この記事で紹介されている商品
おすすめのワインギフト10選!種類、味わい、香りなど選び方のポイント

おすすめのワインギフト10選!種類、味わい、香りなど選び方のポイント

お酒好きの方なら「ワインギフト」を贈るのもおすすめです。赤ワインや白ワインなどブドウの種類によって味わいや香りが異なるので、相手の好みのものを見つけられますよ。この記事では、ワインギフトの選び方について解説します。さまざまな価格帯の商品やお祝いに喜ばれる商品もご紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

特別な人に心のこもったワインギフトを!

特別な人にプレゼントを贈りたいとき、何を選べばよいのか迷う方も多いのではないでしょうか。

相手がお酒を飲めるのであれば、ワインギフトがおすすめです。ワインはほかのお酒に比べると特別なイメージを感じやすいため、ギフトにもぴったり。ラベルにこだわると、さらに特別な贈り物になりますよ。

ワインはブドウの種類が幅広く、同じものを選んだとしても生産年によって味わいが異なるのが特徴です。そのため飽きずに、毎年違った味わいを楽しんでもらえます。

おしゃれなボトルデザインであれば、飲み終わったあとはインテリアとしても飾れるので喜んでもらえますよ。ぜひ特別な人に、心のこもったワインギフトを贈ってみてはいかがでしょうか。

ワインギフトの選び方

ワインギフトを選ぶときは「種類」「味わい」「価格」「相手の好きな料理」「デザイン」の5つのポイントに注目してみましょう。

ここからは、ワインギフトの選び方について解説します。ポイントを参考に相手に喜ばれるワインを選んでみてくださいね。

1.相手の好みに合った種類で選ぶ

ワインは大きく分けて「赤ワイン」「白ワイン」「ロゼワイン」「スパークリングワイン」「オレンジワイン」の5種類があります。

それぞれ味わいや香りが異なるので、相手の好みに合った種類で選ぶことが大切です。ここでは、各ワインの特徴を詳しく解説するので参考にしてみてくださいね。

赤ワイン

赤ワインは黒ブドウを使って発酵させますが、果実だけでなく種や果皮も全て使います。黒ブドウの果皮には赤い色素が含まれており、鮮明な赤色に仕上がるのが特徴です。

また赤ワインは渋味を感じやすいですが、渋味の度合いは種に含まれるタンニンの量によって左右されます。長期熟成にも向いているので、経年変化による風味の違いも楽しめるでしょう。

黒ブドウの品種は濃厚な香りを楽しめるメルローや、酸味と渋みのバランスのよいカベルネ・ソーヴィニヨンなどがあります。産地はフランスやイタリアなどが有名ですが、近年ではアメリカやオーストラリアといった地域でも造られていますよ。

白ワイン

白ワインは白ブドウの果汁のみを使用するため、渋味が少なくフルーティーな味わいに仕上がるのが特徴です。ワイン初心者の方でも飲みやすく、甘口から辛口までさまざまな味わいがあります。

白ブドウのほかに黒ブドウを使う場合もありますが、同じく果皮を取り除くので赤ワインのような色味にはなりません。

白ブドウは多くの種類がありますが、どの品種を使うかによって味や香りが大きく変化します。代表的な品種としては、シャルドネやソーヴィニヨン・ブランなどが有名ですよ。

ロゼワイン

淡いピンク色のロゼワインは赤ワインと白ワインのよさを兼ね備えており、幅広い料理に合わせやすいのが魅力です。

基本的には黒ブドウを使い、赤ワインのように果汁や果皮を漬け込んで果汁だけを抜き取る方法や、白ワインのように果汁のみを発酵させる方法などが用いられます。

赤ワインと白ワインを混ぜる製法もあり、フランスのシャンパーニュ地方などでスパークリングワインにのみ許可されています。

スパークリングワイン

発泡性のスパークリングワインは赤、白、ロゼがあります。乾杯のお酒というイメージが強いですが、低アルコールで飲みやすいものや、洋梨や桃のフレーバーが溶け込んだものなどがあるので、お酒が苦手な方でも挑戦しやすいでしょう。

スパークリングワインの製造方法は、非発泡性ワインに炭酸ガスを入れる方法以外にも、発酵するときに自然に炭酸ガスを発生させる方法があります。なかでも瓶内二次発酵が有名で、高級スパークリングワインにも採用されています。

オレンジワイン

オレンジワインは白ブドウを材料に赤ワインと同じ製法で、果実だけでなく種や果皮も全て使うのが特徴です。丸ごと白ブドウを醸造すると色や香りが抽出され、鮮やかなオレンジ色のワインに仕上がります。地方によっては琥珀色にちなんでアンバーワインと呼ばれることもありますよ。

オレンジワインは白ワインのようなフルーティーさがありつつ、赤ワインのような渋味も感じられるのが魅力です。使用する白ブドウの品種によって色や味が変わるので、さまざまなオレンジワインに挑戦してみてくださいね。

2.味わいで選ぶ

赤ワインは味わいや重みを表現するときにボディという言葉が用いられます。ボディは主に軽めの「ライトボディ」、中間の「ミディアムボディ」、濃厚な「フルボディ」の3種類があります。赤ワインを贈る際、相手の好みの味わいを確認しておくとぴったりのボディを見つけやすいですよ。

一方ロゼや白ワインでは味わいを表現するとき、甘口や辛口という言葉が用いられます。甘口と辛口の基準は残糖度によって異なるのがポイント。ワインを造る際、発酵を途中で止めブドウの糖分を残したものが「甘口」、発酵を進め糖分のほとんどをアルコールに変化させたものを「辛口」と表現します。甘さや口当たりのキレのよさが異なるので、相手の好みに合わせてみてくださいね。

ここからは、赤ワインとロゼ・白ワインの味わいについて詳しく解説するので、チェックしていきましょう。

【赤ワイン】フルボディ

フルボディは、渋味や酸味が多く含まれた重みのある味わいと濃い色味が特徴。味が複雑で飲み応えがあり、熟成に適している種類がたくさんあるのもポイントです。

アルコール度数が高い商品が多いので、お酒を飲み慣れていない方は注意しましょう。重みのある濃厚な赤ワインを飲みたい方は、ぜひ挑戦してみてくださいね。

【赤ワイン】ミディアムボディ

ライトボディとフルボディの中間に位置するミディアムボディは、香り、渋味、酸味のバランスが取れています。幅広い料理に合わせやすく、フルボディに比べると飲みやすさもアップしますよ。

渋味は控えめで満足感のある赤ワインをお探しの方は、ミディアムボディを検討してみてはいかがでしょうか。

【赤ワイン】ライトボディ

色味の薄いライトボディはアルコール度数が比較的低く、初めて赤ワインを飲む方にもおすすめです。渋味が少なく口当たりが軽いので、サラっと飲みやすいですよ。

長期熟成向きではないため、早めに飲む方がライトボディの果実の新鮮さが堪能できます。

【ロゼ・白ワイン】甘口

甘口ワインは製造工程で残るブドウの糖分量の多いものを指します。ミディアム・スイート(甘口)やスイート(極甘口)などといった度合いで表現される場合もありますが、メーカーによって独自で判断しているので一定のルールは存在しません。

甘口ワインの魅力は熟したフルーツのように甘く、酸味や渋味は感じにくいというところ。アルコール度数が低いものもあるので、ワイン初心者の方でも挑戦しやすいでしょう。甘口といっても料理に合わせやすいものや、食後のデザートと一緒に飲むものなど種類が豊富なので、相手好みの甘口ワインを選びやすいですよ。

【ロゼ・白ワイン】辛口

辛口ワインは製造する際に、糖分のほとんどをアルコールに変化させるのが特徴です。甘口ワインよりも発酵時間が長くアルコール度数も高くなります。

辛口というと香辛料の辛さをイメージしますが、ワインにおける辛口は甘さが控えめと表現されます。度合いは中辛口、辛口、極辛口などとありますが、メーカーによって呼び名は変わるので注意しましょう。

辛口ワインは甘さ控えめでキレがあるので食中酒としておすすめ。洋食や和食どちらでも合わせやすく、いろいろな組み合わせを楽しめるでしょう。

3.価格で選ぶ

ワインはリーズナブルに手に入るものや高級なものなど、価格帯が幅広く設定されています。ギフトとして贈るなら最低でも2,000円以上のものを選びましょう。選択肢が増え、飲み応えのあるおいしいワインを見つけやすいですよ。

相手にワインを贈るときはシチュエーションを考慮することも大切。例えば親しい友人同士で集まるときのホームパーティーなら3,000〜5,000円程度のワインがおすすめ。この価格帯であれば赤や白といったワインがあり、名入れができるおしゃれなタイプも選択できます。

会社の同僚や大切な方に日頃の感謝を伝えたいときは5,000〜10,000円程度、結婚祝いや退職祝いなどの特別な日なら30,000円以上の高級ワインを贈ると喜ばれるでしょう。

4.魚or肉料理?相手の好きな料理で選ぶ

どのワインを選んでよいのか分からないときは、相手の好きな料理で選ぶ方法もあります。

例えば刺身やお寿司のようなあっさりとした魚料理なら辛口の白ワイン、デザートやオードブルなら甘口の白ワインがおすすめ。ステーキやビーフシチューなどこってり系の肉料理なら、コクのある赤ワインと相性がよいでしょう。

インド料理やエスニック系のアジア料理なら、独特な味わいがあるオレンジワインを合わせるのもひとつの手です。ロゼワインやスパークリングワインはどんな料理でも合わせやすい万能型なので、相手の好きな料理が分からない場合でも選びやすいですよ。

5.デザインで選ぶ

ワインボトルはそのままでもおしゃれな商品が多いですが、ラベルデザインにこだわるのもおすすめです。

ラベルはワインの造り手の想いが詰まっており、名刺代わりでもあります。かわいいものやシックなものなど、いろいろなラベルがあるので相手に喜ばれるデザインを選んでみてはいかがでしょうか。

中には、ラベルに名入れのできる商品もあります。記念日や贈る相手の名前を入れると喜ばれるので、チェックしてみてくださいね。

迷ったらセット商品もおすすめ!

ワインをプレゼントする際に迷ったら、セット商品を選ぶのもひとつの方法です。異なる種類のワインを組み合わせておくと喜んでもらいやすいですよ。

お祝いで贈りたい場合は、赤と白のワインセットにすると紅白になるので縁起がよいでしょう。化粧箱やメッセージカードなど、丁寧に包装されたものを選んでくださいね。

喜ばれるおすすめのワインギフト10選

ここからは、喜ばれるおすすめのワインギフト10選を見ていきましょう。

赤、白、ロゼなど、さまざまな種類のワインが登場します。ゴージャスなギフトボックスに入った商品もあるので贈り物にもぴったりですよ。

チリ産のプレミアムワインセットは、赤と白のワインを楽しめますよ。赤ワインは濃厚でしっかりと骨格があり、紅茶やバニラなどの香りが重なります。マイルドな酸味とふくよかな果実味のバランスのよい白ワインは、長い余韻が続くのが魅力です。

白ワインにバタフライピーを加えており、鮮やかなスミレ色が印象的です。低アルコールなのでワイン初心者の方でも飲みやすく、口当たりもやわらかですよ。飲むときは8~12℃がおすすめ!小さなワイングラスに注ぐと冷たさをキープできて、最後までおいしくいただけます。

リッチな木箱風のボックスに入ったワインは、特別な人へのプレゼントにも適しています。材料のブドウは厳選された長野県産のものを使用。赤紫色が美しい塩尻メルローは力強い風味と華やかな香りがあり、塩尻メルロー・ロゼはマイルドな味わいとフレッシュな果実香を堪能できます。

名門ブルゴーニュワイナリー 赤白ワインギフトセット ルイ・ラトゥール/シモネ・フェブル

Amazonカスタマーレビュー

3.9

Amazonカスタマーレビュー

(9件)

>

商品情報

内容量:750ml×2本
ワインの種類:赤ワイン、白ワイン

シャブリ地区のなかでも長い歴史のあるワイナリーのワインセットです。シックなギフトボックスに入ったワインは、お祝いの品にもぴったり!赤と白の紅白カラーなので縁起がよく、贈る相手にも喜ばれるでしょう。

フルーティーな甘さが特徴のノーブルワインは、プレゼントだけでなく、自分へのご褒美としても最適です。砂糖の甘みではなくブドウ本来の甘酸っぱさを凝縮しているので、贅沢な一本に仕上がっています。デザートやチーズと合わせて、デザートワインとして楽しむのもおすすめですよ。

2種類の白ワインが楽しめるギフトセット。白ブドウの品種で有名なシャルドネ種を使ったブリュット・スプマンテは繊細でフルーティーな味わいがあり、プロセッコ・スプマンテはアロマティックな香りが魅力です。どちらもスパークリングタイプなので、いろいろな料理と合わせやすいでしょう。

金箔入りのゴージャスなワインは贈り物におすすめです。爽快な味わいはワイン初心者の方でも飲みやすく、幅広い料理とも相性がよいでしょう。金箔を上手に注ぎたい場合はビンの細い部分を持ち、底を振り子のように振ってから注ぐと金箔が入りやすくなりますよ。

フランスの有名ワインメーカーが厳選した赤ワインのギフトセット。ミディアムボディのコートデュローヌは、上品な香りのなかにスパイシーさも感じられます。フルボディのメドックは濃厚さがありつつ、シルキーな味わいを堪能できますよ。

エノテカ オー・ブリオンの血統を引く、ボルドーワイン紅白ギフトセット

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(39件)

>

商品情報

内容量:750ml×2本
ワインの種類:赤ワイン、白ワイン

ワインのプロが選んだこだわりのワインセットは、紅白カラーで縁起のよい商品です。豊かな果実味が際立つ赤ワインはローストビーフや赤ワイン煮込みなどの料理と相性抜群!華やかな白ワインは、鶏の水炊きや白身魚の刺身などあっさりとした料理に合わせるとよいでしょう。

ヴィッラ サンディ シャンパンより売れているイタリア最高峰スパークリングヴィッラサンディワインギフトセット

Amazonカスタマーレビュー

4.3

Amazonカスタマーレビュー

(327件)

>

商品情報

内容量:750ml×2本
ワインの種類:白スパークリングワイン、ロゼスパークリングワイン

ヴィッラサンディは「イタリアの偉大な生産者100選」にも選出された実績を持つワイナリーです。白とロゼのスパークリングワインセットなので、ワインを飲み慣れていない方にもおすすめです。

全10商品

おすすめ商品比較表

ナイン・ライブス 赤白ワインギフトセット

G'dayWine ヴァイオレットセブン オリジナルギフトボックス

日本ワイン 塩尻ワイン ギフトセット

名門ブルゴーニュワイナリー 赤白ワインギフトセット ルイ・ラトゥール/シモネ・フェブル

G'dayWine ノーブルワイン オリジナルギフトボックス

ガンチア ブリュット/プロセッコ 2本セットギフト

Felistas ピンクボックス スパークリングワイン

サントリー フランスワインメーカーが贈る本格赤ワインセット

エノテカ オー・ブリオンの血統を引く、ボルドーワイン紅白ギフトセット

ヴィッラ サンディ シャンパンより売れているイタリア最高峰スパークリングヴィッラサンディワインギフトセット

Amazonカスタマーレビュー
4.48
4.395
4.161
3.99
4.558
5.01
4.4371
4.298
4.339
4.3327
最安値

-

購入リンク

おしゃれなワインギフトを贈ろう!

お酒好きの方に贈り物をしたいときは、ワインギフトを選んでみるのもおすすめです。ワインは種類によって味わいや香りが異なるので、相手好みに合わせて選びましょう。ラベルデザインに注目するとさらに喜んでもらえるので、ぜひこだわってみくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

その他のドリンク・お酒カテゴリー

新着記事

カテゴリー