この記事で紹介されている商品

【2024年】ミルクフォーマーのおすすめ9選!手動・電動・豆乳に使えるタイプなども

この記事は広告を含みます。詳しくはコンテンツ制作ポリシーをご覧ください。

おうちで本格的なカフェタイムを楽しめる、ミルクフォーマー。電動や手動タイプ、3Dラテアートを作れるタイプ、牛乳以外も対応したタイプなど、さまざまな種類があるので選ぶのが難しいですよね。この記事では、ミルクフォーマーのおすすめの選び方やミルクフォーマーを使ったドリンクレシピをご紹介します。ぜひご覧ください!

この記事で紹介されている商品
もっとみる

ミルクフォーマーとは?

ミルクフォーマーとは、繊細なミルクの泡を作る調理アイテムです。主にカフェラテ、カプチーノ、マキアート、3Dラテアート、ダルゴナコーヒーなどを作る際に使われます。 また、ミルクフォーマーには電動や手動など、さまざまなタイプがあり、価格帯も幅広いのが特徴です。いつもと違うコーヒーを簡単に作れるので、カフェタイムをより楽しみたい方はミルクフォーマーを使ってみるのがおすすめですよ!

ミルクフォーマーの選び方

ミルクフォーマーはさまざまな種類があります。選ぶ際は、「電動と手動」「使い方」の2つのポイントに着目することが大切です。 下記で詳しい内容をご紹介するので、ご自宅にぴったりのミルクフォーマーを見つけてみてくださいね。

電動と手動はどちらがいいの?

ミルクフォーマーには大きく分けて、電動と手動があります。 電動タイプは、短時間で本格的な泡立てミルクを作れる一方、手動タイプは操作が簡単で、お手入れが楽というメリットが特徴です。 それぞれのメリットがあるので、自分に合ったタイプを選んでくださいね。

下記では、「電動タイプ」「全自動タイプ」「メッシュタイプ」「シェイカータイプ」の4つをご紹介します!

手軽な「電動タイプ」

電動タイプのミルクフォーマーはコンパクトサイズのものが多く、保管場所に困らないのが魅力です。先端に撹拌用のヘッドが付いており、本体のスイッチを入れると自動でミルクを泡立てます。 慣れないうちはきれいな泡が作れなかったり、泡が周りに飛び散ったりする場合もありますが、撹拌時間やミルクの量を上手く調整していくと、自分好みの泡を作れるようになりますよ!

また商品によっては、電子レンジで使える耐熱容器がセットになったものや、便利なスタンド付きなども販売されています。ぜひチェックしてみてくださいね。"

PR
ミルクの計量・温め・泡立てに便利なセット
HARIO(ハリオ) クリーマー・キュート ブラウン CQT-45BR

商品情報

ブランド HARIO
特徴 耐熱のガラス容器付き
商品の寸法 14.5 x 10.5x 20.5cm
商品の推奨用途 家庭用

耐熱ガラスがセットになった、電動タイプのミルクフォーマー。ガラスの内側から目盛りが見えるので、ミルクを計量する際に便利です。また、フタの内側をひっくり返すと、本体が置ける仕様になっています。使い勝手がよく、簡単にふわふわなミルクを作れますよ!

PR
立ててコンパクトに収納できるキャップ付き
PHIEKA ミルクフォーマー

商品情報

ブランド PHIEKA
特徴 軽量
商品の寸法 30W x 255H mm
商品の推奨用途 家庭用
付属コンポーネント ラテアート用プレート

バリスタが監修した、電動タイプのミルクフォーマーです。3段階の回転速度、静音設計、コンパクトデザインなど、使い勝手のよさを追求しています。初心者の方でも挑戦しやすいオリジナルラテアートレシピ付きなので、ぜひ作ってみてくださいね。

高機能な「全自動タイプ」

全自動のミルクフォーマーは、ミルクを注いでボタンを押すだけできれいな泡が作れる高機能なタイプ。簡単に泡立てを行えるので、ミルクフォーマーを初めて使う方にもおすすめですよ。 また、1回で複数杯のミルクを泡立てられるので、人数の多いホームパーティーなどでも活躍します。さらに、3Dラテアートが簡単に作れるのもうれしいポイント!

しかし、ほかのミルクフォーマーに比べると価格が高いというデメリットも。予算が合わない場合は、電動タイプを検討してみるのがおすすめです。また商品によっては、パーツが多くお手入れが大変なものもあります。購入前はパーツの数や、お手入れ方法を確認しておくのが大切です。

PR
Keenstone ミルクフォーマー 電動

商品情報

ブランド Keenstone
色 A-白(横縞)
材質 ポリエステル
商品の推奨用途 家庭用
モデル名 KSJD010602JP01

おうちで手軽にカフェ気分を味わえる、全自動タイプのミルクフォーマーです。操作方法は簡単で、4つのモードから選択しボタンを押すだけ!温冷のミルクフォーム、濃いフォームや繊細なフォームから選べるので、さまざまな口あたりを楽しめますよ。

PR
ミルクフォーマー 電動

商品情報

【4-in-1多機能-お家で本格的なフォームミルクを作れる】全自動ミルクフォーマーで、ホット濃密泡(80~120s)、ホットミルク冷泡(65s)、ホットチョコレート(120~160s)とホットココア(160~200s)を作ります。約2分半で濃厚クリーミーな泡が完成。

スタイリッシュなデザインの全自動タイプのミルクフォーマーです。滑り止めソール、静音設計、中身が見やすい透明カバーなどが付いており、機能性に優れています。きめ細かなミルクフォームを作れるので、3Dラテアートを作る際にもおすすめです。

シンプルな「メッシュタイプ」

メッシュタイプのミルクフォーマーはシンプルな構造が特徴で、電気や電池は使用しません。 カップにミルクを入れ、フタに付いているポンプを上下に動かして泡立てる仕組みです。撹拌させる箇所が二重構造のメッシュ状になっているので、口当たりのよい泡立てミルクに仕上がりますよ。またお手入れも簡単で、清潔な状態を保ちやすいのも魅力です。

しかし、メッシュタイプの容器はガラス製のものが多いため、取り扱いにはじゅうぶん注意してくださいね。

PR
稲植屋 ミルク泡立て器

商品情報

【高品質のステンレススチール製】: ミルクジャグは非常に頑丈高品質の良い18 / 8ステンレスで作られ、それには汚れがあり、錆びを防ぐこともあります。 泡立ち抜群の高品質ステンレス製ミルクピッチャーです。牛乳の泡立て、ラテアートなどに最適です。

ステンレススチール製のメッシュタイプのミルクフォーマー。サビに強く耐久性も優れているので、長く愛用できるのが魅力です。フタについたダブルメッシュでミルクを撹拌すると、きれいな泡を作れますよ。各パーツは分解しやすいので、お手入れも簡単です。

簡単操作の「シェイカータイプ」

シェイカータイプのミルクフォーマーは、操作が簡単で扱いやすいのが魅力です。容器にミルクを入れたあとシェイクして、泡立てていきます。 お手入れもしやすく、ほかのタイプよりも安価に手に入るのがうれしいポイント!

しかし、振る作業が必要になるので、時間がかかるというデメリットも。それなりに力も使うので、体力に自信のない方は、電動や全自動タイプがおすすめですよ。

PR
およそ30秒で牛乳がふわふわに
HARIO (ハリオ) ラテ シェイカー LS-70-OW

商品情報

ブランド HARIO
特徴 シェイカータイプ
本体重量:125g
商品の寸法 φ72×H173mm 

簡単にふんわりミルクを作れる、シェイカータイプのミルクフォーマー。片方のシェイカーに冷えた牛乳を入れ、もう片方のシェイカーを上に合わせてて、20~30秒振るだけで完成します!操作方法が簡単なので、子どもから大人まで使いやすいですよ。

使い方に合わせたチェックポイント

ミルクフォーマーは、使い方に合わせて選ぶことも重要です。 チェックする際は、「容量」「牛乳以外のミルクに対応」「対応温度」「お手入れのしやすさ」などに注目しましょう。 下記で詳しい内容を解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

①容量

ミルクフォーマーを使う際は、容量にも注目しましょう。 たとえば少量の場合は、メッシュタイプやシェイカータイプがおすすめです。大量に必要なら、電動タイプや全自動タイプの方が使いやすいですよ。 作りたい容量や飲む人数によって、さまざまなミルクフォーマーを使い分けてみてくださいね。

②豆乳・低脂肪乳対応

ミルクフォーマーで牛乳以外を使いたい方は、ほかのミルクにも対応しているモデルを選びましょう。牛乳のみしか対応していないタイプでほかのミルクを入れると上手く泡立たないので、使用するのは控えるようにしてくださいね。 商品によっては豆乳、低脂肪乳、無脂肪乳などに対応したモデルもあります。ソイラテやヘルシーラテを作りたい方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

PR
アーモンドミルクや豆乳も泡立てられる
Huogary ミルク泡立て器

商品情報

ブランド Huogary
色 ホワイト
商品の推奨用途 家庭用
容量 300 ml
電圧 120 ボルト

こちらのミルクフォーマーは、牛乳のほかに豆乳、ココナッツミルク、アーモンドミルクなどが使えます。角度付きの注ぎ口は使いやすく、泡が飛び散る心配もありません。また、滑り止めシリコンや自動スイッチオフ機能も搭載されているので、安全に使えますよ。

③対応温度

ミルクフォーマーを選ぶ際は、ホットやアイスなどの対応温度にも注目するのがおすすめです。大体のミルクフォーマーはホットに対応していますが、アイスには対応していない商品もあります。温度調整をしたい方は、ホットとアイスの両方に対応したタイプを選んでくださいね。 また冷たいミルクは、泡立ちにくいデメリットもあります。そんなときに、冷たいミルクをそのまま入れられる加温機能や、アイスドリンク用に冷たいミルクフォームを作れる機能が付いていると便利ですよ。

PR
冷たいままのフォームミルクも作れる
ZWILLING ツヴィリング 「 エンフィニジー ミルクフォーマー 」

商品情報

ブランド ツヴィリングJ.A.ヘンケルス(Zwilling J.A. Henckels)
色 シルバー
材質 ステンレススチール, プラスチック
商品の寸法 16W x 20H cm

温冷対応付きのミルクフォーマーで、スチームは使わないので、冷たいフォームミルクが作れます。クリーミーに仕上がる濃密泡はへたりにくく、長時間美しいミルクを楽しめますよ。本格的なカフェラテやカプチーノを作りたい方は、ぜひ検討してみてくださいね!

④お手入れのしやすさ

ミルクフォーマーを使う頻度が高い方は、丸洗いできるタイプがおすすめです。毎日のお手入れが楽になるので、ストレスなく使えますよ。 さらに食洗機対応なら、使い勝手が一段とアップ!お手入れのしやすさにも注目し、快適にミルクフォーマーを使ってくださいね。

PR
食洗機対応でお手入れ簡単
BODUM ボダム LATTEO ラテオ ミルクフローサー 1446-01

商品情報

ブランド Bodum(ボダム)
材質 ガラス
容量 0.25 L
スタイル マニュアル
商品の寸法 15.6W x 18H cm

耐熱ガラスのミルクフォーマーは、傷がつきにくく耐久性にも優れています。またお手入れも楽々で、食洗機にも対応しているため使い勝手が抜群なんですよ!簡単にふんわりミルクを作れるので、ミルクフォーマーを初めて使う方にもおすすめです。

ミルクフォーマーを使ってドリンクを作ってみよう!

「ミルクフォーマーを購入したけど、ドリンクの作り方が分からない…」という方も多いですよね。そこでここでは、「カフェラテ」「カプチーノ」「カフェモカ」の作り方をご紹介します。レシピを覚えれば初心者の方でも簡単に作れるので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

カフェラテ

カフェラテは、イタリア発祥の飲料です。カフェは「コーヒー」、ラテは「ミルク」という意味があり、エスプレッソと泡立てたミルクを使って作ります。エスプレッソとミルクの割合は、2:8が目安です。

作り方 1.お好きなカップに、エスプレッソを30ml注ぎます。 2.別の容器に120mlのミルクを入れ、ミルクフォーマーを使って泡立てます。 3.エスプレッソの上に、泡立てたミルクを注いで完成です。ミルクの厚さは、2mmほどの薄めになるように意識しましょう。

アレンジ方法として牛乳を豆乳に変更して、ソイラテにするのもおすすめ!すりゴマ、はちみつ、黒蜜きなこなど、和のアイテムとも相性がよいですよ。またカフェラテはフォームドミルク(温めたうえで泡立てたミルク)のほかに、スチームドミルク(温めたミルク)も使えます。

カプチーノ

カプチーノは、イタリアで人気のある飲料です。こちらも、エスプレッソと泡立てたミルクを使います。ミルクに厚さがあるのでアレンジには向きませんが、ミルクとエスプレッソの層を楽しめるのが魅力ですよ。

<作り方>

1.お好きなカップに、エスプレッソを30ml注ぎます。

2.別の容器にミルクを入れ、ミルクフォーマーを使って泡立てます。ミルク7に対して、エスプレッソは3の割合になるようにしましょう。

3.エスプレッソの上に、泡立てたミルクを注いで完成です。

ミルクの厚さは、1cmほどの厚みが出るようにするのがポイントです。 カップは透明の耐熱グラスを使うと、ミルクとエスプレッソの層を見た目でも楽しめます。トッピングに、ブラウンシュガーやシナモンパウダーを使うのもおすすめです。

カフェモカ

カカオ(チョコレート)の味わいがあるモカコーヒーを再現したカフェモカ。カフェモカはエスプレッソと泡立てたミルクを使い、チョコレートソースやココアをトッピングして作ります。ほろ苦さと、チョコレートの甘さを感じられるのが特徴です。

<作り方>   

1.お好みのカップにチョコレートソースを適量入れ、その上からエスプレッソを30ml注ぎます。

2.別の容器にミルクを入れ、ミルクフォーマーを使って泡立てます。ミルク7に対して、エスプレッソは3の割合になるようにしましょう。

3.エスプレッソの上に泡立てたミルクを注ぎ、チョコレートソースをトッピングして完成です。

泡立てたミルクの上にさらに、ホイップクリームを浮かべるとお店で飲むようなデザートドリンクに仕上がります!お好みで、チョコレートソースやココアなどをトッピングするのもおすすめですよ。

Amazonで人気のミルクフォーマーをチェック!

ここまではミルクフォーマーの選び方やおすすめ商品をご紹介しました。さらにミルクフォーマーを探したい方は、Amazonで売れ筋のミルク泡だて器をチェックしてみてくださいね。

さまざまなミルクフォーマーを使ってみよう!

今回の記事では、ミルクフォーマーの選び方やおすすめのドリンクレシピをご紹介しました。ミルクフォーマーにはさまざまなタイプがありますが、電動タイプは簡単にきめ細かなミルクの泡を作れ、手動タイプはお手入れしやすいという魅力があります。ご自宅にあったミルクフォーマーを使って、普段のカフェタイムをより盛り上げてくださいね。

こちらもチェック!
泡立て器のおすすめ10選|電動やミルク用など、種類別に特徴や選び方をご紹介

別名ホイッパーとも呼ばれ、お菓子作りやドレッシング作りに便利な「泡立て器」。電気の力で素早く泡立てるハンドミキサーや細かい作業を得意とする手動タイプなど、さまざまな種類が展開されています。今回は、そんな泡立て器のおすすめの選び方をご紹介!洗いやすい泡立て器についても触れているので、ぜひご覧ください。

こちらもチェック!
コーヒーミルクのおすすめ11選!成分は?粉末やポーションタイプなどご紹介

手軽にミルク風味のコーヒーを作れる「コーヒーミルク」は、ポーションやスティックなど便利な商品が多くあります。成分によって味が変化するので、さまざまな種類に挑戦してみたくなりますよね。この記事では、コーヒーミルクの選び方について解説します。液体や粉末タイプのおすすめ商品もご紹介するので、ぜひご覧ください!

※本記事に掲載している商品の情報は、記事更新時のものになります。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があるため、最新の価格や商品詳細については各販売店やメーカーにてご確認ください。※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がクラシルに還元されることがあります。

この記事に関連するおすすめ記事

この記事に関連するおすすめ商品

その他のキッチン用品カテゴリー

新着記事

カテゴリー