この記事で紹介されている商品

【2023年】白ワインのおすすめ10選!選び方の解説とレシピも合わせてご紹介

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

すっきりとした味わいで、ワイン初心者の方でも飲みやすい「白ワイン」。しかし、原料となるブドウの品種や製造方法によってさまざまな種類があり、どれを選べばよいのか分からない方も多いはず。この記事では、白ワインの選び方とおすすめ商品をご紹介します。ワイングラスの種類や特徴もご紹介しているので、ぜひ最後までご覧くださいね。

※20歳未満者の飲酒は、「未成年者飲酒禁止法」により禁止されています。

この記事で紹介されている商品
もっとみる

白ワインとは

白ワインとは、主に白ブドウを使用したお酒です。果皮や種を取り除き果汁のみしか使わないため、透き通った美しい色合いに仕上がります。また、渋味成分のタンニンが少ないのも特徴のひとつ。そのため、渋みが苦手な方でも飲みやすいものが多いです。

白ワインと赤ワインの違い

色合いが異なる白ワインと赤ワインですが、ほかにどのような違いがあるのでしょうか?下記では白ワインと赤ワインの違いを3つ解説するので、チェックしてみてください。

ブドウの品種

白ワインは、主に果皮の色の薄い白ブドウを使うのが特徴です。なかには、果皮がピンク色のブドウを使う場合もありますが、白ワインの多くは果汁のみを使って発酵させるので、色味は薄く透き通ったものに仕上がります。
一方赤ワインは黒ブドウを使用し、種、皮、果皮もすべて発酵させます。そのため、鮮やかな赤色に仕上がるのが特徴です。

製造方法

白ワインは白ブドウの新鮮さを引き出すために、低温(15~20℃くらい)で発酵させるのが特徴。種や皮は取り除き、果皮を絞って果汁のみを使用します。
一方赤ワインは、やや高めの温度(25~30℃くらい)で発酵させるのが特徴。果皮や果汁のほかに、種や皮もすべて使用します。一般的には、1週間~10日前後発酵を行います。

味わい

白ワインは果汁のみを使用するので、基本渋みはありません。すっきりと飲みやすく、ワイン初心者の方でも挑戦しやすいです。
一方赤ワインは種、皮、果皮をすべて使用するので、タンニンが溶け込み渋みのある味わいに仕上がります。渋み具合は種類によって変化するので、好みのタイプを選んでくださいね!

白ワインの選び方

白ワインを選ぶ際は、「好みの味わい」「ブドウの品種」「予算」の3つのポイントに注目しましょう。下記では、それぞれのポイントについて詳しく解説します。ぜひ参考にしてくださいね。

1.好みの味わいで選ぶ

白ワインは、発酵時間によって味わいが変化します。甘みの少ないものが「辛口」、甘みの強いものが「甘口」と分類されるので、好みの味わいを選びましょう。
下記では、辛口と甘口の白ワインについて解説します。

辛口

辛口の白ワインは甘みが少なく、さっぱりとした味わいが特徴です。発酵時間が長く糖分のほとんどがアルコールに変化するので、甘さ控えめで酸味が高くなります。甘いのがあまり得意ではない方は、まずは辛口から試してみるのもおすすめですよ。

また酸味のある辛口の白ワインは、素材の味を生かしたシンプルな料理と相性が抜群!白身魚のカルパッチョ、生牡蠣、寿司、刺身など、ぜひお試しください。

PR
クラウディー ベイ ソーヴィニヨン ブラン 辛口

商品情報

内容量:750ml
原産国:ニュージーランド
合う料理:鮎の塩焼き、ムール貝のワイン蒸し
世界中が恋したマールボロ産ソーヴィニヨンブラン。パッションフルーツの瑞々しいアロマと、マンダリンオレンジの様な豊かな果実味。
商品サイズ (高さ×奥行×幅): 129mm×100mm×164mm

風味豊かなフルーティーさを楽しめる辛口の白ワイン。パッションフルーツの新鮮なアロマと、青リンゴやハーブを思わせる爽快さがクセになります。生産地はニュージーランドのワイン銘醸地、マールボロ地方です。個性的な味わいは、多くの人達から高い評価を得ています。

甘口

甘口の白ワインは甘みが強く、まろやかな口当たりが特徴です。発酵時間を少なくし、甘みを残しています。そのためアルコール度数が低く、ワイン初心者の方でも飲みやすいでしょう。また甘口にも種類があり、甘口と極甘口に分類されています。好みのタイプを選んで、自分にぴったりの甘みを見つけてくださいね!

ほかにも甘口の白ワインは同じような甘みのある料理や、辛みや塩味のある料理とも合わせやすい魅力があります。フルーツサラダ、カプレーゼ、チーズやアンチョビを使った料理など、いろいろ合わせてみてくださいね。

PR
トカイ・サモロドニ スイート 甘口

商品情報

内容量:500ml
入数:1本
合う料理: コクのあるソースを使った肉料理
原産国:ハンガリー
『サモロドニ』とはハンガリー語で「自然のままに」の意。ブドウの個性を生かして造られた甘口ワインです

オーク樽で熟成した、やさしい口当たりの甘口白ワインです。ハンガリー語でサモロドニは「自然のままに」を意味し、その名の通り収穫されたブドウの個性をいかして造られています。デザートワインはもちろん、コクの深いソースを使った肉料理とも相性が抜群ですよ!

2.ブドウの品種で選ぶ

白ワインはブドウの品種によって、味わいや香りが大きく変わります。自分にぴったりのブドウを見つけて、より白ワインの旨味を楽しみましょう。

下記では白ワインの有名なブドウの品種、「シャルドネ」「ソーヴィニヨン・ブラン」「リースリング」「ピノ・グリージョ」「甲州」の5つをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

シャルドネ

シャルドネは、酸味とコクのバランスがとれた品種。世界各国で栽培されている国際品種で、産地や気候によって味わいが変わるのが特徴です。主張が強くないため、樽熟成するとオークの香りが加わり独特な味わいに仕上がります。

主な栽培国はフランスですが、アメリカ、オーストラリア、イタリア、チリ、日本などでも多く造られています。産地によって味わいが違うので、いろいろな国のシャルドネワインを試してみてくださいね。

PR
ベリンジャー ナパ・ヴァレーシャルドネ [ NV 白ワイン 辛口 アメリカ合衆国 750ml ]

商品情報

エド・スブラジアとローリー・フックは収穫したぶどうを、その個性を最大限に生かすためにぶどう園のブロック毎に分けて発酵・熟成。

アメリカ・カリフォルニア州のナパ・ヴァレー最古のワイナリー「ベリンジャー」の白ワイン。トロピカルフルーツや青りんご、シトラスの風味に芳醇でクリーミーなフレンチ・オーク樽の香りがバランスよく加わった、絶妙な味わいが魅力です。

ソーヴィニヨン・ブラン

ソーヴィニヨン・ブランは酸味がやや強く、すっきりとしたフルーティーな味わいが特徴。華やかな香りを楽しめるのも魅力です。軽やかなタイプが主流ですが、フランスのボルドー地方では樽熟成を行った重厚なものも造られています。甘口や辛口などバラエティーに富んだ味わいを楽しめるので、ぜひお試しください!
生産地はフランスやニュージーランドが有名ですが、ほかにもさまざまな国で造られています。

PR
オイスターベイ マールボロ ソーヴィニヨン・ブラン [ 白ワイン 辛口 ニュージーランド 750ml ]

商品情報

オーストラリア・イギリスで一番売れているNZワイン!

ニュージーランドのマールボロ地域のソーヴィニヨン・ブランから造られた、フレッシュでみずみずしい白ワイン。パッションフルーツやトロピカルフルーツの豊かで新鮮な香りと、キリッとした歯切れのよい味わいが魅力の辛口ワインです。

リースリング

リースリングは、爽快な酸味と上質な香りを持つ品種。甘みと酸味のバランスがよいため、さまざまな種類の白ワインが造られているのが特徴です。ドイツを代表する白ワイン用ブドウ品種として有名で、シャルドネと並び「二大高貴腐白ブドウ」とも呼ばれています。
幅広い種類の白ワインを飲みたい方は、リースリングを選んでみましょう。

PR
G.A. シュミット NO.11 リースリング Q.b.A. [ 白ワイン 甘口 ドイツ 750ml ]

商品情報

・合う料理: すし、天ぷら、鶏料理、パスタ
・原産国:ドイツ

創立以来リースリングを使ったさまざまなワインを造りつづけている、ドイツの「G.A. シュミット社」の白ワイン。素晴らしいワインができたときの樽ナンバーが11であったことから、最高の出来のリースリングワインを意味して「NO.11」という名がつけられています。ピーチやアプリコットなどのアロマと、ほどよく酸味の効いたすっきりとした味わいが特徴です。

ピノ・グリージョ

ピノ・グリージョは爽やかな味わいのなかに、コクや少量の苦みも感じられるのが特徴。赤ワイン用のブドウ品種、「ピノ・ノワール」が突然変異した品種です。そのため皮はほんのりピンク色で、果皮にも濃厚さが詰まっています。通常の白ワインに比べると濃いめの味に仕上がるので、濃厚で奥深い白ワインを飲みたい方におすすめですよ!

また国によって呼び方が違い、イタリアでは「ピノ・グリージョ」、フランスでは「ピノ・グリ」、ハンガリーでは「スルケバラート」などと言われています。

PR
サンタ・マルゲリータ ピノ・グリージョ ヴァルダーディジェ [ 白ワイン 辛口 イタリア 750ml ]

商品情報

・合う料理:アペリティフ、シーフードサラダ、魚介類のパスタやリゾット、茹でたりグリルした鶏肉や豚肉料理、スフレ。
・原産国:イタリア

イタリアのワイナリー「サンタ・マルゲリータ」で造られた、世界で初めてのピノ・グリージョの白ワイン。花のようなクリーンでフレッシュな香りとりんごの濃密な香りが広がります。キリッとした辛口の中にフレッシュな味わいが感じられ、ピノ・グリージョならではのおいしさを存分に楽しめます。

甲州

甲州は、軽やかでさっぱりした味わいが特徴です。日本で長い歴史を持つブドウで、山梨県を中心に栽培されています。皮は少し赤紫がかっており、果皮は強めで病気にも強い品種です。

アルコール度数は低めなので、白ワイン初心者の方にもおすすめ!飲みやすくておいしいと口コミが増え、近年では世界各国のコンクールでも受賞しています。世界中にファンを持つ日本を代表するブドウを、ぜひお試しくださいね。

PR
盛田甲州ワイナリー シャンモリ 山梨 甲州 [ NV 白ワイン 辛口 日本 750ml ]

商品情報

・合う料理: 焼魚、だし巻き卵、天ぷら
・原産国:日本

山梨県産の甲州種ぶどうを100%使用した白ワイン。香りと味わいのバランスがよく、余韻まで楽しめます。すっきりとさわやかで上品な口当たりは和食とも相性抜群!毎日の食卓で楽しめる1本です。

3.予算に合わせて選ぶ

手頃な価格のものから希少で高価なものまで、価格の幅がとても広いワイン。飲む頻度やシーンに合った予算から選ぶのもよいでしょう。

下記では「1,000円以下」「3,000~5,000円」「6,000円以上」の白ワインをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1,000円以下で購入できる白ワイン

1,000円以下の白ワインは、毎日の食卓で楽しむ方におすすめです。価格が安いので、毎日飲んでもお財布にやさしいという魅力があります。

また初めて白ワインを飲む方にも最適で、味を確かめるのに丁度よい価格帯です。1,000円以下でもおいしい白ワインは多くあるので、自分にぴったりのものを見つけましょう!

PR
ドン ロメロ ブランコ [ NV 白ワイン 中辛口 スペイン 750ml ]

商品情報

・原産国:スペイン
・リーズナブルワインながら、高品質を実現。毎日の食卓に最適なスペインワイン輸入数量上位常連ブランド。

スペインのワイナリー「ドン ロメロ」の白ワイン。リーズナブルでありながら、高品質を実現した1本です。青りんごや洋ナシなどのフルーツの香りとドライな味わいが特徴で、ほどよい酸味とフレッシュさが心地よいワインです。

3,000〜5,000円で楽しむ白ワイン

3,000~5,000円の価格帯は、少し白ワインに慣れてきた方におすすめです。複雑な味わいや華やかな香りなど、変化を感じられる白ワインを楽しめます。

自分で飲むのはもちろん、ちょっとした贈り物にも向いている価格帯です。お酒好きやワイン好きの方に、プレゼントしてみてはいかがでしょうか。

PR
ウィリアム フェーブル シャブリ

商品情報

内容量:750ml
原産国:フランス
合う料理:生牡蠣、魚介のマリネ、小エビのフリット、チキンのレモンハーブソテー
フレッシュな柑橘系の香り、キレのある酸味が際立つスタンダードシャブリ。
クリーンでミネラル感のある味わいは、シャブリの本来の味わいの特徴を表現したお手本のようなワイン。

新鮮な柑橘の香りと、キレのある酸味を楽しめる白ワイン。厚みとコクのある味わいが特徴です。フランスのブルゴーニュ地方で有名な、ウィリアムフェーブル社が製造しています。高級感のあるボトルはおしゃれで、贅沢なひとときを過ごせますよ。

6,000円以上の白ワイン

6,000円以上の白ワインになると、ワイン通をうならせる銘柄が多くなります。多くの白ワインを飲んできた方は、ぜひ高価格帯の商品に挑戦してみましょう。

大切な人と過ごすとき、華やかなパーティーなど、特別なシチュエーションで振る舞うと喜ばれますよ。また毎日がんばっている自分へのご褒美として、飲むのもおすすめです。

PR
ルイ ジャド シャサーニュ モンラッシェ ブラン [ 白ワイン 辛口 フランス 750ml ]

商品情報

・合う料理:仔牛のブランケット
・原産国:フランス

フランス・ブルゴーニュ地方の、白ワインの銘醸地として有名なシャサーニュモンラッシェで造られている白ワイン。土壌の特長がよく表れた豊かな香りと、力強さのある果実味のしっかりしたフルボディの味わいが特徴で、長い余韻が楽しめます。

白ワインを楽しむためのグラスの選び方

ワイングラスは形や大きさによって、味わいや香りが大きく変化します。下記では白ワインを楽しむためのグラスを4つご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

ブルゴーニュ型

ブルゴーニュ型はボウル部分がふっくらとした、かわいらしいデザインが特徴。丸みが大きい分、空気に触れる面積が広いので白ワインの芳醇な香りを楽しめますよ。

ボルドー型

ボルドー型はボウル部分は卵形の縦長で、飲み口部分にいくにつれて狭くなっています。香りが立ちやすく、味の深い白ワインと相性が抜群です。

キャンティ型

キャンティ型は縦長で、ボルドー型やブルゴーニュ型に比べると一回り小さい形が特徴です。甘みを感じやすく、赤白問わず使いやすい魅力があります。初めてワイングラスを購入する方にもおすすめですよ。

モンラッシェ型

モンラッシェ型は、丸いデザインが特徴です。ボウルの長さが短いので、白ワインのような、揮発性の低いワインの香りを楽しめます。香りが豊かな白ワインで試してみましょう。

白ワインを飲み分けて楽しもう!

白ワインはブドウの品種によって、味わいや香りが異なります。フルーティーな味わい、爽やかな酸味、深いコクなど、さまざま楽しめるので飲み分けて楽しみましょう。お気に入りの白ワインを飲んで、リラックスタイムを堪能してくださいね。

※製品画像はAmazonより

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のドリンク・お酒カテゴリー

新着記事

カテゴリー