると底の方にある洗濯物が取りづらいだけでなく、底にある洗濯物を見落としてしまうことも。ドラム式の場合だと深さは気になりませんが、縦型の洗濯機を選ぶ場合には、洗濯槽の深さもチェックしてくださいね。

おすすめは高さが90cm前後の商品。90cmであれば小柄な方でも洗濯槽の奥まで手が届きやすく、スムーズに作業をすることができます。洗濯機は毎日使う方も多いのでストレスを感じにくい仕様を選ぶとよいですよ。

静音性で選ぶ

マンションなどの集合住宅に住んでいるため、運転音を抑えたものを選びたい方や夜に洗濯をすることが多い方は、騒音対策がされている機種を選ぶのがおすすめです。「インバーター」が搭載されているモデルを選べばモーターの回転数をコントロールしてくれるので、運転音と振動が抑えられます。また、振動を吸収しやすい部材を使っている洗濯機は振動音を軽減してくれますよ。洗濯機の運転音が気になる方は、静音性に優れたモデルもチェックしてみてくださいね。

4.5kgの洗濯機に乾燥機能はある?

洗濯物が完全に乾く「ヒーター乾燥」機能は、今のところ4.5kgの洗濯機には搭載されていませんが「簡易乾燥機能」が付いているモデルはあります。これは「風乾燥」といってヒーターを使わないので、洗濯物を乾かすことはできません。あくまでも「洗濯物を乾かしやすくする機能」なのでご注意くださいね。容量は大きくなりますが、8kg以上の縦型洗濯機やドラム式を選ぶと乾燥機能付きのモデルを購入することができます。

4.5kg縦型洗濯機おすすめ4選

シンプルな機能を備えたモデルが多く価格を抑えて購入できる4.5kgの縦型洗濯機。コンパクトで設置場所を選ばないこともあり、ひとり暮らしの方にぴったりのサイズです。効率よく洗濯できて使い勝手のよい商品を4つご紹介します。

PR
ハイアール(Haier) 洗濯容量4.5kg全自動洗濯機

商品情報

商品の寸法 50D x 52.6W x 88.8H cm
ブランド ハイアール(Haier)
容量 4.5 キログラム
特徴 ドラムクリーン, チャイルドロック, 高効率, 残り時間表示, スタート予約タイマー
アクセス場所 上面

インテリアに馴染むシンプルなデザインが目を引くおしゃれなモデル。見た目のシンプルながら、さまざまなコースが搭載されている、コスパよし、使い勝手良しの洗濯機です。全8種類のコースの中でもおすすめなのは、10分間の洗濯にもかかわらずしっかり汚れを落としてくれる「お急ぎコース」。忙しい時でもサッと洗濯を済ませられる機能はとても便利ですよね。使いやすい機能ばかりなのでぜひチェックしてみてください。

PR
アイリスオーヤマ 洗濯機 4.5kg IAW-T451

商品情報

容量 4.5 キログラム
色 a)洗濯機 ホワイト
ブランド アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
商品の寸法 53.5D x 54W x 83.5H cm
特徴 チャイルドロック

シンプルかつ、使いやすさにこだわったモデルの洗濯機です。衣服の水分をしっかり飛ばしてくれる「部屋干しモード」は、干している時間を短縮できるため生乾きの臭いを抑えることができます。さらに、予約タイマーの機能は最長24時間で1時間おきにタイマーを設定できるので、干したいタイミングに合わせて洗濯機を運転させることが可能です。運転が終わるまで待つ必要がなくなり、効率よく洗濯ができる機能は便利ですよね。

PR
ハイセンス 全自動 洗濯機 4.5kg HW-K45E

商品情報

抜群の洗浄力、充実の便利機能!シングルにピッタリの4.5kg洗濯機!

こちらの洗濯機は洗浄力に特化したモデル。強力な水流を生み出し縦にも横にも水流を起こせる設計で、ムラなく、しっかり汚れを落とすことができます。また洗濯板のように凸凹しているステンレス槽によって、さらに洗浄力がパワーアップ。ステンレス素材のため洗濯槽が汚れにくくなるのもうれしいポイント。大容量の糸くずフィルターの効果で日々のお手入れも簡単に済ませられますよ。洗濯機の洗浄力を重視したい方におすすめの洗濯機です。

PR
東芝 全自動洗濯機 4.5kg AW-45GA2(W)

商品情報

商品の寸法 56D x 55.5W x 94.5H cm
ブランド 東芝(TOSHIBA)
容量 4.5 キログラム
特徴 ドラムクリーン, チャイルドロック
アクセス場所 上面

おすすめの性能「Wシャワー洗浄」は桶内の2本のシャワーで洗浄液を浸透させることで、繊維の奥まできれいに洗ってくれます。また、つけおきコースを使えば頑固な汚れもしっかり落とすことができますよ。汚れ落ちのよさを保つうえで大切なのは洗濯機のメンテナンスですが、こちらのモデルはプラスチック製の糸くずフィルターを採用しており、ゴミが取り出しやすくお手入れが簡単なのも魅力のひとつ。洗濯槽の洗浄や桶乾燥の機能も合わせて活用すると、カビの繁殖を防げます。

ぴったりの洗濯機を選んで快適な洗濯を

1〜2人暮らしにちょうどよい4.5kgの洗濯機。しかし洗濯機選びは、容量のみならず自宅に合ったサイズやライフスタイルに適した機能がついている機種を選ぶことが大切です。自分に合った洗濯機を選べば、日々の洗濯が効率よくなりますよ。洗濯機選びのポイントをしっかり把握して、ご自身にぴったりのモデルを選んでくださいね。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他の家電カテゴリー

新着記事

カテゴリー