この記事で紹介されている商品

離乳食向けの市販ヨーグルトおすすめ13選!いつから与えていい?選び方を解説

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

「離乳食向けのヨーグルト」はプレーンタイプやフレーバー付きなど、さまざまな種類が市販されています。この記事では、いつから与えていいのか、初めて食べさせるときの注意点などの観点から、離乳食向けヨーグルトの選び方について解説します。小分けタイプなどのおすすめ商品もご紹介するので、ぜひご覧ください!

この記事で紹介されている商品
もっとみる

離乳食にヨーグルトは問題ない?

ヨーグルトは、離乳食としても取り入れられる食品です。

ただし、赤ちゃんの成長段階によって量を調整したり、食べ方を注意したりする必要があります。赤ちゃんに安全にヨーグルトを与えるためにも、目安量を必ず守るようにしましょう。

ここからは、離乳食にヨーグルト与える際の月齢や注意点を解説するので、参考にしてみてくださいね。

いつから与えていい?

離乳食にヨーグルトを取り入れたいけど、いつから与えていいのか悩む方も多いのではないでしょうか。

赤ちゃんにヨーグルトを与えるなら離乳食中期(生後7~8か月頃)を目安にしましょう。ただし市販品のなかには、離乳食初期頃の生後6か月から食べられるヨーグルトも販売されています。様子を見ながら取り入れるのがよいでしょう。

離乳食としてヨーグルトを与える際の注意点

初めて離乳食として食べさせる場合は、離乳食用のスプーンを使って1さじから始めることが大切です。赤ちゃんの様子を見ながら食事の一部やおやつとして取り入れてみてくださいね。

また離乳食は、作ったものを小分けして冷凍する便利な方法もありますが、ヨーグルトの場合は冷凍するのはおすすめしません。なぜなら冷凍したヨーグルトを解凍すると舌触りが悪くなり、なめらかな食感が失われてしまうからです。赤ちゃんには開封したての新しいものを与えるようにしましょう。

離乳食向けのヨーグルトの選び方

離乳食が始まる頃の赤ちゃんは味覚が敏感だったり腸内環境が整っていなかったりするので、ヨーグルトも赤ちゃんに向いている商品を選ぶことが大切です。しかし加糖や無糖、フレーバー付きなど種類が豊富で離乳食向きのものを選ぶのは難しいですよね。

離乳食向けのヨーグルトを選ぶときは、6つのポイントがあります。ここからは、離乳食向けのヨーグルトの選び方について詳しく解説するのでチェックしていきましょう。

1.プレーンヨーグルトの発酵乳がおすすめ

離乳食のヨーグルトは、砂糖の入っていないプレーンタイプを選びましょう。特に離乳食を始めた頃の赤ちゃんには砂糖の甘みづけは不要です。

またヨーグルトを選ぶ際は、商品名に発酵乳と表記されているかどうか確認することも大切。発酵乳とは厚生労働省の乳等省令で定義されており、無脂乳固形分8.0%以上のもの、生菌タイプの場合は乳酸菌数が1mlあたり1000万以上のものを指します。

なかには乳等を主要原料とする食品もありますが、厳密にはヨーグルトではないので注意しましょう。選ぶ際は無糖ヨーグルトで発酵乳と表記されているものを確認してみてくださいね。

2.酸味が控えめなものが食べやすい

赤ちゃんにヨーグルトを与える際は、酸味が控えめなものが食べやすくておすすめです。赤ちゃんは味覚が敏感で酸味が強すぎるものは苦手な場合があります。

与える前はまずはヨーグルトの味見をして、酸味が強いのかどうかチェックしましょう。アレンジ方法として、すり潰したバナナやサツマイモなどを混ぜると食べやすくなりますよ。

3.月齢に合わせて無糖か加糖を選ぶ

ヨーグルトは大きく分けて、無糖と加糖タイプがあります。1歳くらいになるまでは赤ちゃんの味覚が発達していく大切な時期なので、できるだけ素材の味を活かした無糖タイプを与えるようにしましょう。

加糖タイプのヨーグルトを与える際は、初めに甘みを確認してみるとよいでしょう。甘さ控えめのものを選んだり、甘みが強すぎる場合には無糖のヨーグルトと混ぜて調整するのもおすすめです。

4.食品添加物の有無をチェック

離乳食のヨーグルトを選ぶ際は、食品添加物の有無もチェックするのがポイント。赤ちゃんの体は敏感なため、できるだけ負担のかからない食品を選びましょう。

食品添加物は香料、保存料、合成着色料などさまざまな種類があります。食品添加物の有無を確認したいときは、パッケージの原材料名に生乳や乳製品のみのものを選ぶとよいでしょう。

5.小分けタイプなら食べ切れて便利

ヨーグルトのなかには食べ切りやすい小分けタイプも販売されており、離乳食用にもおすすめのサイズです。少量ずつ分けられている小分けタイプなら、フレッシュな状態のヨーグルトをいつでも与えられます。

商品によってはフレーバー付きのものもあり、飽きずに食べてもらえますよ。小分けタイプなら器に移す必要がなく、洗い物の手間を省けるのもうれしいですね。

6.1歳未満にはちみつは与えない

ヨーグルトにはちみつを加えると甘みがアップしておいしいですが、1歳未満の赤ちゃんにはちみつを与えてはいけません。

はちみつにはボツリヌス菌という細菌が含まれている恐れがあり、腸内環境の整った大人ならボツリヌス菌の影響は受けませんが、腸内環境が発達していない赤ちゃんは乳児ボツリヌス症にかかる可能性もあります。危険なため、1歳未満の赤ちゃんにははちみつを与えないようにしましょう。

また、はちみつを加熱すればボツリヌス菌が死滅するのでは?と思う方もいるかもしれませんが、ボツリヌス菌は熱に強い菌です。そのため加熱したはちみつでも与えないようにしてください。

離乳食向けのヨーグルトおすすめ13選

ここからは、離乳食向けヨーグルトのおすすめ商品をご紹介します。

まずは100gや400gタイプのヨーグルトから見ていきましょう!離乳食に使い切れない分は、そのまま大人の料理やお菓子作りにも活用できます。家族みんなで楽しめる商品をピックアップしました。

PR
小岩井 生乳100%ヨーグルト

商品情報

内容量:400g
種類:発酵乳
原材料:生乳(国産)

生乳だけを発酵させたプレーンヨーグルト。乳本来のマイルドな風味となめらかな食感を楽しめます。酸味が少なく赤ちゃんでも食べやすいですよ。ヨーグルト独特の水分(乳清)が浮きにくいのもうれしいポイント。離乳食はもちろん、普段の料理の隠し味にも使いやすいです。

PR
メグミルク ナチュレ恵

商品情報

内容量:400g
種類:発酵乳
原材料:生乳(国産)、乳製品

2種類の菌が含まれたヨーグルトは、お腹を健やかに整える効果が期待できます。ガセリ菌SP株は消化液や胃酸の影響を受けにくく、生きたまま腸へ届きやすいのが魅力です。原材料は生乳と乳製品のみなので、離乳食として使うのにも向いていますよ。

PR
グリコ おいしいカスピ海 特選生乳100%

商品情報

内容量:400g
種類:発酵乳
原材料:生乳(国産)、(一部に乳成分を含む)

成分や乳質が優れた特選生乳を贅沢に使用したヨーグルト。サーモフィラス乳酸菌やクレモリス乳酸菌を加え、低温でじっくり発酵させることによってトロっとした食感に仕上げています。離乳食用として使うのもよいでしょう。

PR
クリエイト ギリシャヨーグルト

商品情報

内容量:350g
種類:発酵乳
原材料:生乳(国産)、乳製品、乳たんぱく

モチっと食べ応えがあり、なめらかな舌触りと生乳の旨味を活かした味わいを楽しめます。砂糖不使用で離乳食にもぴったりなだけでなく、料理に混ぜやすいのもポイント。デザートだけでなく、さまざまな料理と相性がよいですよ。無駄なくヨーグルトを活用できるのもうれしいですね。

PR
フジッコ カスピ海ヨーグルト

商品情報

内容量:400g
種類:発酵乳
原材料:生乳

品質の高い北海道産の生乳を使っており、牛乳の風味をしっかりと感じられます。まろやかな酸味と独特の食感で、毎日飽きずに食べられます。本体はくぼみのついた持ちやすい構造になっており、フタの開閉も簡単です。密閉力の高い容器なので独特の食感も持続しやすいですよ。

PR
明治 ブルガリアヨーグルトLB81

商品情報

内容量:400g
種類:発酵乳
原材料:生乳(国産)、乳製品

特定保健用食品のブルガリアヨーグルトは、健康に役立つように工夫が施されています。LB81乳酸菌は腸で働きやすく、お腹の調子を整える作用が期待できますよ。プレーンヨーグルトなので離乳食にも対応しており、料理に使えるのも魅力。家族みんなで楽しめますね。

PR
ビヒダス プレーンヨーグルトBB536

商品情報

内容量:400g
種類:発酵乳
原材料:生乳(国産)、乳製品

発酵乳と砂糖不使用で離乳食にもおすすめのヨーグルトです。特定保健用食品に認定されており、ビフィズス菌BB536を使用しているため、おなかの健康を毎日サポートしてくれます。酸味が抑えられているので、小さな子どもでも食べやすいですよ。

PR
森永 濃密ギリシャヨーグルトパルテノ

商品情報

内容量:100g
種類:-
原材料:乳製品(国内製造)

ギリシャの伝統製法で作られたパルテノは水切りがしっかり行われており、濃厚でクリーミーな風味に仕上がっています。酸味が少なく味わい豊かなので、赤ちゃんにもおすすめです。青色を基調とし、ギリシャの街並みをイメージしたパッケージデザインもおしゃれですね。

PR
ダノンジャパン オイコス プレーン砂糖不使用

商品情報

内容量:113g
種類:発酵乳
原材料:乳製品(乳成分を含む)

甘さのないプレーンタイプのヨーグルトです。原材料は乳製品だけで、離乳食用にも使いやすいですよ。脂肪分ゼロのため、脂質が気になる大人にもおすすめ。赤ちゃん用に取り分けた残りを食べる際にも安心ですね。

食べきりサイズ!小分けタイプのヨーグルト

続いて、食べ切りサイズにおすすめな離乳食向けヨーグルトの小分けタイプをご紹介します。

プレーンタイプやフレーバー付きなど、さまざまな商品がありますよ。見た目からも喜んでもらえるかわいいパッケージの商品があるのもポイント!6か月頃から食べられる商品もあるので、チェックしてみてくださいね。

PR
ベビーダノン いちごヨーグルト

商品情報

内容量:45g×4
種類:発酵乳
原材料:生乳(国産)、ストロベリーピューレ、糖類(砂糖・乳糖)、乳製品、乳たんぱく、でんぷん、にんじん汁/増粘多糖類、酸味料、(一部に乳成分を含む)

6か月頃から食べられるヨーグルトです。ヨーグルトとストロベリーソースが2層になっており、食べやすいように工夫されています。そのまま食べるのもよいですし、混ぜ合わせると違った味わいも楽しめますよ。1カップに45gで、丁度食べ切りやすいサイズです。

PR
ベビーダノン すりりんご&にんじんヨーグルト

商品情報

内容量:45g×4
種類:発酵乳
原材料:生乳(国産)、乳製品、糖類(砂糖・乳糖)、にんじん汁、りんごピューレ、乳たんぱく、りんご果汁、さつまいもペースト、にんじんペースト、でんぷん/増粘多糖類、酸味料、(一部に乳成分・りんごを含む)

すりおろしリンゴとにんじんソースがミックスされたヨーグルトは、野菜が苦手な子でも食べやすいでしょう。パッケージには野菜やフルーツを使ったかわいいデザインが印刷されており、見た目からも楽しめますね。

PR
ベビーダノン もも&緑黄色野菜ヨーグルト

商品情報

内容量:45g×4
種類:発酵乳
原材料:生乳(国産)、ももピューレ、糖類(砂糖・乳糖)、乳製品、野菜汁(にんじん・ホウレンソウ・小松菜・ブロッコリー・アスパラガス)、乳たんぱく、かぼちゃペースト、さつまいもペースト、でんぷん/増粘多糖類、酸味料、(一部に乳成分・ももを含む)

ソースにほうれん草、かぼちゃ、にんじんなど7種類の緑黄色野菜が使用されたヨーグルトです。たくさんの野菜が使われていますが、ももピューレが混ざっているので食べやすいですよ。6か月頃から対応しているため、離乳食初期の子にもおすすめです。

PR
ビオ プレーン 砂糖不使用脂肪

商品情報

内容量:75g×4
種類:発酵乳
原材料:乳製品(国内製造)、ガラクトオリゴ糖、ゼラチン/増粘剤(加工でんぷん)、(一部に乳成分・ゼラチンを含む)

砂糖不使用でプレーンタイプのヨーグルトです。クリーミーなので食べやすさも抜群!酸味は控えめの作りになっているので、ヨーグルトの味が苦手な子でも挑戦しやすいでしょう。なお、1カップあたりのエネルギーは39kcalです。

離乳食にヨーグルトを取り入れてみよう!

ヨーグルトは離乳食に積極的に取り入れたい食品ですが、赤ちゃんの成長や様子に合わせて与えることが重要なポイントです。家族みんなで楽しめる400gタイプや食べ切りやすい小分けタイプがあるので、好みのものを選びましょう。プレーンタイプが飽きたら、すり潰したフルーツや野菜などを混ぜるのもおすすめですよ。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のベビー・マタニティカテゴリー

新着記事

カテゴリー